Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

国内外クラウドソーシングの現状

5,193 views

Published on

クラウドソーシングの概要、類型及び、その価値についてまとめています。

Published in: Business
  • Be the first to comment

国内外クラウドソーシングの現状

  1. 1. 国内外クラウドソーシングの現状とその利用事例1会津大学 “雲” サロン2013年2月18日井川 甲作
  2. 2. 本日の内容2•クラウドソーシングとは•クラウドソーシングがもたらす価値•オープンリソース社会とクラウドソーシング
  3. 3. クラウドソーシングとは3
  4. 4. クラウドソーシングとは?4「クラウドソーシング」は、「楽な仕事で、おこづかいを稼ぐ新たなスタイル」??
  5. 5. クラウドソーシング(Crowdsourcing)とは5ICTの進歩地理的・時間的な制約の軽減コミュニケーションリッチネスの向上「クラウド(群衆)からソーシング(調達する)」「企業、組織が、自社もしくはアウトソースの人材により実施していた業務を、よりオープンかつ不特定多数のCrowdから人材を集め、実施すること」(Jeff Howe 2006)
  6. 6. クラウドソーシングの類型6
  7. 7. クラウドソーシングの類型Paid Crowdsourcingにフォーカスし、以下の3タイプについて紹介する。7タイプ タスクの概要 タスクの例 プラットフォームデザイン&クリエーティブ型時間の見通しは立たない、課題解決など知識創造的な仕事科学的問題の解決、商品のデザイン、写真などの投稿等InnoCentiveiStockPhotoThreadlessランサーズマイクロタスク型数秒~数分程度の分断された作業10秒の音声の書き取り、画像のタグ付け、名刺の入力等の単純作業AmazonMechanical Turkランサーズプロジェクト型数時間~数日程度のある一定の完結した仕事プログラミング、翻訳、書類の入力等、様々oDeskelancerFreelancer.comランサーズ
  8. 8. •設立:2001年•創設者:Dr. Alpheus Bingham(EliLillyand Companyの研究所元副所長)•CEO:Dwayne Spradlin•研究開発を中心とした高度な課題を企業が賞金付きで提示し、solverと呼ばれる個人が解決する。•コンペティション形式•実績(2012年4月3日時点)• Solver人数: 250,000人以上、およそ200か国• Solverの獲得賞金:$12百万以上• 賞金額:$500~ $1百万+• 解決率:50%以上クリエーティブ型:InnoCentiveInnoCentiveは、企業がかかえる高度な知識を要する課題について、高度人材のCrowdを通じて解決策を得るためのプラットフォームを提供している。8概要•コルゲート・パルモリーヴ社「フッ素パウダーを空気中に拡散させず歯磨きペースト用のチューブに注入する方法」→電気技師が解決•「課題の解決に成功した人々の75%は既に解決法を知っていた」(ラカーニ)•P&GのC&D(Connect &Development)戦略での活用。InnoCenitive上でのプロジェクトの約35%で技術導入に成功•hp, EMC等の企業が利用事例
  9. 9. マイクロタスク型: Amazon Mechanical Turk(1/2)Amazon Mechanical Turk(MTurk)は、当初Amazon内の業務発注に利用されていたが、現在では外部に開放し、マイクロタスクの最大手となっている。9•設立:2005年•経緯:Amazonの数百万ページの中から重複するものを見つけ出すために、人力により実施するためにサイトを開設。•サイト名は、”Mechanical Turk(機械仕掛けのトルコ人)”から•タスクは数十秒から数分で終わるマイクロタスクが中心•発注方法•190カ国、50万人以上のワーカーが登録•一件$0.005〜•タスクの作業結果をもとに仕事の承認・拒否を行い、承認分について、クレジット等で決済する。概要
  10. 10. 超細分化された仕事を、ICTを通じてクラウドに発注することで、低コストでの業務実行を実現している。マイクロタスク型: Amazon Mechanical Turk(2/2)10
  11. 11. クラウドソーシングがもたらす価値11
  12. 12. クラウドソーシングの価値クラウドソーシングは、プラス・マイナスの両面が存在するものの、企業にとっては、労働単価の低下や品質向上等、大きなメリットが見込める。12メリットデメリット企業 個人(マネジメントレベル)投資の集中事業継続性の向上(オペレーションレベル)労働単価の適正化人件費の変動費化品質の向上・短納期化人材獲得のリードタイムの短縮(マネジメントレベル)地勢リスク法規制(オペレーションレベル)管理コストの増加品質の不安定化英語でのコミュニケーション情報漏洩グローバルでの仕事獲得新たな分野での仕事獲得余暇時間の収益化生活コストの低減内的なモチベーションの向上居住地、労働時間の柔軟化労働単価の低下収入の不安定化失敗の永続英語でのコミュニケーション文化的差異犯罪への加担ICTの活用
  13. 13. 労働単価の適正化 (1/2)oDeskでは、高評価、高稼働でも、$10/hourという人材が多数登録しており、特にアジア圏に集中している。130%10%20%30%40%50%60%70%80%90%100%その他南米北米ヨーロッパ南アジア東アジア336862,4141,89984957305001,0001,5002,0002,5003,0003,500高評価・経験豊富なワーカーの数(1,000時間以上、4.5以上の評価)「Data entry」で時給$10以下ワーカーの地域分布注:2012年6月時点人~$10$10~DataEntryJavaPHP(81%)(19%)
  14. 14. 労働単価の適正化 (2/2)MTurkでも、日本の標準的な単価と比較すると低コストとなっている。14タスクタイプ タスク内容 1件の金額データ収集指定された企業の情報(従業員数等)をWEBから調べて入力する$0.12(1件5分として、$1.44/hour)音声からの文書おこし10秒の音声聞き取り$0.01(1件30秒として、$1.2/hour)写真のタグ付け写真についていくつかの質問に答える$0.07(1件1分として$4.2/hour)グローバルに見て、より適正価格へと近づく
  15. 15. 品質の向上 (1/3)品質については、ICTによる仕組み、評価制度等、プラットフォーム企業が提供する品質向上の仕組みに加え、各種研究がなされている。15ICTによる品質管理評価による品質管理仕事の発注方法による品質管理品質管理のための取組内容oDeskにおける、労働状況の把握ワーカーの労働時間報告と、その時間帯のデスクトップのキャプチャを見ることができ、チェックが可能各種評価指標による品質管理oDeskでの5段階評価、総労働時間、テストMturkでの採用率やテストの受講状況固定価格での発注による品質の担保複数回答利用による品質の向上ゲーミングユーザーを除去するための工夫設問に関する内容をまとめる記入式問題の追加する先頭に回答者の属性情報を聞く、等
  16. 16. 品質の向上 (2/3)(CastingWords)CastingWordは、コンピュータでは難しいが人では容易という作業特性を活かし、MTurkを通じて、低コストでの会議音声の文書化サービスを提供している。16AB C D …3時間の会議音声人が得意な領域、自動化が可能な領域を明確にすることで、低コストかつ高品質のサービスを実現しているA文書化された10秒の音声…A Aプログラムで正確に変換するのは困難MTurkにて一件$0.01程度で「音声を聞いて文書入力するタスク」として発注プログラムで容易にマッチング可能文書化された10秒の音声…A B10秒の分断された会議音声の複製A A A …A B C D10秒の分断された会議音声…3時間の会議文書 …AB C D …
  17. 17. 品質の向上 (3/3)Crowd Sourcingを利用して、通常の業務との質を比較する研究が行われている。17MturkでのCollaborative Crowdsourcingの例•Aniket KitturらのCollaborativeCrowdsourcingの実験•スペイン語の詩を英語に翻訳する•同時に複数のワーカーが修正可能で、ワーカー同志でコミュニケーション可能なプラットフォームを提供•一人、$0.15•48時間で終了•得られた翻訳結果は、Havard出版の訳よりも良い評価を受ける• 同内容のスペイン語の詩の英訳は、1990年に出版済み• 内容を並列し、16人のバイリンガルに評価を依頼したところ、14人がCrowd Sourcingの結果の方が良いと採点•48時間の作業終了後も複数のワーカーが自発的に翻訳を続けた
  18. 18. オープンリソース社会とクラウドソーシング18
  19. 19. クラウドソーシングの変遷クラウドソーシングの概念は1990年代後半から存在しているが、急速に成長しているのは最近。192004年 2012年2006年 2008年 2009年1998年クラウドソーシング
  20. 20. 急拡大するマーケット先行する海外サイトでは、本格的に拡大が始まっており2011年ごろから急激に拡大している。20140.8214.9375.71.343.16.29024681001002003004005002009 2010 2011米国クラウドソーシング主要15サイト売上・登録数推移発注総額(百万ドル)登録者(百万人)2012年には、市場全体で10億ドルを超えるとも言われている。出所:Crowdsourcing.org 2012年調査レポート注:市場規模は、Crowdsourcing.orgの加入企業15社の仕事の発注の総金額このデータには、InnoCentiveやAmazon Mechanical Turkなど主要サイトのいくつかが含まれていない。発注総額登録者
  21. 21. オープンリソース社会とクラウドソーシングクラウドソーシングは、オープンリソース社会(比嘉教授)のひとつのツールと言え、人材のオープン化の流れはこの先続いていくと考えられる。21• ICTの進歩によりオープンリソース社会が本格化する• ICTの進歩により、情報はよりオープンになり、共有化が進む• 情報の非対称性も解消される• クラウドソーシングは、オープンリソース社会におけるひとつのツール• オープンリソース社会では、人材もオープン化し、個人のスキル、ノウハウ、評価が、共有される• 世界規模で人材の活用が始まる。• 人材及び、情報の共有プラットフォームが、クラウドソーシングと考えられる• 人材のオープン化が必須の時代に、企業・個人としてどう対応するか• クラウドソーシングが、消えても人材のオープン化の流れは変わらない• 無視しても、拒絶しても生き残るのは難しい
  22. 22. クラウドソーシングと大企業、ワーカークラウドソーシングは、大企業やワーカーにとっては、厳しい現実を突きつけるものになりかねない。22•労務的な問題•社内失業者、労働組合、人事制度•過度な情報セキュリティー意識•情報漏洩、著作権•働き方の変革•WorkerからManagerへ•WorkerからCreatorへ•社内の反発•非対面コミュニケーションの不安•英語力•ICTリテラシー大企業にとっての難しさ•真に価値のあるスキル•oDeskで売れる価値とは?•日本の会社ブランド?•ポートフォリオはあるか?•世界史上での競合•アジア圏の低コスト人材よりも高いスキルを持っているか?•評価の透明性•すべての評価クラウドソーシングの世界の評価•失敗は隠せない•収入の不安定化•約束されない報酬•発注者の権限の強化•英語力•ICTリテラシーワーカーにとって難しさ
  23. 23. クラウドソーシングとスタートアップクラウドソーシングは人的な柔軟性の高いスタートアップや、個人の発注者には大きな価値をもたらす。23• スタートアップ・中小企業にとっては、人材獲得の大きなチャンス• 高度な人材は簡単に採用できない• 優秀な新卒は採用面接に来ない• 優秀な中途には高額な報酬が必要• 質の高い人材が、固定費化せずに活用できる• 今後、この流れは止まらない中、企業、個人がオープンリソース社会でどのように生き残っていくのか• ただし、大企業にはない能力が必要• まずやってみる対応の早さ• WorkerでなくCreator• ICT、英語の力は大きなプラスになる• 大企業と比べると予想以上にICTの力の差は大きい
  24. 24. ご清聴ありがとうございました。24

×