Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

jThree 0.10 alpha release

631 views

Published on

The announcement of release information for Web3D library.

Published in: Technology
  • Be the first to comment

jThree 0.10 alpha release

  1. 1. jThree Focus in the most important. The initial release kick off
  2. 2. jThree • jThreeの使命 3DCGを文字、画像、動画に次ぐWeb上のアセットとして確立する。 • jThreeのやり方 • 各々が最も価値を置くところにフォーカスできるライブラリ。 • Webの文化における3Dを定義するためのライブラリ。 • 今までの3Dにとらわれず、Webのための3Dのやり方、デザイン手法を定義する。 • WebGLにとらわれず、総合的なWeb3Dに対するライブラリ。 • Contributor のUXを意識したプロジェクト運営の実施 • ゲームエンジンではなくWeb3Dサービスエンジンである。
  3. 3. Competing the other solutions • UnityのWebGL書き出し • WebエンジニアたちのWebのワークフローから独立したワークフロー • サービスのコンテキストとの融合の難しさ • three.js/Babylon.js • ループ駆動というゲームエンジン界隈の考えのWebへの輸入 ⇄イベント駆動、DOM操作というWebで培われた考え方 • A-frame • three.jsベースなので拡張時にはthree.jsの知識上での操作が必要 • ロジックの一部がタグとして含まれてしまっている
  4. 4. Catch phrases • Focus in the most important. (ライブラリとしてのキャッチフレーズ) • The service development friendly Web3D library for the next web generation. (短い説明としてのキャッチフレーズ)
  5. 5. Targets • Webエンジニア • Webサービスの開発に表現力が欲しい • 既存のリソースを活用でき、学習コストを抑えたい • Unityなどを使うことにより既存の開発フローを変えたくない。 • 3DCGエンジニア • Webという共有が簡易な場を使える • Webの市場も3DCGエンジニアが活躍できる場になる。 • 必要なものが少なく簡単に環境を構築、試作、デバッグができる。
  6. 6. Markets • 3D表現が活きるプレビュー系サービス • 住宅内覧サービス、ホテル予約サービスなど • 工場などの発注時の部品プレビュー • 一時的なWeb上での利用を期待するサービス • 博物館、水族館、万博などでの案内Webアプリ • インタラクティブな広告 • 未知のWebデザインに秘められた可能性 Web開発手法に従来の方法で3DCGを扱えるとした時の変化 • 今まで3DがWebで簡単に扱え融合することはなかった。これが可能に なった時Webに何をもたらすのか
  7. 7. Previous works for 0.10 alpha • jThree v0.10 alpha がリリースされた (https://github.com/jThreeJS/jThree/releases) • jThreeの開発体制変更後初のリリース • まだまだ多いバグ、テスト項目。 • 処理速度はまだ最適化は十分ではない。 • プロダクションレベルはまだまだ遠い • DOM操作による3DCG操作部分(GOML)の基本的なAPIの実装 • 独自実装のレンダリングエンジン部分の方針の確定 • Webエディタが公式サイトに実装された(http://studio.jthree.io) • 超基本的なExamplesの用意 (公式サイトもしくは、clone後のdebug/samples内) • Masterブランチへのリリースがマージされた。
  8. 8. Current works for 0.20alpha • シェーダー記述部分の大幅なリファクタリング • デフォルトシェーダーの改善 • GOML関係の機能の大幅なリファクタリング • モバイルのWebGLサポート状況の詳細を収集するサイトの作成 • Examplesの充実化 • モジュール機能(旧Behaviour機能) • プラグイン機能
  9. 9. Notice • 会議・決定のフローの変更 • これまで: 会議室やあった時に主要なメンバーで議論 • これから: 方針、マイルストーン、担当などは#developで議論 (閉じた空間での決定を行わない。誰でも参加できるようにするため) • 未踏プロジェクトに応募しました • 通ったら国の支援でこのプロジェクトを行えます。
  10. 10. http://jthree.io

×