Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Wacker #8 もう学習は機械に
任せたい
M2Mテクノロジーズ
菅原 浩祐
テーマ:機械学習
機械学習とは
人工知能における研究課題の一つで、人間が
自然に行っている学習能力と同様の機能をコン
ピュータで実現しようとする技術・手法のことで
ある。
機械学習の種類
• 教師あり学習
• (強化学習)
• 教師なし学習
教師あり学習とは
• 予め準備された正解データを基に判定ルー
ルを少しずつ改善していくことで未知のデータ
への対処精度を上げていく方法(正解が含ま
れた学習データが必要)
【活用例】
・迷惑メールの判定
・ログ等を元にした故障予知
教師なし学習とは
• 学習対象のデータはあるが、それが何かとい
う正解は与えずに、どうにかしてなにかしらの
構造や法則を見出すための手法
→グループ分け(クラスタリング)
【活用例】
・メールのフォルダ分け
・センサーデータを元にしたイレギュラ...
強化学習とは
• 半教師あり学習
教師データほど、明確な答えは与えず、「選
択肢」と「報酬」を与えて、与えられた選択肢の
中で、最も報酬が高くなるものを選ばせる
【活用例】
・将棋、囲碁等ゲームアルゴリズム
ディープラーニング
• AI>機械学習>ディープラーニング
・ニューラルネットワークを多段構成して、正解
率を上げるという考え方
AI
機械学習
DL
まずはニューラルネットワーク
• 脳神経を模した構成(ニューラルネットワーク)
を、作って、各神経節を正解率を元に点数付
けすることで、正しい答えを導けるようにした
もの
出力結果を評価して、
正解のノードに高報
酬を与えることで、
次からその...
機械学習するには
TensorFlow
• Google製の機械学習ライブラリ。「テンソルフ
ロー」と読む。ディープラーニング出来る、商
用利用可。
https://www.tensorflow.org/
Chainer
• Preferred Networks社が開発したニューラル
ネットワークを実装するためのライブラリ
http://chainer.org/
DeepDream
• GoogleのOSS。
• グロ画像作成機。
https://github.com/google/deepdream
参考: http://psychic-vr-lab.com/deepdream/
ネタデータ
【オープンデータカタログ】
http://www.data.go.jp/?lang=japanese
→各種オープンデータのカタログサイト
【RESAS API】
https://opendata.resas-portal.go.j...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

Wacker 8機械学習

199 views

Published on

Wacker #8 もう学習は機械に任せたい

Published in: Technology
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

Wacker 8機械学習

  1. 1. Wacker #8 もう学習は機械に 任せたい M2Mテクノロジーズ 菅原 浩祐
  2. 2. テーマ:機械学習
  3. 3. 機械学習とは 人工知能における研究課題の一つで、人間が 自然に行っている学習能力と同様の機能をコン ピュータで実現しようとする技術・手法のことで ある。
  4. 4. 機械学習の種類 • 教師あり学習 • (強化学習) • 教師なし学習
  5. 5. 教師あり学習とは • 予め準備された正解データを基に判定ルー ルを少しずつ改善していくことで未知のデータ への対処精度を上げていく方法(正解が含ま れた学習データが必要) 【活用例】 ・迷惑メールの判定 ・ログ等を元にした故障予知
  6. 6. 教師なし学習とは • 学習対象のデータはあるが、それが何かとい う正解は与えずに、どうにかしてなにかしらの 構造や法則を見出すための手法 →グループ分け(クラスタリング) 【活用例】 ・メールのフォルダ分け ・センサーデータを元にしたイレギュラーパター ンの検出
  7. 7. 強化学習とは • 半教師あり学習 教師データほど、明確な答えは与えず、「選 択肢」と「報酬」を与えて、与えられた選択肢の 中で、最も報酬が高くなるものを選ばせる 【活用例】 ・将棋、囲碁等ゲームアルゴリズム
  8. 8. ディープラーニング • AI>機械学習>ディープラーニング ・ニューラルネットワークを多段構成して、正解 率を上げるという考え方 AI 機械学習 DL
  9. 9. まずはニューラルネットワーク • 脳神経を模した構成(ニューラルネットワーク) を、作って、各神経節を正解率を元に点数付 けすることで、正しい答えを導けるようにした もの 出力結果を評価して、 正解のノードに高報 酬を与えることで、 次からそのノードの 出力を高評価するよ うに修正(学習) 問 題 入 力 結 果 出 力
  10. 10. 機械学習するには
  11. 11. TensorFlow • Google製の機械学習ライブラリ。「テンソルフ ロー」と読む。ディープラーニング出来る、商 用利用可。 https://www.tensorflow.org/
  12. 12. Chainer • Preferred Networks社が開発したニューラル ネットワークを実装するためのライブラリ http://chainer.org/
  13. 13. DeepDream • GoogleのOSS。 • グロ画像作成機。 https://github.com/google/deepdream 参考: http://psychic-vr-lab.com/deepdream/
  14. 14. ネタデータ 【オープンデータカタログ】 http://www.data.go.jp/?lang=japanese →各種オープンデータのカタログサイト 【RESAS API】 https://opendata.resas-portal.go.jp/ →内閣府 地方創生推進室産。地域ごとの各種経済データを APIで 取得することが出来る 【過去の気象データ】 http://www.data.jma.go.jp/gmd/risk/obsdl/index.php

×