Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
心理学のためのpsychパッケージHiroshima.R #1<br />小杉考司(@kosugitti)<br />於広島大学<br />2011年06月18日<br />
おしながき<br />イントロダクション(自己紹介など)<br />パッケージ概要<br />記述統計で便利な関数<br />因子分析に便利な関数<br />因子数の決め方;fa.parallel関数<br />因子分析の実行;fa関数<br ...
自己紹介<br />氏名;小杉考司(こすぎこうじ)<br />Twitter;@kosugitti<br />隣県から来ました<br />社会心理学を専門とする大学人です<br />R利用歴は5年弱,3年前から完全移行<br />
パッケージ概要<br />
記述統計で便利な関数<br />describe関数;記述統計を一通り算出します<br />summary関数より見やすい<br />
記述統計で便利な関数<br />describe.by関数;群毎にdescribe<br />
記述統計で便利な関数<br />corr.test;相関係数の検定までしてくれる<br />相関係数を出す関数,cor()では係数が出てくるだけ<br />corr.test()関数は,係数,散布ルサイズ,p値を出す<br />
記述統計で便利な関数<br />multi.hist関数;<br />マルチでヒストです。<br />
因子分析に便利な関数<br />Rがもっているfactanal関数はちょっと不便<br />最尤法しかつかえない<br />回転がPromaxとVarimaxの二種類しかない<br />Psychパッケージを使えばすぐに解決!<br />
因子分析に便利な関数<br />fa.parallel関数;平行分析による因子数の決定。<br />データと同じサイズの乱数行列とスクリープロットで比較して,意味のある因子数を提案してくれる。<br />
因子分析に便利な関数<br />実際の因子分析はfa関数で!<br />様々なオプション<br />nfactors;因子数<br />rotate;回転は直交でvarimax, quartimax, bentlerT, geominT,斜交で...
因子分析に便利な関数<br />実行例<br />因子負荷量<br />共通性(h2)と独自性(u2)<br /> ※h2=1-u2<br />
因子分析に便利な関数<br />実行例(つづき)<br />負荷量の2乗和,寄与率,累積寄与率<br />因子間相関<br />適合度など<br />
信頼性係数の算出<br />alpha関数;α係数の算出<br />言わずと知れた内的整合性信頼性係数<br />omega関数;ω係数の算出<br />因子分析結果に基づく信頼性係数。<br />α係数はいわば非常におおざっぱな計算法で出され...
信頼性係数の算出<br />alpha関数<br />
信頼性の算出<br />omega関数<br />オプション<br />nfactors<br />fm<br />rotate<br />omegaSem関数を使うと,CFAに基づくomega係数のほか,適合度指標も出してくれる<br />
心理学のためのpsychパッケージHiroshima.R #1<br />fin<br />
宣伝<br />山口大学教育学部・教育心理学コースのWebサイトに,Rの導入についてのガイダンスムービーがあります。<br />http://psycho.edu.yamaguchi-u.ac.jp/<br />
心理学のためのpsychパッケージHiroshima.R #1<br />こんどこそfin<br />
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

心理学のためのPsychパッケージ

16,486 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

心理学のためのPsychパッケージ

  1. 1. 心理学のためのpsychパッケージHiroshima.R #1<br />小杉考司(@kosugitti)<br />於広島大学<br />2011年06月18日<br />
  2. 2. おしながき<br />イントロダクション(自己紹介など)<br />パッケージ概要<br />記述統計で便利な関数<br />因子分析に便利な関数<br />因子数の決め方;fa.parallel関数<br />因子分析の実行;fa関数<br />信頼性係数の算出<br />
  3. 3. 自己紹介<br />氏名;小杉考司(こすぎこうじ)<br />Twitter;@kosugitti<br />隣県から来ました<br />社会心理学を専門とする大学人です<br />R利用歴は5年弱,3年前から完全移行<br />
  4. 4. パッケージ概要<br />
  5. 5. 記述統計で便利な関数<br />describe関数;記述統計を一通り算出します<br />summary関数より見やすい<br />
  6. 6. 記述統計で便利な関数<br />describe.by関数;群毎にdescribe<br />
  7. 7. 記述統計で便利な関数<br />corr.test;相関係数の検定までしてくれる<br />相関係数を出す関数,cor()では係数が出てくるだけ<br />corr.test()関数は,係数,散布ルサイズ,p値を出す<br />
  8. 8. 記述統計で便利な関数<br />multi.hist関数;<br />マルチでヒストです。<br />
  9. 9. 因子分析に便利な関数<br />Rがもっているfactanal関数はちょっと不便<br />最尤法しかつかえない<br />回転がPromaxとVarimaxの二種類しかない<br />Psychパッケージを使えばすぐに解決!<br />
  10. 10. 因子分析に便利な関数<br />fa.parallel関数;平行分析による因子数の決定。<br />データと同じサイズの乱数行列とスクリープロットで比較して,意味のある因子数を提案してくれる。<br />
  11. 11. 因子分析に便利な関数<br />実際の因子分析はfa関数で!<br />様々なオプション<br />nfactors;因子数<br />rotate;回転は直交でvarimax, quartimax, bentlerT, geominT,斜交でpromax, oblimin, simplimax, bentlerQ,geominQ,clusterから選択できます<br />scores;TRUEにすれば因子得点を推定<br />impute;欠損値をmedianかmeanで代入<br />fm;共通性の推定にminres,WLS,GLS,PA,MLから選べます<br />
  12. 12. 因子分析に便利な関数<br />実行例<br />因子負荷量<br />共通性(h2)と独自性(u2)<br /> ※h2=1-u2<br />
  13. 13. 因子分析に便利な関数<br />実行例(つづき)<br />負荷量の2乗和,寄与率,累積寄与率<br />因子間相関<br />適合度など<br />
  14. 14. 信頼性係数の算出<br />alpha関数;α係数の算出<br />言わずと知れた内的整合性信頼性係数<br />omega関数;ω係数の算出<br />因子分析結果に基づく信頼性係数。<br />α係数はいわば非常におおざっぱな計算法で出されている信頼性の下限なので,ωのような係数の方がよい,という話も(清水,2007)<br />
  15. 15. 信頼性係数の算出<br />alpha関数<br />
  16. 16. 信頼性の算出<br />omega関数<br />オプション<br />nfactors<br />fm<br />rotate<br />omegaSem関数を使うと,CFAに基づくomega係数のほか,適合度指標も出してくれる<br />
  17. 17. 心理学のためのpsychパッケージHiroshima.R #1<br />fin<br />
  18. 18. 宣伝<br />山口大学教育学部・教育心理学コースのWebサイトに,Rの導入についてのガイダンスムービーがあります。<br />http://psycho.edu.yamaguchi-u.ac.jp/<br />
  19. 19. 心理学のためのpsychパッケージHiroshima.R #1<br />こんどこそfin<br />

×