Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ミスがなくてアタリマエ!校正・校閲のツボ

1,046 views

Published on

第33回オウンドメディア勉強会
大橋博之氏 LT資料

Published in: Education
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

ミスがなくてアタリマエ!校正・校閲のツボ

  1. 1. 第 33 回オウンドメディア勉強会 ミスがなくてアタリマエ! 校正・校閲のツボ 2017/07/20 ( 木 ) 19:30 - 21:30 JST
  2. 2. 時間を 20 分いただいたので、 前半は校正、校閲とはあまり 関係のない「編集者」の話を、 後半から、 「ライターの立場からの校正」 という話をさせていただきます。
  3. 3. 大橋博之 インタビュー・ライター/編集者/プラン ナー 大阪生まれ。東京都大田区在住。 徳間書店のアニメ雑誌『アニメージュ』からライター・編集者をスタート。 NEC の関連会社で、 PR ・販促と web 制作に従事 (19 年 ) 。 web メディアの編集会社を経て、 2016 年にインタビュー・ライターとして独立。 東京・五反田にあるコワーキングスペースを拠点として取材と執筆をする。 趣味は散歩、人物写真撮影。 【所属/日本 SF 作家クラブ・日本ジュール・ヴェルヌ研究会】
  4. 4. インタビューを中心に、紙メディアや web メディアで活動中。 専門■ web メディア/未来/テクノロジー/ IT /カルチャー/ クールジャパン/ビジネス/採用関係 紙メディアと web メディアの両方に精通していることが強み。 web であっても出版に通用するレベルの記事を執筆することがポリシー。
  5. 5. ● 紙メディア 監修 『 Web ライター入門』(技術評論社) 著書 『心の流浪 挿絵画家・樺島勝一』(弦書房)    /『 SF 挿絵画家の時代』(本の雑誌社) 編集・執筆 『美少女の美術史』(青幻舎)/『大阪万博』(小学館)    /『少年少女昭和 SF 美術館』(平凡社)    /『日本万国博覧会 パビリオン制服図鑑』(河出書房新社)他多数。 ブックライティング 『超楽 仕事術』(水王舎) ガイドブック 『東京ミュージアムさんぽ』(朝日新聞出版)       /『散歩の達人 市川さんぽ』(交通新聞社)       /『るるぶ京葉線』( JTB パブリッシング)他多数。 ●web メディア varmee / 29R/lifetalk / IKITOKI / MANGA.TOKYO /ビジネス+ IT / 採用サイト(社員インタビュー)/記念サイト(タレント・著名人インタ ビュー) 他多数。
  6. 6. 著書 『 SF 挿絵画家の時代』(本の雑誌社)
  7. 7. 監修 『 Web ライター入門』(技術評論社)
  8. 8. ブックライティング 『超楽 仕事術』(水王舎)
  9. 9. 来年の 3 月 頃にも企画 本が出せる か?という ところです 。
  10. 10. 徳間書店のアニメ雑誌 『アニメージュ』から 記者(ライター・編集者)をスタート。
  11. 11. 当時のデスクは、 鈴木敏夫さん 【現在、株式会社スタジオジブリ代表取締 役】
  12. 12. 第二編集局 アニメージユ編集部  1978 年創刊 尾形英夫(第二編集局長・アニメージュ編集長/ 45 歳)  鈴木敏夫(デスク/ 30 歳)    鈴木克伸    亀山修    柳沢因       ライター 15 名くらい    小林智子    三木早苗
  13. 13. Six Apart ブログ 編集長のことぶきさん オウンドメディアの編集長に必要な、 7 つの「○○力」 https://blog.sixapart.jp/2016-03/7-skill.html
  14. 14. 編集長に求めら れる力
  15. 15. 指示をする ディレクショ ン力 決定力
  16. 16. 予算管理力 指示をする ディレクショ ン力 決定力
  17. 17. クライアントさんに言われましたことがあります。 事実だけを述 べてくれれば良いと。 要は。サイトの基盤作りですね。 仕事上許されるかどうかは別なので、クライアントから特別に入 れて欲しいという依頼がないとやらないです。 没個性を求められる仕事の方が多いですし、その方が編集が楽な はずですしね。
  18. 18. 編集者に 求められる 重要な力
  19. 19. わくわく、ドキドキする web メディアを作って いますか?
  20. 20. 校正の話 ライターの立場からの 校正
  21. 21. ① 校正の基礎的なセオリーや知識 ② 各社がどういう体制でやっているか ③ 書き手の味・色を殺さずに校正する には
  22. 22. 赤字 記事をよくするために行う修正 校正 文字の間違いを正し、 ルールに基づいて行う修正 校閲 事実に基づく間違いを 正すために行う指摘
  23. 23. 8 月 21 日が「噴水の日」だということをご存知だろか?  明治 10 年( 1877 年) 8 月 21 日に、東京都・上野公園で 第1回内国勧業博覧会が開催されたのだが、 8 月 21 日は 「噴水の日」だそうだ。明治 10(1877) 年のこの日、東京 都・上野公園で第1回内国勧業博覧会が開催され、 「東京人」 9 月号
  24. 24. 8 月 21 日が「噴水の日」だということをご存知だろか?  明治 10 年( 1877 年) 8 月 21 日に、東京都・上野公園 で第1回内国勧業博覧会が開催されたのだが、 8 月 21 日は「噴水の日」だそうだ。明治 10(1877) 年のこの日 、東京都・上野公園で第1回内国勧業博覧会が開催され 、 「東京人」 9 月 号
  25. 25. 8 月 21 日が「噴水の日」だということをご存知だろか? 明 治 10 年( 1877 年) 8 月 21 日に、東京都・上野公園で第1 回内国勧業博覧会が開催されたのだが、 8 月 21 日は「噴水 の日」だそうだ。明治 10(1877) 年のこの日、東京府・上野 恩賜公園で第1回内国勧業博覧会が開催され、→東京・上 野公園 うえのおんしこうえん/ 1943( 昭和 )18 年
  26. 26. ① 校正の基礎的なセオリーや知識 ② 各社がどういう体制でやっているか ③ 書き手の味・色を殺さずに校正する には
  27. 27. 記者ハンドブック 第 13 版 新聞用字用語集 2016/3/22 一般社団法人 共同通信社 ( 著 )
  28. 28. 基本的なルールを決め + ローカルルールを決める
  29. 29. 米国の AP 通信が発行する 『 AP スタイルブック』 米国人ジャーナリストのため のルール。 Internet internet→ Web web→
  30. 30. ① 校正の基礎的なセオリーや知識 ② 各社がどういう体制でやっているか ③ 書き手の味・色を殺さずに校正する には
  31. 31. 月刊アニメージュ/毎月 10 日発売/ 186p 01 日・・・企画会議 → 台割決定(デスク)       取材/記事作成 20 日・・・デザイン出し 先割り(タイトル/写真素材/ページラフ)       デザイン上がり → 原稿執筆 25 日・・・担当編集者への入稿 → 担当の赤字 → デスクの赤字       → 版下作成 →校正紙       ライター校正 → 担当校正 → デスク校正       → 印刷入稿 → 色校正・青焼き       ライター校正 → 担当校正 → デスク校正 → 編集長チェッ ク 30 日・・・責了 → 下版 → 印刷 → 製本 → 配本 10 日・・・全国発売 ※ 雑誌が出るまで何度も数人で校正する。ライターへのチャックバックはない 。
  32. 32. 編集者 編集長 ライター 営業 エンジニア 校正者 マーケター ディレクター クライアントとの折衝 校正・校閲担当 分析・改善 総括・方針決定 原稿チェック・ライターへの指示 ライターの手配・プロジェクト管理 web 制作
  33. 33. ① 校正の基礎的なセオリーや知識 ② 各社がどういう体制でやっているか ③ 書き手の味・色を殺さずに校正する には
  34. 34. 編集者のスタンス 〇文体まで自分の思い通りにしたいタイプ。 〇ライターの文章を読みやすく整理するだけにとどめるタイプ。 × 修正指示が意味不明、感想みたいな。 ※ 重要なのは、誤字脱字をなくすこと、 だけではなく、 意図や目的に叶った原稿になっているか? 校正より、構成が大切!校正より、よくすることが大事!
  35. 35. ライターとの付き合い方 × 修正されること、することを嫌うライター。  →切ったほうがいい。 〇修正指示をすると嫌がらず、むしろ喜んでに対応してくれるライ ター。  →こちらと付き合う。 ※ ライターと編集者は二人三脚

×