Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

青空文庫サーバの今と今後

58,363 views

Published on

「Hack for 青空文庫」Vol.1資料用

Published in: Government & Nonprofit
  • Be the first to comment

青空文庫サーバの今と今後

  1. 1. 青空文庫サーバの今と今後 香月啓佑(本の未来基金、MIAU)
  2. 2. DNSサーバ メールサーバ ウェブサーバ http://www.aozora.gr.jp/ データベースサーバ ウェブサーバ (ミラー) 現在青空文庫が独自運用している5つのサーバ エンジニアなしで http://mirror.aozora.gr.jp/
  3. 3. DNSサーバ メールサーバ ウェブサーバ http://www.aozora.gr.jp/ データベースサーバウェブサーバ (ミラー) 現在の運用構成 毎日午前3時に同期 毎日午前3時に同期 neophilia.co.jp neophilia.co.jp ※サーバ持ち込み 2014/10/9にて
 ミラーサーバの運用終了
  4. 4. • サービスの全貌を把握しているひとがいない
 全貌を把握し、シンプルな構成にする必要がある
 テクノロジー担当の新しい人材が必要 • 管理するサーバ数が多い
 テクノロジー担当者のいない状況での管理は危険
 特にメールサーバ、DNSサーバはセキュリティ面で問題あり • DBサーバの老朽化
 現在DBサーバはbiglobeにホスティングされており、物理的老朽化が進行
 サーバ機材の早急なリプレイスが必要 • DBサーバの非冗長性
 現状ではDBサーバが飛ぶと青空文庫のデータ資産が失われる
 とにもかくにもまずはバックアップを! 現在の問題点
  5. 5. DNSサーバ 独自運用廃止
 (レジストラのDNSサーバで管理) ウェブサーバ http://www.aozora.gr.jp/ データベースサーバデータベースバックアップ 目指す将来像 リアルタイム同期 毎日午前3時に同期 メールサーバ 独自運用廃止
 (レンタルサーバ or Google Apps) ※マネージド ※共用 可能ならデータベースにもうワンレイヤー冗長性を持たせたい 新規調達&開発必要
  6. 6. • 現状の移行作業
 DBデータについては文字コード問題は解決し、
 最新のPostgreSQLに移行が可能であることは判明した。
 MySQLに移行できるかどうかの検証は未着手。 • プログラムの解析
 未着手。DBサーバには単に作品だけでなく、作業履歴も記録されている。 現状
  7. 7. • 作業を任せられるエンジニアがいない
 テクノロジー担当の新しい人材が必要
 とりあえずは単発で面倒見てくれるエンジニアを探す? 今後はどうする?
 (その場合の適正単価をどう見積もる? ) • コストの肥大化
 マネージドサーバ利用の場合、年16万円程度のコストアップ • RDBMSをどうするか
 PostgreSQLでそのまま運用→kagoyaのマネージドサーバ or 独自サーバの運用
 MySQLへの移行→開発要件の増大、動作検証、場合によっては新規開発 • 動作検証のためのサービス停止
 DBサーバの移行にあたり、テスト作業が発生することはやむを得ない
 断続的な数日のサービス停止(新規登録の停止のみ)を実施したい • 本提案は青空文庫の現状維持のための提案 問題点
  8. 8. • エンジニア向けのイベントをやりましょう!
 青空文庫に興味を持ってくれるエンジニアを集めるイベントを。 • 現状のシステムの維持と新システム開発を両方やろう
 DBの保全という意味で現状のシステムの移管を行い、
 同時にDBデータのリファクタリングなどを行い、
 最近の実装に近い形でメンテナンス性、拡張性を上げる方針の
 「実験版青空文庫」(仮)を立ち上げる。
 実験版についてはエンジニアチームにイニシアティブを! アイデアソンをやりましょう

×