Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20191024_optim_tech_night_techleadmeeting

536 views

Published on

2019/10/24 OPTiM TECH NIGHTでの発表資料(OPTiMでテックリード会をはじめてみて)

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

20191024_optim_tech_night_techleadmeeting

  1. 1. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. OPTiMでテックリード会をはじめみて 2019/10/24 OPTiM TECH NIGHT 和⽥⼀洋
  2. 2. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 2 p 和⽥ ⼀洋(わだ かずひろ) p 2018/11 OPTiM⼊社(もうすぐ1年︕) • 経営理念︓「ネットを空気に変える」「存続を⽬的とせず、た えず⾝の丈に合わない⼤きな志を持ち、楽しみながら挑戦す る」 • B2Bでおもしろいことをやっている、ITで各産業に新しいビジ ネスモデルを作っていっている • ⾃社プロダクトを泥臭い運⽤までやっている p 技術統括本部 プラットフォーム技術戦略室 • AI・IoTプラットフォーム製品「OPTiM Cloud IoT OS」の製 品企画などを担当 https://www.slideshare.net/KazuhiroWada
  3. 3. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 3 OPTiMにおけるテックリード会
  4. 4. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 4 p 全社で各プロダクトの技術的な窓⼝になるエンジニア を集めて開催(参加者は各回15-20名程度) p OPTiMでは「テックリード」という役割は明確に定義 されていないが、 「チーム/プロダクトを代表して、 技術構成や開発の進め⽅の全体像を語り、リーディン グする⼈」という趣旨で命名 p 社内コミュニティだからこその、各プロダクトの突っ 込んだ技術トピックを共有 p 隔週1時間で開催、発表は持ち回り、レビューの場で はなく相互理解の場 OPTiMでのテックリード会
  5. 5. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 5 OPTiMでのテックリード会 1 某プロダクトにおける性能改善の取り組み 11 各チームのチームビルディングの⼯夫#2 2 Optimal Bizのサーバ運⽤、OEM先ごとにコード を分岐しないためのカスタマイズ戦略 12 ⾃然⾔語処理 3 モニタリングツールDatadogを使った、マイク ロサービスの分散トレーシングの運⽤ 13 Agri Field Managerの技術トピックス 4 AMIASのアーキテクチャ 14 リモートサポート系プロダクトの裏側要素技 術 5 BIGLOBE様向けに開発したIoTデバイスBL-02の 開発 15 3D Viewer Cesiumと3D Tile 6 OPTiMプロダクトに組み込まれている内製ミド ルウェアの設計・実装 16 ISUCON参加レポート 7 OPTiM AI Cameraのアーキテクチャ 17 プラットフォーム新機能アーキテクチャ 8 ふりかえり 18 CUDA 9 新プロダクトプロトタイプのコード共有会 10 各チームのチームビルディングの⼯夫#1 凡例︓⾃社プロダクト
  6. 6. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 6 OPTiMでのテックリード会 p ⾃社プロダクトのアーキテクチャ / 要素技術 p サービス品質(⾮機能)強化取り組み p 各チームのチームビルディング p インシデントのポストモーテム共有 OPTiM TECH BLOGの元ネタになった会や、逆にTECH BLOG記事の詳細説明会も
  7. 7. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 7 テックリード会をはじめた経緯
  8. 8. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 8 p ⽉次の全社会議(+ 懇親会)で、社⻑から直近の事業トピックスや社内施策を熱く発信 p 営業ログや社員⽇報は、全社員に共有 p つぶやき⽤のメーリングリスト / チャット p 社内情報共有サイト (オフィス周辺の飲⾷店事情から、 機械学習の論⽂紹介まで幅広く) 前提としてOPTiM社内の情報共有
  9. 9. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 9 ⼊社当初は情報の洪⽔に溺れかけたほど
  10. 10. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 10 それでも・・・
  11. 11. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 11 p 各プロダクトの⽣々しい技術トピックを共有する「場」がほしい • そのためには、コンテキストを⼀定揃える必要がある -> 基本的にはメンバーを固定して開催 • 頼まれないと話すきっかけがないこともある p (⼊社したばかりの⾝として、OPTiMの多岐にわたるプロダクトの裏側を知りたいという好奇 ⼼) はじめたきっかけ
  12. 12. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 12 p 既存のワーキンググループの⼀つを発展的に解消して、テックリード会を⽴ち上げ p お互いがどういう技術課題に取り組んでいるか顔が⾒える -> 相互に技術的な相談がしやすく p 草の根活動ではなく、役員を巻き込んで⽴ち上げ はじめたきっかけ
  13. 13. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 13 p (個⼈的な)KPI = 参加者が減らないこと -> 9ヶ⽉が経過するも順調 • 強制参加ではないため、継続して参加してもらえている = 参加者にとって価値のある場になっている • 開発系の役員も参加(役員という⽴場ではなく、OPTiM歴代技術の⽣き字引として・・・) p 各回の中や、メンバーのチャットで、聞きたいテーマを常時募集 • 会の中で、次々回くらいまでのテーマと担当者を決めてしまう • メンバー内に話せる⽅がいればその⽅に、そうでなければ個別に直接依頼 p 省エネ運営重要︕ • 発表テーマ決めに悩まないため、ほぼ負荷なし(情報共有ツールでの開催ログ発信くらい) 運営
  14. 14. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 14 テックリード会をやってみて
  15. 15. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 15 p 開始から半年弱が経ったタイミングで、みんなでふりか えり(と懇親会)を開催 p Keep • 隔週はちょうどいい • 普段話さない他プロダクトのこと/⼈を知るきっかけになっ た • 質問して内容を深掘りできるのが良い • 参加者の集まりがいい • 各プロダクトの⽣々しい話が聞けるのが良い(運⽤⾯も含め て) ふりかえり
  16. 16. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 16 p Problem • ⽋席時のキャッチアップが難しい • 参加者がクローズド • 開発マネージャとしての悩みも共有したい • 内容をもっと実装に踏み込みたい/テックテックしていない • 発表内容が参加者のニーズに合っているかが分からない • ⾃分のプロダクトに活かす動きに繋げられていない p Try • 開催ログと発表資料の集約⽅法の⾒直し • 新メンバーの招待⽅法を決定(招待 + 上⻑承認) • 次回以降の開催テーマ(ふりかえりの内容を踏まえて) ふりかえり
  17. 17. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 17 p (思っていた以上に)直接的にプロダクト開発に⽣き始めている • テックリード会でテーマに挙がった「あの技術」と「あの技術」を組み合わせれば・・・ • プラクティス / 開発補助ツールの相互取り⼊れ • 事業部をまたがったバーチャルチームでの開発の素地にも p ⾃チームの取り組みをポジティブにふりかえるきっかけにも • チーム内では「できていないこと」に⽬が⾏きがちだが、他チームの⼈が聞くと「すごい︕」と思う箇所 も多い その後の所感
  18. 18. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 18 まとめ
  19. 19. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 19 p 社内コミュニティだからこその、⾃社プロダクトの突っ込んだ技術トピック共有の場 • コンテキストを揃えために、あえて固定メンバーで開催 p みんなで盛り上げいく • ⼈数を絞りくだけた雰囲気でのディスカッション、テーマ決め、ふりかえり • 省エネ運⽤重要︕ p 社内で誰がなにをやっているか顔が⾒えるように、プロダクト開発へのフィードバック p エンジニアとして⾃分が楽しいこと / エンジニア⽂化が、事業価値に繋がっていく醍醐味 OPTiMにおけるテックリード会
  20. 20. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 20 ありがとうございました︕
  21. 21. Copyright © OPTiM Corp. All Right Reserved. 21 2019.10.24 19:00~20:30 @ HOTEL GAJOEN TOKYO

×