Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
脈状の種類と意義
経絡治療夏期大学研究科
大上勝行
季節と陰陽
春
分
夏
至
秋
分
冬
至
春
分
弦
浮洪
石
脈状とは?
• 祖脈の組み合わせである
• 陰陽・虚実・表裏・寒熱に置換して考える
1,浮沈
①浮
浮
「これを挙げて有余、これを按じて不足」
陽(表・浮)の部位での熱の停滞
• 頭痛・発熱・関節痛・腰痛・悪寒
浮の虚実
• 実 陽実(洪)
– 外感(陽実)
• 肺虚陽経実熱証・脾虚陽明経実熱証
• 虚 陰虚(芤・濡・散)
• 無力而浮是血虚(陰虚)
– 肝虚熱証・腎虚熱証
洪(浮実)
「極めて太く指下にあり」
• 病理病証
– 陽経に熱が多くなったとき
• 刺法
– 熱のある部位を瀉す。時に瀉血する。
濡(浮虚)
「極めて軟にして浮細」
• 病理病証
① 下焦の陽気が虚して、陰陽ともに虚したときに現
れる。腎虚寒証。
② 湿邪。水のために陽気が損なわれる
• 刺法
① 腎陽を補う(土)。関元の補
② 脾を補う。太白、商丘、脾兪、胃兪
散(浮虚)
「大にして散。散は気実血虚し、表に有りて裏に
なし」
• 病理病証
– 陽虚
• 血が虚したために、気が表に集まってきているが、それも
なくなろうとしている
• 腎虚で三焦の元気も虚
• 刺法
• 陰陽ともに補う(土・原・絡)。
芤(浮虚)
「浮大にして軟。これを按じて中央空しく、
両辺は実す」
• 病理病証
– 急性期の血虚。血便・血尿などの出血。
• 刺法
– 陰をしっかり補う。
– 肝虚寒証(土)
1,浮沈
②沈
沈
「これを挙げて不足、これを按じて有余」
• 病理病証
– 陰(内・裏・臓)の部での病変
– 有力 陰実
• 気鬱・瘀血・水滞
– 無力 陽虚
• 寒症状・下痢
伏
「極めて指を重くしてこれを按じ、骨に着きてす
なわち得ん」
• 病理病証
– 陽虚 思慮過度、慢性的な寒証
– 陰実 陰経や臓の部に瘀血や積聚
• 刺法
– 陽虚 深く刺して留め補う。置鍼。または接触鍼
– 陰実 深く刺して寫す。
牢
「堅牢なり。沈にして力あり、動じて移らず」
• 病理病証
– 陰実
• 癥瘕・瘀血
– 陰虚
• 腎虚熱証
– 陽虚
• 肝虚寒証・腎虚寒証
– 陽気が少なく、胃の気が少ないため柔らかみがない。
• 刺法
– 陰陽とも補う
2,遅数
遅
「呼吸に三至、去来、極めて遅し」
• 病理病証
– 寒症状
• 有力は停滞(痰・癥瘕・積聚)
• 無力は虚寒(陽虚)
• 刺法
– 長く留める
– 有力な部位は寫
数
「去来、促にして急」
• 数は熱
– 有力は実火(陽実・陰実)
– 無力は虚火(陰虚)
• 刺法
– 有力なら瀉
– 無力は補
3,虚実
脈の虚実のみかた
• 脈の力(強弱)に主眼を置く
– 大小
– 強弱
– 脈幅
• 気血の状態をみる
3,虚実
①実
滑
「往来すすみしりぞきて流利展転とし、替替然
として珠の指に応ずるがごとし」.
• 病理
– 陽気(熱)が多い 内熱
– 陰(水・津液・血・痰)が多い 停滞
• 刺法
– 陰を補い、陽のある部位、停滞のある部位を瀉
す。
弦
「これを按げて有ることなく、これを按ずれば
弦の状のごとし」
• 病理病証
– 陽気の発散がうまくいかない
• 実(停滞) 脾虚肝実熱証
• 虚 陰虚
• 刺法
– 虚実に応じた手技
緊
「しばしば縄を切するが状のごとし」
• 病理病証
– 陽虚 寒冷・痛み
• 刺法
– 陽気を補う(金・土)
– 脾胃を補う
3,虚実
②虚
緩
「去来また遅。少しく遅よりはやし」
• 病理病証
– 本来はゆったりとした健康な脈
– 気血とも虚して、循環が悪くなっている
• 刺法
– 気を補う(金)
濇
「細にして遅、往来難、短かつ散、あるいは
一止してまた来る」
• 病理
– 血虚
• 血は陰液となし、多ければ滑利し、少なければ枯渇
す
– 気滞
• 結果として瘀血もある
細
「少しく微より大。常に有りてただ細きのみ
」
• 病理病証
– 気血ともに虚。胃の気も少。
– 各寒証
• 刺法
– 陰陽ともに軽くゆっくりと補う。
弱
「極めて軟にして沈、細。これを按ずれば指
下にて絶せんと欲す」
• 病理病証
– 肝虚寒証
• 気血ともに虚。
• 刺法
– 陰陽とも補う(土・絡)
微
「極めて細くして軟、あるいは絶せんと欲し
、有るがごとく無きがごとし」
• 病理
– 気血ともに虚 陽虚
• 刺法
– 細い鍼で、使用穴も少なくし、陰陽ともに補
う
革
「沈と伏に似ることあり。実大にして長、微に弦
」
「弦にして芤。按ずれば鼓の皮のごとし」
• 病理病証
– 肝虚寒証 陽気と精の虚
– 流産・遺精
• 刺法
– 陰を補う(金・土・絡)
4,上下の幅
長
「指下に余り有りて、本位に過ぐ」
• 病理
– 本来は健康人の脈である
– 胃の気のない堅い脈は病脈
– 気逆・火盛有余
• 刺法
– 内熱の瀉法
– 陽明経の熱を瀉す
短
「長ならざるなり.両頭になく,中間にありて,
本位に及ばず」
• 病理
– 短 + 熱
• 気の巡りが悪くて、熱が停滞
• 湿熱(飲酒)・血滞(瘀血)・痞
– 短 + 寒
• 気虚、寸(頭痛)・尺(腹痛)
• 刺法
– 気を巡らせるように補...
動
「関上にあらわれ、頭尾なく、豆大のごとく、厥
厥然と動揺す」
• 病理病証
– 陰陽のバランスが極端に崩れたとき
– 痛と驚を主る
• 刺法
– 陰をしっかり補う
• 陽盛の場合はその裏側、陰盛の場合は元気を
5,不整
促
「去来が数。時に一止し、また来る」
• 病理病証
– 血(モノ)の不足 腎虚熱証・肝虚熱証で心
熱・肺熱
• 刺法
– 腎・肝の補(火・金)
– 心・肺の瀉(火の補・水)
結
「往来が緩、時に一止し、また来る」
• 病理病証
– 陰実 積・鬱
– 脾虚肝実瘀血証・肺虚肝実証
• 刺法
– 陰実の寫
代
「来ることしばしば中止し、自ら還る能わず。よ
ってまた動ず。脈結の者は生き、脈代の者は死
す」
• 病理病証
– 臓の気血津液が虚し、同時に三焦の元気もなくなろ
うとしている
• 刺法
– 陽虚
6,脈状と病理
血虚
正常
寒証(陽虚)
熱証(陰虚)
陰虚
陰陽とも虚
瘀血
外
内
弦大
沈実 沈細
実脾虚肝実熱証
脾虚肝実瘀血証
肝実と肝虚
肝虚熱証 肝虚寒証平肝実瘀血 肝実熱
実 虚
傷寒(正邪の争い)
正
寒
正
寒
正
寒
熱証
寒証
伝経
太陽
陽明
少陽
太陰
少陰
厥陰
外
穀道
肺虚太陽経実熱証
脾虚陽明経実熱証
脾虚肝実熱証
脾虚胃実熱証
浮
長
弦
沈
傷暑
1. 虚に乗じて暑に冒される
2. 熱が表に停滞して熱実
– 洪滑 陽実
– 身熱・頭痛・煩躁・大渇・大汗・喜冷水・大便
干結・小水赤痛
– 脾虚陽経実熱証・脾虚肺熱証・脾虚胃実熱証
– 火穴・金穴・郄穴
3. 汗がもれる。壮火は気を食む
4. 津液(精)の虚、熱の内攻
– 沈細虚散 陽虚
– 倦怠感・煩熱・泄瀉・食欲不振
– 脾虚寒証・脾虚腎虚寒証・肝虚寒証
– 土穴・金穴・絡穴
– 熱があっても瀉してはいけない。補って潤す。
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20160820夏期大脈状

平成28年経絡治療夏期大学研究科「脈状の種類と意義」

  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

20160820夏期大脈状

  1. 1. 脈状の種類と意義 経絡治療夏期大学研究科 大上勝行
  2. 2. 季節と陰陽 春 分 夏 至 秋 分 冬 至 春 分 弦 浮洪 石
  3. 3. 脈状とは? • 祖脈の組み合わせである • 陰陽・虚実・表裏・寒熱に置換して考える
  4. 4. 1,浮沈 ①浮
  5. 5. 浮 「これを挙げて有余、これを按じて不足」 陽(表・浮)の部位での熱の停滞 • 頭痛・発熱・関節痛・腰痛・悪寒
  6. 6. 浮の虚実 • 実 陽実(洪) – 外感(陽実) • 肺虚陽経実熱証・脾虚陽明経実熱証 • 虚 陰虚(芤・濡・散) • 無力而浮是血虚(陰虚) – 肝虚熱証・腎虚熱証
  7. 7. 洪(浮実) 「極めて太く指下にあり」 • 病理病証 – 陽経に熱が多くなったとき • 刺法 – 熱のある部位を瀉す。時に瀉血する。
  8. 8. 濡(浮虚) 「極めて軟にして浮細」 • 病理病証 ① 下焦の陽気が虚して、陰陽ともに虚したときに現 れる。腎虚寒証。 ② 湿邪。水のために陽気が損なわれる • 刺法 ① 腎陽を補う(土)。関元の補 ② 脾を補う。太白、商丘、脾兪、胃兪
  9. 9. 散(浮虚) 「大にして散。散は気実血虚し、表に有りて裏に なし」 • 病理病証 – 陽虚 • 血が虚したために、気が表に集まってきているが、それも なくなろうとしている • 腎虚で三焦の元気も虚 • 刺法 • 陰陽ともに補う(土・原・絡)。
  10. 10. 芤(浮虚) 「浮大にして軟。これを按じて中央空しく、 両辺は実す」 • 病理病証 – 急性期の血虚。血便・血尿などの出血。 • 刺法 – 陰をしっかり補う。 – 肝虚寒証(土)
  11. 11. 1,浮沈 ②沈
  12. 12. 沈 「これを挙げて不足、これを按じて有余」 • 病理病証 – 陰(内・裏・臓)の部での病変 – 有力 陰実 • 気鬱・瘀血・水滞 – 無力 陽虚 • 寒症状・下痢
  13. 13. 伏 「極めて指を重くしてこれを按じ、骨に着きてす なわち得ん」 • 病理病証 – 陽虚 思慮過度、慢性的な寒証 – 陰実 陰経や臓の部に瘀血や積聚 • 刺法 – 陽虚 深く刺して留め補う。置鍼。または接触鍼 – 陰実 深く刺して寫す。
  14. 14. 牢 「堅牢なり。沈にして力あり、動じて移らず」 • 病理病証 – 陰実 • 癥瘕・瘀血 – 陰虚 • 腎虚熱証 – 陽虚 • 肝虚寒証・腎虚寒証 – 陽気が少なく、胃の気が少ないため柔らかみがない。 • 刺法 – 陰陽とも補う
  15. 15. 2,遅数
  16. 16. 遅 「呼吸に三至、去来、極めて遅し」 • 病理病証 – 寒症状 • 有力は停滞(痰・癥瘕・積聚) • 無力は虚寒(陽虚) • 刺法 – 長く留める – 有力な部位は寫
  17. 17. 数 「去来、促にして急」 • 数は熱 – 有力は実火(陽実・陰実) – 無力は虚火(陰虚) • 刺法 – 有力なら瀉 – 無力は補
  18. 18. 3,虚実
  19. 19. 脈の虚実のみかた • 脈の力(強弱)に主眼を置く – 大小 – 強弱 – 脈幅 • 気血の状態をみる
  20. 20. 3,虚実 ①実
  21. 21. 滑 「往来すすみしりぞきて流利展転とし、替替然 として珠の指に応ずるがごとし」. • 病理 – 陽気(熱)が多い 内熱 – 陰(水・津液・血・痰)が多い 停滞 • 刺法 – 陰を補い、陽のある部位、停滞のある部位を瀉 す。
  22. 22. 弦 「これを按げて有ることなく、これを按ずれば 弦の状のごとし」 • 病理病証 – 陽気の発散がうまくいかない • 実(停滞) 脾虚肝実熱証 • 虚 陰虚 • 刺法 – 虚実に応じた手技
  23. 23. 緊 「しばしば縄を切するが状のごとし」 • 病理病証 – 陽虚 寒冷・痛み • 刺法 – 陽気を補う(金・土) – 脾胃を補う
  24. 24. 3,虚実 ②虚
  25. 25. 緩 「去来また遅。少しく遅よりはやし」 • 病理病証 – 本来はゆったりとした健康な脈 – 気血とも虚して、循環が悪くなっている • 刺法 – 気を補う(金)
  26. 26. 濇 「細にして遅、往来難、短かつ散、あるいは 一止してまた来る」 • 病理 – 血虚 • 血は陰液となし、多ければ滑利し、少なければ枯渇 す – 気滞 • 結果として瘀血もある
  27. 27. 細 「少しく微より大。常に有りてただ細きのみ 」 • 病理病証 – 気血ともに虚。胃の気も少。 – 各寒証 • 刺法 – 陰陽ともに軽くゆっくりと補う。
  28. 28. 弱 「極めて軟にして沈、細。これを按ずれば指 下にて絶せんと欲す」 • 病理病証 – 肝虚寒証 • 気血ともに虚。 • 刺法 – 陰陽とも補う(土・絡)
  29. 29. 微 「極めて細くして軟、あるいは絶せんと欲し 、有るがごとく無きがごとし」 • 病理 – 気血ともに虚 陽虚 • 刺法 – 細い鍼で、使用穴も少なくし、陰陽ともに補 う
  30. 30. 革 「沈と伏に似ることあり。実大にして長、微に弦 」 「弦にして芤。按ずれば鼓の皮のごとし」 • 病理病証 – 肝虚寒証 陽気と精の虚 – 流産・遺精 • 刺法 – 陰を補う(金・土・絡)
  31. 31. 4,上下の幅
  32. 32. 長 「指下に余り有りて、本位に過ぐ」 • 病理 – 本来は健康人の脈である – 胃の気のない堅い脈は病脈 – 気逆・火盛有余 • 刺法 – 内熱の瀉法 – 陽明経の熱を瀉す
  33. 33. 短 「長ならざるなり.両頭になく,中間にありて, 本位に及ばず」 • 病理 – 短 + 熱 • 気の巡りが悪くて、熱が停滞 • 湿熱(飲酒)・血滞(瘀血)・痞 – 短 + 寒 • 気虚、寸(頭痛)・尺(腹痛) • 刺法 – 気を巡らせるように補う(金・土)
  34. 34. 動 「関上にあらわれ、頭尾なく、豆大のごとく、厥 厥然と動揺す」 • 病理病証 – 陰陽のバランスが極端に崩れたとき – 痛と驚を主る • 刺法 – 陰をしっかり補う • 陽盛の場合はその裏側、陰盛の場合は元気を
  35. 35. 5,不整
  36. 36. 促 「去来が数。時に一止し、また来る」 • 病理病証 – 血(モノ)の不足 腎虚熱証・肝虚熱証で心 熱・肺熱 • 刺法 – 腎・肝の補(火・金) – 心・肺の瀉(火の補・水)
  37. 37. 結 「往来が緩、時に一止し、また来る」 • 病理病証 – 陰実 積・鬱 – 脾虚肝実瘀血証・肺虚肝実証 • 刺法 – 陰実の寫
  38. 38. 代 「来ることしばしば中止し、自ら還る能わず。よ ってまた動ず。脈結の者は生き、脈代の者は死 す」 • 病理病証 – 臓の気血津液が虚し、同時に三焦の元気もなくなろ うとしている • 刺法 – 陽虚
  39. 39. 6,脈状と病理
  40. 40. 血虚 正常 寒証(陽虚) 熱証(陰虚) 陰虚 陰陽とも虚
  41. 41. 瘀血 外 内 弦大 沈実 沈細 実脾虚肝実熱証 脾虚肝実瘀血証
  42. 42. 肝実と肝虚 肝虚熱証 肝虚寒証平肝実瘀血 肝実熱 実 虚
  43. 43. 傷寒(正邪の争い) 正 寒 正 寒 正 寒 熱証 寒証
  44. 44. 伝経 太陽 陽明 少陽 太陰 少陰 厥陰 外 穀道 肺虚太陽経実熱証 脾虚陽明経実熱証 脾虚肝実熱証 脾虚胃実熱証 浮 長 弦 沈
  45. 45. 傷暑 1. 虚に乗じて暑に冒される 2. 熱が表に停滞して熱実 – 洪滑 陽実 – 身熱・頭痛・煩躁・大渇・大汗・喜冷水・大便 干結・小水赤痛 – 脾虚陽経実熱証・脾虚肺熱証・脾虚胃実熱証 – 火穴・金穴・郄穴
  46. 46. 3. 汗がもれる。壮火は気を食む 4. 津液(精)の虚、熱の内攻 – 沈細虚散 陽虚 – 倦怠感・煩熱・泄瀉・食欲不振 – 脾虚寒証・脾虚腎虚寒証・肝虚寒証 – 土穴・金穴・絡穴 – 熱があっても瀉してはいけない。補って潤す。

×