Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
カンボジアにおける
発電機のリース事業
3班 小谷翔 石川泰 馬場洋将 
山下春花 伊勢村春香
SWOT分析の結果
・世界各地のマーケットニーズに合わせた
新しい価値の創造
・資金力
・生産拠点・工場が世界各地にある(19か国)
・海外生産比率・売上高比率80%以上
・発電機・芝刈り機・ポンプも生産できる
・二輪車事業によるネームバリュー...
背景
発電機である理由
→車の製造・販売だけでなく、発電機や芝刈り機の
製造にも力を入れている。
カンボジアに決めた理由
→ミャンマー・カンボジアなどのASEAN域内が
今後経済が発展しそうな国であった。
東南アジア全体が電力不足である。
タイに工場あり!しかし・・・
・タイでも電力不足問題が発生
・エネルギー資源が豊富(天然ガス、石油、石炭)
JETRO 
https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/01/7e86a725b4b62a...
カンボジアの現状
人口:1582万人
月収:200~300ドル
一人当たりGDP:1168ドル(2015年)
経済成長率:2011年から毎年、約7%伸びている ・
・
・
・
カンボジア進出企業の実態
☆経営上の問題点  「電力不足・停電」を60%が指摘
           ↓
☆電力コスト増大 ベトナム国境沿いの経済特区への進出企業は、国境を越え
         えベトナムへの移転を検討
☆停電対策  停電の発...
カンボジアの電力事情①
プノンペン
カンボジアの電力事情②
・送電線の設置も進むが、主要都市のみにとどまる
・電力をベトナムやタイから輸入またはIPPに依存
IPPとは・・独立電気事業者
(卸供給事業者)
→既存の一般電気事業者(例
;東京電力)に電力の卸売りを
行う事業者。
カンボジアの電力事情③
・ディーゼル発電のため、電力コストが周辺国より高い
→乾季には電力供給量が低下するため、
電力供給が不安定となる。
停電が発生しやすくなるため、自家発電機の設置が
不可欠となるだろう。
なぜH社の発電機なのか
・二輪車事業で知名度を広げている
・低燃費
・連続運転時間が長い
・A社製の発電機は丈夫
⇒中国製はすぐつぶれる…
なぜ販売ではなくリースなのか?
・ベトナムの発電機 輸出ビジネスの存在
・国内の経済状態を考えると、販売だと初期投資額が高すぎるため中小企業にとって購
入することが難しい。
・リース周期でメンテナンスを施すことが可能。
・大型発電所の建設計画が...
ターゲット: 中小企業
・中小企業の数の増加
10人以上1000人未満の企業数12393社( 2014年時点)
(総務省:http://
www.stat.go.jp/info/kings/cambodia/phase3.thm)
・電力需要の...
ターゲット:中小企業②
★外資の投資率の上昇や進出する企業数の増加
            ↓
進出するメリット:豊富な資源及び土地 魅力的な人口構造や積極的な企業誘致など
進出するデメリット:消費市場や労働市場の規模が小さい
        ...
今後の展開
カンボジアでの発電機のリース
3~5年後↓
燃料電池を利用した発電機のリース・販売
1~2年後↓
アフリカなど後進国での発電機のリース
まとめ
・A社の知名度と技術力を活かす
・カンボジアでのリース事業で電力不足解消というニーズに応え
る。
・カンボジアだけでなく、他の電力不足を抱える地域にも展開
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20160912中央会計インターン:チーム3カンボジアにおける発電機のリース事業

126 views

Published on

中央会計株式会社のインターンシップにおいて、参加学生の方に発表していただいた新規事業案のスライドです。

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20160912中央会計インターン:チーム3カンボジアにおける発電機のリース事業

  1. 1. カンボジアにおける 発電機のリース事業 3班 小谷翔 石川泰 馬場洋将  山下春花 伊勢村春香
  2. 2. SWOT分析の結果 ・世界各地のマーケットニーズに合わせた 新しい価値の創造 ・資金力 ・生産拠点・工場が世界各地にある(19か国) ・海外生産比率・売上高比率80%以上 ・発電機・芝刈り機・ポンプも生産できる ・二輪車事業によるネームバリュー ・家庭向け発電機を英国社と共同で開発予定 ・リコール件数トップ(21件)。 ・価格競争に弱い。 ・来年度が減益予想 ・今年度が営業損失が出ている。 ・アジア地域での汎用パワープロダクツ事 業が他の事業に比べて力不足 ・もともと工場がある。 ・ネームブランドがある。 ・東南アジアの電力不足。 ・特にカンボジアは6割輸入に 頼っている。 ・東南アジアの農業における 急速な発展。 ・大型発電所の建設予定 ・中国・ベトナムの発電機メーカーがすで に市場開拓している
  3. 3. 背景 発電機である理由 →車の製造・販売だけでなく、発電機や芝刈り機の 製造にも力を入れている。 カンボジアに決めた理由 →ミャンマー・カンボジアなどのASEAN域内が 今後経済が発展しそうな国であった。 東南アジア全体が電力不足である。
  4. 4. タイに工場あり!しかし・・・ ・タイでも電力不足問題が発生 ・エネルギー資源が豊富(天然ガス、石油、石炭) JETRO  https://www.jetro.go.jp/ext_images/_Reports/01/7e86a725b4b62adf/20150019a.pdf ミャンマーで見つかっている天然ガスの 量は世界でもトップクラス
  5. 5. カンボジアの現状 人口:1582万人 月収:200~300ドル 一人当たりGDP:1168ドル(2015年) 経済成長率:2011年から毎年、約7%伸びている ・ ・ ・ ・
  6. 6. カンボジア進出企業の実態 ☆経営上の問題点  「電力不足・停電」を60%が指摘            ↓ ☆電力コスト増大 ベトナム国境沿いの経済特区への進出企業は、国境を越え          えベトナムへの移転を検討 ☆停電対策  停電の発生 復旧後、再過電時に過大電流被害            ↓         製造機械・施設の損傷   ○自家発電機の必要性
  7. 7. カンボジアの電力事情① プノンペン
  8. 8. カンボジアの電力事情② ・送電線の設置も進むが、主要都市のみにとどまる ・電力をベトナムやタイから輸入またはIPPに依存 IPPとは・・独立電気事業者 (卸供給事業者) →既存の一般電気事業者(例 ;東京電力)に電力の卸売りを 行う事業者。
  9. 9. カンボジアの電力事情③ ・ディーゼル発電のため、電力コストが周辺国より高い →乾季には電力供給量が低下するため、 電力供給が不安定となる。 停電が発生しやすくなるため、自家発電機の設置が 不可欠となるだろう。
  10. 10. なぜH社の発電機なのか ・二輪車事業で知名度を広げている ・低燃費 ・連続運転時間が長い ・A社製の発電機は丈夫 ⇒中国製はすぐつぶれる…
  11. 11. なぜ販売ではなくリースなのか? ・ベトナムの発電機 輸出ビジネスの存在 ・国内の経済状態を考えると、販売だと初期投資額が高すぎるため中小企業にとって購 入することが難しい。 ・リース周期でメンテナンスを施すことが可能。 ・大型発電所の建設計画がある。
  12. 12. ターゲット: 中小企業 ・中小企業の数の増加 10人以上1000人未満の企業数12393社( 2014年時点) (総務省:http:// www.stat.go.jp/info/kings/cambodia/phase3.thm) ・電力需要の増加 →10年間で年率9~27%の伸び率
  13. 13. ターゲット:中小企業② ★外資の投資率の上昇や進出する企業数の増加             ↓ 進出するメリット:豊富な資源及び土地 魅力的な人口構造や積極的な企業誘致など 進出するデメリット:消費市場や労働市場の規模が小さい         事業インフラの未整備
  14. 14. 今後の展開 カンボジアでの発電機のリース 3~5年後↓ 燃料電池を利用した発電機のリース・販売 1~2年後↓ アフリカなど後進国での発電機のリース
  15. 15. まとめ ・A社の知名度と技術力を活かす ・カンボジアでのリース事業で電力不足解消というニーズに応え る。 ・カンボジアだけでなく、他の電力不足を抱える地域にも展開

×