Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

スタートアップとScala

3,020 views

Published on

合同勉強会 in 大都会岡山 -2015 Winter- (https://gbdaitokai.doorkeeper.jp/events/31149) での発表資料です。
スタートアップ企業でScala採用に至った経緯をまとめました。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

スタートアップとScala

  1. 1. スタートアップとScala @Kuchitama 1 / 49
  2. 2. お話の内容 スタートアップにおける技術選択 シェアウィズの事例を紹介 技術選択における判断の観点の知見を共有 2 / 49
  3. 3. アウトライン 1. 自己紹介 2. シェアウィズについて 3. プロジェクトについて 4. ゴネ方選定戦略について 3 / 49
  4. 4. @Kuchitama %w[ほげ駆動 ScalaMatsuriScalaKansai UG].collectdo|community| "#{community}の方から来ました" end 岡山出身です。 (実家、赤磐市) 自己紹介 お好み焼きは、生地と玉子で具を挟んで焼きま す 4 / 49
  5. 5. 自己紹介 私事ですが、 8月に転職しました フリュー株式会社ソーシャルゲーム開発  ↓ 株式会社シェアウィズ 今日はシェアウィズの技術選択のお話です 5 / 49
  6. 6. 設立3年のスタートアップ@ 大阪 いわゆるEdTech ベンチャー 株式会社シェアウィズ EdTech = Education × Technology 6 / 49
  7. 7. 株式会社シェアウィズ現在のメンバーは8人(1名は東京リモート勤務) エンジニアは4人 運営中のサービスは5 サービス 7 / 49
  8. 8. 株式会社シェアウィズ既存システムはRuby on Rails 製 (関西Ruby会議06 のスポンサーなども) 8 / 49
  9. 9. 株式会社シェアウィズ既存システムはRuby on Rails 製 (関西Ruby会議06 のスポンサーなども) Rubyistの会社です 9 / 49
  10. 10. 今回のプロジェクト ShareWisのリプレース 10 / 49
  11. 11. 今回のプロジェクト ShareWisのリプレース 動画による スナックラーニングサービスに11 / 49
  12. 12. @Kuchitamaの状況入社直後(というか内定後、入社前)から、 完全リニューアルのサーバサイドを担当することが決定  ↓ 実質1 人 12 / 49
  13. 13. @Kuchitamaの心境 13 / 49
  14. 14. @Kuchitamaの心境 マ・ジ・か!? 14 / 49
  15. 15. @Kuchitamaの心境 マ・ジ・か!? チームにJoinしてRoRするつもりだった (あわよくば、チームにScala布教していくつもりだった) 15 / 49
  16. 16. @Kuchitamaの心境こうなったら、 Scala実績作って 一気にシェアウィズを塗り替えてやるわー ふははははは 16 / 49
  17. 17. とはいえ、 会社の代表的サービス 新入りがゴネて勝手した形にはしたくない 17 / 49
  18. 18. とはいえ、 会社の代表的サービス 新入りがゴネて勝手した形にはしたくない  ↓ 運用や体制にも影響するので、ちゃんと採用技術を検討しよう 運用できるの一人とかつらいし 18 / 49
  19. 19. とはいえ、 会社の代表的サービス 新入りがゴネて勝手した形にはしたくない  ↓ 運用や体制にも影響するので、ちゃんと採用技術を検討しよう でもScalaは使いたいんや 運用できるの一人とかつらいし 19 / 49
  20. 20. ということで ロジカルな面とエモい面で攻める 20 / 49
  21. 21. ロジカル 点取り表を作成 ということで ロジカルな面とエモい面で攻める 21 / 49
  22. 22. ロジカル 点取り表を作成 エモーショナル ポエム的な文章を作成 ということで ロジカルな面とエモい面で攻める 22 / 49
  23. 23. ロジカルに攻めるちゃんと説明したい 議論できる下地を整えたい 23 / 49
  24. 24. ロジカルに攻めるちゃんと説明したい 議論できる下地を整えたい  ↓ 点取り表を作成 24 / 49
  25. 25. 点取り表項目を洗い出し→ なるべく偏らないように 係数を調整→ Scalaが一番になるようにプロジェクトに合わせ て 25 / 49
  26. 26. 係数調整 26 / 49
  27. 27. 点取り表ロジカルに選定するための取っ掛かりになった 議論に応じて、観点を追加できた 27 / 49
  28. 28. ポエム数値化しづらい観点を書き出した エモい部分をアピールした 28 / 49
  29. 29. 会社の文化(1) ShareWisは学習体験を提供する会社  ↓ メンバーも学習に積極的  ↓ Scalaのパラダイムは学習する価値がある (詳しくはBlog見て) 29 / 49
  30. 30. 会社の文化(2) 元々RoRをやってる会社  ↓ ScalaはRubyのいいところを取り入れてる  ↓ 実はそんなに学習コスト高くないのでは? 30 / 49
  31. 31. おまけ: 想定問題の対策 コンパイル遅い  ↓ CI使ったらストレス軽減できるよ Scala2.11は結構早くなってるよ 31 / 49
  32. 32. ポエム エモい部分を明文化した 不安材料が見えるようになった 32 / 49
  33. 33. ポエム エモい部分を明文化した 不安材料が見えるようになった でも、議論のたたき台にはならなかった  ↓ 「なるほどー」で終わりがち 熱量は伝わった? 33 / 49
  34. 34. 結果 34 / 49
  35. 35. 結果 サーバサイドは 35 / 49
  36. 36. まとめShareWisにおけるScala採用のための戦略 2つのアプローチをとった 点取り表を共有してロジカルに判断した エモい理由も文章に起こして共有した 36 / 49
  37. 37. しかし、もうひとつの アプローチが... 37 / 49
  38. 38. フロントエンド 38 / 49
  39. 39. フロントエンド ReactNative製 39 / 49
  40. 40. ReactNative製 当初、僕はじめ、フロント担当以外全員難色 40 / 49
  41. 41. ReactNative製 当初、僕はじめ、フロント担当以外全員難色 どうやって導入したの? 41 / 49
  42. 42. 気がついたら リポジトリにコミットが… 42 / 49
  43. 43. 力技じゃねーか 43 / 49
  44. 44. 力技じゃねーか許可を求めるな謝罪しろってこと? 本人が責任持って進めてくれた 学習コスト低くて、僕も開発に参加できた 44 / 49
  45. 45. 力技じゃねーか許可を求めるな謝罪しろってこと? 本人が責任持って進めてくれた 学習コスト低くて、僕も開発に参加できた 結果オーライだけど... 45 / 49
  46. 46. 勢いに負けないために 46 / 49
  47. 47. 勢いに負けないために Scala普及を進めたいので 47 / 49
  48. 48. 勢いに負けないために Scala普及を進めたいので A Tour of Scala 作成中 A Tour of GoのScala版 社内で長くScalaできるように道筋を作りたい まだ目次書きかけ 言ったからには後には退けない... 48 / 49
  49. 49. 乞うご期待ご静聴ありがとうございました あと近日リリース予定なので、 DLよろしくお願いします 49 / 49

×