Ja 19 the_path

173 views

Published on

Published in: Education
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
173
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Ja 19 the_path

  1. 1. スィラート(地獄の スィラート(地獄の架け橋) ﴾ ﴿ [ 日本語– Japanese – k‫] ﻳﺎﺑﺎ‬ムハンマド・イブラーヒーム・アッ=トゥワイジュリー 翻訳 : サイード佐藤 校閲 : ファーティマ佐藤 2007 - 1428
  2. 2. ‫﴾‬ ‫﴿‬ ‫» ﺑﺎﻟﻠﻐﺔ ﺎﺑﺎﻧﻴﺔ «‬‫ﺤﻣﻤﺪ ﺑﻦ ﺑﺮ ﻫﻴﻢ ﺤﻛﻮﺠﻳﺮ‬ ‫ﺗﺮﻤﺟﺔ: ﺳﻌﻴﺪ ﺳﺎﺗﻮ‬‫ﻣﺮ ﺟﻌﺔ: ﻓﺎﻃﻤﺔ ﺳﺎﺗﻮ‬ ‫8241 - 7002‬ ‫2‬
  3. 3. 3 。とこの照参を章の」クルシ.5「はくし詳:注者訳 1火業の獄地らかこそは者るあたま、り渡らがなしを我怪は者るあ、りきり渡をこそに事無は者るあ。る渡)でさ速の応相れそ(にうよる乗に畜家の用物り乗や馬の上極)たま、く速にうよの(風や光雷はいるあ、に間るすき瞬をこそは者仰信。るあがどなげとい鋭たし曲湾なうよのれその物植るいてれば呼と”ンーダァサ“で方地ドュジナ、串鉄や鉤鉄はに上のそ、で所いすやり滑ずらま定が元足はれそ“ たしまい言)は者言預( ”?かすで何 :はと)橋け架の獄地(トーラィス、よ徒使のーラッア“ たしまい言は)とこのちた友教む :含を者承伝(ちた私「 すまいてえ伝うこ、で中の承伝の)橋け架の獄地(トーラィスと見 :謁のとーラッアは)れあ悦満ごのーラッアに彼(ーリゥドフ=ルア・ドーイサ・ーブア :景光の々人る渡をこそと)橋け架の獄地(トーラィス ● :景光の々人る渡をこそと)橋け架の獄地(トーラィス :景光の々人る渡をこそと)橋け架の獄地(トーラィス :景光の々人る渡をこそと)橋け架の獄地(トーラィス 。だのくおてっ放ままたし残り取 )27-17:91 ンーアルク( 。だのくおてっ放ままたし残り取 。だのくおてっ放ままたし残り取 。だのくおてっ放ままたし残り取にこそをちた者正不、し出い救をちた者たいでい防をら自)らかい行なうよく招を罰懲とにこそをちた者正不、し出い救をちた者たいでい防をら自)らかい行なうよく招を罰懲とにこそをちた者正不、し出い救をちた者たいでい防をら自)らかい行なうよく招を罰懲とにこそをちた者正不、し出い救をちた者たいでい防をら自)らかい行なうよく招を罰懲とり怒がわ(は)とこのーラッア(られわらかれそ。るあでのなとこるれさ行遂ごず必が主り怒がわ(は)とこのーラッア(られわらかれそ。るあでのなとこるれさ行遂ごず必が主り怒がわ(は)とこのーラッア(られわらかれそ。るあでのなとこるれさ行遂ごず必が主り怒がわ(は)とこのーラッア(られわらかれそ。るあでのなとこるれさ行遂ごず必が主のたなあはれそ。る来てっやに)橋け架の(獄地皆は方たなあてしそ :たしまれら仰うのたなあはれそ。る来てっやに)橋け架の(獄地皆は方たなあてしそのたなあはれそ。る来てっやに)橋け架の(獄地皆は方たなあてしそのたなあはれそ。る来てっやに)橋け架の(獄地皆は方たなあてしそこはーラッアるな高崇。すでのるれらせら渡を)橋け架の獄地(トーラィスは々人に後たし了終がられそ。すで事来出の後の示提の為行と算清は)橋け架の獄地(トーラィス ● 。すま いか向とへ国天、りきり渡を)橋け架の獄地(トーラィスはちた者仰信方一。すまし落転 とへ獄地時のそ、がすまき退に方後てめ求を光はちた者信偽。すまし明判で在存の光む包 をちた者仰信時のそてしそ、とこるいてっなくな来出)礼伏平(ダジサがら彼はれそ。す まりなにから明がちた者信偽らかれそ。すでのな前のら彼、はのるいてれらけ架が橋け架。すまり残がちた者たいてし仰信をみのーラッアは上面外、れあで嘘れあで当本らかれそ 。すでのるす落 転に獄地もとろもられそ、い従に象対拝崇な虚空のどな魔悪や像偶たいてし拝崇がら彼で 1 世現は徒の クルシや者仰信不。すでちた者仰信は者る渡を)橋け架の獄地(トーラィス :者る渡を)橋け架の獄地(トーラィス :者る渡を)橋け架の獄地(トーラィス ● :者る渡を)橋け架の獄地(トーラィス :者る渡を)橋け架の獄地(トーラィス 。すまいか向とへ国天て はと)橋け架の獄地(トーラィスっ渡をこそは者仰信、で橋たれらけかに上真の獄地:はと)橋け架の獄地(トーラィス ● はと)橋け架の獄地(トーラィス はと)橋け架の獄地(トーラィス スィラート(地獄の架け橋) スィラート(地獄の
  4. 4. 4 。 5356(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) 5 。のものムリスムは章文。 281(ムリスム・フーヒサ、 608(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 4 。照参項の」質特諸のンーマーイとンーマーイ.8「 注者訳 : 3 。のものムリスムは章文。 381(ムリスム・フーヒサ、 9347(ーリーハブ=ルア・フーヒサ ) ) 2 5 ) 承伝のーリーハブ=ルア(。だのるいてっ知を家の分自ので国天、く 」し詳もりよるいてっ知を家の分自で世現は人住の国天。てけかに方おたれらね委に手御のそが魂のドマンハム。るれさ許がとこる入に国天、でろことたっなに浄清れさ化純がら彼らかれそ。るなにとこすら晴にい互おをれそ、ばれあが正不か何に間のら彼で世現てしそ。るけ受を算清で前の)門の型チーア(ラタンカるあに間の獄地と国天は度今、とるれわ救らか獄地はちた者仰信「 たしまい言は)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(徒使のー :ラッア、とるよに)れあ悦満ごのーラッアに彼(ーリゥドフ=ルア・ドーイサ・ーブア :後たっ渡を)橋け架の獄地(トーラィスがちた者仰信 ● :後たっ渡を)橋け架の獄地(トーラィスがちた者仰信 :後たっ渡を)橋け架の獄地(トーラィスがちた者仰信 :後たっ渡を)橋け架の獄地(トーラィスがちた者仰信 4 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” だのる祈と 」。!)いさ下てせら渡(に事無。に事無、よーラッア“ はちた徒使日のそてしそ。いながとこる :喋も誰外以ちた徒使は日のそ。るあでちた者るきり渡をこそに初最、は体同共の私と私てしそ。るれらけかに央中の火業の獄地が)橋け架の獄地(トーラィスてしそ「 すまいてえ :伝をとこたっ言にうよの次、で中の承伝るす関に見謁のとーラッアが)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(徒使のーラッアは)れあ悦満ごのーラッアに彼(ライラフ・ーブア 。すまり祈と」!)いさ下てせら渡(に事無。に事無、よーラッア「 はちた徒使日のそ。すまれか置に左と右の)橋け架の獄地(ト :ーラィス、て来てれら送が」係関きよのと親近「と」用信「たま。すましを方り渡たじ応 3に光のそてしそ。すまれらえ与を光てじ応に ンーマーイのそはら彼際のそ、りあでけだ者仰信はのる切り渡を)橋け架の獄地(トーラィスてしそ。すで体同共のそと)れあ安平と福祝のらかーラッアに彼(ドマンハム、は者る渡を)橋け架の獄地(トーラィスに初最 :者る渡を)橋け架の獄地(トーラィスに初最 ● :者る渡を)橋け架の獄地(トーラィスに初最 :者る渡を)橋け架の獄地(トーラィスに初最 :者る渡を)橋け架の獄地(トーラィスに初最 2 ) 承伝のムリスムとーリーハブ=ルア(” るす落転とへ 」。

×