Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

素材写真利用における著作権法上の留意点

1,260 views

Published on

2016年3月 アドビシステムズのセミナー講演資料

Published in: Business
  • Be the first to comment

素材写真利用における著作権法上の留意点

  1. 1. TechVisor.JP 素材写真利用における 著作権法上の留意点 株式会社テックバイザージェイピー 弁理士 栗原 潔 kkurihara@techvisor.jp
  2. 2. TechVisor.JP テックバイザージェイピー(TVJP)のサービス 16/03/03 2 情報通信技術 知財 コンサルティング 翻訳 特許・商標 出願代理* *テックバイザー国際特許商標事務所の業務としてご提供いたします IT コンサルティング カスタム リサーチ 寄稿 講演
  3. 3. TechVisor.JP 代表 栗原潔のプロフィール  日本IBM、ガートナージャパン等を経て2005年6月に株式会社テッ クバイザージェイピーを設立  日本国内の大手企業を中心にコンサルティング、リサーチ、講 演・執筆サービスを提供  スタートアップ企業を中心にソフトウェア特許出願代理業務を提 供  現在の中心的専門分野はウェアラブル・コンピューティング、IoT、 ビッグデータ、ソフトウェア特許など  弁理士、技術士(情報工学)  金沢工業大学 客員教授  東京大学工学部卒、米MIT計算機科学科修士課程修了  Yahoo!ニュース個人、ハフィントンポスト、BLOGOS、公式ブロ グ「栗原潔のIT弁理士日記」等で情報発信中 316/03/03
  4. 4. TechVisor.JP アジェンダ  写真利用に関する著作権法上のポイント  事例1:「五輪エンブレム」  事例2:ストックフォト無断利用裁判  推奨事項 416/03/03
  5. 5. TechVisor.JP 著作権法をひとことでいうと...  著作物(創作的表現)の利用について、一定期間の独 占権を与えることで、社会全体における著作物の利用 とのバランスを取りながら、著作者を保護するための 法律 5 著作物の保護 著作物の利用 16/03/03
  6. 6. TechVisor.JP 著作権侵害をするとどうなるか  差止め  侵害行使の停止(および、侵害行為を組成する物の廃棄等)  過失・故意を要件としない  損害賠償  過失又は故意が要件  著作権法独自の損害推定規定により損害額が高額になる場合が ある  刑事罰  10年以下の懲役and/or1000万円以下の罰金(法人の場合は3億 円以下の罰金)  故意が要件 616/03/03
  7. 7. TechVisor.JP 日米における権利制限規定の考え方 716/03/03 日本 米国 柔軟なルール グレーゾーンは裁判で 大原則 例外 (無断で使える) 法文の規定+公 正な利用(フェ アユース)かど うか 法文に規定され ているかどうか 予見可能性は高いが 世の中の変化に追随しにくい 著作物の利用(複製、公衆送信、譲渡 等)には著作権者の許諾が必要
  8. 8. TechVisor.JP 写真は著作物か?  著作権法では「写真」を著作物のひとつとして例示  すべての写真が著作物となるわけではない  機械的に複写しただけの写真であれば著作物にはならない (例:防犯カメラの映像、自動撮影の証明写真)  いわゆる芸術写真ではない、素人のスナップ写真や 「ブツ撮り」写真も裁判では著作物とされることが多 い  構図・照明等の決定、シャッターのタイミング等に、撮影者の 個性が発揮され得るため  日本の裁判上では、写真が著作物とされないケースの方がむし ろ例外的 816/03/03
  9. 9. TechVisor.JP 写真の著作物を自由に使えるケース(抜粋)  私的使用目的複製(30条)  個人的に又は家庭内に準じる限られた範囲内で使用することを 目的とする場合には使用をする者自身が複製可能  引用(32条)  公正的な慣行に合致していれば、報道・批評・研究等のために 正当な範囲で引用可能  検討の過程(30条の3)  ライセンス検討の過程において、必要と認められる限度におい て利用可能  報道目的(41条)  時事の事件を報道する場合には、当該事件の過程で見聞される 著作物を報道目的上正当な範囲で利用可能 916/03/03
  10. 10. TechVisor.JP 事例1:「五輪エンブレム事件」  佐野研二郎氏デザインの五輪エンブレムのコンペ資料 において、海外ブログの写真の無断利用が発覚  佐野研二郎氏サイドに対する信用を失墜させ、五輪エ ンブレム採用の取消につながった  「社内限定使用の資料だった」は通じるか?  業務上の複製は「私的使用目的」ではないとするのが多数派  したがって、業務上であれば、仮に社内限定であっても、複製 権を侵害することになる(もちろん、社外に公開すれば、私的 使用か否かを問わず複製権・公衆送信権等を侵害することにな る) ※ 現実問題として社内のみ利用において著作物利用の 許諾を取るケースが一般的かどうかは別として、法 律的には違法 1016/03/03
  11. 11. TechVisor.JP 事例2:素材写真裁判事件  某ストックフォト販売会社が著作権を有するWeb素材 を許諾なく利用していた法律事務所を提訴  東京地裁(2015年4月15日、平成26年(ワ)24391号)で判決確 定  著作権侵害による差止めに加えて、損害賠償請求も認 容  法律事務所側による「未必の故意」を認定(原告側の過失・故 意の立証責任のハードルを大幅に低下)  「無料素材としてアップされていたので許諾は不要と思った」 という"言い訳"は失当とされた  被告が法律事務所であることは判決文中では問題とされておら ず、ある程度の経験を持つウェブ制作者であれば、利用する素 材が著作権許諾を得たものであるかのどうかの一定の注意義務 を負うとの判断が示された 1116/03/03
  12. 12. TechVisor.JP 推奨事項  権利処理を行なわない素材写真の利用はリスクが高い  社内限定使用であっても(現実に問題とされるかどうかは別と して)違法の可能性が高い  「違法ではあっても、今までは問題とされなかったので、これ からも大丈夫であろう」という発想は危険  ストックフォトサービスの活用を積極的に推進すべき  素性の怪しい「無料素材サイト」の利用は危険  Web上で発見した個人の写真であれば撮影者に了解を 得ることが必要  その場合でも、その写真の著作権者が本当にその個人であるか の注意義務は果たす必要がある 1216/03/03

×