Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
Upcoming SlideShare
What to Upload to SlideShare
What to Upload to SlideShare
Loading in …3
×
1 of 42

JAWS Festa 2019 keynote

1

Share

Download to read offline

JAWS Festa 2019 Keynote 2019/11/03

Related Books

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

Related Audiobooks

Free with a 30 day trial from Scribd

See all

JAWS Festa 2019 keynote

  1. 1. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.S U M M I T 変わりゆく世界を支えるIT 〜 コストドライバーからプロフィットラインに向けて ~
  2. 2. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWSのモデル 固定資産型からサービス型へITを変革  使用分のみ支払い 初期投資不要  低額の変動費 チャレンジとカスタマーサクセス
  3. 3. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Digitalization ソフトウェア による価値最大化
  4. 4. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Digitalization Software is eating the world
  5. 5. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. さまざまなビジネスで起きる変革 交通 エネルギー リテール 家電 ヘルスケア 農業
  6. 6. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Feedback カスタマーサクセスとAWS
  7. 7. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Feedback 165 1957 カスタマーサクセスとAWS
  8. 8. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Feedback サービス 165 以上 機能拡張 1957回(2018年) 柔軟性 スピード感 カスタマーサクセスとAWS
  9. 9. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.© 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved.S U M M I T カスタマーエンゲージメント強化 カスタマーサクセスとAWS
  10. 10. @2018, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights Reserved IT開発のモデル変遷 Network Hardware OS Middle Apps DataCenter Infrastructure 請負からサービスへ
  11. 11. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Innovation たゆまないチャレンジ 蓄積されるノウハウ 最終的にたどり着く成功
  12. 12. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. ITのフルコントロールへの挑戦 コスト 運用・障害対応 テクノロジー
  13. 13. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. ITのフルコントロールへの挑戦 コスト
  14. 14. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 初期費用不要・低額な利用料金 データ転送 = 約15.4円 / 1GB (上りは無料) ※1ドル=110円で計算 仮想サーバー Amazon EC2 = 約1.1円〜 / 時間 ストレージ Amazon S3 = 約2.7円〜 / 1GB / 月 夜間、週末など時間単位で 停止すれば更にコスト削減  データセンター費用  インフラ構築費用  ハードウェア費用  電気代  物理ファシリティ  セキュリティ  仮想基盤運用保守  センター運用費用 これらの費用が全て 利用料に含まれます。
  15. 15. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. クラウドの Before/After コストコントロール CAPEX OPEX
  16. 16. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. ITのフルコントロールへの挑戦 運用・障害対応
  17. 17. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. オンプレミス ミドルウェア on EC2 マネージドサービス お客様がご担当する作業 AWSが提供するマネージド機能 電源、ネットワーク ラック導入管理 サーバーメンテナンス OSのパッチ ミドルウェアのパッチ バックアップ スケーラビリティ 可用性 ミドルウェアの導入 OSの導入 アプリからの利用 電源、ネットワーク ラック導入管理 サーバーメンテナンス OSのパッチ ミドルウェアのパッチ バックアップ スケーラビリティ 可用性 ミドルウェアの導入 OSの導入 アプリからの利用 電源、ネットワーク ラック導入管理 サーバーメンテナンス OSのパッチ ミドルウェアのパッチ バックアップ スケーラビリティ 可用性 ミドルウェアの導入 OSの導入 アプリからの利用 マネージドサービスの特性
  18. 18. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. All rights reserved. Amazon Confidential and Trademark 変化するビジネス:企業の平均存続年数 (米国Fortune500) 1965年 67 年 2015年 15 年
  19. 19. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS Systems Manager サービス名 概要 メンテナンスウィンドウ 定期的に行う管理作業やサービス停止の実施時間帯を定義する Run Command 安全にインスタンス上の管理作業を実施する SSHやRDPを使用せず多数のサーバを一括操作 Automation 一連の作業フローを定義する ストレージのバックアップ取得、インスタンススペックを変更するなど ステートマネージャー あるべきOSの設定値を定義し維持する ポリシーに準拠したファイアウォール設定やアンチマルウェアツールの設定 インベントリ オペレーティングシステム (OS)、アプリケーション、インスタンスのメタ データを収集する Patch Manager OSパッチの選択と適用を自動的に実施する ドキュメント Systems Managerの各サービスの挙動を定義する設定ドキュメント コマンド、ポリシー、自動化の3種類がある
  20. 20. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. リージョンについて AWS の「リージョン」は、アベイラビリティゾーン (データセンター群) を束ねた構成 AZ間はAWSの専用線で接続 AZ間は2ms未満(ほぼ1ms以下)のレイテンシー AZ AZ AZ AZ AZ Transit Transit
  21. 21. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its Affiliates. 障害を踏まえた設計指針 RTO (目標復旧時間) RPO (目標復旧時点) 何時間で復旧させるか? データ喪失許容時間 監視設計 (間隔、回数) 複数拠点設定 (MAZ、MR) Backup (間隔、世代) Application設計 (キャッシュ等) コスト 時間
  22. 22. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. ITのフルコントロールへの挑戦 テクノロジー
  23. 23. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. いつでもすぐ使える最新テクノロジー
  24. 24. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 社内にテクノロジーの BlackBoxを作らない
  25. 25. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 異業種がデジタルを駆使し業界参入を行う 大きい資産をもたず、経営資源をU/IFに集中 ITインフラ : Amazon Web Services 車 : 契約ドライバーの自家用車 既存事業者は、守るもの(既存ビジネス、既存資産) により反応が遅れ、変化に対応しづらい お金の流れをコントロール Uberlization
  26. 26. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 強化学習 (Reinforcement Learning) Original Update by Alexandre Keledjian / https://www.flickr.com/photos/dervishe/5700107240/
  27. 27. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Supervised learning Unsupervised learning 機械学習の分類 必要なラベル付きデータ量 より複雑な決定
  28. 28. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 実世界における強化学習 良い行動に 報酬を与える 悪い行動には 報酬なし
  29. 29. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. DeepRacer
  30. 30. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. AWS DeepRacer
  31. 31. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. はじめての迷路脱出 知っ得ハンズオンシリーズ
  32. 32. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 知っ得ハンズオンシリーズ 画像認識、音声合成、機械翻訳 IoT (MQTTブローカー) Serverless時系列データ予測個人化レコメンド
  33. 33. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. ITのフルコントロールへの挑戦 コスト 運用・障害対応 テクノロジー
  34. 34. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 日々の蓄積は、今後数年間にわたり 大きな差となる そこで得た信頼は、 長きにわたりあなたを支える
  35. 35. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 今後10年間に何が変わると思うか、 頻繁に尋ねられる。 しかし、今後10年間に何が変わらないか を問う方が、 より重要な知見を得られる可能性が高い。 「お客様はより早く安く、 より多くのものを欲している」 それらの実現手法がテクノロジーで 進化するだけである。 不変の要望であれば、 長期にわたる投資が可能となる。
  36. 36. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. re:Invent 2019 December 2-6, 2019 Las Vegas, NEVADA, USA
  37. 37. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Builders
  38. 38. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. Builders New Normal
  39. 39. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. New Normal Freedom Builders
  40. 40. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. New Normal Freedom Builders Super Power
  41. 41. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. New Normal Freedom Builders Super Power “I want it all and I want it now”
  42. 42. © 2019, Amazon Web Services, Inc. or its affiliates. All rights reserved. 2019/12/17 re:Invent 2019 re:Cap JPタワー 午前午後2回講演(120分)

Editor's Notes

  • 本日は、お忙しい中AWS Summit Tokyo 2019 にお越しいただき誠に有難うございます。東京でAWS Summitを開催しはじめて今年で8回目となりました。2012年に一回目のサミットを開催した時からこのサミットを学びの場として位置付けており、今年も皆さまにとっての学びの場として開催しています。
  • その考え方をもとにクラウドコンピューティングは誕生しました。
    その基本的なコンセプトのおさらいがこちらです。
    AWSは、初期費用が無償であり、低額な、従量課金です。必要な時に必要なだけITリソースを利用することができ、長期の契約は不要です。
    このサービスの提供形態は、カスタマーの使い勝手を向上させ、そしてAWSが常にカスタマーに満足してもらう必要があることに繋がります。
  • Digitalizationとは、ソフトウエアを活用してビジネス価値を最大化することです。お客様の要望を素早く反映させ、ニーズを常にとらえる努力を怠らず、絶え間なく顧客価値高め続けていくこと。そのスピードと持続性がデジタルの時代は求められます。
    ハード主体の考え方からソフトウエアによる価値の最大化へのシフトが必要になっていることを意味します。
    例えば、ネットフリックスはソフトウエア企業そのものです。データを中心にお客様とのエンゲージメントに徹底的にこだわった会社です。また、AWSでデジタルバンキング基盤の再構築をしているキャピタルワン: 従業員4.9万人で7,000万人の顧客をもつ金融会社です。キャピタルワンのCIO(ロブさん)は、実に明確に、エンタープライズITを買う企業からソフトウエア企業へ変わったと断言しています。2011年2,500人いた ITでSW エンジニアは40%しかいませんでした。2018年には、9,000人に成長し85%がSWエンジニアになったといいます。1,125人から7,650人へ実に7年かけて粛々と6.8倍に増やし名実ともにソフトウエア企業への変革を遂げました。その結果、たえまなくお客様に向けた機能改善が実現できるようになり、どこよりも早くニーズにこたえられるようになったといいます。CIOはこうも言っています。デジタルは、銀行の新しい支店である。と。その顧客体験を高めるための施策を講じることが重要であり、その過程でソフト企業へした。
  • 従来この情報量の増加に寄与していたのは、インターネットなどを土台としたソフトウェアでした。
    しかし、スマートフォンやエッジコンピューティング技術の発達により、今、家、車、家電など頻繁に機能改善が可能なソフトウェア
    を搭載しユーザと双方向のコミュニケーションを実現させる仕組みを模索しています。
    9年前にブラウザNetscapeを開発したことでも有名なソフトウェアエンジニアである
    マーク・アンドリーセン氏(Marc Andreessen)がこのように表現しました。
    [software is eating world]
  • そしてこのIoTやエッジコンピューティングを活用した、
    エンゲージメント強化へのチャレンジは今あらゆる領域で起きています。
    交通、エネルギー、リテール、家電、ヘルスケア、農業等。
    これらの領域でソフトウェアの力を駆使した多くのサービスが生まれ、
    より生活を豊かなものにしようとしています。

  • カスタマーサクセスとAWS 今説明したようにアマゾンにはお客様中心で物事をとらえるという考え方が組織の様々なところに浸透しています。その一つがお客様からの声や要望に耳を傾けサービスとしてどんどん提供するというものです。AWSのサービスの90%以上はお客様の声によって実現しています。
  • それを繰り返すことで今や165を超えるサービス。機能拡張は昨年だけで1957回です。私どもは一つのものがすべてを満たすとは思っていません。お客様の個別ニーズにあわせていくことが重要だととらえています。結果的に他のお客様も平等にお使いいただけるのがクラウドコンピューティングの良さです。結果的にAWSがどのプロバイダーよりも幅が広くしかもニーズに沿った選択肢の多い機能とサービスを提供できているのです。
  • お客様が手に入れるメリットは、コストダウンもさることながら、今までの固定化されたITから解放され、柔軟性とスピードを手に入れることになります。
  • AWSによって実現した柔軟かつスピードを兼ね備えたお客様のシステムは、その先にいるお客様やビジネスの要望にリアルタイムで応えられるようになり、カスタマーエンゲージメントの強化につながります。キャピタルワンではありませんが、デジタルによりリアルとは違うスキルセット、ツール、手法でお客様と向き合う必要があります。柔軟性とスピード、そして臨機応変にお客様ニーズにこたえ続けられるということは、デジタルの世界ではもっとも重要な点の一つです。
  • ITリソースの調達に初期費用は必要ありません。従来のデータセンターでかかっていたような運用費もすべて利用料金に含まれます。
    また仮想サーバーであれば、使用時間に対して課金がされるので、用途によっては夜間や週末停止することによってさらにコスト削減が可能になります。

    5年以内のハードディスクの故障率は40%とも言われています。クラウドなら機器交換やサービス停止のリスクを最小化できます。
  • 従来のITリソースの調達には無駄がありました。
    余剰のキャパシティは、サーバーのCPU利用率を下げ、超過リクエスト時にはリソース不足を起こし機会損失が起こっていました。
    正確にリソース使用量を見積もることは非常に困難でした。

    クラウドなら、必要なリソースを手動・自動で調達が可能です。
    使用状況に合わせたリソース調達ができるという事は、無駄を省く事ができ、結果的にコスト削減になります。
    また、サービスの安定供給が可能となる為、サービス利用者の不満も最小限にすることができます。
  • ここに、そのDigitalizationの重要性を表す一つの指標があります。
    全米上位500社がその総収入に基づきランキングされるFortune500の指標では、
    1965年時点で、企業の平均存続年数が67年であったのに対し、
    2015年は15年まで短縮されていることが統計としてあらわされています。

  • このソリューションアーキテクトという仕事を通して、我々が持つミッションは、全てのデベロッパーの手に機械学習の力を与えることです。
    機械学習・深層学習のテクノロジーを使って、また、それらを大規模に実行する基盤やサービスの提供を通して、お客様のビジネスに新しい価値を生むお手伝いをしています。

    Our mission is to enable customers to transform their businesses by putting ML in the hand of every developer. [Note: adding a customer-focused angle to our mission will be most impactful with the analyst audience]
  • 世界中のお客様のイノベーションを支える過程で頂いたフィードバック、声をもとにこれらの最新のサービスは開発され日々進化し続けています。いつでもすぐに低コストで使えるのです。もはや、AWS がインフラしか提供していなかったのはずっと前のことです。開発者はマネージドサービスを使うことで“お客様課題の解決”という本当に重要なことに集中することが出来ます。お客様自らがテクノロジーのオーナシップを発揮することで、今後訪れるであろう大きな変化に耐えることが可能になります。
  • 世界中のお客様のイノベーションを支える過程で頂いたフィードバック、声をもとにこれらの最新のサービスは開発され日々進化し続けています。いつでもすぐに低コストで使えるのです。もはや、AWS がインフラしか提供していなかったのはずっと前のことです。開発者はマネージドサービスを使うことで“お客様課題の解決”という本当に重要なことに集中することが出来ます。お客様自らがテクノロジーのオーナシップを発揮することで、今後訪れるであろう大きな変化に耐えることが可能になります。
  • そんなお客様にご覧いただきたいのがこちらになります。
    こちらはAWSの利用料の一般的な内訳例になります。
    ご覧いただくとわかりますように、仮想サーバ・データベースがご利用料金の9割程度を占め、
    逆にいうとデータ転送料金は割合としては小さいことが多いですので、
    実はあまり恐れる必要がないというケースが多いです。

    とはいえ、全てのユースケースでデータ転送料金が安いというわけではございません。
    高精細の画像や動画をたくさんのユーザに配信するケースなどでは、データ転送料金の割合が高くなることはありますので、
    このような場合には、配信するデータのサイズやアクセス数から発生するデータ転送量を試算して、
    金額をおさえておく必要があると思います。
  • ここで機械学習の分類について少し触れていきます。
  • [1 minute]

    強化学習は日常生活でもよくある考え方にもとづいています。正しい行動に導くために報酬を与えたことがあるでしょう。
    ペットを訓練することを考えてみると、正しい行動をしたときに、ご褒美が与えられると思います。一方で、悪い行動をすればペナルティとして報酬を与えません。
    強化学習の結果として、ペットはより多くのごほうびを得るように行動するようになります。
    また、イヌの訓練でみられるように、座る・待てといった単純な行動だけでなく、より複雑な行動も学習することができます。


  • そんなお客様にご覧いただきたいのがこちらになります。
    こちらはAWSの利用料の一般的な内訳例になります。
    ご覧いただくとわかりますように、仮想サーバ・データベースがご利用料金の9割程度を占め、
    逆にいうとデータ転送料金は割合としては小さいことが多いですので、
    実はあまり恐れる必要がないというケースが多いです。

    とはいえ、全てのユースケースでデータ転送料金が安いというわけではございません。
    高精細の画像や動画をたくさんのユーザに配信するケースなどでは、データ転送料金の割合が高くなることはありますので、
    このような場合には、配信するデータのサイズやアクセス数から発生するデータ転送量を試算して、
    金額をおさえておく必要があると思います。
  • このDeepRacerはSageMakerRLと連携し、シミュレーションの結果として生成されたアルゴリズムをインストールすることができます。
    そしてそのアルゴリズムをもとに路面状態をリアルタイムで判断しながら、コースを滑走します。
  • Amazonの最高責任者であるJeff Bezosはこう言っています。
    発明は色々な形態、規模で生み出される。もっとも大胆、且つ革新的な発明は人々の創造性を解き放つ。ー 夢を追い続けられるように。
    Jeffは、会社の発明こそが将来のビジネスを作り出すために重要だと考えており、それに対して非常に強い拘りを持っています。
  • これはGartnerにより今年の秋公開された2016年末時点でのクラウドマーケットのシェアとなります。

    44.1%のマーケットシェアがあり、1年前の39.7%よりも伸びています。
    そしてほかの9社の合計よりAWS1社の方がシェアが大きいことが発表されています。



  • ×