Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

130322 singapore nakamura

535 views

Published on

Published in: Education
  • Be the first to comment

130322 singapore nakamura

  1. 1. アジアで仕事をしてみて感じたこと ~シンガポール体験記 22 March, 2013 ※写真等Confidentialな内容は掲載時に削除しています
  2. 2. AGENDAPart1: シンガポール体験記• 自己紹介• シンガポールについて(Why Singapore?)• シンガポールでの仕事Part2: アジアで仕事をしてみて感じたこと• グローバル人材??• 世界で活躍するために大切な3つのこと*体験談を交えながら
  3. 3. キャリア
  4. 4. その他活動Facebookページ&ブログ Twitter Learning-Web @katsuwon
  5. 5. その他活動オトナもコドモも楽しめる音楽イベント
  6. 6. AGENDAPart1: シンガポール体験記• 自己紹介• シンガポールについて(Why Singapore?)• シンガポールでの仕事Part2: アジアで仕事をしてみて感じたこと• グローバル人材??• 世界で活躍するために大切な3つのこと*体験談を交えながら
  7. 7. Why?
  8. 8. 世界で最もビジネスがしやすい国 “the world‘s easiest place to do business” ( Source: Doing Business 2012 Report, World Bank) “most transparent country in Asiathe least bureaucratic place for doing business in Asia” (Source: IMD World Competitiveness Yearbook 2011)
  9. 9. 17%20%0%
  10. 10. Multiracialism
  11. 11. Meritocracy
  12. 12. Education Hub
  13. 13. グロービスについて
  14. 14. Asia No.1へ社会を創造・変革する “志士”を育てる
  15. 15. “世界で活躍できるビジネス リーダーをアジアから生む“ アジアのために 日本のために
  16. 16. アジア・シフト
  17. 17. グローバル展開する企業にとっての シンガポールの役割 Global Headquarter Regional Headquarter Local Local Local Office Office Office 現地でのスピーディな意思決定 ヒトモノカネの効率配分
  18. 18. Project 1:シンガポールで働く次世代リーダーの育成
  19. 19. Project2:アジア地域から選抜された次世代リーダーの育成
  20. 20. Project3:アジアの場で行う日本人リーダー育成
  21. 21. Challenges still remain…「使う側、使われる側」というマインド“Mobility”への意識差ジョブ・ホッピングの文化 中期的なビジョンに基づく採用・育成プランと タレントマネジメントが必要
  22. 22. グローバル 人材?
  23. 23. ○ 経営のグローバル化? 人材のグローバル化
  24. 24. To be global implies a certain homogeneity.The word suggests conformity, everyone subscribing to the same set of beliefs, styles, and values. Is this what we want from our managers? Henry Mintzberg:“Managing”
  25. 25. 世界で働く上で大切なこと 1.アイデンティティ
  26. 26. 経産省グローバル人材の定義
  27. 27. Identity?国家・民族の 所属組織の 個人の Identity Identity Identity文化・民族性 WAY・DNA 価値観・志
  28. 28. “ぷんぷん理論” GEなんてその典型だと思いますが、世界的に成功し ているグローバル企業というのは往々にして母国の 匂いというか、“体臭”が強烈なんですよ。IBMは いかにもアメリカ東海岸で、アップルはいかにも西海 岸。もう“体臭”むんむんです。 (略)恐らく世界的な普遍性を持ち得る企業とい うのは、むしろ固有の理念というかシェアードバリュ ーが強烈に刷り込まれているところばかりです。逆に 言えばグローバリゼーションの過程でだめになって いく会社はそこが無色透明になってしまうんですよ ね。どこの国だかよく分からないような会社になっちゃ う。globis.jpよりワタミ・渡邉美樹氏×グリー・田中良和氏×経営共創基盤・冨山和彦氏「この国を次代につなぐ“世代の責任”とは」~G1サミット2011レポート~
  29. 29. 「和」= Harmony?
  30. 30. 固有の価値観は訳せない C.J. Moore “In Other Words”
  31. 31. “Sisu”
  32. 32. “OMOTENASHI”“資生堂が考える「おもてなし」は、顧客との一期一会を大切にした裏表のない接客態度で、茶道に通じる精神だ。冊子には、あるべき立ち居振る舞いや接客方法を記載。英訳すると微妙なニュアンスが伝わらないと考え、「OMOTENASHI」を世界共通語にした。”(産経ニュース 2013年1月1日)
  33. 33. 志Kokorozashi
  34. 34. “12・13歳までに民族の神話を学ばな かった民族は必ず滅びている” (歴史学者トインビー)
  35. 35. Identity?国家・民族の 所属組織の 個人の Identity Identity Identity文化・民族性 WAY・DNA 価値観・志
  36. 36. 世界で働く上で大切なこと 2.ストーリー
  37. 37. Golden Circle What How Why
  38. 38. 意義・意味を語る
  39. 39. 私自身が感じた大事なこと海外でスタートアップをしていると 「何をしているの?」と一日に何度も聞かれる(しかも全ての前提が違う外国人から)プレゼンに与えられる時間はごく僅か行動レベルで無く意味レベル(Why?)で 語れたとき、相手は仲間になってくれる
  40. 40. 意義を語れば皆が応援してくれる
  41. 41. Golden Circle What How Why
  42. 42. 世界で働く上で大切なこと 3.突破する力
  43. 43. -Story-あるお客様からのご依頼
  44. 44. “Eighty percent of success is showing up.” Woody Allen
  45. 45. 問題解決力 < 問題解決マインドゲームしてる時を考えてみて下さい。次々と障害が現われるでしょ。妙な生き物がでてきて、それを倒すと、ごにょっとした敵が出て来て、それを倒すと落とし穴に落ちて真っ暗になっちゃう。苦労してやっとこさ登ってきたら、巨大な化けモンが出てきてビームを浴びせられたりしますよね。でもみんな愚痴ったりしないでしょ。目の前に敵が現われたら倒せばいいし、次のステージへの扉が開かないなど、問題があれば解決方法を探せばいいんです。そのゲームが嫌いなら、辞めて別のゲームで遊んでもいいです。「なんでこんな次々と敵が現われるんだよ」とか言って、愚痴ってなにもしないとか。どーすか?ちきりん Chikilinの日記 「問題は解くものです」より
  46. 46. 経験が人材を育てる
  47. 47. なぜ海外赴任者は育つのか?1.身体的な負荷2.上位ポジションの疑似体験3.多能工の経験4.豊富な内省機会(孤独と向き合う)
  48. 48. AGENDAPart1: シンガポール体験記• 自己紹介• シンガポールについて(Why Singapore?)• シンガポールでの仕事Part2: アジアで仕事をしてみて感じたこと• グローバル人材??• 世界で活躍するために大切な3つのこと アイデンティティ/ストーリー/突破する力
  49. 49. Thank You !

×