1304白夜

630 views

Published on

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
630
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
374
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

1304白夜

  1. 1. 一弔34号ス,インカ叶‐Iζ球覇 4_北海道 スウ ェーデ ン協会21113.4
  2. 2. 創立35年 を迎える北海道スウェーデン協会杉 本 I・F北欧 との出会いは、25年前の川崎先生によるものです。 ノールウェイ トロムソ市で行われる北方都市会議の下打ち合わせの途上、ス トックホルムで先生 がセ ミナー「サ ッポ ロデイinストックホルム」を企画 して くださいました。著名な方々にお集 まりいただいて、川崎先生が「滋賀県出身の私が 何故ス トクホルムか ら札幌に移 り住んだかJを お話 しにな り、そして私が札幌市 を紹介 させていただいた感激は今で も鮮明な記憶 となっています。その後たびたび北欧諸国の地域 を訪れ社会福祉、産業振興、自然環境及び芸lj文 化等多 く学ぶ ことができた ことは、私の人生にとって大 きな糧 とな りました。自夜の紙面 を借 りて感謝申 し上げます。さて、北海道スウェーデン協会は1978年 の創立ですか ら、今年で35年 の年月を経過することにな ります。 これ まで多 くの人々によって有意義な歩みをitけ てきた ことに敬意 を表 します。地理的にも、自然 気候 も共通することの多い北欧諸国、スウエーデンと姉妹都市提携をしている自治体 もあり、 また、札ll■ にはスウエーデン名誉領事館、当別町には財団法人スウエーデン交流セ ンターが存在 しています。更に北方圏セ ンターか ら改称 した公益法人北海道国際交流 協力総合センターが開催する北方圏講座など、本年 もこれ ら関係団体 と連携 を密にしながら北海道民 とスクエーデンとの交流を図つていくとともに、5年 後の日瑞交流150年 に思いを馳せて協議 してまい りたい と考 えます。く本 協会会長〉木年 2月 、北海道出身の渡遣芳樹駐スウエーデン日本大使 を昨年に続いてお招 きし、最近のスゥェーデン情勢、そして「未来のために今 日日本 とスウエーデンが出来 ることJと 題 して ご講演 をいただ きました。当初 ジアリエ駐 日スゥェーデン大使F■i下 との対談 を予定 していましたが、大使のマーシャル諸島への公務出張のためやむな く変更 になった ものです。しかし、ヴアリエ大使は、ほぼ―昼夜航空機 を乗 り継いで大変厳 しい吹雪の札幌においで下 さ り、短時間でしたが渡遷大使 と日本 北海道 とスウエーデンの将来 について語 られた ことに出席者―同大変感銘 を受 けました。その中で、大使 は2018年が日瑞外交関係樹立150年、その時に何か両国の関係を深化させる企画をと、希望 と夢 を私 どもに与 えて くださいました。あまり時間はありませんが、知恵 を出し合いたい と考 えます。そして今年はまた、北海道スウェーデン協会にとつて つ の山が り角 を迎 えます。それは、これまで中心 となってお働 き下 さつた東海大学"1崎一彦教授が、定年で札幌 を離れてスウエーデンに転出されることです。スウエーデンと北海道 とのパイプ役に一段のおl■lき をいただけるとのことですが、一l■ の不安 を覚 えます。私 ごとにな りますが、スウエーデンをはじめ とする
  3. 3. 四半世紀の北海道川 崎 一 彦してはオし幌が最長です。期間だけではな く、 内容 もこれ までの人生 で最 も充実 した もので した。 これ もお会い出来た皆様のおかげと、心 より感謝 してお ります。く北欧 〉子 ども2人 力ストックホルムにお り、私 は毎年夏休み、冬休みなど年に数回ス トックホルムに行 き来する生活で した。公私 を兼ねてス トックホルム と│し 幌の 2ヶ 所で定点観調1を していた ことにな ります。定点観測のメ リットは、ス トックホルムに居 る時は日本 に居ては見 えない点が、そして札幌に居 る時にはスウェーデンにいては見えない点が見 えてくることです。私が札幌 に住 んでいた四半世紀 はいわ ゆる「失わitた 日本Jの 時期で したが、逆にJヒ 欧のさまざまな政策への注 目度 は世界的に高まって来ています。た とえば、英国エコノミス トの 2月2日 号は「北欧一次のスーパースターJの 大 きな特集をしました。世界が北欧に注 目する理由を一言で表現するなら、福祉 (分 配)+経済 (生産)+持続可能性総 量)を 3つ すべて手 にしている、からでしょうか。〈教育 (改 革)〉私は過去15年 ほどは、北欧、 とくにフィンラン ドを ヒン トとする倉1造 性教育 の実践研究 にもっとも力を注いできました。矢Π業の現代 は、工業の時代 とは違 う教育 システムが必要である、 との権信か らです。知業時代に必要な能力は、何 よつも創造性で。そ してクリエイテ ィブなアイデアを実行する能力 も大切です。 このような考え方か ら、払はすべての長業にI● ける学生の到達目標 を創造1生 と自己効力感 (自 分でも出来 るという確信)の 2点 に業約 してきました。全国にある東海大学の付属校園では知的財産教育 (自 」造性教育 +起業―信神教育)を 展開 し北海道における私の四半世紀 (19882013)を思 い起 こしてみ ます と、以下 の ような 6つ のキーワー ドが浮かび上がってきました。北海道北欧教育 (改 革)幸せ利他性 (altruヽm)多樅 (d"ersity)以下それぞれのキー7-ド についての想いを簡単 にご説明させて頂 きます。(北海道〉私は北海道 とはもともと縁 もゆか りもありませんで した。しか し、ジェ トロ (日 本貿易振興会)ス トックホルム事務所勤務時代には、く北方圏交流)に注力 していた北海道からの訪間者が多 く、たとえば本協会の呈谷和貝Jさ ん とは、NoREX qヒ 方圏経済交流協会)の北部スウェーデンミッション (1986年)で お手伝いをさせて頂いて以来のおつ きあいです。スウェーデンの生活が F・ かったので、 もう日本の生活には戻れない、と私は思っていました。そ して東海大学のオυ幌キャンパスに日本初の国際文化学剖`をつ くるので来ないか、 というお誘いを頂 きました。IL幌 せド見に来た時の私の印象は、「札幌は日本離れ している。日本 にはしめないが オU見 なら住 めそうJと いうもので した。この印象は今で も変わ りません。そして1,88年 ,月 にll任 してから北海道/札幌 に25年間 四半世紀お世話にな りました。私 は65歳 ですが、一カ所に住んでいた場所 と
  4. 4. てきました。 とくに、付属四高 (札 幌)で の工幼推園の同児が ピツクカサル ミ幼稚国児 (フ インラン ド バ サ )と 共同で第1作 したアニメはフィンラン ドの国際映画祭で最優秀作品の一つに選ばれました。近年 に参加型 の授業 にも力 を入れてきました。ファシリテーシヨン、ワークシヨツプな ど評価からみると、学びやモチベーシヨンも確実に高 まりました。(幸せ〉幸せは人類 にとつて古 くか らのテーマです。しか し20世紀後半から近年 とくに幸せへの関心ドックス (先も生活の満課題先進国と原発事故の幸福度、な どがあります。具体的には幸せについてOST(オ ープン スペ_ス テクノロジー、北 ヨーロツパ学会‐2012ベ ン トを開催 し、参l」 1名 か らは高い評価を頂 くことが出来 ました。′ヽ 。に北海道│こ おいて産業クラスターづ くりを導入するお手伝いをさせて頂 いた戸日―夫さん (元北電社長、会長、道経連会長)や秋山喜代 さん (元 秋山愛生籠社長)の強い印象が私の眼に焼 き付いているのは、自分の会社の ことだけでまな く、より良い北海道のことを常 に考 え、行動されていた利他性だからこそで しよう。201011年 度に私 は内閣府の予算 による北海道における社会的企業の起業支援 コンペの委員を押せつか りました。この 2年間で123の 社会的jL業が誕生 しました。年齢、性別、地域に関係な く、「IL会 貢献 をするためl‐ 起業Jへ の関心の高 さを実感 した事業で した。学生の間でも社会貢献 に対する関心は確実 に面 まつています。く多様性 dVerJty〉創造性 は多様性か ら■ まれます。 日本社会や若者 を見ていると、むしろ―様性の方向に逆行している懸念があ ります。昭和初期の詩人金子みす ゞは「みんなちがつてみんないいJと 表現しましたが、今 日の若者 は「みんな同 じでみんないいJな のか もしれません。世界最大の家具チエ ン イケアジヤパ ンの社員 (コ ワーカ )の 国籍 は30近 くもあるそうです。多様性の中か らクリエイテイブな発想 と企業の活力が出ています。Mar● n ProSp● rit 71nSittlteの Cloba CreatiVity lndcヽによオしばスゥェーデンが世界― クリエイテイブ、 との結果が:Lて います。北海道 におけるすげらしい四半世紀 をJ是 供 して下 さった皆様 とθ)出 会いに私は大切 にしている 鵬 遁 (か いこう)Jと いう言葉 を使わせて頂きたい と思います。$ ( , +r"rr.rr rl rrL l,L.n a &, 1) rrt i aS|. t L/:1 L-{ ,.l. v , l. )v t li l3ft1. L OftJt- illtu
  5. 5. お会 いす るの を楽 しみ に して お ります。Vaトkoml■ e,!〈参考文献〉川崎―彦「北海道と北欧との交流および大学生力を活用した教育プロジエクト②Jビ ョルクvOl l17 (2013 1)"口奇―彦「幸せについてWhy,ヽVhat?Ho゛ JHOPPOKEN vol161(2012秋 号)川崎―彦「北海道 における北欧 との交流および大学生力を活用 した教育プロジェク トの実践研究報告J北 ヨーロッパ研究 voL8(2012)川崎―彦「コープきつぱろのCSR活動への大 きな期待」コープさつぽろCSRレ ポー ト2012く北海道スウェーディ協会常任理事、東海大学名誉教授〉川崎教授講演会「北欧せ、日本の幸せ、北海道の 幸の華せ、そして…」横 山 隆平成25年 1月 28日 月曜 日、ホテルモン トレーエーデルホフオし幌にて、本協会新年交礼会 と常任理事川崎―彦東海大学教授 による請演会 とワール ドカフェ方式による「 しあわせカフェJが開催 された.謝演の前半は脚奇先生による多角的な視点による「 しあわせJの 分析、L― 半は70名 ほどの参加者が 3人 ずつのグループに分か■たワール ドカフェ形式のワークショップ「しあわせカフェJ力 河口嗜先生の司会で行われた。このようなフークショップは初体験の参加者も多 く、参加型の楽 しい譜演会形式に興省気味の参加者 もいて、あつという間の 1時 間半 を過ごしました。参加者の意見を,口嗜先生が下記の様に極めて くださいました。参加者の気 づ き、疑問点く気づ き〉60秒 で無駄な言葉 を使わないで相手 に伝 えることの難 しさを学んだ。ディベー トの有用性〈最幸な国〉いい言葉です │ これか らどんどん使 おうと思います。幸せは自分の考 え方一つで感 じることが出来る。幸せか どうかは自分の考 え方次第。 とにか く笑っていれば、幸せはやって来 る。辛せは Lを見ても下 を見て もきリカない。や りたい ことを見つけた時の自分に戻 ってみよう=幸せ幸福 とは多面的な意味 を持っている。幸せ といっても、過去の幸せ と現在の幸せのどちらを考 えるのか ? 私は今の幸せを言いた。目標 を持つこと。何かにワクワク興味を持つ時間 を持つ。振 り返 りをすること。日本 は課題先進国く疑 間点〉今のLの 中は人間が幸せを求めて作 り上げた便利 な世の中だが、環境汚染など代lQ‐ は多大。もし人類 に リセッ トが出来た として も、人類はまた同 じ道 を進み、それを幸せ と位置づけるのだろうか ?個人的充足感 とマクロ 社会的満足度の相克がある (寛 容な社会)なぜ憲法に く幸せの追求)力`ないのか ?スウェーデンは日本の参考 になるか ?このままでは、子 どもの時代 には日本 はどうなって しまうのか ? 産業全般が沈 んでいる。く本協会事務局長)

×