Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

『伝達したい情報を構造化し表現する技術』教育の実践

1,185 views

Published on

『伝達したい情報を構造化し表現する技術』教育の実践

  1. 1. 『情報を構造化し表現する技術』 教育の実践 トランスフォーメーション・ラボ 加島一男 Copyright(C) 2011-2013 Transformation Lab. All rights reserved. 4 第15回 教育事例研究会2013 -教育企画、設計、実践、及び人材育成の改善取り組みの事例研究と討論-
  2. 2. 構造化し表現する効果 構造化し表現する技術 内容 2つの技術  構造化する技術  表現する技術 クイズ 皆様から頂きたいアドバイス さらに改善するためには、どの様なことが必要か Agenda Copyright(C) 2011-2013 Transformation Lab. All rights reserved. 5
  3. 3. 構造化し表現する効果 Copyright(C) 2011-2013 Transformation Lab. All rights reserved. 6 思いついたことを書き出し、 それをもとに説明する 思いついたことを書き出し、 • 幾つかの話題にまとめる • 話題にタイトルを付ける • 大切なキーワードに印をつける それをもとに説明する XXXXXXX XXXXX XXXXX XXXXXXXXX XXXXXXX XXXXXXXXXXX XXXXXXXXXX XXXXXXXXXXXX XXXXXXXXXX XXXXXXX XXXXX XXXXX XXXXXXXXX XXXXXXX XXXXXXXXXXX XXXXXXXXXX XXXXXXXXXXXX XXXXXXXXXX 3 91%63%
  4. 4. 構造化し表現する技術 内容 Copyright(C) 2011-2013 Transformation Lab. All rights reserved. 8 ①伝えたい情報 を構造化する ②構造を伝え 共通の基盤を作る ③構造に沿って 内容を伝える
  5. 5. 構造化し表現する技術 構造化する技術 構造モデルと選択基準 表現する技術 口頭での表現技術 文書での表現技術 動作・動画での表現技術 構造化し表現する技術 2つの技術 Copyright(C) 2011-2013 Transformation Lab. All rights reserved. 9
  6. 6. 構造化し表現する技術 1)構造化する技術 Copyright(C) 2011-2013 Transformation Lab. All rights reserved. 10 並列 並列(ツリー図) 配置(マトリックス図) 階層 階層(ピラミッド図) 階段(ステップ図) 集合 包含(包含図) 重複(集合図) 比較 対比(対比図) 比較(比較表) 関係 関係(ネットワーク図) 順列(フロー図)
  7. 7. 個々の話題の関連から構造を決める 話す目的が明確になり、話す内容が出そろった所で、話の構造をき めます。構造には、幾つかの基本パターンがあります。個々の話題 の関連に従い、適切な構造を選択します。 以下に基本的な構造と、その選択の指針を紹介します。 話の構造 選択の指針 並列 並列(ツリー図) 個々の話題が同じ程度の 重みを持っており、それ ぞれの話題が並列な関係 にある場合 配置(マトリックス図) 個々の話題が 2 軸によっ て分割される四つの象限 に配置される場合 階層 階層(ピラミッド図) 個々の話題が上下の関係 にあり階層で示される場 合 段階(ステップ図) 個々の話題が上下の関係 にあり段階を経て変化や 移動する場合 話の構造 選択の指針 集合 包含(包含図) 個々の話題が大小の関係 にあり包含される場合 重複(集合図) 情報が重なりあう集合と して表現され、その重複 部分や差異部分を話題に する場合 比較 対比(対比図) 二つの話題を比較する場 合 比較(比較表) 個々の話題を幾つかの項 目で比較する場合 関係 関係(ネットワーク図) 個々の話題に関係性(因 果関係など)がある場合 順列(フロー図) 個々の話題を提供する順 番が決まっている場合 上記は、ビジネスでよく利用される話の構造です。他にも、話の構 造はありますが、まずは上記の構造を理解し、実践で使うことから 始めましょう。 主題 話題 2話題 1 話題 3 話題 4 話題 1話題 2 話題 3 話題 2 話題 1 話題 3 話題 2 話題 1 話題 3 話題 2 話題 1 話題 3 話題 2話題 1 話題 3 話題 2話題 1 話題 2話題 1 項目 1 項目 2 項目 3 項目 4 話題 2話題 1 話題 3 話題 2話題 1 話題 3 1 番目 2 番目 3 番目
  8. 8. 基本の構造にあてはめる 個々の話題の内容の関連に着目し、先に示した 10 の基本の構造か ら適切な構造を選択します。 適切な構造を選択したら、構造のイメージ図に、具体的な話題や情 報を書き込み、設計図を完成させます。 以下に、適切な構造を選択するためのフローチャートを示します。 S 話題が並列な 関係にある Yes 話題が四つの象 限に配置される Yes No No 並列(ツリー図) 配置(マトリック図) 話題が上下の 関係にある Yes 話題が段階を経て 変化や移動する Yes No No 階層(ピラミッド) 段階(ステップ図) 1 (次ページに続く) 話題を比較する Yes 二つの話題を 比較する Yes No No 比較(比較図) 対比(対比図) 話 題 に 因 果 関係がある Yes No 順列(フロー図) 関係(ネットワーク図) 話題に順序性 がある Yes No 並列(ツリー図) 1 ※いずれの基本構造にも当てはま らない場合は、並列(ツリー図) を適用する 話題が集合の 関係にある Yes 話 題 が 包 含 関係にある Yes No No 重複(集合) 包含(包含図)
  9. 9. 構造化し表現する技術 2)表現する技術 Copyright(C) 2011-2013 Transformation Lab. All rights reserved. 11 2. 構成を示す 3. 内容を示す(構造における位置づけと、内容) 口頭での表現技術 文書での表現技術 XXXXXXXXXXXXX XXX XX XX XX XXXXXXXXXXXXX XXXXXXXXXXXXX 1. 主題を示す 2. 構成を示す 3. 内容を示す 1. 主題を示す 主題、構成、内容は、時間軸にそって順番に提示される。 主題、構成、内容は、同時に提示される。
  10. 10. 構造化し表現する技術 2)表現する技術 Copyright(C) 2011-2013 Transformation Lab. All rights reserved. 12 動作・動画での表現技術 2. 構成を示す 3. 内容を示す 1. 主題を示すXXXXXXXX 主題、構成は、同時に提示される。 内容は、時間軸にそって順番に提示される。 ジェスチャーの5パターン 1) ビート:両腕を伸ばして、上下させる動作。 2) 指示:指を使って、指し示す動作。 3) 変化:時間の変化や業績の変化など、増 加、減少などをイメージさせる動作。 4) 演技:説明している内容を動作で演技する。 5) 形態:ものの大きさや形を身体をつかって表 現する。
  11. 11. 構造化し表現する技術 クイズ Copyright(C) 2011-2013 Transformation Lab. All rights reserved. 13
  12. 12. 構造化し表現する技術 クイズ Copyright(C) 2011-2013 Transformation Lab. All rights reserved. 14 •弊社の掃除機の特長を3点ご紹介します。 •今回の新商品は、22時以降のコンビニ来店者で購入金額の低い二つの 特長を持つ顧客をターゲットにして企画しました。 •新商品の販売にあたり、インターネットによる直販モデルを検討しています。 今回、直販のメリットとデメリットを対比して説明します。 •日本古来の芸能や武術では、物事を学び成長する段階を示す言葉とし て「守・破・離」があります、これについて説明します。 •新年度にあたりイントラネットの情報更新の作業手順について、説明しま す。 •貴社のWebサイトを訪問数と滞在時間の二つの軸で四つに分類し分析 した結果をご説明します。 •弊社の物流網は、三つの包含関係にある集配送拠点により、効率的な 収集と配送を実現しています。 •当社の会員制度は、三つの階層から構成されています。 •新システムの構築にあたり三つの案を比較検討しましたので、それについご 報告します。 •先日のA工業様で発生したトラブルの対策について、問題点とその原因 を報告し、今後の対策について相談させてください。

×