Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

サイエンスを3DCG化してみた結果www

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 58 Ad
Advertisement

More Related Content

Recently uploaded (20)

Advertisement

サイエンスを3DCG化してみた結果www

  1. 1. 仲間を探してます。 1 本日はお越し頂き有難うございます。 Keitaです。 現在、共にCGを学ぶ仲間、 萌画創作に情熱を注ぐ仲間を探しています。 正直に言えば、今日はそれが目的でここに来てます。 このスライドを見て、 「CG制作に興味を持った!!」 「萌画で何をするの?」 等ご質問があれば、いつでもお答えします。 質問等はTwitterにて飛ばして頂ければ幸いです。
  2. 2. 要らないと思いつつ自己紹介 2  1993年生まれ 22歳  理系大学生  研究室では生体外で大型の筋組織を作製する材料の 開発を進める。  学外ではIntegriculture inc. SCIGRA部門にて勤務 (www.scigra.com)  最近Science CG関連のブログを始めました。 (http://sciencecg.seesaa.net)  歯科矯正中で滑舌が悪いのが悩み  Twitter : @keitasciencecg
  3. 3. ~誰にでも可能なCG制作手法~ 3 ノートPCでサイエンスCG はここまで作れる!!
  4. 4. ~初期投資と習得~ 4 一般研究者のCG使用を 難しくする3つのカベ Chapter 1
  5. 5. (1)CG制作ソフトが超高額 5  ただでさえ研究にもお金 が掛かるのに・・・ Maya: ¥50~70万 画像引用 http://www.optitrack.com/products/insight-vcs/indepth.html http://www.autodesk.co.jp/products/3ds-max/features/all/gallery-view 3ds MAX:¥60~70万 HFIP (1,1,1,3,3,3-hexafluoro-2-isopropanol) 作者がよくお世話になってる試薬 100 mLで¥2万6千円する。 (´Д`;;)・・・orz
  6. 6. (2)受注コストも掛かり過ぎる 6 医療用CGの場合、 動画だと¥5万/秒のケースも ある 1分だと・・・? Sciement HPよりNHKスペシャルより 画像一枚でも ¥20万以上はザラ
  7. 7. (3)教わる環境が無い。 7  大学にはサイエンス CG専門の講義は無い。  独学で0から学ばな いといけない。  モチベーションの 維持が大変 参考書を買ったとこまでは 良いが・・・・
  8. 8. 8 サイエンスは簡単に 3DCG化出来る!! Chapter 2
  9. 9. CG制作のきっかけは?? 9 こんな感じの画像で科学 を表現してみたかった。 ・単純に見栄えが良い なんかカッコいい!! ・興味を引ける。 ・研究発表スライドや 説明資料にも使えるの では!?
  10. 10. 始めたが・・・問題発生!(゚Д゚; 10 (1) コスト面 ・CG制作ソフトは超高額 3DS MAX 50~70万円 Maya 50~60万円程度 ・専門学校に通うと・・ 年間授業料 ¥120万程度 ( Digital Hollywood) (2)サイエンスCG専 門の参考書が無い ・分子構造どう描くの?? ・タンパク構造は?? ・一般的な技術をどう使っ て科学を表現するの?
  11. 11. 他にもこんな不安が(´・ω:;.:...) 11  芸術センスがいるのでは?  中学の時に美術2を喰らった  池の風景画を描いたら「ドブ」と 酷評された記憶がある。  プログラミングの能力は必須??  「Cプログラミング入門」の 単位落としたんだが
  12. 12. 大丈夫だ。問題無い!!12 そんな状態で大丈夫か?
  13. 13. 解決策(1):フリー(無料)の オープンソースソフトのみ使用 13 Blender 3D ChemSketch AviUtl(動画編集ツール) 他多数・・・
  14. 14. 解決策(2):メンターから教わった。 14 現SCIGRA代表の 羽生雄毅氏にCG制作を 師事 投稿動画がニコニコ動画 で再生回数上位に食い込 んだ実績アリ
  15. 15. 本郷三丁目 Lab-Caféにて 勉強会(全6回)に参加してみた。 15
  16. 16. 第1回 とりあえず分子模型 16 慣れれば3分で制作可能だった・・・!
  17. 17. 第2回 簡単な造形 17 AFM模式図でやってみたら10分で完成!! (マウスと簡単なキーボード操作で完成)
  18. 18. 第3回 色塗りしてみた。 18 形さえあれば3分で終了(ほぼクリックと数値入力のみ)
  19. 19. 第4回 照らしてみた。 19 照明効果で見栄えが格段にアップした!!
  20. 20. 第5回 複雑な形状を制作してみた! 20 コピペだとシンドイ図が15分程度で完成した!!
  21. 21. 第6回 アニメ化決定!! 21 動画編集ソフトAviUtlは昨今のサブカルを支える強力なツール もろにサブカルの本領が発揮された勉強会でしたww。 完成動画は教室のスクリーンにて公開中。
  22. 22. CG制作への考え方の変化 22  プログラミングの技 術は全く必要なかっ た。  単位落とそうが関係 ない  芸術的センスも要ら なかった。  絵心ゼロでも大丈夫  色彩感覚は勉強すれ ば補える
  23. 23. ~サブカル技術とScience CGを融合した 新しい科学表現方法の確立~ 23 5年以内に実現させたいこと Chapter 3
  24. 24. 今やミクに触れられる時代 24 疑似的なミクの手
  25. 25. VR技術による仮想実験空間の構築 25 画像引用 http://arsechnica.com/gadgets/2014/03/oculus-rift-dev-kit-2-launches-with-960x1080-resolution-lower-latency http://www.mech.chuo-u.ac.jp/~hslab/index.php?ResearchList Oculus Rift 触覚グローブ + + 実験器具3Dモデル ・実験手技の獲得 ・簡単な化学反応の再現
  26. 26. 26 サイエンス3DCG 作品集 Chapter 4
  27. 27. DNA 分子構造 27
  28. 28. 桑実胚(発生学分野) 28
  29. 29. AFM模式図 29
  30. 30. 結晶表面の吸着原子 30
  31. 31. フィブロネクチンに接着する細胞 31
  32. 32. ナノ粒子の励起・発光 32
  33. 33. 立方格子構造(結晶) 33
  34. 34. G蛋白共役型受容体 (GPCR) 34
  35. 35. バイオリアクター 35
  36. 36. 宿主細胞表面のウィルス 36
  37. 37. 仮想実験空間 37
  38. 38. ニューロン 38
  39. 39. 線維材料上の接着細胞 39
  40. 40. 結晶表面のCO分子 40
  41. 41. 培養ミク・・ではなくて培養肉 41
  42. 42. 海上の岩肌 42
  43. 43. 細胞培養足場の設計 43
  44. 44. 蛋白コート繊維とアニメガール 44
  45. 45. 脳!脳!圧倒的なまでの脳! 45
  46. 46. Animal Brain 46
  47. 47. Neuron(神経細胞) 47
  48. 48. Mouse 48
  49. 49. 天体学への応用 49
  50. 50. VATPase 50
  51. 51. DNAらせん構造 51
  52. 52. 分子色とりどり 52 Yuki Hanyu
  53. 53. 食肉プラント-1 53 Yuki Hanyu
  54. 54. 食肉プラント―2 54 Yuki Hanyu
  55. 55. 月面食肉プラント 55 Yuki Hanyu
  56. 56. ヒト脳 (発光) 56 Yuki Hanyu
  57. 57. AFM機構図(僕のより分かりやすい!) 57 Yuki Hanyu
  58. 58. 電気化学実験 58 Yuki Hanyu

×