Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
Next
Download to read offline and view in fullscreen.

0

Share

Download to read offline

20191103_IT座談会12 UX design

Download to read offline

2019年11月3日に倉敷美観地区で開催したIT座談会のKLTで用いた資料の簡易版です。

主にUXを勉強するにあたり、まずはUXを体験し、解析したという内容になっております。

簡易資料のため内容が分かりづらい部分があると思いますが、何卒ご了承くださいませ。

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all
  • Be the first to like this

20191103_IT座談会12 UX design

  1. 1. UX初心者が 最高峰のUXを 体験してみた話 ※この資料はIT座談会#12のKLTで用いたものを簡易化したものです。 一部座談会に参加された方にしか理解しづらい内容となっております。
  2. 2. 大西 慶 制作会社のクリエイティブディレクター 複業:週末フリーランス (2019年11月3日現在) Vue.jsとUXにドハマリ (良くも悪くも)
  3. 3. UXユーザー エクスペリエンス を解析してみました
  4. 4. UX もてなす側 もてなされる側
  5. 5. 来ていただいたみなさま。 その全員に最高の思い出を。 まずは状況を想像しよう。 もてなす側
  6. 6. もてなされる側 ・長距離移動で疲れている。 ・雨天でストレス。 ・イベントに期待と不安。
  7. 7. よし・・・まずは・・・ 入場時の混雑ストレスによる UX低下を防ごう。 もてなす側
  8. 8. ・受付までのルート案内を3区分に分け、 各区分に5人ずつ案内人を配置。 ・受付は16人くらいで対応。 ・受付で待つ時間を緩和するため、マスコットキャラ 2体が待っているお客様を盛り上げる。 記念撮影のための人員も2名配置。 ・受付後はウェルカムドリンクが潤沢に用意されており、 子供からご老人まで飲めるものが揃っている。 ・ウェルカムドリンク受け取り後は、自分の席で 休憩も可能。 ・トイレなどの設備も余裕がある会場を選択。 ・必ず会場内に案内ができるスタッフを5名ほど配置。 ・盗難など犯罪の相互監視のため、ショーが始まるまで 会場は明るく保つ。
  9. 9. もてなされる側 ・長距離移動で疲れている。 ・雨天でのストレス。 ・イベントに期待と不安。
  10. 10. さぁ・・・次は・・・ ド派手にショータイム! 一気に会場を盛り上げよう! もてなす側
  11. 11. もてなされる側 ・長距離移動で疲れている。 ・雨天でのストレス。 ・イベントに期待と不安。
  12. 12. まずは最低限クリア。 最高峰はココがスタート地点。 次はディナーの提供だ! 好きなものを飲んで食べて! もてなす側
  13. 13. ・食べ物は食べ放題。 ・お酒もドリンクも飲み放題。 ・老若男女が食べられる食事を用意。 ・混雑しないよう系統事にブースを分ける。 ・スイーツは食事開始30~40分後に提供開始。 ・相席になった方との交流を促すため、 サーカス団の装いの手品師3名で、 すべてのテーブルの雰囲気を和ませる。 ・企業のお偉いさんの会談もされるので、 ステージでの催し物は行わずBGMのみ。 ・食事の時間は50分程。その後の飲食も可能とする。
  14. 14. もてなされる側 ・あー食べた食べた。 ・そろそろ終わりかなー。 ・出る準備しよっ……
  15. 15. ここからが最高峰のUX。 普通ならありえない? 体験したことない体験を! すべての布石でその場を覆す。 もてなす側
  16. 16. ← コレが布石。
  17. 17. もてなされる側 え、なんかよくわからんけど たのしい!
  18. 18. もてなす側 ドヤァ! ※最後にちゃんとオチもありました。
  19. 19. UXユーザー エクスペリエンス をまとめると
  20. 20. 究極的に相手に寄り添い 体験価値の差別化を実現 エクスペリエンスデザイン ※簡易化された資料のため、すこしぼかした表現とさせていただきます。
  21. 21. ENDありがとうございました!

2019年11月3日に倉敷美観地区で開催したIT座談会のKLTで用いた資料の簡易版です。 主にUXを勉強するにあたり、まずはUXを体験し、解析したという内容になっております。 簡易資料のため内容が分かりづらい部分があると思いますが、何卒ご了承くださいませ。

Views

Total views

255

On Slideshare

0

From embeds

0

Number of embeds

24

Actions

Downloads

0

Shares

0

Comments

0

Likes

0

×