スタッフから見たOSCのこれ
まで・現在・これから?
このスライド
• このスライドは
– 何となくOSCで長年やっているスタッフが個
人的にこれまでを振り返ってOSCの過去・現
在・未来?を書いて見たものでびぎねっと・
宮原さんの公式見解ではありません
– 特に暴露ネタはありませんが、OSCのこ...
自己紹介
• 氏名木下兼一
• 所属:日本仮想化技術株式会社
• 主に会場での何でも屋だと思う・・・・
• 何となく最初のOSCからスタッフやってま
す
1スタッフから見たOSCの歴史
(Before OSC編)
• 2001〜2004頃まで
• BSD カンファレンス→現在AsianBSD
Conferenceに
• 宮原さんオープンソース地方セミナー
• OSCの原型
– 複数ユーザー団体が...
1スタッフから見たOSCの歴史
(スタートアップ編)
• OSC Tokyo
– 2004年9月〜2006年くらいかな?
– 日本電子専門学校で開催
• 地方開催は北海道、新潟、沖縄
• 当時の出展はOS・Web系が多かった
• この時点で現在...
1スタッフから見たOSCの歴史(全
国展開編)
• 2007〜2008年くらい?
• 東京会場は日本電子さん改装のため蒲田
周辺を放浪
• 出展はDB・CMSが多かったかな?
• 大分を始めとして開催の引き合いがあり
地方開催が増える(関西等)...
1スタッフから見たOSCの歴史(月
一開催編)
• 2009年くらい〜現在
• 東京会場は明星大学に
• 出展はクラウド・組み込み系が増加
• 地方開催が更に増加
• 事務局の業務が更に増加、更に増員が図
られる(2名→順次増加)
びぎねっととVTJの関係
• びぎねっとの兄弟会社
– 仮想化を行う際オープンソース以外も取り扱
う必要もあり設立(だったかなぁ・・・)
– 昔は名刺も一緒(表無し名刺)
• 通常業務もこなしつつびぎねっとの技術
関係の業務を委託(だったと思
...
現在
• 開催は月一ペース(たまに二回も)
• 別のイベントの併催も
• 事務局は調整に明け暮れる毎日
• 東京は明星大学さん継続
今後
• 地方開催のブロック化?
• 出来るだけ地元が企画・運営出来る体制
が理想
• 東京は明星大学さんの他、会場を模索
中?
• テーマ別(DB・クラウド・エンタープラ
イズ等)のOSCも開催が
皆さんへ
• 皆さんはOSCへ参加しているのではありま
せんっ!!OSCを開催しに来ているので
すっ!!
• ・・・・ということで皆さんがあっての
OSCです
• これからもよろしくお願いいたします
m(__)m
END
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

1スタッフのosc

308 views

Published on

0 Comments
2 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
308
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
10
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
2
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

1スタッフのosc

  1. 1. スタッフから見たOSCのこれ まで・現在・これから?
  2. 2. このスライド • このスライドは – 何となくOSCで長年やっているスタッフが個 人的にこれまでを振り返ってOSCの過去・現 在・未来?を書いて見たものでびぎねっと・ 宮原さんの公式見解ではありません – 特に暴露ネタはありませんが、OSCのこれま でをご理解していただければ幸いです
  3. 3. 自己紹介 • 氏名木下兼一 • 所属:日本仮想化技術株式会社 • 主に会場での何でも屋だと思う・・・・ • 何となく最初のOSCからスタッフやってま す
  4. 4. 1スタッフから見たOSCの歴史 (Before OSC編) • 2001〜2004頃まで • BSD カンファレンス→現在AsianBSD Conferenceに • 宮原さんオープンソース地方セミナー • OSCの原型 – 複数ユーザー団体が集まったイベント – 地方で開催するオープンソースイベント
  5. 5. 1スタッフから見たOSCの歴史 (スタートアップ編) • OSC Tokyo – 2004年9月〜2006年くらいかな? – 日本電子専門学校で開催 • 地方開催は北海道、新潟、沖縄 • 当時の出展はOS・Web系が多かった • この時点で現在の大枠は存在 – OSC事務局はスペース・セミナー枠を提供、基本 出展者が自己解決 – 事務局はほぼ担当1人で回していた – 発表だけで無く各団体同士横の繋がりの場
  6. 6. 1スタッフから見たOSCの歴史(全 国展開編) • 2007〜2008年くらい? • 東京会場は日本電子さん改装のため蒲田 周辺を放浪 • 出展はDB・CMSが多かったかな? • 大分を始めとして開催の引き合いがあり 地方開催が増える(関西等) – この当時から事務局がパンク気味に、二名体 制へ
  7. 7. 1スタッフから見たOSCの歴史(月 一開催編) • 2009年くらい〜現在 • 東京会場は明星大学に • 出展はクラウド・組み込み系が増加 • 地方開催が更に増加 • 事務局の業務が更に増加、更に増員が図 られる(2名→順次増加)
  8. 8. びぎねっととVTJの関係 • びぎねっとの兄弟会社 – 仮想化を行う際オープンソース以外も取り扱 う必要もあり設立(だったかなぁ・・・) – 昔は名刺も一緒(表無し名刺) • 通常業務もこなしつつびぎねっとの技術 関係の業務を委託(だったと思 う・・・) • OSC東京の際は基本スタッフ • コミュニティからはびぎねっとの技術部 門
  9. 9. 現在 • 開催は月一ペース(たまに二回も) • 別のイベントの併催も • 事務局は調整に明け暮れる毎日 • 東京は明星大学さん継続
  10. 10. 今後 • 地方開催のブロック化? • 出来るだけ地元が企画・運営出来る体制 が理想 • 東京は明星大学さんの他、会場を模索 中? • テーマ別(DB・クラウド・エンタープラ イズ等)のOSCも開催が
  11. 11. 皆さんへ • 皆さんはOSCへ参加しているのではありま せんっ!!OSCを開催しに来ているので すっ!! • ・・・・ということで皆さんがあっての OSCです • これからもよろしくお願いいたします m(__)m
  12. 12. END

×