Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

本の未来基金 「Code for 青空文庫」アイデアソン(大久保)

7,932 views

Published on

Code for 青空文庫 アイデアソン#1 資料

Published in: Internet
  • Be the first to comment

本の未来基金 「Code for 青空文庫」アイデアソン(大久保)

  1. 1. 11:00-‐‑‒17:00 2015.05.30@シナジーカフェ GMO  Yours 本の未来基金 「Code  for  青空文庫」アイデアソン
  2. 2. ・Universal  Texts ・Open  Air  Shelves ・Digital  Scribes ・Homo  Communicans Aozora  Bunko:  4  Main  Ideas
  3. 3. l 日本語が使える人であれば誰でも利用可能なテキスト (パブリックドメイン&自由利用可能な作品) l ユニバーサルは、ユニバーサルデザインの方 l 年輩の方もお子さんも、目の見えない方にも読める l 日本語マークアップとしての青空文庫注記 (人とマシンのあいだのバランスよい可読性を模索) Universal  Texts
  4. 4. l 青空で誰かが来るのを待っている本 l 自由な本棚に誰かが本を置いていき、誰かがもらっていく l 自由にアクセス/コピーされる書架と蔵書 l 青空文庫の普通概念化:パブリックドメイン Open  Air  Shelves
  5. 5. l 電子的な写本を造っている人々 l 入力・点検・校正・素読み・ファイル作成の共同作業 l やりたいものをやる(無理はしない・させない) l 活動ペースにはそれぞれかなり波がある l マイクロボランティアへの道は? Digital  Scribes
  6. 6. l ラテン語「共有する人」 l 人間は共有したがる生き物(感動・作品とか) l 青空文庫は作品から対価を得ない l 作品以外からのマネタイズが重要 l 作品の自由(≠無料・私物化):未来の可能性 Homo  Communicans

×