Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

現場のラボ化のためのPDRと物流PDRチャレンジ

632 views

Published on

HCGシンポジウム2016「G空間IoT × 行動変容(オーガナイズドセッション)」の発表資料です。

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

現場のラボ化のためのPDRと物流PDRチャレンジ

  1. 1. 現場のラボ化のためのPDRと物流PDRチャレンジ セッションB-1:G空間IoT × 行動変容 蔵田 武志・一刈 良介(産総研)・明官 達郎(筑波大)・霜村 瞭・興梠 正克(産総研)・梶 克彦(愛知工大)・河口 信夫(名大) Ubicomp/ISWC 2015 PDR Challenge IPIN 2017 PDR Challenge in Warehouse Picking シナリオ 屋内歩行者ナビ 物流倉庫ピッキング 歩行・動作 スマートフォンを手に持ち, ナビ画面を見ながら連続歩行 歩行だけではなく,ピッキング 作業などのさまざまな動作 On-site or Off-site On-site Off-site 時間/試行 数分 3時間前後 センサー内部要因 • センサのオフセット・感度 センサー外部要因 • 人的要因:保持・装着状態,歩行者特性,歩行以外 の動作の種類や量,位置情報を見ながら歩くか (フィードバックループができているか) • 環境要因:ルート形状、長さ、歩行可能エリアの形 状、磁場、気圧、温度等の環境 初期条件,計測条件 • 初期方位設定 • センサー校正 • 個人ごとのパラメーター設置 • 連続計測時間 評価の視座 • PDR単体でどこまでできるのかの評価 • ハイブリッド測位に組み込む際のPDRの扱いやすさ の評価 物流PDRチャレンジ 人間中心の共創支援のためのサービス工学基盤 「現場のラボ化」と「ラボの現場化」 産総研のPDR開発の流れ PDRと絶対測位インフラを用いた ハイブリッド測位手法の概略 PDR Challengeの特徴比較 2種類の手法(PDR+WMS)の軌跡を タスクの難易度を変えて比較した例 評価指標に関する検討項目例

×