Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 1
2016年11月5日 初版
2017年1月2日 更新
受験番号 : 521001
三浦 幸太郎
これまでの研究概要と
今後の研究計画
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 22
更新履歴
更新日 更新者 内容
2016/11/7 三浦 幸太郎 初版作成
2016/11/20 三浦 幸太郎 今後の研究計画のスライドを追加。...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 3
大学院における研究
(研究期間 : 2016年4月~2017年2月)
これまでの研究概要
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 4
研究の概要
現状、学会や国際会議の運営業務は多岐にわたり、それら
の業務を支援するシステムにも様々なものがあるが、商用で
プロプラエタリのものが多...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 5
プロダクトの利用者
会員管理システムの利用者には、学会事務局の職員、会員がおり、会
員はマイページによる会員情報の編集、お知らせの確認、イベントへ...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 6
プロダクトの構成図
サーバ環境
OS Linux
Webサーバ Apache 2.x
データベースサーバ MySQL 5.x
言語 PHP5.3以...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 7
オープンソース・ソフトウェアのビジネスモデル
オープンソース・ソフトウェアのビジネスモデルにはいくつの類型がある。
有償サポート提供型モデル
オー...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 8
オープンソース・ソフトウェアのビジネスモデル
最終目標プラットフォーム型モデル
オープンソース・ソフトウェア自体は利益にならなくても、オープンソー...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 9
個人による思考支援ソフトウェア開発
(期間 : 1997年~)
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 10
研究の概要
「eラーニングにおける思考ソフトウェアの設計と実装」
現在のeラーニングは知識を得るという意味では非常にサービ
スが充実しているが、...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 11
SE-DBMS
断片的なデータを登録し、分類やリンクを行うことによって体
系化することが可能なカード型データベースソフト。 1997年
に開発。
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 12
iroha Note
リーフと呼ばれるカード型の情報をつなぎあわせてノートを作成するソフト。
2009年に開発。学習やアイデア整理、プロット作成...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 1313
マインドマップとの比較
iroha Note はマインドマップと比較されることが多いが、最大の違いは、
iroha Note には中心となる...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 1414
iroha Note シリーズ
iroha Note シリーズは以下のソフトウェアによって構成されている。
クラウド版
デスクトップ版 アプ...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura
iroha Note シリーズの変移と今後のロードマップ
2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016以降
iroh...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 16
掲載実績 (国内の雑誌)
週刊アスキー Mac People 美的
アスキードットPC 日経PCビギナーズ Mr.PC
iP
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 17
掲載実績 (海外のサイト)
日本で生まれたユニークなマインドマップソフトとして、アメリカ、ドイツ、チェコ、ロシア、ブ
ラジル、アルジェリア、韓国...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 18
今後の研究計画
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 1919
研究テーマ
KJ法などの創造技法の体系化、及び独自の思考支援モデル
に基づいたソフトウェアの開発と、その有用性に関する研究。
1. 既存の様...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2020
研究の背景と動機
通常の学習 eラーニング
知識を得る 講義 テキスト/動画講義
まとめる ノート なし
理解度の確認 筆記試験 オンライン...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2121
研究の目的
現在のeラーニングに不足している「自らまとめ、考え、答
えを見つける」プロセスに最適なモデルを見つけ出す。
さらには作成したモデ...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2222
研究の概要 Step1 : 既存の様々な創造技法の体系化
まず既存の様々な創造技法を調査、比較し、有用性の検
証を行い、さらに創造技法の体系...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2323
研究の概要 Step2 :独自の思考支援モデルの確立
体系化した創造技法を基に「自ら考え、まとめ、答えを見
つける」プロセスに最適なモデルを...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2424
研究の概要 Step3 : モデルに基づいたソフトウェアの開発
モデルに基づいたソフトウェアの実際に開発し、その有用性について定性的
評価、...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2525
期待される成果
新しいモデルに基づいたソフトウェアは、オープンソース・ソフトウェアとし
て公開し、情報提供サイトも開設する。
ソフトウェア及...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2626
スケジュール
1年目
2年目
3年目
4年目
5年目
研究計画書の作成
(本計画書をベースに先生と相談しながらより具体的な計画書を作成)
参...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2727
参考文献
「発想法 - 創造性開発のために」 川喜田 二郎(1967)
「知的生産の技術」 梅棹忠夫 (1969)
「アイデア発想法と協同作...
Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2828
F i n
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

JAIST 入試プレゼン資料

653 views

Published on

JAIST 博士後期課程の入試プレゼン資料です。

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

JAIST 入試プレゼン資料

  1. 1. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 1 2016年11月5日 初版 2017年1月2日 更新 受験番号 : 521001 三浦 幸太郎 これまでの研究概要と 今後の研究計画
  2. 2. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 22 更新履歴 更新日 更新者 内容 2016/11/7 三浦 幸太郎 初版作成 2016/11/20 三浦 幸太郎 今後の研究計画のスライドを追加。 2016/12/5 三浦 幸太郎 iroha Note の説明スライド、研究の概要Step2 のスライドを追加。 2016/12/19 三浦 幸太郎 研究の概要Step1、研究の背景と動機、期待される成果のスライドを修正 2017/1/2 三浦 幸太郎 スライドのタイトルを修正、ノートの追加
  3. 3. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 3 大学院における研究 (研究期間 : 2016年4月~2017年2月) これまでの研究概要
  4. 4. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 4 研究の概要 現状、学会や国際会議の運営業務は多岐にわたり、それら の業務を支援するシステムにも様々なものがあるが、商用で プロプラエタリのものが多く、オープンソースソフトウェアとし て提供されている例が極めて少ない。 そこで、本研究では学会や国際会議の運営に必要かつ基本 的な会員管理システムを、オープンソースソフトウェアとして 開発、実証実験を行い、さらにはオープンソースソフトウェア のビジネス上のメリット、デメリットの検証を行った。 オープンソースソフトウェアのビジネスモデルの検証 研究のテーマ オープンソースの学会向け会員管理システムの開発・有用性の検証
  5. 5. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 5 プロダクトの利用者 会員管理システムの利用者には、学会事務局の職員、会員がおり、会 員はマイページによる会員情報の編集、お知らせの確認、イベントへの 申込などを行い、職員は会員管理、イベント管理、イベント申込管理など を行う。 会員 会員管理システム 職員 会員管理 お知らせ管理 イベント管理 イベント申込管理 会員登録の申込 マイページ (会員情報の編集) イベントの申込
  6. 6. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 6 プロダクトの構成図 サーバ環境 OS Linux Webサーバ Apache 2.x データベースサーバ MySQL 5.x 言語 PHP5.3以上 フレームワーク CakePHP 2.x 会員管理システム (Webアプリケーション形式) PC スマートフォン Webブラウザ Web ブラウザ クライアント環境 OS Windows, Mac, iOS, Android Webブラウザ Chrome Firefox Safari Internet Explorer 10以上 GitHub公式サイト ダウンロード 及びインストール OAMMS
  7. 7. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 7 オープンソース・ソフトウェアのビジネスモデル オープンソース・ソフトウェアのビジネスモデルにはいくつの類型がある。 有償サポート提供型モデル オープンソース・ソフトウェアのサポートを有償にて行うビジネスモデル。 Red Hutなどが採用。 第一段階 仲介型モデル オープンソース・ソフトウェアの開発元は市場に対して大きな影響力を持ち、コミュニ ケーションのハブとなる。そのポジションを利用し、SIを行う開発会社の紹介や、サー バ会社を仲介を行い、広告料や手数料を徴収。 EC-Cubeなどが採用。 有償製品誘導型モデル オープンソース・ソフトウェアを無償で配布し、顧客を囲い込み、自社の有償製品の 購入へと誘導。 Microsoft などが採用。 例 : Visual Studio Code
  8. 8. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 8 オープンソース・ソフトウェアのビジネスモデル 最終目標プラットフォーム型モデル オープンソース・ソフトウェア自体は利益にならなくても、オープンソースの圧 倒的な伝播力を利用し、市場に普及させ、プラットフォームの作り手としての 地位を獲得する。プラットフォームの作り手は市場に大きな影響力を持ち、ま た様々な決定権があり、ビジネスを有利に進めることが可能となる。 代表例として Google の Android が挙げられる。 最終目標 Android 採用が急速に進み、事実上標準となる 各社が独自にOSを開発 Google の影響力が大きくなり、ビジネスも拡大 Android 誕生 ガラパゴス化 世界シェア : 85% (2014年時点) 広告/アプリ市場を支配 2008年
  9. 9. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 9 個人による思考支援ソフトウェア開発 (期間 : 1997年~)
  10. 10. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 10 研究の概要 「eラーニングにおける思考ソフトウェアの設計と実装」 現在のeラーニングは知識を得るという意味では非常にサービ スが充実しているが、eラーニングを通じて得た知識を基に自 分で考え、まとめ、答えを見つけるというプロセスはなかなか実 現できていない。 そこで実際に「自分で考え、まとめ、答えを見つける」プロセス を支援するソフトウェアを設計、開発し、eラーニングにおける 有用性の検証を行った。 研究テーマ 研究の概要
  11. 11. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 11 SE-DBMS 断片的なデータを登録し、分類やリンクを行うことによって体 系化することが可能なカード型データベースソフト。 1997年 に開発。
  12. 12. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 12 iroha Note リーフと呼ばれるカード型の情報をつなぎあわせてノートを作成するソフト。 2009年に開発。学習やアイデア整理、プロット作成など様々な用途に活用さ れており、国内外で累計50万回以上のダウンロードされた。
  13. 13. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 1313 マインドマップとの比較 iroha Note はマインドマップと比較されることが多いが、最大の違いは、 iroha Note には中心となる幹がない点である。そのため断片的な情報 (リーフ)をとりあえずたくさん追加して、後から整理し、紐付けることができ、 より柔軟に考えをまとめることが可能となっている。 マインドマップ iroha Note 幹が必要 枝なしでは存在できない 枝なしで独立して存在可能 幹が必要ない。 (作成することも可能。)
  14. 14. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 1414 iroha Note シリーズ iroha Note シリーズは以下のソフトウェアによって構成されている。 クラウド版 デスクトップ版 アプリ版 • Windows, Mac, iOS, Android に対応 • データは全てクラウド側で管理 • iOS/Androidからはブラウザにて利用 (将来的にはアプリ版も提供予定) 有償版 (印刷や画像リーフに対応) • iOS, Androidに対応 • Dropbox と連携が可能 Windows, Macに対応 フリーウェア版 累計40万ダウンロード
  15. 15. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura iroha Note シリーズの変移と今後のロードマップ 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016以降 iroha Note リリース iroha Note+ リリース iroha Note Webリリース iroha Note Cloud リリース iroha Note 2.0 リリース予定 iroha Note for Android リリース iroha Note for iOSリリース サービス終了 クラウド版 デスクトップ版 アプリ版 クラウド連携追加 クラウド連携追加 サポート継続 統合予定
  16. 16. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 16 掲載実績 (国内の雑誌) 週刊アスキー Mac People 美的 アスキードットPC 日経PCビギナーズ Mr.PC iP
  17. 17. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 17 掲載実績 (海外のサイト) 日本で生まれたユニークなマインドマップソフトとして、アメリカ、ドイツ、チェコ、ロシア、ブ ラジル、アルジェリア、韓国など、世界中のIT系ニュースサイトで大きく紹介された。
  18. 18. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 18 今後の研究計画
  19. 19. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 1919 研究テーマ KJ法などの創造技法の体系化、及び独自の思考支援モデル に基づいたソフトウェアの開発と、その有用性に関する研究。 1. 既存の様々な創造技法の体系化 2. 独自の思考支援モデルの確立 3. モデルに基づいたソフトウェアの開発、有用性の検証
  20. 20. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2020 研究の背景と動機 通常の学習 eラーニング 知識を得る 講義 テキスト/動画講義 まとめる ノート なし 理解度の確認 筆記試験 オンラインテスト 現在、様々な分野でeラーニングが活用されている。しかし現在のeラー ニングは、知識を得るプロセス(講義)と、理解度を確認するプロセス(テ スト)を支援するソフトウェアは非常に充実してきているが、その中間に ある、得た知識を自分自身で「まとめ、考え、答えを見つける」というプロ セスを支援するソフトウェアがほとんど存在しない。 私は20年以上前から思考支援ソフトウェアに興味を持ち、独自にソフト ウェアを開発してきが、それらのソフトウェアは何らかのモデルに基づ いて開発したわけではなく、いつか思考支援モデルの研究の実績のあ る研究室で、既存のモデル・理論を研究し、学術的根拠に基づいたソフ トウェアを開発したいと長年考えてきた。 背景 動機
  21. 21. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2121 研究の目的 現在のeラーニングに不足している「自らまとめ、考え、答 えを見つける」プロセスに最適なモデルを見つけ出す。 さらには作成したモデルを基にしたソフトウェアの開発し、 学習効果や発想力の向上に役立てる。 知識を得る (講義) 理解を確認する (テスト) まとめる 考える 答え(考え)を見つける 不足しているプロセス現在のeラーニングサービス
  22. 22. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2222 研究の概要 Step1 : 既存の様々な創造技法の体系化 まず既存の様々な創造技法を調査、比較し、有用性の検 証を行い、さらに創造技法の体系化を行う。現在調査対 象となっている代表的な創造技法は以下の通りである。 名称 作者 形式 概要 KJ法 川喜田二郎 収束的 データをカードに記述し、カードをグループごと にまとめて、図解し、文章等にまとめていく手法。 NM法 中山正和 発散的 明確な技術的課題について類比(アナロジー) を使って似ているものを思い浮かべる。 マインドマップ Tony Buzan 発散的 頭の中で起こっていることを目に見えるようにし た思考ツール。 アヤトゥス・カルタ 収束的 フィンランドの教育で採用されている思考法。連 想するキーワードをつなぎ合わせ視覚化を行う。 ブレインストーミング Alex F. Osborn 発散的 集団でアイデアを出し合うことによって相互交錯 の連鎖反応や発想の誘発を期待する技法 その他、マンダラート法、オズボーンのチェックリスト、属性列挙法、ノミナル グループ手法なども調査
  23. 23. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2323 研究の概要 Step2 :独自の思考支援モデルの確立 体系化した創造技法を基に「自ら考え、まとめ、答えを見 つける」プロセスに最適なモデルを独自に作成し、有用性 の検証を行う。またそのモデルに関する論文を執筆する。 断片的な情報をカードで表記 カードはタイトルと内容から構成 分類とリンクによって情報 を整理し、ノートを作成 作成したノートを解釈し、 自分自身の考えを明確にする • ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ • ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ • ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ • ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ • ~ ~ ~ ~ ~ ~ • ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ • ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ • ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ • ~ ~ ~ ~ ~ ~ • ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ Cards Note Ideas 「自ら考え、まとめ、答えを見つける」プロセスに最適なモデルの案 Title : ○ ○ ○ ○ ○
  24. 24. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2424 研究の概要 Step3 : モデルに基づいたソフトウェアの開発 モデルに基づいたソフトウェアの実際に開発し、その有用性について定性的 評価、定量的評価を行い、さらに論文を執筆する。 ソフトウェアの開発はデータの共有性を重視しWebアプリケーション型とし、 またより操作性・機能性を向上させたクライアント側のアプリの開発を予定し ている。クライアントアプリは移植性を考慮し、JavaScriptを開発言語とし、ス マートデバイス側はCordovaベース 、PC側にはElectronベースの開発を検 討する。
  25. 25. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2525 期待される成果 新しいモデルに基づいたソフトウェアは、オープンソース・ソフトウェアとし て公開し、情報提供サイトも開設する。 ソフトウェア及び情報提供サイトは、多言語に対応し、世界中の人々が 利用可能なものとする。さらに派生ソフトウェアや、他のシステムへの組 み込みも容認し、創造技法におけるオープンなプラットフォームとして広 める。 ※ オープンソース・ソフトウェアのライセンスについてはGPLv2を想定しているが、適切か どうか今後検討していく必要がある。 多くの人々の知的活動への貢献 本学の知名度向上に寄与
  26. 26. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2626 スケジュール 1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 研究計画書の作成 (本計画書をベースに先生と相談しながらより具体的な計画書を作成) 参考書籍、論文のサーベイ。 既存の様々な創造技法の比較検証、体系化。 理想的なモデルの作成、論文の執筆。 副テーマ開始。 モデルに基づいたソフトウェアの開発。 ソフトウェアの有用性の検証、論文の執筆。 論文の骨子提出、学位申請。
  27. 27. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2727 参考文献 「発想法 - 創造性開発のために」 川喜田 二郎(1967) 「知的生産の技術」 梅棹忠夫 (1969) 「アイデア発想法と協同作業支援」 宗森 純・由井薗 隆也・井上 智雄著 (2014) 「発想支援システムの研究開発動向とその課題」 國藤 進 (1993) 「マジビジプロ 超図解 三谷教授と学ぶ 『拡げる』×『絞る』で明快! 全思考法カタ ログ」三谷 宏治(2013)
  28. 28. Copyright 2017 all right reserved Kotaro Miura 2828 F i n

×