Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
脈状と病理病証(各論)
高比良 伸哉
証の種類
•肝虚証
熱証・寒証
•脾虚証
熱証(陽明経実熱証・胃実熱証・胃虚熱証)
・寒証
•肺虚証
熱証(陽経実熱証)・寒証
•腎虚証
熱証・寒証
•肝実証
脾虚肝実熱証・脾虚肝実証・肺虚肝実証
気血津液の支配
肝 血
心
脾 気・血・津液
肺 気
腎 津液
(1)肝虚証
①肝虚熱証
血
陰
陽 栄気
津液=
=
×
温める
血を巡らせる
冷やす
原材料・精力
肝虚熱証の病理
正常 陰虚
肝虚熱証の熱の波及
• 経絡 厥陰肝経・少陰腎経
• 表裏 胆・少陽胆経・少陽三焦経
• 支配部位 目・爪・筋
• 熱は上・外へ
上焦(心・肺)、肩・頭・胸、皮毛・肌肉
• 隣接する部位
脾・胃・小腸・大腸・腎・膀胱
肝虚熱証の病証
 熱の波及
 往来寒熱
 頭痛・肩こり・めまい・動悸
 血虚
 不眠・多夢・イライラ・眼の疾患
 筋肉痛・神経痛・腰痛
 婦人科疾患
 経絡
 睾丸痛・肝経の引きつり
 耳の疾患・偏頭痛・胆経の引きつり
肝虚熱証の脈証
左
尺
関
寸
右
弦で有力
大・虚
大・虚
大・虚
弦で有力
弦か渋
全体の脈状
•浮弦数
•浮滑数
熱の程度で変わる
肝虚熱証の治療
 肝の精気を補う
肝腎の補
 陰血を増やす
陰谷(腎水)・曲泉(肝水)
 波及した熱を瀉す
胆経(臨泣・懸鐘・光明)
胃経(足三里)
②肝虚寒証
血
陰
陽 栄気
津液=
=
血
陰
陽 栄気
津液=
=
●肝虚熱証 ●肝虚寒証
×
×
×
肝虚の病理
正常 寒証(陽虚)
熱証(陰虚)
寒の波及
寒の波及
陽気が巡らない
陽気が回ってこない 陽気が停滞する
寒 熱
=
寒の波及(図)
健康
熱
寒
肝虚寒証の寒の波及
• 経絡 厥陰肝経・少陰腎経
• 表裏 胆・胆経・三焦経
• 支配部位 目・爪・筋
• 寒は下へ
下焦(腎・膀胱・大腸・女子胞)、足・腰
• 隣接する部位
脾・胃・小腸・大腸・腎・膀胱
• 陽気の停滞 上焦
肝虚寒証の病証
•月経中の下痢
•無気力
•決断力がなく、恐れやすく、ため息ばか
り
•慢性下痢・潰瘍性大腸炎
•上焦(心・肺)の症状
•しもやけ
肝虚寒証の脈証
左
尺
関
寸
右
他より有力
弱か軟
弱
弱
他より有力
渋・細
全体の脈状
•弱(沈・細・虚)
•芤・軟・散
肝虚寒証の治療
 肝の精気を補う
肝腎の補
 血を増やす
太谿(腎土)・太衝(肝土)・三陰交(脾)
 寒の波及した経を補う
胆経(臨泣・丘墟)
胃経(足三里)
(2)肺虚証
①肺虚陽経実熱証
肺
外
内
衛気の発散循環
肺
外
内
「衛気は、その悍気の慓
疾に出で、まず四末、分
肉、皮膚の間を行りて休
まざるものなり」
『霊枢』邪客(71)
肺虚熱証の病理
肺
外
内
肺気が虚す
→陽気の発散循環がうまくいかな
い
→陽気(熱)が停滞
→停滞した部位に病証が現れる
肺虚熱証の病証
太陽
陽明
熱
•太陽経
発熱・悪寒・咳・関節痛・
頭痛
•陽明経
鼻乾・目痛・頭項強痛・咽
喉痛
肺虚熱証の脈証
左
尺
関
寸
右
浮・緊
浮・緊
浮・緊
浮・緊
軽按で
浮実
全体の脈状
•浮・数・実・緊
•重按しても虚がわかり
にくい
軽按で
浮実
肺虚熱証の治療
 肺気を補い陽気を循らせる
肺脾を補う
経渠(肺金)・商丘(脾金)
 熱の停滞した経を瀉す
小腸 少沢・養老
膀胱 通谷・金門
大腸 二間・温溜
胃 内庭・厲兌
②肺虚寒証
肺
外
内
肺気が虚す
→陽気の発散循環がうまくいかない
→陽気(熱)が循らない
→循らない部位が冷え病証が現れる
肺虚寒証の病証
太陽
陽明
寒
•太陽経
発熱・悪寒・咳・関節痛・頭痛
肺虚寒証の脈証
左
尺
関
寸
右
浮・虚
浮
浮
浮
浮・虚
浮・虚
全体の脈状
•浮数虚
•熱が少なくなると沈細
肺虚寒証の治療
 肺気を補い陽気を増やし循らせる
肺脾を補う
太淵(肺土)・太白(脾土)・列缺(肺絡)・公孫(脾絡)
 熱の行き届かない経を補う
小腸 腕骨
膀胱 京骨・飛陽・跗陽
大腸 曲池
胃 衝陽
6,まとめ
精気の虚
病因
気血津液
の虚
寒熱の
発生
臓腑経絡
に波及 病症
(1)病理を知る
1. 病証を病理に結びつける、脈状を病理に結びつける
2. それぞれの臓の生理病理を理解
診断と治療方針
選穴選経
手技 選穴
選経
手技
精気の虚
病因
病理の虚 寒熱の発
生
臓腑経絡
に波及 病症
本治法
標治法
証の細分化
熱証
肝虚
肺虚
腎虚
病気
脾虚
寒証
熱証
寒証
熱証
寒証
熱証
寒証
五臓
六腑
十二経
五華
五官
五臓
六腑
十二経
五華
五官
精気の虚 寒熱の波及気血津液の虚
(2)イメージ
穀
道
内
外
1.望聞問で身体の状態をイメージ
2.脈診で身体の状態をイメージ
3.以上を照らしあわせる
(3)脈診の意義
 六部定位脈差診(普通科)
 精気の虚
 虚実
 祖脈診(高等科)
 病位
 寒熱
 脈状診(研究科)
 病理
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20160819夏期大各論

平成28年経絡治療夏期大学研究科「脈状と病理病証(各論)」

  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

20160819夏期大各論

  1. 1. 脈状と病理病証(各論) 高比良 伸哉
  2. 2. 証の種類 •肝虚証 熱証・寒証 •脾虚証 熱証(陽明経実熱証・胃実熱証・胃虚熱証) ・寒証 •肺虚証 熱証(陽経実熱証)・寒証 •腎虚証 熱証・寒証 •肝実証 脾虚肝実熱証・脾虚肝実証・肺虚肝実証
  3. 3. 気血津液の支配 肝 血 心 脾 気・血・津液 肺 気 腎 津液
  4. 4. (1)肝虚証
  5. 5. ①肝虚熱証 血 陰 陽 栄気 津液= = × 温める 血を巡らせる 冷やす 原材料・精力
  6. 6. 肝虚熱証の病理 正常 陰虚
  7. 7. 肝虚熱証の熱の波及 • 経絡 厥陰肝経・少陰腎経 • 表裏 胆・少陽胆経・少陽三焦経 • 支配部位 目・爪・筋 • 熱は上・外へ 上焦(心・肺)、肩・頭・胸、皮毛・肌肉 • 隣接する部位 脾・胃・小腸・大腸・腎・膀胱
  8. 8. 肝虚熱証の病証  熱の波及  往来寒熱  頭痛・肩こり・めまい・動悸  血虚  不眠・多夢・イライラ・眼の疾患  筋肉痛・神経痛・腰痛  婦人科疾患  経絡  睾丸痛・肝経の引きつり  耳の疾患・偏頭痛・胆経の引きつり
  9. 9. 肝虚熱証の脈証 左 尺 関 寸 右 弦で有力 大・虚 大・虚 大・虚 弦で有力 弦か渋 全体の脈状 •浮弦数 •浮滑数 熱の程度で変わる
  10. 10. 肝虚熱証の治療  肝の精気を補う 肝腎の補  陰血を増やす 陰谷(腎水)・曲泉(肝水)  波及した熱を瀉す 胆経(臨泣・懸鐘・光明) 胃経(足三里)
  11. 11. ②肝虚寒証 血 陰 陽 栄気 津液= = 血 陰 陽 栄気 津液= = ●肝虚熱証 ●肝虚寒証 × × ×
  12. 12. 肝虚の病理 正常 寒証(陽虚) 熱証(陰虚)
  13. 13. 寒の波及 寒の波及 陽気が巡らない 陽気が回ってこない 陽気が停滞する 寒 熱 =
  14. 14. 寒の波及(図) 健康 熱 寒
  15. 15. 肝虚寒証の寒の波及 • 経絡 厥陰肝経・少陰腎経 • 表裏 胆・胆経・三焦経 • 支配部位 目・爪・筋 • 寒は下へ 下焦(腎・膀胱・大腸・女子胞)、足・腰 • 隣接する部位 脾・胃・小腸・大腸・腎・膀胱 • 陽気の停滞 上焦
  16. 16. 肝虚寒証の病証 •月経中の下痢 •無気力 •決断力がなく、恐れやすく、ため息ばか り •慢性下痢・潰瘍性大腸炎 •上焦(心・肺)の症状 •しもやけ
  17. 17. 肝虚寒証の脈証 左 尺 関 寸 右 他より有力 弱か軟 弱 弱 他より有力 渋・細 全体の脈状 •弱(沈・細・虚) •芤・軟・散
  18. 18. 肝虚寒証の治療  肝の精気を補う 肝腎の補  血を増やす 太谿(腎土)・太衝(肝土)・三陰交(脾)  寒の波及した経を補う 胆経(臨泣・丘墟) 胃経(足三里)
  19. 19. (2)肺虚証
  20. 20. ①肺虚陽経実熱証 肺 外 内
  21. 21. 衛気の発散循環 肺 外 内 「衛気は、その悍気の慓 疾に出で、まず四末、分 肉、皮膚の間を行りて休 まざるものなり」 『霊枢』邪客(71)
  22. 22. 肺虚熱証の病理 肺 外 内 肺気が虚す →陽気の発散循環がうまくいかな い →陽気(熱)が停滞 →停滞した部位に病証が現れる
  23. 23. 肺虚熱証の病証 太陽 陽明 熱 •太陽経 発熱・悪寒・咳・関節痛・ 頭痛 •陽明経 鼻乾・目痛・頭項強痛・咽 喉痛
  24. 24. 肺虚熱証の脈証 左 尺 関 寸 右 浮・緊 浮・緊 浮・緊 浮・緊 軽按で 浮実 全体の脈状 •浮・数・実・緊 •重按しても虚がわかり にくい 軽按で 浮実
  25. 25. 肺虚熱証の治療  肺気を補い陽気を循らせる 肺脾を補う 経渠(肺金)・商丘(脾金)  熱の停滞した経を瀉す 小腸 少沢・養老 膀胱 通谷・金門 大腸 二間・温溜 胃 内庭・厲兌
  26. 26. ②肺虚寒証 肺 外 内 肺気が虚す →陽気の発散循環がうまくいかない →陽気(熱)が循らない →循らない部位が冷え病証が現れる
  27. 27. 肺虚寒証の病証 太陽 陽明 寒 •太陽経 発熱・悪寒・咳・関節痛・頭痛
  28. 28. 肺虚寒証の脈証 左 尺 関 寸 右 浮・虚 浮 浮 浮 浮・虚 浮・虚 全体の脈状 •浮数虚 •熱が少なくなると沈細
  29. 29. 肺虚寒証の治療  肺気を補い陽気を増やし循らせる 肺脾を補う 太淵(肺土)・太白(脾土)・列缺(肺絡)・公孫(脾絡)  熱の行き届かない経を補う 小腸 腕骨 膀胱 京骨・飛陽・跗陽 大腸 曲池 胃 衝陽
  30. 30. 6,まとめ
  31. 31. 精気の虚 病因 気血津液 の虚 寒熱の 発生 臓腑経絡 に波及 病症 (1)病理を知る 1. 病証を病理に結びつける、脈状を病理に結びつける 2. それぞれの臓の生理病理を理解
  32. 32. 診断と治療方針 選穴選経 手技 選穴 選経 手技 精気の虚 病因 病理の虚 寒熱の発 生 臓腑経絡 に波及 病症 本治法 標治法
  33. 33. 証の細分化 熱証 肝虚 肺虚 腎虚 病気 脾虚 寒証 熱証 寒証 熱証 寒証 熱証 寒証 五臓 六腑 十二経 五華 五官 五臓 六腑 十二経 五華 五官 精気の虚 寒熱の波及気血津液の虚
  34. 34. (2)イメージ 穀 道 内 外 1.望聞問で身体の状態をイメージ 2.脈診で身体の状態をイメージ 3.以上を照らしあわせる
  35. 35. (3)脈診の意義  六部定位脈差診(普通科)  精気の虚  虚実  祖脈診(高等科)  病位  寒熱  脈状診(研究科)  病理

×