Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
https://levelop.org/
経験者も意外と知らない
テニスルール
https://levelop.org/
1. パーマネント・フィクスチュアとは
2. アドバンテージセット、タイブレークセット
3. サービスの立ち位置は範囲が決まっている
4. レットになるサーブをノーバウンドで触った場合
5. コート外な...
https://levelop.org/
1. パーマネント・フィクスチュアとは
“バックストップ、サイドストップ、観客、観客用のスタンドや
シート、コートの周りや上部にあるすべての施設や設備、定めら
れた位置にいるチェアアンパイア、ラインアン...
https://levelop.org/
2. アドバンテージセット、タイブレークセット
(a) アドバンテージセット
相手より2ゲーム以上の差をつけて、先に6ゲーム取ったプレ
ーヤー・チームがそのセットの勝者となる。2ゲーム差がなけ
れば、つ...
https://levelop.org/
3. サービスの立ち位置は範囲が決まっている
“サービスモーションを開始する直前、サーバーはネットに向か
ってベースラインの後方で、センターマークとサイドラインの仮
想延長線内に両足とも入っているように...
https://levelop.org/
4. レットになるサーブをノーバウンドで触った場合
サーブされたボールが、ネット、ストラップまたはバンドに触れ
たあと、地面に落ちる前にレシーバーまたはレシーバーのパート
ナー、またはその着衣、持ち物に...
https://levelop.org/
5. コート外なら相手側に入れる
相手コートの中に入らない限り、返球の前後に関係なく、プレー
ヤーがネットの仮想延長線を超えて、相手側に入り込んだ場合で
もプレーヤー・チームの失点にはならない。(規則2...
https://levelop.org/
6. コーチングは第1ゲーム後にはやってはいけない
“コートのベンチにキャプテンがいるチーム対抗戦では、そのキ
ャプテンは、セットブレークまたはエンド交代の時、プレーヤー
・チームにコーチをしてもよい。...
https://levelop.org/
7. ディサイディング・ポイント
「ノーアド方式」の試合で
“両方のプレーヤー・チームが3ポイントずつを取ってデュースに
なったら、そこでディサイディング・ポイントをプレーする。デ
ィサイディング・ポイ...
https://levelop.org/
8. マッチタイブレークは7ポイント制か10ポイント制
“セットスコアが1セットオール、または、5セットマッチで2セッ
トオールになった時は、そこでタイブレーク・ゲームを行って、
試合の勝敗を決める。こ...
https://levelop.org/
9. ファスト4 2年間の試用期間中のみ(2016-2017年)
• セットのスコア
4ゲームを選手したプレーヤー・チームがそのセットの勝者となる。3ゲームズオ
ールになったらタイブレークを行う。
• ...
https://levelop.org/
参考文献
• 公益財団法人 日本テニス協会
『JTAテニスルールブック 2016』
平成28年3月1日 第43版発行
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

経験者も意外と知らないテニスルール

741 views

Published on

経験者でも意外と知らないと思われるルールを抜粋

Published in: Sports
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

経験者も意外と知らないテニスルール

  1. 1. https://levelop.org/ 経験者も意外と知らない テニスルール
  2. 2. https://levelop.org/ 1. パーマネント・フィクスチュアとは 2. アドバンテージセット、タイブレークセット 3. サービスの立ち位置は範囲が決まっている 4. レットになるサーブをノーバウンドで触った場合 5. コート外なら相手側に入れる 6. コーチングは第1ゲーム後にはやってはいけない 7. ディサイディング・ポイント 8. マッチタイブレークは7ポイント制か10ポイント制 9. ファスト4とは 項目一覧
  3. 3. https://levelop.org/ 1. パーマネント・フィクスチュアとは “バックストップ、サイドストップ、観客、観客用のスタンドや シート、コートの周りや上部にあるすべての施設や設備、定めら れた位置にいるチェアアンパイア、ラインアンパイア、ネットア ンパイア、ボールパーソンのことをいう”(規則2)
  4. 4. https://levelop.org/ 2. アドバンテージセット、タイブレークセット (a) アドバンテージセット 相手より2ゲーム以上の差をつけて、先に6ゲーム取ったプレ ーヤー・チームがそのセットの勝者となる。2ゲーム差がなけ れば、つくまで続ける。 (b) タイブレークセット 相手より2ゲーム以上の差をつけて、先に6ゲーム取ったプレ ーヤー・チームがそのセットの勝者となる。ただし、スコア が6ゲームオールになった場合は、タイブレーク・ゲームを行 う。
  5. 5. https://levelop.org/ 3. サービスの立ち位置は範囲が決まっている “サービスモーションを開始する直前、サーバーはネットに向か ってベースラインの後方で、センターマークとサイドラインの仮 想延長線内に両足とも入っているように静止して立つ”(規則16) “シングルスで、サーバーはベースラインの後ろなら、シングル ス・サイドラインとダブルス・サイドラインの間に立ってはいけ ない”(規則18)
  6. 6. https://levelop.org/ 4. レットになるサーブをノーバウンドで触った場合 サーブされたボールが、ネット、ストラップまたはバンドに触れ たあと、地面に落ちる前にレシーバーまたはレシーバーのパート ナー、またはその着衣、持ち物に触れた場合、そのサービスはレ ットである。 (規則22)
  7. 7. https://levelop.org/ 5. コート外なら相手側に入れる 相手コートの中に入らない限り、返球の前後に関係なく、プレー ヤーがネットの仮想延長線を超えて、相手側に入り込んだ場合で もプレーヤー・チームの失点にはならない。(規則24)
  8. 8. https://levelop.org/ 6. コーチングは第1ゲーム後にはやってはいけない “コートのベンチにキャプテンがいるチーム対抗戦では、そのキ ャプテンは、セットブレークまたはエンド交代の時、プレーヤー ・チームにコーチをしてもよい。ただし、各セット第1ゲーム後 とタイブレーク・ゲーム中のエンド交代の時にしてはいけない。 ”(規則30)
  9. 9. https://levelop.org/ 7. ディサイディング・ポイント 「ノーアド方式」の試合で “両方のプレーヤー・チームが3ポイントずつを取ってデュースに なったら、そこでディサイディング・ポイントをプレーする。デ ィサイディング・ポイントを取った方がそのゲームの勝者となる 。”
  10. 10. https://levelop.org/ 8. マッチタイブレークは7ポイント制か10ポイント制 “セットスコアが1セットオール、または、5セットマッチで2セッ トオールになった時は、そこでタイブレーク・ゲームを行って、 試合の勝敗を決める。このタイブレーク・ゲームは最終セットの 代わりとなる。”
  11. 11. https://levelop.org/ 9. ファスト4 2年間の試用期間中のみ(2016-2017年) • セットのスコア 4ゲームを選手したプレーヤー・チームがそのセットの勝者となる。3ゲームズオ ールになったらタイブレークを行う。 • タイブレーク 5ポイント制。サーブは最初から2ポイントずつでチェンジする。4ポイントオー ルになった場合はレシーバーがサイドを選択し最終ポイントを行う。タイブレー ク中のエンドの交代は、最初の4ポイントをプレーした後のみ。 • サービスのレット ノーレットルールを採用する。ダブルスでは、サーブされたボールがネット等に 触れた後に正しいサービスコートに入った場合は、チームのどちらのレシーバー が返球しても良い。
  12. 12. https://levelop.org/ 参考文献 • 公益財団法人 日本テニス協会 『JTAテニスルールブック 2016』 平成28年3月1日 第43版発行

×