Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
CentOS7で
統合バックアップBacula7.4を使ってみよう
サワダ ケン (@ksawada1979)
Version 1.2
2017/03/11
改訂履歴
Version 日付 改訂内容
1.0 2015/04/03 初版
1.1 2016/11/05 Bacula7.4対応
1.2 2017/03/11 Bacula7.4.5対応
はじめに
本ドキュメントはCentOS7.3上でBaculaバージョン7.4.5を構築する手順について記載
します。
Baculaについての情報は以下のサイトでも公開しています。
https://www.bacula.jp/
目次
構築概要
リポジトリ追加
Bacula7.4.5インストール
MariaDB準備
Bacula設定
Bacula起動
バックアップ
リストア
・・・・・・・・ 5
・・・・・・・・ 9
・・・・・・・・ 11
・・・・・・...
構築概要
Bacula構築概要
構成図
Baculaサーバ バックアップ対象サーバ
バックアップ取得
IP 192.168.0.70
ホスト名 Bacula7
IP 192.168.0.80
ホスト名 Backup-side
本手順書は上記の構成を想定し...
Bacula構築概要
Virtualbox上に以下の2台のサーバを構築します。
対象 バージョン 備考
OS CentOS 7.2.1611 最小限のインストール
DB mariaDB 5.5.52
Bacula 7.4.5
対象 バージョン ...
構築概要
構築を開始する前にfirewalldを一時的に停止します。
Baculaのインストールおよび設定完了後に再び有効にしてください。
# systemctl stop firewalld
以下のコマンドでfirewalldが停止したことを...
リポジトリ追加
リポジトリ追加
# yum -y install wget
# cd /etc/yum.repos.d/
# wget https://copr.fedorainfracloud.org/coprs/slaanesh/Bacula/repo/e...
Bacula7.4
インストール
Bacula7.4インストール
Baculaサーバ、バックアップ対象サーバにそれぞれyumでパッケージをインストールし
ます。
# yum -y install bacula-director bacula-client bacula-stor...
Bacula7.4インストール
以下のパッケージがインストールされていることを確認します。
# rpm -qa | grep bacula
bacula-libs-7.4.5-1.el7.centos.x86_64
bacula-storage...
Bacula7.4インストール
以下のパッケージがインストールされていることを確認します。
# rpm -qa | grep bacula
bacula-libs-7.4.5-1.el7.x86_64
bacula-client-7.4.5-1...
MariaDB準備
MariaDB準備
MariaDBを使用するための準備をします。
一般的なMariaDBの使用手順と同様にMariaDBの初回起動と初期化を実行し
た後に、Bacula用のデータベースとテーブルを作成します。
※MariaDB準備はBacula...
MariaDB準備
MariaDB初回起動
# systemctl start mariadb
#
以下のコマンドでMariaDBが起動したことを確認します。
# systemctl status mariadb
mariadb.service...
MariaDB準備
MariaDB初期化
# mysql_secure_installation
(省略)
Set root password? [Y/n] Y ←「Y」を入力
New password: dbpass ←rootのパスワードを...
MariaDB準備
Bacula用データベース作成
# mysql -u root –p
Enter password: dbpass ←rootのパスワードを入力
MariaDB > create database bacula;
Query...
MariaDB準備
Bacula用テーブル作成
# /usr/libexec/bacula/make_bacula_tables mysql -u bacula -p
Making mysql tables
Enter password: db...
MariaDB準備
1を入力しEnterキーを押下します。
# alternatives --config libbaccats.so
3 プログラムがあり 'libbaccats.so' を提供します。
選択 コマンド
-----------...
MariaDB準備
「+」がlibbaccats-mysql.soになっていることを確認します。
# alternatives --config libbaccats.so
3 プログラムがあり 'libbaccats.so' を提供します。
...
Bacula設定
Bacula設定
Baculaの設定を行います。
各サーバの最低限必要な設定ファイルは以下になります。
Baculaサーバ
/etc/bacula/bacula-dir.conf
/etc/bacula/bacula-fd.conf
/etc/...
Bacula設定
Baculaの設定はリソースごとに設定を行います。リソースとは { で始まり } で終わる一連
の固まりを指します。
(例)
Director {
Name = bacula-dir
Password = “bacula7"
...
Bacula設定
bacula-dir.confのリソース設定のポイント
Director
Directorの基本設定です。
Job
設定の指示書です。
バックアップ指示をまとめたものをJOBとして登録し実行します。
FileSet
バックアッ...
Bacula設定
bacula-dir.confのリソース設定のポイント
Schedule
自動バックアップする際のスケジュール設定します。
Client
バックアップ対象とするクライアント情報を設定します。
Storage
Storageデー...
Bacula設定
bacula-dir.confのリソース設定のポイント
Catalog
データベース(カタログ)への接続情報を設定します。
Pool
バックアップ保存先の情報を設定します。
Console
コンソールとの接続情報を設定します。
Bacula設定
/etc/bacula/bacula-dir.conf
Director { # define myself
Name = bacula-dir
DIRport = 9101 # where we listen for UA ...
Bacula設定
/etc/bacula/bacula-dir.conf
Job {
Name = "JOB-Bacula7"
Type = Backup
Level = Full
Client = bacula-fd
FileSet = "F...
Bacula設定
/etc/bacula/bacula-dir.conf
FileSet {
Name = "Full Set"
Include {
Options {
signature = MD5
}
File = /
}
Exclude ...
Bacula設定
/etc/bacula/bacula-dir.conf
# Client (File Services) to backup
Client {
Name = bacula-fd
Address = 192.168.0.80
F...
Bacula設定
/etc/bacula/bacula-dir.conf
Storage {
Name = File
# Do not use "localhost" here
Address = 192.168.0.70 # N.B. Use...
Bacula設定
/etc/bacula/bacula-dir.conf
Catalog {
Name = MyCatalog
dbname = "bacula"; dbuser = "bacula"; dbpassword = “dbpass...
Bacula設定
/etc/bacula/bacula-dir.conf
Console {
Name = bacula-mon
Password = “bacula7"
CommandACL = status, .status
}
Bacula設定
bacula-fd.confのリソース設定のポイント
Director
Directorとの接続情報を設定します。
FileDaemon
Fileデーモンの基本情報を設定します。
Messages
アラートなどのMessage...
Bacula設定
/etc/bacula/bacula-fd.conf
Director {
Name = bacula-dir
Password = " bacula7"
}
Director {
Name = bacula-mon
Pass...
Bacula設定
bacula-sd.confのリソース設定のポイント
Storage
Storageデーモンの基本情報を設定します。
Director
Directorとのデーモンの基本情報を設定します。
Device
バックアップデータを保...
Bacula設定
bacula-sd.confのリソース設定のポイント
Messages
アラートなどのMessages送信情報を設定します。
Bacula設定
/etc/bacula/bacula-sd.conf
Director {
Name = bacula-dir
Password = “bacula7"
}
Director {
Name = bacula-mon
Passw...
Bacula設定
bconsole.confのリソース設定のポイント
address
DirectorのIPアドレスを指定
Password
Directorに接続するためのパスワード指定
Bacula設定
/etc/bacula/bconsole.conf
Director {
Name = bacula-dir
DIRport = 9101
address = localhost
Password = “bacula7"
}
Bacula起動
Bacula起動
# systemctl start bacula-dir
# systemctl start bacula-fd
# systemctl start bacula-sd
Baculaの設定が完了したら、Baculaを実行します...
Bacula起動
# systemctl start bacula-fd
バックアップ対象サーバで以下のコマンドで各デーモンを起動します。
# systemctl enable bacula-fd
また、以下のコマンドで自動起動をonにします。
Bacula起動
# systemctl status bacula-dir
bacula-dir.service - Bacula-Director, the Backup-server
Loaded: loaded (/usr/lib/sy...
Bacula起動
# ss –ant
State Recv-Q Send-Q Local Address:Port Peer
Address:Port
LISTEN 0 50 *:3306 *:*
LISTEN 0 50 *:9101 *:*
...
Bacula起動
# ss –ant
State Recv-Q Send-Q Local Address:Port Peer
Address:Port
LISTEN 0 50 *:9102 *:*
LISTEN 0 128 *:22 *:*
L...
バックアップ
バックアップ
bconsole(CUIツール)でバックアップを取得します。
runコマンドを実行し、対話式でバックアップを取得します。
バックアップ
# bconsole
Connecting to Director localhost:9101
1000 OK: 1 bacula-dir Version: 7.0.5 (28 July 2014)
Enter a period...
バックアップ
* run ←「run」と入力しEnterキー押下
A job name must be specified.
The defined Job resources are:
1: JOB-Bacula7
2: BackupClie...
バックアップ
* status ←「status」と入力しEnterキー押下
Status available for:
1: Director
2: Storage
3: Client
4: Scheduled
5: All
Select d...
リストア
リストア
bconsole(CUIツール)でリストアを実施します。
bconsoleを起動しrestoreコマンドを実行し、対話式でリストアを実施します。
例として/etc/bacula/bacula-fd.confファイルをリストアします。
リストア
# bconsole
Connecting to Director localhost:9101
1000 OK: 1 bacula-dir Version: 7.0.5 (28 July 2014)
Enter a period t...
リストア
* restore
(省略)
To select the JobIds, you have the following choices:
1: List last 20 Jobs run
2: List Jobs where a gi...
リストア
+-------+-------+----------+-------------+---------------------+------------+
| JobId | Level | JobFiles | JobBytes |...
リストア
$ cd /etc/bacula
$ ls
bacula-fd.conf
$ mark bacula-fd.conf
1 file marked.
リストアするファイルをmarkコマンドで指定します。
対象のファイルがあるディレクトリ...
リストア
$ done ←「done」と入力しEnterキー押下
Run Restore job
JobName: RestoreFiles
Bootstrap: /var/spool/bacula/bacula-dir.restore.1.b...
リストア
# cd /tmp/bacula-restores
# ls
# etc
# cd cd etc/bacula/
# ls
# bacula-fd.conf
#
リストア確認をします。
バックアップ対象機でファイルを確認します。
/t...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

170311【bacula】cent os7で統合バックアップbacula7.4を使ってみよう

387 views

Published on

OSC Tokyo2017 Spring

Published in: Software
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

170311【bacula】cent os7で統合バックアップbacula7.4を使ってみよう

  1. 1. CentOS7で 統合バックアップBacula7.4を使ってみよう サワダ ケン (@ksawada1979) Version 1.2 2017/03/11
  2. 2. 改訂履歴 Version 日付 改訂内容 1.0 2015/04/03 初版 1.1 2016/11/05 Bacula7.4対応 1.2 2017/03/11 Bacula7.4.5対応
  3. 3. はじめに 本ドキュメントはCentOS7.3上でBaculaバージョン7.4.5を構築する手順について記載 します。 Baculaについての情報は以下のサイトでも公開しています。 https://www.bacula.jp/
  4. 4. 目次 構築概要 リポジトリ追加 Bacula7.4.5インストール MariaDB準備 Bacula設定 Bacula起動 バックアップ リストア ・・・・・・・・ 5 ・・・・・・・・ 9 ・・・・・・・・ 11 ・・・・・・・・ 15 ・・・・・・・・ 23 ・・・・・・・・ 43 ・・・・・・・・ 49 ・・・・・・・・ 54
  5. 5. 構築概要
  6. 6. Bacula構築概要 構成図 Baculaサーバ バックアップ対象サーバ バックアップ取得 IP 192.168.0.70 ホスト名 Bacula7 IP 192.168.0.80 ホスト名 Backup-side 本手順書は上記の構成を想定した手順書になります。
  7. 7. Bacula構築概要 Virtualbox上に以下の2台のサーバを構築します。 対象 バージョン 備考 OS CentOS 7.2.1611 最小限のインストール DB mariaDB 5.5.52 Bacula 7.4.5 対象 バージョン 備考 OS CentOS 7.2.1611 最小限のインストール Bacula 7.4.5 クライアントのみ バックアップ対象サーバ Baculaサーバ
  8. 8. 構築概要 構築を開始する前にfirewalldを一時的に停止します。 Baculaのインストールおよび設定完了後に再び有効にしてください。 # systemctl stop firewalld 以下のコマンドでfirewalldが停止したことを確認します。 # systemctl status firewalld firewalld.service - firewalld - dynamic firewall daemon Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/firewalld.service; enabled) Active: inactive (dead) since 金 2015-04-03 11:33:44 JST; 1s ago <省略> # Active: inactive (dead) となっていることを確認します。 本ドキュメントではfirewalldの設定については記載しません。
  9. 9. リポジトリ追加
  10. 10. リポジトリ追加 # yum -y install wget # cd /etc/yum.repos.d/ # wget https://copr.fedorainfracloud.org/coprs/slaanesh/Bacula/repo/epel- 7/slaanesh-Bacula-epel-7.repo Baculaサーバ、バックアップ対象サーバにBacula7用のリポジトリをwgetコマンドで 追加します。 まず以下のコマンンドでwgetを追加します。 次にBacula7用リポジトリを追加します。 # ls CentOS-Base.repo CentOS-Debuginfo.repo CentOS-Vault.repo CentOS-CR.repo CentOS-Sources.repo CentOS-fasttrack.repo slaanesh-Bacula-epel-7.repo リポジトリが追加されたことを確認します。 slaanesh-Bacula-epel-7.repoが追加されたことを確認します。 10
  11. 11. Bacula7.4 インストール
  12. 12. Bacula7.4インストール Baculaサーバ、バックアップ対象サーバにそれぞれyumでパッケージをインストールし ます。 # yum -y install bacula-director bacula-client bacula-storage bacula-console mariadb-server Baculaサーバ # yum –y install bacula-client バックアップ対象サーバ
  13. 13. Bacula7.4インストール 以下のパッケージがインストールされていることを確認します。 # rpm -qa | grep bacula bacula-libs-7.4.5-1.el7.centos.x86_64 bacula-storage-7.4.5-1.el7.centos.x86_64 bacula-director-7.4.5-1.el7.centos.x86_64 bacula-console-7.4.5-1.el7.centos.x86_64 bacula-common-7.4.5-1.el7.centos.x86_64 bacula-libs-sql-7.4.5-1.el7.centos.x86_64 bacula-client-7.4.5-1.el7.centos.x86_64 # rpm -qa | grep mariadb mariadb-libs-5.5.52-1.el7.x86_64 mariadb-5.5.52-1.el7.x86_64 mariadb-server-5.5.52-1.el7.x86_64 Baculaサーバ
  14. 14. Bacula7.4インストール 以下のパッケージがインストールされていることを確認します。 # rpm -qa | grep bacula bacula-libs-7.4.5-1.el7.x86_64 bacula-client-7.4.5-1.el7.x86_64 bacula-common-7.4.5-1.el7.x86_64 バックアップ対象サーバ
  15. 15. MariaDB準備
  16. 16. MariaDB準備 MariaDBを使用するための準備をします。 一般的なMariaDBの使用手順と同様にMariaDBの初回起動と初期化を実行し た後に、Bacula用のデータベースとテーブルを作成します。 ※MariaDB準備はBaculaサーバのみ実施します。
  17. 17. MariaDB準備 MariaDB初回起動 # systemctl start mariadb # 以下のコマンドでMariaDBが起動したことを確認します。 # systemctl status mariadb mariadb.service - MariaDB database server Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/mariadb.service; disabled) Active: active (running) since 木 2015-04-02 10:41:23 JST; 1min 15s ago <省略> # Active(running)となっていることを確認します。
  18. 18. MariaDB準備 MariaDB初期化 # mysql_secure_installation (省略) Set root password? [Y/n] Y ←「Y」を入力 New password: dbpass ←rootのパスワードを入力 Re-enter new password: dbpass ←rootのパスワードを再入力 Password updated successfully! Reloading privilege tables.. ... Success! (省略) Thanks for using MariaDB! # 省略されている部分で[Y/n]を尋ねられることはすべてEnterキー押下で 問題ありません。
  19. 19. MariaDB準備 Bacula用データベース作成 # mysql -u root –p Enter password: dbpass ←rootのパスワードを入力 MariaDB > create database bacula; Query OK, 1 row affected (0.00 sec) MariaDB > grant all privileges on bacula.* to bacula@localhost identified by ‘dbpass’; bacula7はDBに対するパスワードを設定↑ Query OK, 0 rows affected (0.01 sec) MariaDB > quit Bye
  20. 20. MariaDB準備 Bacula用テーブル作成 # /usr/libexec/bacula/make_bacula_tables mysql -u bacula -p Making mysql tables Enter password: dbpass ←DBに対するパスワードを入力 Creation of Bacula MySQL tables succeeded.
  21. 21. MariaDB準備 1を入力しEnterキーを押下します。 # alternatives --config libbaccats.so 3 プログラムがあり 'libbaccats.so' を提供します。 選択 コマンド ----------------------------------------------- 1 /usr/lib64/libbaccats-mysql.so 2 /usr/lib64/libbaccats-sqlite3.so *+ 3 /usr/lib64/libbaccats-postgresql.so Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します:1 Bacula用のデータベース切り替えをします。 以下のコマンドで現状の設定を確認します。
  22. 22. MariaDB準備 「+」がlibbaccats-mysql.soになっていることを確認します。 # alternatives --config libbaccats.so 3 プログラムがあり 'libbaccats.so' を提供します。 選択 コマンド ----------------------------------------------- + 1 /usr/lib64/libbaccats-mysql.so 2 /usr/lib64/libbaccats-sqlite3.so * 3 /usr/lib64/libbaccats-postgresql.so Enter を押して現在の選択 [+] を保持するか、選択番号を入力します: Bacula用のデータベース切り替え確認をします。 再度以下のコマンドで実行し設定を確認します。
  23. 23. Bacula設定
  24. 24. Bacula設定 Baculaの設定を行います。 各サーバの最低限必要な設定ファイルは以下になります。 Baculaサーバ /etc/bacula/bacula-dir.conf /etc/bacula/bacula-fd.conf /etc/bacula/bacula-sd.conf /etc/bacula/bconsole.conf バックアップ対象サーバ /etc/bacula/bacula-fd.conf
  25. 25. Bacula設定 Baculaの設定はリソースごとに設定を行います。リソースとは { で始まり } で終わる一連 の固まりを指します。 (例) Director { Name = bacula-dir Password = “bacula7" } 上記の例はDirectorリソースの設定例になります。
  26. 26. Bacula設定 bacula-dir.confのリソース設定のポイント Director Directorの基本設定です。 Job 設定の指示書です。 バックアップ指示をまとめたものをJOBとして登録し実行します。 FileSet バックアップ対象とするディレクトリを指定します。 またバックアップ非対象するディレクトリも指定できます。
  27. 27. Bacula設定 bacula-dir.confのリソース設定のポイント Schedule 自動バックアップする際のスケジュール設定します。 Client バックアップ対象とするクライアント情報を設定します。 Storage Storageデーモンと通信するための情報を設定します。
  28. 28. Bacula設定 bacula-dir.confのリソース設定のポイント Catalog データベース(カタログ)への接続情報を設定します。 Pool バックアップ保存先の情報を設定します。 Console コンソールとの接続情報を設定します。
  29. 29. Bacula設定 /etc/bacula/bacula-dir.conf Director { # define myself Name = bacula-dir DIRport = 9101 # where we listen for UA connections QueryFile = "/usr/libexec/bacula/query.sql" WorkingDirectory = "/var/spool/bacula" PidDirectory = "/var/run" Maximum Concurrent Jobs = 1 Password = “bacula7" # Console password Messages = Daemon }
  30. 30. Bacula設定 /etc/bacula/bacula-dir.conf Job { Name = "JOB-Bacula7" Type = Backup Level = Full Client = bacula-fd FileSet = "Full Set" Schedule = "WeeklyCycle" Storage = File1 Messages = Standard Pool = File Priority = 10 Write Bootstrap = "/var/spool/bacula/%c.bsr" } 主な項目の概要 Levelでフルバックアップを指定 Clientでバックアップ対象を指定 FileSetでバックアップディレクトリ指定 上記のように記載することでJOB-Bacula7という名前のJobを登録できます。 バックアップ対象はbacula-fd(192.168.0.80)になります。
  31. 31. Bacula設定 /etc/bacula/bacula-dir.conf FileSet { Name = "Full Set" Include { Options { signature = MD5 } File = / } Exclude { File = /var/spool/bacula File = /proc File = /sys File = /tmp } Includeはバックアップ対象にしたいディレクトリ を指定します。 Excludeはバックアップ非対象にしたいディレク トリを指定します。
  32. 32. Bacula設定 /etc/bacula/bacula-dir.conf # Client (File Services) to backup Client { Name = bacula-fd Address = 192.168.0.80 FDPort = 9102 Catalog = MyCatalog Password = “bacula7" # password for FileDaemon File Retention = 30 days # 30 days Job Retention = 6 months # six months AutoPrune = yes # Prune expired Jobs/Files } バックアップ対象機を指定します。
  33. 33. Bacula設定 /etc/bacula/bacula-dir.conf Storage { Name = File # Do not use "localhost" here Address = 192.168.0.70 # N.B. Use a fully qualified name here SDPort = 9103 Password = “bacula7" Device = FileStorage Media Type = File Maximum Concurrent Jobs = 10 # run up to 10 jobs a the same time } ここではバックアップの保存先のサーバを指定します。 今回の構築ではDirectorデーモンとStorageデーモンは同じサーバにイ ンストールしていますので「192.168.0.70」を指定します。
  34. 34. Bacula設定 /etc/bacula/bacula-dir.conf Catalog { Name = MyCatalog dbname = "bacula"; dbuser = "bacula"; dbpassword = “dbpass" } ここで設定するパスワードはDB(カタログ)の接続に使うので重要です。 デフォルトは空白になってます。
  35. 35. Bacula設定 /etc/bacula/bacula-dir.conf Console { Name = bacula-mon Password = “bacula7" CommandACL = status, .status }
  36. 36. Bacula設定 bacula-fd.confのリソース設定のポイント Director Directorとの接続情報を設定します。 FileDaemon Fileデーモンの基本情報を設定します。 Messages アラートなどのMessages送信情報を設定します。
  37. 37. Bacula設定 /etc/bacula/bacula-fd.conf Director { Name = bacula-dir Password = " bacula7" } Director { Name = bacula-mon Password = " bacula7" Monitor = yes } FileDaemon { # this is me Name = bacula-fd FDport = 9102 # where we listen for the director WorkingDirectory = /var/spool/bacula Pid Directory = /var/run Maximum Concurrent Jobs = 20 } Messages { Name = Standard director = bacula-dir = all, !skipped, !restored } Baculaサーバ側、バックアップ対象側の両方 のファイルに設定を実施してください。
  38. 38. Bacula設定 bacula-sd.confのリソース設定のポイント Storage Storageデーモンの基本情報を設定します。 Director Directorとのデーモンの基本情報を設定します。 Device バックアップデータを保存するデバイス情報を設定します。
  39. 39. Bacula設定 bacula-sd.confのリソース設定のポイント Messages アラートなどのMessages送信情報を設定します。
  40. 40. Bacula設定 /etc/bacula/bacula-sd.conf Director { Name = bacula-dir Password = “bacula7" } Director { Name = bacula-mon Password = " bacula7" Monitor = yes }
  41. 41. Bacula設定 bconsole.confのリソース設定のポイント address DirectorのIPアドレスを指定 Password Directorに接続するためのパスワード指定
  42. 42. Bacula設定 /etc/bacula/bconsole.conf Director { Name = bacula-dir DIRport = 9101 address = localhost Password = “bacula7" }
  43. 43. Bacula起動
  44. 44. Bacula起動 # systemctl start bacula-dir # systemctl start bacula-fd # systemctl start bacula-sd Baculaの設定が完了したら、Baculaを実行します。 Baculaサーバで以下のコマンドで各デーモンを起動します。 # systemctl enable bacula-dir # systemctl enable bacula-fd # systemctl enable bacula-sd # systemctl enable mariadb また、以下のコマンドで自動起動をonにします。
  45. 45. Bacula起動 # systemctl start bacula-fd バックアップ対象サーバで以下のコマンドで各デーモンを起動します。 # systemctl enable bacula-fd また、以下のコマンドで自動起動をonにします。
  46. 46. Bacula起動 # systemctl status bacula-dir bacula-dir.service - Bacula-Director, the Backup-server Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/bacula-dir.service; enabled) Active: active (running) since 木 2015-04-02 13:32:16 JST; 14s ago <省略> # Baculaの起動確認をします。 「bacula-dir.service; enabled」「 active (running) 」となっていることを確認 します。 またbacula-sd、 bacula-fd、mariadbも同様に起動確認および自動起動がonに なっていることを確認します。
  47. 47. Bacula起動 # ss –ant State Recv-Q Send-Q Local Address:Port Peer Address:Port LISTEN 0 50 *:3306 *:* LISTEN 0 50 *:9101 *:* LISTEN 0 50 *:9102 *:* LISTEN 0 50 *:9103 *:* LISTEN 0 128 *:22 *:* <省略> Baculaサーバで使用するポートを確認します。 Baculaの各デーモンが使用する9101~9103ポートが空いていることを確認します。 また、mariaDBが使用する3306ポートが空いていることも確認します。
  48. 48. Bacula起動 # ss –ant State Recv-Q Send-Q Local Address:Port Peer Address:Port LISTEN 0 50 *:9102 *:* LISTEN 0 128 *:22 *:* LISTEN 0 100 127.0.0.1:25 *:* <省略> バックアップ対象サーバで使用するポートを確認します。 Bacula-fdデーモンが使用する9102ポートが空いていることを確認します
  49. 49. バックアップ
  50. 50. バックアップ bconsole(CUIツール)でバックアップを取得します。 runコマンドを実行し、対話式でバックアップを取得します。
  51. 51. バックアップ # bconsole Connecting to Director localhost:9101 1000 OK: 1 bacula-dir Version: 7.0.5 (28 July 2014) Enter a period to cancel a command. * まずbconsole起動を起動します。 コマンドプロンプトが「*」に変わったことを確認します。
  52. 52. バックアップ * run ←「run」と入力しEnterキー押下 A job name must be specified. The defined Job resources are: 1: JOB-Bacula7 2: BackupClient1 3: BackupCatalog 4: RestoreFiles Select Job resource (1-4): 1 ←実行するJobを選択 Run Backup job JobName: JOB-Bacula7 Level: Full Client: bacula-fd FileSet: Full Set Pool: File (From Job resource) Storage: File1 (From Job resource) When: 2015-04-02 14:47:15 Priority: 10 OK to run? (yes/mod/no): yes ←yesを入力 バックアップ実行 runコマンドでバックアップ実行します。
  53. 53. バックアップ * status ←「status」と入力しEnterキー押下 Status available for: 1: Director 2: Storage 3: Client 4: Scheduled 5: All Select daemon type for status (1-5): 1 ←1を選択 (省略) Terminated Jobs: JobId Level Files Bytes Status Finished Name =============================================== 1 Full 29,971 896.0 M OK 02- 4・015 14:49 JOB-Bacula7 バックアップ確認 statusコマンドで状態を確認します。 実行したJobが「Terminated Jobs」になっていることを確認します。
  54. 54. リストア
  55. 55. リストア bconsole(CUIツール)でリストアを実施します。 bconsoleを起動しrestoreコマンドを実行し、対話式でリストアを実施します。 例として/etc/bacula/bacula-fd.confファイルをリストアします。
  56. 56. リストア # bconsole Connecting to Director localhost:9101 1000 OK: 1 bacula-dir Version: 7.0.5 (28 July 2014) Enter a period to cancel a command. * まずbconsoleを起動します。 コマンドプロンプトが「*」に変わったことを確認します。
  57. 57. リストア * restore (省略) To select the JobIds, you have the following choices: 1: List last 20 Jobs run 2: List Jobs where a given File is saved 3: Enter list of comma separated JobIds to select 4: Enter SQL list command 5: Select the most recent backup for a client 6: Select backup for a client before a specified time 7: Enter a list of files to restore 8: Enter a list of files to restore before a specified time 9: Find the JobIds of the most recent backup for a client 10: Find the JobIds for a backup for a client before a specified time 11: Enter a list of directories to restore for found JobIds 12: Select full restore to a specified Job date 13: Cancel Select item: (1-13): 5 ←5を選択します。 リストアを実行します。
  58. 58. リストア +-------+-------+----------+-------------+---------------------+------------+ | JobId | Level | JobFiles | JobBytes | StartTime | VolumeName | +-------+-------+----------+-------------+---------------------+------------+ | 1 | F | 29,971 | 896,094,352 | 2015-04-02 14:47:19 | Vol-0001 | +-------+-------+----------+-------------+---------------------+------------+ You have selected the following JobId: 1 Building directory tree for JobId(s) 1 ... ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 26,641 files inserted into the tree. You are now entering file selection mode where you add (mark) and remove (unmark) files to be restored. No files are initially added, unless you used the "all" keyword on the command line. Enter "done" to leave this mode. cwd is: / $ 「5」を選択すると自動的に以下のような画面になります。 コマンドプロンプトが「$」になるとリストアの準備が完了になります。
  59. 59. リストア $ cd /etc/bacula $ ls bacula-fd.conf $ mark bacula-fd.conf 1 file marked. リストアするファイルをmarkコマンドで指定します。 対象のファイルがあるディレクトリに移動してmarkコマンドを実行します。 markコマンドは*などを使用して一括指定することも可能です。 /etc/bacula/bacula-fd.confをリストアします
  60. 60. リストア $ done ←「done」と入力しEnterキー押下 Run Restore job JobName: RestoreFiles Bootstrap: /var/spool/bacula/bacula-dir.restore.1.bsr Where: /tmp/bacula-restores ←この場所にリストアされます。 Replace: always FileSet: Full Set Backup Client: bacula-fd Restore Client: bacula-fd Storage: File1 When: 2015-04-02 14:55:46 Catalog: MyCatalog Priority: 10 OK to run? (yes/mod/no): yes ←yesを入力します。 リストア実行 doneコマンドを実行します。
  61. 61. リストア # cd /tmp/bacula-restores # ls # etc # cd cd etc/bacula/ # ls # bacula-fd.conf # リストア確認をします。 バックアップ対象機でファイルを確認します。 /tmp/bacula-restores に出力したので、該当のディレクトリを参照します。 「bacula-fd.conf」がリストアされたことを確認します。

×