Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

IT初心者の事務員さんに SharePoint を教えてみた ~SharePoint ユーザー教育の事例として~

8,658 views

Published on

Japan SharePoint Group 勉強会 #20 東京

Published in: Business
  • Be the first to comment

IT初心者の事務員さんに SharePoint を教えてみた ~SharePoint ユーザー教育の事例として~

  1. 1. 黒宮 浩介 2015/09/12 1
  2. 2.  黒宮 浩介 (くろみや こうすけ)※名古屋出身 SPeed LAND 365(https://speedland365.wordpress.com/) https://www.facebook.com/kosuke.kuromiya https://twitter.com/Kosuke9638  アーティサン株式会社(http://artisan.jp.net/) - SharePointについて色々やるエンジニア  好きなもの - 映画、サブカル色々、AKB…SKE48! 2 自己紹介
  3. 3. 1. はじめに 2. 教育の計画 3. 教育の成果(経過) 4. 振り返り 5. まとめ 3 アジェンダ
  4. 4. 弊社の新入社員におこなったSharePoint教育の事 例とその結果(経過)をご紹介することで、 「初めてSharePoint を学ぶ人にどう教えるか」 「IT初心者への教育のポイント」 といったことのヒントを見つけていただきたい。 4 はじめに:今回のゴール
  5. 5. はじめに: 注意と前提 本内容は、弊社で実施したSharePoint教育の結果 (経過)に基づくものであり、 すべての教育ケースに当てはまるわけではありません。 また、本内容を参考にして実施された場合に発生した いかなる問題等に関しても、一切の責任を負いません。
  6. 6. 教育の計画
  7. 7.  まず、皆さんに質問です 「このブログご存じですか?」 7 教育の計画:対象者 murass-yの中途事務員の格闘ブログ★office245 http://ameblo.jp/murass-y/
  8. 8. 8 教育の計画:対象者
  9. 9.  このブログの中の人が、 今回の主人公=“教育を受けた人”です むらっしぃ  事務担当(経理など)として入社  IT初心者「ブラウザって何ですか?」  現在、入社後3か月経過 どうやってここまで成長できたのか?のお話 9 教育の計画:対象者
  10. 10.  経理などの事務業務で使う台帳を、 現状のExcelからSharePoint Online で作って 実務で使えるようにする。 ⇒業務クラウド化、“Excelのメール添付” 止めたい  同時にSharePoint (Office365) を勉強する ⇒IT会社としての戦力化期待 + 本人希望 10 教育の計画:目標(狙い)①
  11. 11.  当時使っていた「サ〇ボウズ」のグループウェア (SaaS)をやめて、Office 365に移行する。 ⇒自社でOffice365を使い倒す  IT未経験者がOffice 365 を使うとどうゆうところ でハマるのかを知る ⇒サービス・製品開発の元ネタにしたい 11 教育の計画:目標(狙い)②
  12. 12.  Office365学習についてのブログを作成して、 一日1回投稿する。 ⇒モチベーション、マイルストーン、会社宣伝 12 教育の計画:目標(狙い)③
  13. 13.  環境  SharePoint Online (Office 365 E3プラン)  サイトの所有者 権限(サブサイト丸ごと)  教材  メイン:書籍  サブ:Webサイト 13 教育の計画:環境・教材
  14. 14. 教育の成果(経過)
  15. 15.  「売上管理票」を作成  Excel雛形あり  列作成などの基本操作  「交通費管理(精算)票」を作成(〃)  Excel雛形あり  ビューを自分で考えて作成  月別集計表示ビュー  入力用ビューはデータシートビューで作成 15 教育の成果:できるようになったもの
  16. 16.  「“出店”プロジェクトサイト」を作成、運用  ディスカッション掲示板で課題管理  ライブラリで資料管理  「新入社員オリエンテーション」リストを作成  Excel雛形なし  要件と入力する材料のみ渡された状態から 自分で考えて作成 17 教育の成果:できるようになったもの
  17. 17. 18
  18. 18. 19
  19. 19.  Yammer(Office 365にある企業向けSNS)  グループ作成を作成してスレッド投稿  アンケート作成して社内イベントの日程調整  Skype for Business(メッセージング)  使用開始  モバイルアプリ使用 20 教育の成果:できるようになったもの
  20. 20. 21
  21. 21.  MSフォーラムに質問を投稿  S4B の仕様について質問「~できないんですか?」  回答もらう「できません。仕様です。」  返信する「改善を期待します」 22 教育の成果:できるようになったもの
  22. 22. 23
  23. 23.  ExcelのSharePoint(クラウド)化  ほぼ完了  年間を通して使う台帳類はSharePoint化完了  自社でOffice 365を使いこなす  ほぼ完了  前サービスは事実上廃止できた 24 教育の成果:目標の達成度
  24. 24.  Office 365 の勉強、戦力化  SharePointカスタム機能のテスターを担当  勉強会(本日)に自主的に参加  IT初心者がOffice 365を利用したときの事例  初心者がどこでハマるかが知れた  あまり出会わない利用ケースで発生する事象にあえた (Edgeで使った際に起こる現象など) 25 教育の成果:目標の達成度
  25. 25. 振り返り
  26. 26.  はじめに自分が業務で使うものを作って、 それで便利になることを実感できたので、 SharePointを使うことへの関心が生まれた。  手を動かしてすぐ触れる環境があってよかった。  ブログを更新するという目標はモチベーションに なった。 27 振り返り:教育を受けた側
  27. 27.  全体として順調で、結果が出てきている。  うまくいく条件がいくつかあった  分からないトコを「とりあえずクリックしてみる」姿勢 ⇒それを許容する環境(組織的・システム的)  「社員が事務所に常時おらずリモートで働いている人が多い」という 就業環境 ⇒事務業務でクラウド化の利便性を感じやすかった  他グループウェア(Notes、サイボウズ)を使った経験が ほとんど無かった ⇒先入観や「アレならできるのに…」感が無かった28 振り返り:教育をした側
  28. 28.  座学的なスキルや知識の教育(=実操作だけでは 学びにくい)をどう進めていくか  IT用語  文章力  コンプライアンス  セキュリティ etc… 29 振り返り:課題
  29. 29. まとめ
  30. 30. 本人の仕事が になるために使えている 本人なりに “ しみながら学べている 言い換えると… が大事なポイントになるのでは31 まとめ 楽 メリットの体感
  31. 31.  次回の Japan SharePoint Group勉強会は 名古屋開催です! 32 さいごに (宣伝)
  32. 32. ご清聴ありがとうございました

×