Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Googleの文化

824 views

Published on

ゼミでのプレゼン資料です。

Published in: Data & Analytics
  • Be the first to comment

Googleの文化

  1. 1. のカルチャー
  2. 2. のカルチャー 26期  加藤  健⼀一
  3. 3. 第1部 第2部 第3部
  4. 4. Googleについて Googleのカルチャー スタンフォード⼤大学との関係
  5. 5. 第1部
  6. 6. Googleについて
  7. 7. とは 創業        :  1998年年   共同創業者  :  ラリー・ペイジ(CEO)                                              セルゲイ・ブリン   本社        :  アメリカ・カリフォルニア州   従業員数    :  53,861⼈人   事業内容    :  インターネット関連   売上⾼高      :  501億7500万ドル(2012年年)   純利利益      :  107億3700万ドル(    〃    )                   ランキング   1位(4年年連続) 「働きがいのある会社」
  8. 8. 従業員が勤務する会社や経営者を    し   ⾃自分の仕事に    を持ち   ⼀一緒に働いている⼈人達と      が持てる場所 「働きがいのある会社」 = 信頼 誇り 連帯感
  9. 9. 2011年年   1位:Google   2位:Works  Applications   3位:⽇日本Microsoft   4位:アサヒビール 2012年年   1位:Google   2位:Works  Applications   3位:Plan  Do  See   4位:サイバーエージェント 2013年年   1位:Google   2位:⽇日本Microsoft   3位:Plan  Do  See   4位:Works  Applications 2014年年   1位:⽇日本Microsoft(Google)   2位:Works  Applications   3位:アメリカンエクスプレス   4位:サイバーエージェント
  10. 10. のミッション 世界中の情報を整理理し、世界中の⼈人々が   アクセスできて、使えるようにすること Do  cool  things  that  matter.   Donʼ’t  be  evil.
  11. 11. 143   2,680,000,000,000
  12. 12. 143社   2兆6800億円 創業後15年年4ヶ⽉月で買収した企業数とその総額   (Appleは38年年で、58社を6300億円で買収) =  2006年年に16億5000万ドルで買収
  13. 13. 2006年年 売上額
  14. 14. 2006年年 売上額 1500万$ 2013年年
  15. 15. 2006年年 2013年年 売上額 1500万$ 373倍! 2020年年 56億$
  16. 16. 2006年年 2013年年 売上額 1500万$ 373倍! 2020年年 200億$? 56億$
  17. 17. の戦略略 ユーザー中⼼心主義を貫き   最⾼高のプラットフォームとプロダクトを構築する   ! そして常にサービスの質を⾼高め   簡単に利利⽤用できるようにする   ! Googleの⼟土台を成すのはユーザーであり   ユーザーが増えれば増えるほど広告主が集まる
  18. 18. の収⼊入⽐比率率率 96% 4%: その他 広告収⼊入
  19. 19. 第2部
  20. 20. Googleのカルチャー
  21. 21. のカルチャー  例例1 TGIF  (=  Thanks  god  itʼ’s  Friday) 毎週⾦金金曜の午後に⾏行行う、スーツ禁⽌止でお酒を   飲みながら何でも議題にしていい全社集会   ! 社員がCEOや役員に直接何でも質問できる =
  22. 22. のカルチャー  例例2 150フィート・ルール(=45メートル) オフィスのどこにいても45m以内に   ⾷食べ物にありつけるよう設計されている   ! ⾷食べ物をフックにして雑談を増やし   イノベーションや⼈人間関係を構築する戦略略 =
  23. 23. のカルチャー  例例3 勤務時間の20%を⾃自分の気に⼊入った   プロジェクトに割くよう義務付ける = 20  percent  time  
  24. 24. 「Googleで週168時間の内、130時間働いた」 Yahoo!  CEO  マリッサ・メイヤー
  25. 25. 第3部
  26. 26. スタンフォード⼤大学との関係
  27. 27. スポーツ施設や⾷食堂など、よく話題になる   Googleの福利利厚⽣生の考え⽅方は、創業者の⺟母校である   スタンフォード⼤大学の寮寮から誕⽣生したもの。   ! 世界トップレベルの学⽣生が1⽇日の⼤大半を死ぬほど   本気で勉強するような職場を作りだそうとしていた。 のカルチャー (週130時間  ÷  7⽇日  =  約18時間/⽇日)
  28. 28. 2⼈人の創業者が在籍していたスタンフォード⼤大学の   コンピューター科学部の教授は博⼠士論論⽂文のテーマを   ⼀一⽅方的に押し付ける事なく、指⽰示や提案のみを与えた。   ! それと同じように従業員には⼤大きな⾃自由を与え   コミュニケーションを通して全員が   おおよそ同じ⽅方向に進むようにした。 のカルチャー
  29. 29. スタンフォード⼤大学のカルチャー のカルチャー
  30. 30. のカルチャー = イノベーションのための⾃自由
  31. 31. 参考⽂文献   ! 『How  Google  Works  -‐‑‒  私たちの働き⽅方とマネジメント』   著者エリック・シュミット  ラリーペイジ他  ⽇日本経済新聞出版社   http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1301/23/ news030.html   http://svjapan.blogspot.jp/2014/02/ google1514326800.html     http://smalistblog.com/2070     https://newspicks.com/news/602949/?more=true   http://www.pronews.jp/news/1305271050.html       http://u-‐‑‒note.me/note/47500351   http://lrandcom.com/work_̲130hours   ! (14/11/11アクセス)

×