Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

E北方圏・経済交流論発表

161 views

Published on

  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

E北方圏・経済交流論発表

  1. 1. 現在の原子力依存の社会から自然エネルギー自給へ転換していく必要がある。原子力発電の利点として、安定して大量の電力供給ができること。発電量当たりの単価が安く経済性が高い。発電時に地球温暖化の原因となる温室効果ガスを排出しない。酸性雨や光化学スモッグなどといった大気汚染の原因物質となる酸性物を排出しない。事故が起きなければ国の技術力の高さの証明となる。がデメリットとして原子力発電のデメリット事故が起きなければ国の技術力の高さの証明となる。 (現在の日本ではこれが崩壊している)放射線の厳しい管理が必要。有害性のある放射性廃棄物が発生する。事故によって周辺地域に多大な被害を与える恐れがある、また放射線が外部に流出することにより人間が発電施設に近づくことが困難になるため故障個所の修復が困難となる。「新エネルギー」とは、1997年に施行された「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法」において、「新エネルギー利用等」として規定されており「技術的に実用段階に達しつつあるが、経済性の面での制約から普及が十分でないもので、石油代替エネルギーの導入を図るために特に必要なもの」と定義している。そのため実用段階に達した水力発電や地熱発電、研究開発段階にある波力発電や海洋温度差発電は、自然エネルギーであっても新エネルギーには指定されていない。 具体的には、・太陽光発電・風力発電・太陽熱利用・温度差エネルギー・廃棄物からの発電、熱利用、燃料製造・バイオマスからの発電、熱利用、燃料製造・クリーンエネルギー自動車・天然ガスコージェネレーション・燃料電池がある。 新エネルギーのメリットは CO2 の排出が尐ないこと等環境負荷が小さく、資源制限が尐ない国産エネルギー、または石油依存度低下に資する石油代替エネルギーとしてエネルギー安定供給の確保、地球環境問題への対応に資することから、持続可能な経済社会の構築に寄付するとともに、さらに新エネルギーの導入は新規産業・雇用の創出等にも貢献するなど様々な意義を有している。まとめると・エネルギーの大部分を海外に依存している日本にとって、国産エネルギーとしてエネルギーの供給、構造の多様化に貢献する。・太陽光発電や風力発電などの自然エネルギーは無尽蔵で枯渇の心配もなく地球温暖化の原因となる CO2 を増やさない。・クリーンエネルギー自動車等の従来型エネルギーの新利用形態は、燃料として化石燃料を使うがよりクリーンで効率的な利用を実現している。
  2. 2. ・新エネルギーの多くは地方分散型であり需要地と近接しているため輸送によるエネルギー損失も低く抑えられる。・太陽光発電は電力需要の最も多い昼間に発電するため、電力負荷平準化(ピークカット効果)に貢献する。【欧米諸国における新エネルギー導入状況】 2000 年度実績 2010 年度目標日本 4.8%* 7%程度アメリカ 5.0% 6.90%EU 6.0% 12.0%*日本の 2000 年度実績:資源エネルギー庁調べ。 新エネルギーのデメリット・設備投資額が高い。・風力、太陽光などは自然条件に左右され出力が不安定。・石油火力発電など現在主流の発電と比較し、発電コストが割高。・廃棄物の適正処理、環境負荷の低減が必要。・日本においては特に設置場所が限られる。が欠点として挙げられる。事故が起きなければ国の技術力の高さの証明となる。がデメリットとして放射線の厳しい管理が必要。有害性のある放射性廃棄物が発生する。事故によって周辺地域に多大な被害を与える恐れがある、また放射線が外部に流出することにより人間が発電施設に近づくことが困難になるため故障個所の修復が困難となる。 ワールドシフトから、現在の電力を特定の場所しか受け取れず選択の余地がない状態から、どこから発電された電力か、私たちが選択できるようにする必要があると考える。参考文献:経済産業省、資源エネルギー庁http://www.enecho.meti.go.jp/energy/newenergy/newene01.htm:電気事業連合会http://www.fepc.or.jp/learn/hatsuden/new_energy/index.html:有限会社リサイクルサービスhttp://www.recycle-s.com/r-knowldg/r-k045.html

×