Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
すごい地理教育トーーーク
田村賢哉
Kenya TAMURA
NPO法人 伊能社中
マップコンシェルジュ株式会社
首都大学東京大学院システムデザイン研究科
My field of Study
地理学・教育
地理が教育を良くする
地理で世の中を良くできると信じてます
最初に、日本のGIS教育はほとんどうまくいっておりません…
日本では地理が暗記科目としてイメージされていて、おもしろくありません。
NPO法人 伊能社中
Inoshachu, NPO
Develop
開発
Lecture
講習
Workshop
ワークショップ
Three activities-3つ事業-
デジタル地図教材の開発
教員向けの講習会
13回
300人
講習会に合わせてマニュアルも作成しております。
Big foot MapWork on the map Mapping Party
伊能社中にとってのGISとは?
Other
1%
Teacher
99%
Engeneer
20%
Students
30%
Teacher
50%
伊能社中ほとんどの教育団体
キーパーソン は 大学生
✕Almost major don t have curriculum of GIS.
そういった学生を集めて、GISのスキルアップを目指す
Engineer
Student
Student
Student
Student
StudentStudent
Students
Lecture
make contents
学生がスキルをあげながら、
教育がよくなる仕組み
Students
2∼3years
Teacher
Community
Teacher
Share
Share
Share
すごい地理教育
伊能社中にとってのGIS=人をつなげるためのツール
すごい地理教育に向けて
プロジェクト申請制度!
  各都道府県にコミュニティができれば、同志
を集めてプロジェクトを申請できます。(※会員
特典)先生と技術者、教職履修者等の異業種間
での繋がりを生み出し、同じ目標に向け進めむ
ことができるのが伊能社中のコミュニティで...
Thank you!!
kenya.t@inochu.org
@Kenyat1989
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20151016 すごい地理教育トーク

938 views

Published on

詳細
次期学習指導要領にて「地理総合」が必修科目として設立し、地域の課題や問題解決能力などに重点が置かれるようになります。「地理はすごい!」というテーマのもと国内外のGISを使った事例紹介や高校教員の地理教育の取り組みを紹介します。
参加者全員が自由に意見を述べあえるライトニングトークになります。

■日 時: 2015年10月16日(金) 18:00-20:30
■会 場: 青山学院大学スタジオ B1F講義室(表参道駅徒歩5分)
     (http://www.aogaku-astudio.com/)
■主催:  ESRIジャパン株式会社xNPO法人伊能社中x青山学院大学

■参加費: 無償

■詳細: 
【タイムテーブル(予定)】
18:00~18:10 趣旨説明(ESRIジャパン:土田)
18:10~18:40 Why GIS in education Matters (Esri社:Joseph Kerski)
18:40~19:00 日本国内の最新の事例について(青山学院大学:古橋)
19:05~20:00 パネルディスカッション「すごい地理教育を語ろう」(進行:古橋 パネラー) 議論「日本の地理教育はこれからどこへ向かうか」
20:00~20:30 質疑応答、会場との議論、ライトニングトーク
20:30    終了予定

なお、パネラーの方々は以下予定しております。
・Joseph Kerski(米国Esri)
・古橋大地(青山学院大学教授)
・佐藤博之(明法中学校・高等学校教諭)
・河合豊明(文教女子大学付属高等学校教諭)
・田村賢哉(NPO法人伊能社中理事長)
・星田 侑久 (ESRIジャパン、京都大学非常勤講師)

http://peatix.com/event/119665

Published in: Education
  • Be the first to comment

20151016 すごい地理教育トーク

  1. 1. すごい地理教育トーーーク 田村賢哉
  2. 2. Kenya TAMURA NPO法人 伊能社中 マップコンシェルジュ株式会社 首都大学東京大学院システムデザイン研究科 My field of Study 地理学・教育
  3. 3. 地理が教育を良くする
  4. 4. 地理で世の中を良くできると信じてます
  5. 5. 最初に、日本のGIS教育はほとんどうまくいっておりません…
  6. 6. 日本では地理が暗記科目としてイメージされていて、おもしろくありません。
  7. 7. NPO法人 伊能社中 Inoshachu, NPO
  8. 8. Develop 開発 Lecture 講習 Workshop ワークショップ Three activities-3つ事業-
  9. 9. デジタル地図教材の開発
  10. 10. 教員向けの講習会 13回 300人
  11. 11. 講習会に合わせてマニュアルも作成しております。
  12. 12. Big foot MapWork on the map Mapping Party
  13. 13. 伊能社中にとってのGISとは?
  14. 14. Other 1% Teacher 99% Engeneer 20% Students 30% Teacher 50% 伊能社中ほとんどの教育団体
  15. 15. キーパーソン は 大学生
  16. 16. ✕Almost major don t have curriculum of GIS.
  17. 17. そういった学生を集めて、GISのスキルアップを目指す
  18. 18. Engineer Student Student Student Student StudentStudent Students Lecture make contents
  19. 19. 学生がスキルをあげながら、 教育がよくなる仕組み
  20. 20. Students 2∼3years Teacher
  21. 21. Community Teacher Share Share Share すごい地理教育
  22. 22. 伊能社中にとってのGIS=人をつなげるためのツール
  23. 23. すごい地理教育に向けて
  24. 24. プロジェクト申請制度!   各都道府県にコミュニティができれば、同志 を集めてプロジェクトを申請できます。(※会員 特典)先生と技術者、教職履修者等の異業種間 での繋がりを生み出し、同じ目標に向け進めむ ことができるのが伊能社中のコミュニティです。 同じ目的を持つ仲間と一緒に活動する!   一緒に教材をつくったり、授業法を積極的に話 合う場所、さらには技術者を交え、教職を履修する 学生や地域の方、多くのかたを巻き込み、新しいも のをつくっていけます。 広がる伊能社中の輪 会員特典は他にもあります!"  →研修会や勉強会への招待券や優待券の発行"  →無料教材作成サービス(※制限有)  etc ■会員制度についてはHPをご覧下さい 活動実績!   右記の橙になっている都道府県にはでにすで にコミュニティがあり、活動も開始しています。 繋がるだけではない! コミュニティから新しいことを始める! 2014/09/19@ 城大学"   城コミュニティのメンバー が中心となり、教員を目指す 学生向けの地図教材作成研修 を実施。アーカイブの新たな 可能性を感じた。 2013/11/15@日本未来科学館"   昨年の教員対象の研修会。 伊能社中の輪が関東で広がる きっかけにもなった。
  25. 25. Thank you!! kenya.t@inochu.org @Kenyat1989

×