Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

Bluemix_API_Possibility

1,611 views

Published on

2015.10.23 API Meetup #10での講演資料

Published in: Technology

Bluemix_API_Possibility

  1. 1. ユーザ視点で見た IBM  BluemixとAPIの可能性
  2. 2. 自己紹介 原田 一樹  (Kazuki  Harada) o  Bluemix  UserGroup  Community  Leader o  クラウドアーキテクト/スクラムマスター o  クラウドイノベーションセンター所属 興味・関心:   Cloud/IoT/機械学習/OSS/API/Scrum/DevOps 書籍・記事・実績: o  エンタープライズAWS導入ガイド o  人口知能アプリケーション総覧-Watson o  BluemixとWatsonの全貌を知る-ITpro o  BluemixHack  最優秀賞 o  BluemixChallenge2015  最優秀賞
  3. 3. Bluemix  Challengeで最優秀賞獲得しました またたび 〜旅行プラン提案bot〜 ※詳細は前回のAPI  Meetup  #9を参照ください
  4. 4. Bluemixって何? 1.  PaaS  2.  IaaS  3.  開発者向けツール群 4.  API管理ポータル
  5. 5. 1.  PaaS ○ 2.  IaaS ○ 3.  開発者向けツール群 ○ 4.  API管理ポータル ○ 上記全てを持ったプラットフォーム Bluemixって何?
  6. 6. 参考元:http://www.slideshare.net/ngaur/bluemix-digital-innovationplatform Bluemixの構成要素
  7. 7. 参考元:http://www.slideshare.net/ngaur/bluemix-digital-innovationplatform Bluemixの構成要素 本日のテーマ「API」
  8. 8. BluemixでAPIを…   使う   連携させる   探す   作る/制御する   公開する   一元管理する
  9. 9. BluemixでAPIを “使う”
  10. 10. 参考元:  SoftLayer  Bluemix  Summit  2015    Ekman  講演資料 http://www.slideshare.net/softlayerjp/ibm-cloudekman BluemixのAPIエコノミー
  11. 11. カタログからサービスを選択  ボイラープレート:14種類  ランタイム:6種類  サービス:91種類  (2015年9月時点) モバイル データベース アナリティクス インテグレーション セキュリティAPI管理 Watson IoT
  12. 12. サービスを”バインド”して利用する
  13. 13. BluemixでAPIを “連携させる”
  14. 14. Node-REDの特徴 n  ブラウザベース  UI n  node.js  で動作 Ø 軽量 n  機能をカプセル化してNodeとし て利用 n  独自Nodeを作成・追加可能 n  Bluemixの様々なサービスを簡 単に利用可能 ハードウェアデバイス,API,オンラインサービスをブラウザ上で ドラッグ&ドロップで簡単に結合させることが可能
  15. 15. OSS版の初期環境
  16. 16. Bluemix版で 使えないもの Bluemix版で 追加されているもの Bluemix版の初期環境
  17. 17. 18 Node-REDで使いたいサービスを 事前にバインドしておきます Bluemix版はサービス認証機能付き(1/2)
  18. 18. 19 OSS版/Bluemix  未バインド状態 Bluemix  バインド済 個別に認証情報を設定する必要あり 「Service」を選択するだけ Bluemix版はサービス認証機能付き(2/2)
  19. 19. Node-RED  Librayには、利用可能なNodeが日々追加されている npm  installやpackage.jsonに記述すれば追加可能。 http://flows.nodered.org/ 利用可能なノードは日々増加中
  20. 20. npm  install  node-red-node-google npm  install  node-red-microsoft-azure npm  install  node-red-node-aws npm  install  node-red-node-ddb IBM以外のサービス連携も日々増加中
  21. 21. DEMO https://youtu.be/CXQBxLCetXg
  22. 22. デモでやりたいこと 1.  欲しい画像のキーワードを slackに入力 2.  Googleで画像検索、 画像ファイルを取得 3.  ファイルを複数ストレージに保存 4.  保存が完了したことを slackで通知
  23. 23. Node-RED(OSS版)
  24. 24. 1. Slackに入力 4. Slackで通知
  25. 25. 2. Googleで画像検索 画像ファイルを取得
  26. 26. 3. ストレージに 保存 4. 保存が完了した ことを確認
  27. 27. Node-RED(OSS版)
  28. 28. Node-RED(Bluemix版)
  29. 29. Bluemix版で出来なかった点 BoxのRedirect_uri  httpが許されない ローカル環境に ダウンロードする機能
  30. 30. BluemixでAPIを “探す”
  31. 31. Bluemixには、知る人ぞ知る 「裏メニュー」があります。
  32. 32. Bluemix  Labs  Catalog https://console.ng.bluemix.net/ catalog/labs/
  33. 33. Find an API Match Cognitive ability to dynamically shape API matches based upon relationships or other criteria Largest API Knowledge base Explore and search from the worlds largest collection of Public APIs Gain insights across APIs understand multi-modal relationships, common API attributes such as data formats, key types, etc. API Search _|_______________
  34. 34. BluemixでAPIを “作る/制御する”
  35. 35. IBM  API  Management  on  Bluemix (APIの設計、保護、共有、管理サポート)
  36. 36. できること    APIの管理・制御 ü  APIの作成 ü  APIの使用状況の分析 ü  ユーザ別にAPI使用制限の設定…など    APIの利用 ü  アプリケーションの識別(API  Key) ü  ユーザーの認証(OAuth認証…など)    APIの公開 ü  Bluemix組織に公開 ü  外部に一般公開
  37. 37. 例:APIの仕様設計(Call制限)
  38. 38. Bluemixの自組織にプライベート公開
  39. 39. 詳しくは下記ブログを参照 http://dotnsf.blog.jp/archives/ 1039539746.html
  40. 40. BluemixでAPIを “公開する”
  41. 41. Bluemixは、 「APIのマーケットプレイス」 ↓ 自分のAPIをBluemixに公開 してビジネスすることも可能
  42. 42. サービス登録までの手順 (1) クラウドビジネスパートナーとして登録 https://www.marketplace.ibmcloud.com/joinnow/ (2) IBM クラウドマーケットプレースチームによる内容確認レビュー 登録内容が確認されて、問題がないかを判断 (3) Terms and Conditions に同意 https://developer.ibm.com/marketplace/docs/vendor-guide/business- partner-agreements/ (4) IBM Cloud Marketplace Business Partner 条件に同意後、90日以内に マーケットプレース API を実装 https://developer.ibm.com/marketplace/docs/vendor-guide/ integrating-bluemix/ (5) Bluemix 用の追加条件に合意 (6) マーケティングキットを使ってプロモーション開始 https://developer.ibm.com/marketplace/docs/marketing-kit/
  43. 43. 技術要件  マーケットプレース  API  を使って支払い機能 とプロビジョニング機能をサポートすること  Bluemix  内のアプリで有用に使えること  サービスはクラウドで提供されていること  コンポーザブル(組み合わせ可能)であること  バックエンドは負荷の変更に耐えられるよう スケールすること  英語版ウェブサイトが提供されていること  無料トライアルが提供されていること
  44. 44. サービス要件   Description  にサービスの価値が記述されていること/ Bluemix  を組み合わせた価値が分かるようにすること   Bluemix  でそのサービスを使う場合のドキュメントへのリンクが 提供されていること   簡単に開始できるスターターアプリや、スクラッチで開発する 場合のサンプルなどが提供されていること   サービスのダッシュボードが  Bluemix  から簡単に使えること (例えばリンク  URL  だけで使える、など)   プロビジョニングやバインドの処理が3分以内に完了すること   サポート情報が記載されていること   メンテナンス時のダウンタイムをゼロにすること   Terms  of  Usage  へのリンクが提供されていること   Bluemix  や他のサービスとのシングルサインオンが提供されて いること
  45. 45. BluemixでAPIを “一元管理する”
  46. 46. Bluemixから利用可能な APIを利用することで、 料金管理やサービスを 一元管理できる
  47. 47. でも、Bluemixにはまだ、 東京リージョンがない… インフラを細かく制御したい…
  48. 48. でも、Bluemixにはまだ、 東京リージョンがない… インフラを細かく制御したい… ↓ メイン環境はAWSを使いつつ、 各種API管理をBluemixで 一元管理できないの?
  49. 49. AWS  ×  Bluemix構成 AWS  Cloud VPC  Subnet Linux  +  Node.js +  環境変数 Route53 (独自ドメイン) [Tokyo  Region] Bluemix ダッシュボード Bluemix 各種API群 ü 料金管理 ü 認証管理 認証 [米国/英国リージョン] ローカル環境 GIT
  50. 50. BluemixでAPIを…   使う →カタログからバインド   連携させる →Node-RED   探す →API  Harmony   作る/制御する →API  Management   公開する →ビジネスパートナー認定   一元管理する →認証機能のみ利用
  51. 51. Bluemix  UserGroup(BMXUG)  facebookページ http://ibm.biz/bmxug-facebook BMXUGへの登録もお願いします

×