Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

170527 sapiensからhomo deusへ

218 views

Published on

北欧の教育をヒントに考える、21世紀の学び
ワークショップの話題提供

Published in: Education
  • Be the first to comment

170527 sapiensからhomo deusへ

  1. 1. Sapiens から Homo Deusへ - これから人は何が出来るのか、何をすべきなのか、 北欧をヒントに考えてみましょう kawasaki@tokai-u.jp http://kawaski.jimdo.com/ http://www.facebook.com/kawasakikazuhiko 2017-05-27 コクヨスタジオ@品川 話題提供 川崎一彦 ・自己紹介 ・Sapiens →Homo Deus ・感性、社会的知性 (Social intelligence) ・北欧をヒントとした教育プ ロジェクトの実践事例 KKeeyywwoorrddss iinn 北北海海道道 n北海道 Hokkaido n北欧 Norden n教育(改革)education n幸せ happiness n利他性 altruism n多様性 diversity SSttoocckkhhoollmm n 人口増加社会 population increase n 経済成長 economic growth 欧州の5指 n 交通混雑 trafic jam 欧州ワースト8 n 多様性 diversity n Change of welfare society 平等・連帯・安心→自由・尊厳・ 責任(渡邉芳樹前スウェーデン大使) MMyy kkeeyywwoorrddss iinn SStthhllmm n 孫 (サバンナ、イソルデ、エ ルビー) barnbarn n 子ども (エリカ、ダニエル) barnen n スクエアダンス squaredans n Project 2018 日瑞国交樹立 150年
  2. 2. 話題提供 川崎一彦 ・自己紹介 ・Sapiens →Homo Deus ・感性、社会的知性 (Social intelligence) ・北欧をヒントとした教育プ ロジェクトの実践事例 日 経 20 17 - 05 - 27 The Singularity is near ポスト・ヒューマン誕生 コンピュータ が人類の知性を超えるとき
  3. 3. 人人類類ははななぜぜ?? n We humans control the world because we live in a dual reality. フィクション虚構の現実と生きている -国、お金、会社、宗教 n Flexible collaboration 柔軟なコラボ が可能 ななぜぜ、、私私たたちちはは一一緒緒にに 暮暮ららししてていいるるののででししょょうう かか?? 人人間間とと動動物物のの決決定定的的なな違違いい はは、、私私たたちちがが言言葉葉をを持持っってて いいるるこことと、、そそししてておお互互いいにに 学学びび合合ええるるここととでですす。。((中中 略略)) ここののよよううなな能能力力ののおおかかげげでで、、 私私たたちちはは協協力力すするるここととががでで ききまますす。。そそししてて自自ららのの社社会会 をを発発展展ささせせるるここととががででききるる ののでですす。。 (pp. 56-57) 感感性性==ccoonnsscciioouussnneessss n Intelligence is not consciousness. Intelligence is the ability to solve problems. Consciousness is the ability to feel things. n 知性は感性とは異なる。知性は問題を 解決する能力。感性は物事を感 じる能力。 愛を感じるための〈感覚〉
  4. 4. 北欧の教育を ヒントに考える、 21世紀の「学 び」 北欧との交流を活用した教育プロジェクト の実践事例 n 「創造性+自己効力感」が到達目標 n グローカル=Think globally, act locally がその手法 n 地域、大学のニーズ n 北海道の特殊性 n これまでのプロジェクトの事例 n 考察とワーク ������ --����11��++��++���� ���������� 33����++�� ��++++++--11--�� G l o c a l=Think globally, act locally ��������11����>>������ �������������� 北欧の事例研究 case studies from Scandinavia 地域社会を知る Know your region �������������������������������������������� ����11��33��1133����������������33��++������������33����������33 fac cilit atio n 創創造造性性 ccrreeaattiivviittyy 自自己己効効力力感感 sseellff--eeffffiiccaaccyy 創創造造性性 ccrreeaattiivviittyy 自自己己効効力力感感 sseellff--eeffffiiccaaccyy 感感性性 sseennssiittiivviittyy 自自己己効効力力感感 sseellff--eeffffiiccaaccyy 自自分分ががああるる具具体体的的なな状状況況ににおおいいてて ,,ああるる結結果果をを生生みみ出出すすよよううにに要要求求 さされれたた行行為為ををどどのの程程度度ううままくくでできき るるかかとといいうう予予測測及及びび確確信信
  5. 5. 〈〈何何をを知知っってていいるるかか〉〉 ↓↓ 〈〈知知っってていいるるここととでで何何がが 出出来来るるかか〉〉 起起業業家家精精神神 eennttrreepprreenneeuurrsshhiipp iiss tthhee iinnddiivviidduuaall’’ss aabbiilliittyy ttoo ttrraannssllaattee iiddeeaass iinnttoo aaccttiioonn.. アアイイデデアアをを行行動動にに翻翻訳訳すするる個個人人のの 能能力力 ((フフィィンンラランンドド教教育育省省)) EEnnttrreepprreenneeuurrsshhiipp eennttrreepprreenneeuurrsshhiipp iiss tthhee iinnddiivviidduuaall’’ss aabbiilliittyy ttoo ttrraannssllaattee iiddeeaass iinnttoo aaccttiioonn.. アアイイデデアアをを行行動動にに翻翻訳訳すするる個個人人のの 能能力力 ((MMiinniissttrryy ooff EEdduuccaattiioonn iinn FFiinnllaanndd)) PP��������RR���� ■狩狩猟猟 ■農農業業 ■工工業業 ■知知業業 知業時代の教育 n 創造性 n 内容から方法、判断力、 柔軟性、目的指向 n 一生学び続ける社会 learning society 日本の教育の問題点 n 創造性 よりも 内容の詰め 込み n 判断力よりも暗記、正解に いかに早く着くかの競争 n 高校大学を卒業後は容易で ない学び
  6. 6. ■ここれれままでで uunnttiill nnooww ■答答ええはは必必ずずああるる TThheerree iiss aallwwaayyss aannsswweerr.. ■答答ええはは一一つつ TThheerree iiss oonnllyy oonnee rriigghhtt aannsswweerr.. ■ここれれかからら ffrroomm nnooww oonn ■答答ええががなないいかかもも AAnnsswweerr mmaayy nnoott eexxiisstt.. ■答答ええはは一一つつででははなないいかかもも MMoorree tthhaann oonnee aannsswweerr?? ■問問題題をを自自分分ででみみつつけけるる必必要要 性性 YYoouu nneeeedd ttoo ffiinndd tthhee pprroobblleemmss yyoouurrsseellff.. 創創造造性性 ccrreeaattiivviittyy 自自己己効効力力感感 sseellff--eeffffiiccaaccyy 知知的的財財産産教教育育 IInntteelllleeccttuuaall pprrooppeerrttyy eedduuccaattiioonn アアウウトトドドアア教教育育 OOuuttddoooorr eedduuccaattiioonn 北北欧欧にに学学ぶぶ創創造造性性教教育育WWSS PPrroommoottiinngg ccrreeaattiivviittyy WWSS CREATIVITY ENTREPRENEURSHIPIP Intellectual Property Education / TOKAI MODEL outdoor education
  7. 7. AAnnddeerrss SSzzcczzeeppaannsskkii, director, researcher, ass visiting prof outdoor education NNaattiioonnaall CCeenntteerr ffoorr OOuuttddoooorr EEdduuccaattiioonn -- NNCCUU, Linköping University wwwwww..lliiuu..ssee//iikkkk//nnccuu 個人の成長、社会性の発達 環境教育アウトドア活動 人類の健康とウェルビーイング 持続可能性(持続可能な生活) Linköpings Universitet (Alf Henrikson) Torgar Næringshage © lleeaarrnniinngg bbyy ddooiinngg 北北欧欧にに学学ぶぶ創創造造性性教教育育⑩⑩ TToo pprroommoottee ccrreeaattiivviittyy SSccaannddiinnaavviiaann wwaayy kawasaki@tokai-u.jp http://kawaski.jimdo.com/ http://www.facebook.com/kawasakikazuhiko 2017-05-20 札幌カフェ 協賛(一財)スウェーデン交流センター
  8. 8. 創創造造性性 はは育育成成可可能能 ccrreeaattiivviittyy iiss ppoossssiibbllee ttoo ffoosstteerr ななぜぜ、、私私たたちちはは一一緒緒にに 暮暮ららししてていいるるののででししょょうう かか?? 人人間間とと動動物物のの決決定定的的なな違違いい はは、、私私たたちちがが言言葉葉をを持持っってて いいるるこことと、、そそししてておお互互いいにに 学学びび合合ええるるここととでですす。。((中中 略略)) ここののよよううなな能能力力ののおおかかげげでで、、 私私たたちちはは協協力力すするるここととががでで ききまますす。。そそししてて自自ららのの社社会会 をを発発展展ささせせるるここととががででききるる ののでですす。。 (pp. 56-57) ①①社社会会ととははななんんででししょょうう かか?? ②②人人々々がが社社会会でで一一緒緒にに住住むむ ここととのの利利点点とと欠欠点点はは?? ③③過過去去220000年年にに起起ここっったた最最 大大のの変変化化はは何何だだとと思思いいまますす かか?? ままたた、、ななぜぜそそうう思思いい まますすかか?? ④④次次のの言言葉葉をを使使っってて、、自自分分 のの意意見見をを書書いいてて見見ままししょょうう。。 ・・社社会会 ・・法法律律 ・・権権力力 ・・変変化化 (pp. 19-20) ��������������������77������������ ��������777766����66�� ��������DDGGKK II���� �������������� DDoo ssoommeetthhiinngg ddiiffffeerreenntt n いつもと違うものを食べる n いつもと違うものを着る n いつもと違う人と話す n いつもと違う所に行く n (パートナーと)いつもと違うこと をする n いつもと違うプレゼントをする
  9. 9. 利利きき手手ででははなないい 手手でで自自分分のの名名前前 をを書書いいててみみてて下下 ささいい。。WWrriittee yyoouurr nnaammee wwiitthh nnoonn--ddoommiinnaanntt hhaanndd 似似顔顔絵絵 PPoorrttrraaiitt ooff yyoouurr ttaabbllee ppaarrttnneerr Inspiration actually emerges from the soil of action: perspiration is just the water that nourishes it ― August Turak インスピレーションは行動の土壌から 生まれます。努力(汗)はそれを育てる水 にすぎません。August Turak 11)) 行行動動ししててみみよようう AAcctt 22)) 小小ささななここととかからら始始めめよようう SSttaarrtt ssmmaallll 33)) 他他のの人人とと一一緒緒にに行行動動ししよようう WWoorrkk wwiitthh ootthheerrss �� ���� 創創造造性性とと幸幸せせのの正正のの相相関関関関係係
  10. 10. ・最初から違うものだと思っていれば受け入れられるという点が 興味深かったです。あと,日本人の心に存在する(であろう) 「同質圧力(日本人なんだから)」も気になりました。 (男50~ 54歳) ・初めて参加しましたが、非常に得るところが多く、次回は若い 友人も誘いたいと思いました。 (女45~49歳) ・いかに話し合いをまとめるかに頭を使いました。 多文化共生に 興味のある方々との協同ワークは面白いですね! (男25~29歳) ・とにかく楽しかったです。そして普段自分がいかに考えるとい う行為をしていないかに気付き、共同作業では皆さんのスビード 感に驚き(笑)刺激を受けました。 次回も絶対参加したいです。(女 40~44歳) ・色々な年代・職種・背景を持っている方々とこのような形で話 し合うことはやはり中々にない機会であり、その中で新たな考え に触れることで自分の考えや感じ方が豊かになっていくのを実感 できます。次回もよろしくお願い致します。 (女20~24歳) CREATIVITY ENTREPRENEURSHIPIP Intellectual Property Education / TOKAI MODEL CCAARR PPRROOJJEECCTT&& EECCOO PPRROOJJEECCTT 22000077-- TTookkaaii HHoonnddaa KKiinnddeerrggaarrtteenn,, JJaappaann
  11. 11. オリジナル 札幌ツアーの 企画 東東海海大大付付属属第第四四高高校校校校舎舎 BBEEFFOORREE && AAFFTTEERR Final Presentation Comment and Awarding
  12. 12. Internship from Finland in Sapporo Oct-Nov. 2005 夕張活性化プロジェクト 2009 北欧との交流および大学生力を活用した北 海道の元気再生のための大学における教育 プロジェクト? n大大学学ののニニーーズズ n地地域域ののニニーーズズ n北北海海道道のの環環境境 東海大国際文化学部 座座学学 かからら �� フフィィーールルドドへへ 〈〈何何をを知知っってていいるるかか〉〉 ↓↓ 〈〈知知っってていいるるここととでで何何がが 出出来来るるかか〉〉
  13. 13. 今なぜ〈座学からフィールドへ〉か? n実実社社会会ののニニーーズズにに触触れれ るる n一一次次情情報報、、体体験験ののイインン パパククトト--五五感感でで学学ぶぶ n教教ええるる教教育育→→学学ぶぶ教教育育 なぜ 北海道か? 地地域域活活性性化化へへ 学学生生力力のの 貢貢献献のの期期待待 3300余余年年のの 「「北北方方圏圏」」交交 流流のの歴歴史史 北海道民の特徴 ・フロンティアスピリット、 進取的、開放的、 おおらか 北海道の女性の特徴 あたらしいもの好き、行動 力がある、 ものおじしない SAPPORO 日日本本ののテテスストト ママーーケケッットト
  14. 14. 具具体体的的ププロロジジェェククトトのの例例 n ノルウェープロジェクト n Hokkaido Style in Sweden n Leksand=当別姉妹都市交流支 援 n カルチャーナイト n EbetsuShift Forum n IKEA インターンシップ ノルウェー プロジェクト ���������������������������� 札札幌幌雪雪祭祭りりノノルルウウェェーー広広場場ボボ ラランンテティィアア・・ガガイイドド (2005年2月7日~13日) Volunteer guides for Sapporo Snow Festival (7-13 Feb, 2005)
  15. 15. 支笏湖氷濤祭 活性化支援 ������������������ http://prog.pr.tokai.ac.jp/htu_renew/TkpNewsInfo?p_kijikubun=00&p_kijic=20070220131325 Hokkaido Style in Sweden ������������ Park Golf from Hokkaido
  16. 16. 当別=レクサ ンド姉妹都市 交流支援 2007, 2010, 2012 、 ワワーールルドドカカフフェェ レレククササンンドドのの幸幸せせ当当別別のの幸幸せせ
  17. 17. CCuullttuurree NNiigghhtt 22000077--22001122 Culture Night SWEDEN ��������������������NN �� 11��002222..����11��������,,��,,11
  18. 18. EbetsuShift Forum 主催:学生の実行委員会 (札幌圏 7大学40余名) 後援:スウェーデン大使館、酪農学園 協賛:コープさっぽろ、東海大学、北 海道スウェーデン協会、北海道生産性 本部 協力:ワールド・シフト・ジャパン 江別の大学と学生数 札幌学院大学 4.500人 酪農学園大学 4.000 北翔大学 2.200 北海道情報大学 1.500 Σ12.200人/122.120人
  19. 19. イイケケアア IIKKEEAA JJaappaann iinntteerrnnsshhiipp 提提案案型型イインンタターーンンシシッッププ ((22001122秋秋セセメメススタターー)) 〈〈IImmaaggeess ooff IIkkeeaa ssttoorree HHookkkkaaiiddoo wwaannttss〉〉 IIKKEEAAででのの イインンタターーンンシシッッ ププ ((11週週間間)) とりあえずやってみよう ☆ 日本にあって、日本ではない、働き方 を体験!! IIKKEEAA iinntteerrnnsshhiipp 22001122 秋秋 n IInntteennsshhiipp aatt tthhee IIKKEEAASShhiinnmmiissaattoo ssttoorree n HHeeaarriinngg aanndd rreesseeaarrcchh n PPrreesseennttaattiioonn ffoorr IIKKEEAA JJaappaann iinn SSaappppoorroo ((22001133--0022--2211))
  20. 20. 具具体体的的ププロロジジェェククトトのの例例 n ノルウェープロジェクト n Hokkaido Style in Sweden n Leksand=当別姉妹都市交流支 援 n カルチャーナイト n EbetsuShift Forum n IKEA インターンシップ 話題提供 川崎一彦 ・自己紹介 ・Sapiens →Homo Deus ・感性、社会的知性 (Social intelligence) ・北欧をヒントとした教育プ ロジェクトの実践事例 創創造造性性 ccrreeaattiivviittyy 自自己己 創創造造性性 ccrreeaattiivviittyy 自自己己効効力力感感 sseellff--eeffffiiccaaccyy

×