Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
脈状と病理病証(総論)
大上勝行
1,夏期大学で何を学ぶか?
夏期大と脈診
脈診 診察 治療
普通科 六部定位脈診 経絡・虚実 六十九難
高等科 祖脈診
陰陽・表裏
・寒熱
手技
研究科 脈状診 病理 五味論・手技
↓ 脈位脈状診 各部位の病理 五味論・手技
経絡治療とは
すべての疾病を経絡の虚実状態として把握し
、それを主に鍼灸を用いて補瀉し、
治療に導く伝統医術である。
『日本鍼灸医学・基礎編』P8
経絡治療の位置
経絡
治療
古典医学 西洋医学
古典医学とは?
病態を古典医学的物差しで解析
不均衡を是正
古典医学的物差し
 陰陽
 虚実
 内外
 表裏
 臓腑
 人迎気口
 経絡
 寒熱
 気血
 五行
 補瀉
etc
鍼灸の診断・治療学
鍼を
どこに
どの様に
どの程度
刺すか?
六部定位脈差診
「どこに(選経・選穴)」
「どの様に(補瀉)」
の診断法
「どの様に(手技)」
「どの程度(ドーゼ)」
は個人の裁量・感覚・経験で 祖脈診
脈状診
脈状・病理を学ぶ
 よりベターな選穴
 的確な手技の選択
 適切な刺激量
2,病証から病理を導く
病理とは
病の状態を分析・分類する
陰陽・虚実・表裏・寒熱・経絡などの古典
的ものさしを用いる
治療に結びつける
 選穴・手技・刺激量
精気の虚
病因
気血津液
の虚
寒熱の
発生
臓腑経絡
に波及 病症
病気のメカニズム
①精気の虚
肝 心 脾 肺 腎
魂 神 意智 魄 精志
発生 生命 製造 収斂 堅固
精気の
虚
病因
気血津
液
の虚
寒熱
の
発生
臓腑経
絡に
波及
病
症
②病因
内因
 怒・喜・思・憂悲・恐驚
外因
 風・暑・湿・寒・燥
不内外因
 飲食・労倦
精気の
虚
病因
気血津
液
の虚
寒熱
の
発生
臓腑経
絡に
波及
病
症
③病理の虚(気血津液の虚)
肝 血
心
脾 気・血・津液
肺 気
腎 津液
精気の
虚
病因
気血津
液
の虚
寒熱
の
発生
臓腑経
絡に
波及
病
症
④寒熱の発生
陽 温める 動かす 和げる 乾かす 開く 発散 出る 上る
陰 冷やす 鎮める 堅める 潤す 閉じる 収斂 入る 下る
精気の
虚
病因
気血津
液
の虚
寒熱
の
発生
臓腑経
絡に
波及
病
症
⑤寒熱の波及
1. 経絡
2. 表裏
3. 支配部位
4. 熱は上・外へ、寒は下・内へ
5. 隣接する部位
精気の
虚
病因
気血津
液
の虚
寒熱
の
発生
臓腑経
絡に
波及
病
症
⑥病証
寒熱が波及した部位の、
虚実寒熱により現れる
精気の
虚
病因
気血津
液
の虚
寒熱
の
発生
臓腑経
絡に
波及
病
症
診断とは?
3.どの臓がどの様に
虚したのか?
四診によって得られる情報(虚実寒熱)を分類する
精気の虚
病因
気血津液
の虚
寒熱
の
発生
臓腑
経絡に
波及
病証
2.寒熱は? 1.患者の訴えは
どの経か?
(例)腰痛症
長時間重いものを運んでから腰が痛い。
脈浮・大 肝虚証
前屈みがつらい
自発痛なし
精気の虚
病因
病理の虚 寒熱の発
生
臓腑経絡
に波及 病症
前屈みになる
とつらい左関尺虚
長時間の労
働
腰痛
熱脈浮大
太陽膀胱経肝虚
虚労
虚熱陰血の虚
肝虚熱証太陽経熱
得られた情報を分類・考察
証の細分化
熱証
肝虚
肺虚
腎虚
病気
脾虚
寒証
熱証
寒証
熱証
寒証
熱証
寒証
五臓
六腑
十二経
五華
五官
五臓
六腑
十二経
五華
五官
精気の虚 寒熱の波及気血津液の虚
3,脈診と治療
治療計画を立てる
どこに
 選経
 選穴
どの様に
 補瀉
 手技
どの程度
 ドーゼ
選経 選経
六部定位脈差診と治療
選穴選経
手技 選穴
選経
手技
精気の虚
病因
病理の虚 寒熱の発
生
臓腑経絡
に波及 病症
本治法
標治法
相生の補瀉
虚すればその母を補い、実すればその子を瀉す
(六十九難)
木 火 土 金 水
肝 太敦 行間 太衝 中封 曲泉
心 少衝 少府 神門 霊道 少海
脾 隠白 大都 太白 商丘 陰陵泉
肺 少商 魚際 太淵 経渠 尺沢
腎 湧泉 然谷 ...
六部定位脈差診の治療
六十九難
 経絡の虚実がわかることで、治療経穴が決ま
る
置鍼
 補に用いる経穴、瀉に用いる経穴が決まって
いる
選穴
手技 選穴
手技
選経 選経
祖脈診と治療
選穴
手技 選穴
手技
精気の虚
病因
病理の虚 寒熱の発
生
臓腑経絡
に波及 病症
本治法
標治法
脈のとらえ方
脈 = 陽気(健康時)
脈 = 熱(病時)
① 浮沈
外
内
沈
浮
①浮沈
穀道
内
外
②虚実
実(強) = 陽気が詰まっている
虚(弱) = 陽気が空ろ
大 = 陽気が多い、広範囲
小 = 陽気が少ない、狭い
大小・強弱
外
内
大
小
強 弱
③遅数
 遅 = 寒
 数 = 熱
寒熱と選穴
木 火 土 金 水
酸 苦 甘 辛 鹹
収 堅 緩 散 軟
「辛甘は発散し陽となす。酸苦は涌泄し陰となす。
鹹味は涌泄し陰となす」 『素問』至真要大論(74)
脈と刺法
脈 刺法
浮 浅く
沈 深く
実 瀉
虚 補
数 短
遅 長
浮実の刺鍼
実
速刺速抜
熱をぬく
浮虚の刺鍼
虚
徐刺速抜
虚 留めて陰
を補う
残った熱は
浅い瀉法
沈実の刺鍼
実
速刺徐抜
熱を拡散
沈虚の刺鍼
虚
徐刺速抜
補瀉の種類(手技)
①大小
②迎随
③深浅
④呼吸
⑤出内
⑥開闔
⑦提按
⑧弾爪
⑨捻転
⑩揺動
手技の分類
虚
裏
表
実
灸頭鍼
温灸
直接灸
接触鍼
散鍼
温灸
六部定位脈差診と祖脈診
六部定位脈差診
 経絡
 虚実
祖脈
 表裏(浮沈)
 寒熱(遅数)
脈診でわかること
六部定位脈差診
祖脈診
4,脈状のとらえ方
脈状のとらえ方
弦=肝、弦=水畜といったとらえ方をしない
脈状を直接臓や症状に結びつけない
弦脈
外
内 「之を按げて有ることなく、
之を按ずれば弓弦の状のごとし」
弦
弦脈の特徴
脈幅が小さい
=
陽気の発散が充分でない
①陽気が少ない
陽虚・陰虚
②陽気が閉じこめられている
陽実・陰実
瘀血・気滞・食滞・水滞
脈状とは?
「これを集めれば、則ち浮沈・遅数の四つの他
なし」
「病、表裏・陰陽を心にかけて、虚実寒熱を分
明にせば、治療の誤りあるべからず。
その虚実・寒熱・表裏・陰陽をば浮沈遅数の四
を分別するなり」
『増補脈論口訣』
脈状とは?
祖脈の組み合わせである
陰陽・虚実・表裏・寒熱に置換して考える
脈状の分類
浮 浮・芤・大・軟
沈 沈・伏・細
遅 遅・緩
数 数・動
虚 虚・芤・微・細・軟・弱
実 実・洪・滑・弦・緊
1. 病証病理の関係を明らかにする
 治療方針が立てられる(選経・選穴・手技・
ドーゼ)
2. 脈状がわかると
 病理状態がより的確につかめる(寒熱の程度
・治療の成否)
5,まとめ
精気の虚
病因
気血津液
の虚
寒熱の
発生
臓腑経絡
に波及 病症
(1)病理を知る
1. 精気の虚から気血津液の虚がおこり、
寒熱の波及により病証が現れる
2. 病証を病理に結びつける、脈状を病理に結びつける
それぞれの臓の生理病理を理解
証の細分化
熱証
肝虚
肺虚
腎虚
病気
脾虚
寒証
熱証
寒証
熱証
寒証
熱証
寒証
五臓
六腑
十二経
五華
五官
五臓
六腑
十二経
五華
五官
精気の虚 寒熱の波及気血津液の虚
診断と治療方針
選穴選経
手技 選穴
選経
手技
精気の虚
病因
病理の虚 寒熱の発
生
臓腑経絡
に波及 病症
本治法
標治法
(2)イメージ
穀
道
内
外
1.望聞問で身体の状態をイメージ
2.脈診で身体の状態をイメージ
3.陰陽虚実のゆがみを是正する
(3)脈診の意義
六部定位脈診(普通科)
 経絡の虚実
祖脈診(高等科)
 病位
 寒熱
脈状診(研究科)
 病理
伝統鍼灸の構造
陰陽虚実寒熱に対するアプローチ(補瀉)
経絡治療 A B C D
擦診・取穴・手技・毫針
基本理論
各流派
共通部分
20160819脈状と病理病証 総論
20160819脈状と病理病証 総論
20160819脈状と病理病証 総論
20160819脈状と病理病証 総論
20160819脈状と病理病証 総論
20160819脈状と病理病証 総論
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

20160819脈状と病理病証 総論

平成28年経絡治療夏期大学 研究科 「脈状と病理病証(総論)」スライド資料

  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

20160819脈状と病理病証 総論

  1. 1. 脈状と病理病証(総論) 大上勝行
  2. 2. 1,夏期大学で何を学ぶか?
  3. 3. 夏期大と脈診 脈診 診察 治療 普通科 六部定位脈診 経絡・虚実 六十九難 高等科 祖脈診 陰陽・表裏 ・寒熱 手技 研究科 脈状診 病理 五味論・手技 ↓ 脈位脈状診 各部位の病理 五味論・手技
  4. 4. 経絡治療とは すべての疾病を経絡の虚実状態として把握し 、それを主に鍼灸を用いて補瀉し、 治療に導く伝統医術である。 『日本鍼灸医学・基礎編』P8
  5. 5. 経絡治療の位置 経絡 治療 古典医学 西洋医学
  6. 6. 古典医学とは? 病態を古典医学的物差しで解析 不均衡を是正
  7. 7. 古典医学的物差し  陰陽  虚実  内外  表裏  臓腑  人迎気口  経絡  寒熱  気血  五行  補瀉 etc
  8. 8. 鍼灸の診断・治療学 鍼を どこに どの様に どの程度 刺すか?
  9. 9. 六部定位脈差診 「どこに(選経・選穴)」 「どの様に(補瀉)」 の診断法 「どの様に(手技)」 「どの程度(ドーゼ)」 は個人の裁量・感覚・経験で 祖脈診 脈状診
  10. 10. 脈状・病理を学ぶ  よりベターな選穴  的確な手技の選択  適切な刺激量
  11. 11. 2,病証から病理を導く
  12. 12. 病理とは 病の状態を分析・分類する 陰陽・虚実・表裏・寒熱・経絡などの古典 的ものさしを用いる 治療に結びつける  選穴・手技・刺激量
  13. 13. 精気の虚 病因 気血津液 の虚 寒熱の 発生 臓腑経絡 に波及 病症 病気のメカニズム
  14. 14. ①精気の虚 肝 心 脾 肺 腎 魂 神 意智 魄 精志 発生 生命 製造 収斂 堅固 精気の 虚 病因 気血津 液 の虚 寒熱 の 発生 臓腑経 絡に 波及 病 症
  15. 15. ②病因 内因  怒・喜・思・憂悲・恐驚 外因  風・暑・湿・寒・燥 不内外因  飲食・労倦 精気の 虚 病因 気血津 液 の虚 寒熱 の 発生 臓腑経 絡に 波及 病 症
  16. 16. ③病理の虚(気血津液の虚) 肝 血 心 脾 気・血・津液 肺 気 腎 津液 精気の 虚 病因 気血津 液 の虚 寒熱 の 発生 臓腑経 絡に 波及 病 症
  17. 17. ④寒熱の発生 陽 温める 動かす 和げる 乾かす 開く 発散 出る 上る 陰 冷やす 鎮める 堅める 潤す 閉じる 収斂 入る 下る 精気の 虚 病因 気血津 液 の虚 寒熱 の 発生 臓腑経 絡に 波及 病 症
  18. 18. ⑤寒熱の波及 1. 経絡 2. 表裏 3. 支配部位 4. 熱は上・外へ、寒は下・内へ 5. 隣接する部位 精気の 虚 病因 気血津 液 の虚 寒熱 の 発生 臓腑経 絡に 波及 病 症
  19. 19. ⑥病証 寒熱が波及した部位の、 虚実寒熱により現れる 精気の 虚 病因 気血津 液 の虚 寒熱 の 発生 臓腑経 絡に 波及 病 症
  20. 20. 診断とは? 3.どの臓がどの様に 虚したのか? 四診によって得られる情報(虚実寒熱)を分類する 精気の虚 病因 気血津液 の虚 寒熱 の 発生 臓腑 経絡に 波及 病証 2.寒熱は? 1.患者の訴えは どの経か?
  21. 21. (例)腰痛症 長時間重いものを運んでから腰が痛い。 脈浮・大 肝虚証 前屈みがつらい 自発痛なし
  22. 22. 精気の虚 病因 病理の虚 寒熱の発 生 臓腑経絡 に波及 病症 前屈みになる とつらい左関尺虚 長時間の労 働 腰痛 熱脈浮大 太陽膀胱経肝虚 虚労 虚熱陰血の虚 肝虚熱証太陽経熱 得られた情報を分類・考察
  23. 23. 証の細分化 熱証 肝虚 肺虚 腎虚 病気 脾虚 寒証 熱証 寒証 熱証 寒証 熱証 寒証 五臓 六腑 十二経 五華 五官 五臓 六腑 十二経 五華 五官 精気の虚 寒熱の波及気血津液の虚
  24. 24. 3,脈診と治療
  25. 25. 治療計画を立てる どこに  選経  選穴 どの様に  補瀉  手技 どの程度  ドーゼ
  26. 26. 選経 選経 六部定位脈差診と治療 選穴選経 手技 選穴 選経 手技 精気の虚 病因 病理の虚 寒熱の発 生 臓腑経絡 に波及 病症 本治法 標治法
  27. 27. 相生の補瀉 虚すればその母を補い、実すればその子を瀉す (六十九難) 木 火 土 金 水 肝 太敦 行間 太衝 中封 曲泉 心 少衝 少府 神門 霊道 少海 脾 隠白 大都 太白 商丘 陰陵泉 肺 少商 魚際 太淵 経渠 尺沢 腎 湧泉 然谷 太溪 復溜 陰谷 心包 中衝 労宮 大陵 間使 曲沢
  28. 28. 六部定位脈差診の治療 六十九難  経絡の虚実がわかることで、治療経穴が決ま る 置鍼  補に用いる経穴、瀉に用いる経穴が決まって いる
  29. 29. 選穴 手技 選穴 手技 選経 選経 祖脈診と治療 選穴 手技 選穴 手技 精気の虚 病因 病理の虚 寒熱の発 生 臓腑経絡 に波及 病症 本治法 標治法
  30. 30. 脈のとらえ方 脈 = 陽気(健康時) 脈 = 熱(病時)
  31. 31. ① 浮沈 外 内 沈 浮
  32. 32. ①浮沈 穀道 内 外
  33. 33. ②虚実 実(強) = 陽気が詰まっている 虚(弱) = 陽気が空ろ 大 = 陽気が多い、広範囲 小 = 陽気が少ない、狭い
  34. 34. 大小・強弱 外 内 大 小 強 弱
  35. 35. ③遅数  遅 = 寒  数 = 熱
  36. 36. 寒熱と選穴 木 火 土 金 水 酸 苦 甘 辛 鹹 収 堅 緩 散 軟 「辛甘は発散し陽となす。酸苦は涌泄し陰となす。 鹹味は涌泄し陰となす」 『素問』至真要大論(74)
  37. 37. 脈と刺法 脈 刺法 浮 浅く 沈 深く 実 瀉 虚 補 数 短 遅 長
  38. 38. 浮実の刺鍼 実 速刺速抜 熱をぬく
  39. 39. 浮虚の刺鍼 虚 徐刺速抜 虚 留めて陰 を補う 残った熱は 浅い瀉法
  40. 40. 沈実の刺鍼 実 速刺徐抜 熱を拡散
  41. 41. 沈虚の刺鍼 虚 徐刺速抜
  42. 42. 補瀉の種類(手技) ①大小 ②迎随 ③深浅 ④呼吸 ⑤出内 ⑥開闔 ⑦提按 ⑧弾爪 ⑨捻転 ⑩揺動
  43. 43. 手技の分類 虚 裏 表 実 灸頭鍼 温灸 直接灸 接触鍼 散鍼 温灸
  44. 44. 六部定位脈差診と祖脈診 六部定位脈差診  経絡  虚実 祖脈  表裏(浮沈)  寒熱(遅数)
  45. 45. 脈診でわかること 六部定位脈差診 祖脈診
  46. 46. 4,脈状のとらえ方
  47. 47. 脈状のとらえ方 弦=肝、弦=水畜といったとらえ方をしない 脈状を直接臓や症状に結びつけない
  48. 48. 弦脈 外 内 「之を按げて有ることなく、 之を按ずれば弓弦の状のごとし」 弦
  49. 49. 弦脈の特徴 脈幅が小さい = 陽気の発散が充分でない ①陽気が少ない 陽虚・陰虚 ②陽気が閉じこめられている 陽実・陰実 瘀血・気滞・食滞・水滞
  50. 50. 脈状とは? 「これを集めれば、則ち浮沈・遅数の四つの他 なし」 「病、表裏・陰陽を心にかけて、虚実寒熱を分 明にせば、治療の誤りあるべからず。 その虚実・寒熱・表裏・陰陽をば浮沈遅数の四 を分別するなり」 『増補脈論口訣』
  51. 51. 脈状とは? 祖脈の組み合わせである 陰陽・虚実・表裏・寒熱に置換して考える
  52. 52. 脈状の分類 浮 浮・芤・大・軟 沈 沈・伏・細 遅 遅・緩 数 数・動 虚 虚・芤・微・細・軟・弱 実 実・洪・滑・弦・緊
  53. 53. 1. 病証病理の関係を明らかにする  治療方針が立てられる(選経・選穴・手技・ ドーゼ) 2. 脈状がわかると  病理状態がより的確につかめる(寒熱の程度 ・治療の成否)
  54. 54. 5,まとめ
  55. 55. 精気の虚 病因 気血津液 の虚 寒熱の 発生 臓腑経絡 に波及 病症 (1)病理を知る 1. 精気の虚から気血津液の虚がおこり、 寒熱の波及により病証が現れる 2. 病証を病理に結びつける、脈状を病理に結びつける それぞれの臓の生理病理を理解
  56. 56. 証の細分化 熱証 肝虚 肺虚 腎虚 病気 脾虚 寒証 熱証 寒証 熱証 寒証 熱証 寒証 五臓 六腑 十二経 五華 五官 五臓 六腑 十二経 五華 五官 精気の虚 寒熱の波及気血津液の虚
  57. 57. 診断と治療方針 選穴選経 手技 選穴 選経 手技 精気の虚 病因 病理の虚 寒熱の発 生 臓腑経絡 に波及 病症 本治法 標治法
  58. 58. (2)イメージ 穀 道 内 外 1.望聞問で身体の状態をイメージ 2.脈診で身体の状態をイメージ 3.陰陽虚実のゆがみを是正する
  59. 59. (3)脈診の意義 六部定位脈診(普通科)  経絡の虚実 祖脈診(高等科)  病位  寒熱 脈状診(研究科)  病理
  60. 60. 伝統鍼灸の構造 陰陽虚実寒熱に対するアプローチ(補瀉) 経絡治療 A B C D 擦診・取穴・手技・毫針 基本理論 各流派 共通部分

×