Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
ドット絵でプログラミング!
難解言語『Piet』勉強会
KC3 2017 勉強会
KMC base64 (@basemusi)
目次
突然ですが皆さん、
目次
あの!話題の画期的な
プログラミング言語
目次
Pietを
知っていますか!?
近況
京都大学プログラミングコンテスト
KUPCの運営をやっています
競技プログラミングに
興味のある人は是非参加を!!
日時:10/1(日)13:00~18:00
目次
1. 環境構築
2. Pietの紹介
3. 実際にPietを描いてみる
4. 実際にPietを描いてみる
5. 実際に……
6. ……
∞. おわりに
このスライドとほぼ同じ内容のものが
下のリンク先にあるので参照してください
https...
環境構築
Pietの本格的な勉強会に移る前にまず、
KMCのdama氏製作の便利なのPietのIDE、Pidetを
インストールしてもらいます
1. “pidet”で検索
2. “dnek/Pidet: IDE for Piet. – Gith...
環境構築
ダウンロードが終わったら、適当な場所に展開した後
“Pidet.exe”を実行してPidetが起動することを確認してください
目次
1. 環境構築
2. Pietの紹介
3. 実際にPietを描いてみる
4. 実際にPietを描いてみる
5. 実際に……
6. ……
そもそもPietって何
 読み方は「ピエト」であり、「ピエット」ではない
 ソースコードがドット絵である難解プログラミング言語
 David Morgan-Mar氏が考案
 Piet Mondrianの作品に影響を受け、名前もこれに由来...
KMCとPiet
KMCでは、これまで3年間ほどPiet勉強会が続き、
日本ではほぼ最先端で、Pietに関する様々な活動をやってきた
その一部始終は「Piet」で検索するとKMC関連のページが多く
ヒットすることからも明らかであろう
その中で特...
京大Pietクラブ
 2016年のエイプリルフール企画で、
KMCのウェブページをPietのサーバーで動かした
 京大Pietクラブへ改名
Piet08事件
私がプログラミングコンテストにPietを使って出た話をブログに
挙げていたら、UTMCの部員からPidetの仕様が間違っている
という趣旨のメッセージが飛んでくる
↓
Pidetの挙動が公式のものと一部違うことが判明
(200...
Pietってどうやって動くの
とりあえずPidetを使ってプログラムを実行してみる
Pietってどうやって動くの
デモだけだと雰囲気しかわからないので、
詳細を説明していきます
コーデル(codel)
 Pietのコードを構成する最小単位の正方形のドットのこと
 Pidetでは画像の読み込み時と保存時に1コーデルが何ピクセ
ルか指定する
真ん中の青い部分が1コーデル
カラーブロック
 同色のコーデルが縦横に並んでいるもの
 Pietのコードの基本単位
1コーデル
6コーデル
8コーデル
プログラムの実行の仕方
Pietのコードの上をPP(プログラムポインター)と呼ばれる点が
移動しながら命令が実行される
最初PPは左上隅のコーデルにあり、DPとCCに従って
移動していく
PPの移動元と移動先の色の差によって異なる命令が実行される
DPとは
↑・↓・←・→の4状態あり、PPの移動方向を決める
PPは現在位置のカラーブロックの中で最もDP方向にある
コーデルから、DP方向にあるカラーブロックに移動する(仮)
DPとは
現在のPPの位置 PPの移動先
例えば、DPが「→」のとき、下図のように移動する
最もDP方向にある
コーデル DP方向に移動
DPだけでは困る
DPが「→」のとき、PPが下図の緑のカラーブロックから
移動しようとすると、移動先が分からない
このとき、移動先をCCによって決める
?
?
?
CCとは
左(L)・右(R)の2状態ある
PPは、現在位置のカラーブロックの中で最もDP方向にある
コーデルのうち、DP方向に向かって最もCC側にある
コーデルからDP方向に移動する
?
?
?
DP→, CC左の場合 DP→, CC右の場合
DPとCC
緑のカラーブロックからPPが移動するとき……
DP→, CC左 DP→, CC右
DPとCC
緑のカラーブロックからPPが移動するとき……
DP↓, CC左 DP↓, CC右
DPとCC
緑のカラーブロックからPPが移動するとき……
DP←, CC左 DP←, CC右
DPとCC
緑のカラーブロックからPPが移動するとき……
DP↑, CC左 DP↑, CC右
Pietで使える色
Pietで使用できる色は 3(明度) * 6(色相) + 2(白黒) = 20種類
それ以外の色はPidetでは白と解釈する
白と黒は他の色とは異なり、特殊な扱いがされる
黒の扱いと終了条件
PPの移動先が黒のコーデルやコードの外側になったときは、
PPは移動に失敗する
移動に失敗した場合は、CCを切り替えてもう一度移動しよう
とする
それでも移動に失敗したら、DPを時計回りに90度変えて移動
しようとする
それ...
白の扱い
白のカラーブロックは大きさが1コーデルのものだけであり、
白のコーデル同士が隣接していても別のカラーブロックとみなす
移動元もしくは移動先が白のコーデルのとき、移動時に
命令が実行されない
ただし、白のコーデルだけで移動が無限ループ
...
命令
白と黒を除いた18色を用いて、PPの移動元と移動先の
色の差によって17種類の命令が実行できる
なお、記憶領域として使えるのは整数のスタック一つのみ
変数などというややこしいものは使えないので楽です(嘘)
スタックについて(簡単な説明)
イメージとしては数の積み木
一番上に数を積むpushと一番上の積み木を取り出すpopの操作がある
空 3 3 3
5
7
4
5
3
5
3
5
3
5
3
3 push 5 push 4 push 7 push...
命令(スタック)
 push・・・移動元のカラーブロックのコーデル数をpushする
 pop・・・1回popする
 dup・・・1回popし、popした数を2回pushする
3
4
5
dup
3
4
5
4
命令(演算)
 add・・・2回popし、popした数の和をpushする
 sub・・・2回popし、2回目にpopした数-1回目の数をpushする
 multi・・・ 2回popし、popした数の積をpushする
 div・・・ 2回...
命令(論理)
 not・・・1回popし、popした数が0ならば1を、そうでなけれ
ば0をpushする
 great・・・2回popし、2回目にpopした数>1回目ならば1を、そ
うでなければ0をpushする
命令(DPとCC)
 point・・・1回popし、DPを時計回りに
(popした数)×90度回転させる
 switch・・・ 1回popし、popした数の回数CCを切り替える
命令(roll)
 roll・・・スタックの中身を回転させるやっかいな命令
まず2回popし、1回目にpopされた数をn、2回目をdとする
その後、スタックのtopからd個の要素をn回、回す
3
4
5
7
3
2 roll(d=3, n=2...
命令(入出力)
 in(n)・・・標準入力から整数を受け取り、その数をpushする
 in(c)・・・標準入力から文字を受け取り、そのUnicode値を
pushする
 out(n)・・・1回popし、popした数を標準出力に出力する
...
目次
1. 環境構築
2. Pietの紹介
3. 実際にPietを描いてみる
4. 実際にPietを描いてみる
5. 実際に……
6. ……
∞. おわりに
Task1 簡単なPietプログラム
 2つの整数を標準入力から受け取り、その和を標準出力に出
力するPietのプログラムを描いてください
 時間が余って余裕がある人はコードを小さくしたり、見た目
を改善したりするとよいです
 KMCでの...
Task2 簡単なループ
 1つの正整数を標準入力から受け取り、その数が0になるまで
2で割り続け、その過程を標準出力に出力するPietのプログラ
ムを描いてください
例. 入力:“7” 出力:“7310”
入力:“16” 出力:“16842...
Task3 rollを理解する
 1つの非負整数Nを標準入力から受け取り、N!を出力するPiet
プログラムを描いてください
例. 入力:“3” 出力:“6”
入力:“5” 出力:“120”
 roll命令を使わないと多分無理です
Task4 ほどよい難易度
 2つの正整数a, bを標準入力から受け取り、aとbの最大公約数
を出力するPietプログラムを描いてください
例. 入力:“4 8” 出力:“4”
入力:“15 6” 出力:“3”
 最小公倍数でもよいです
...
Task5 Pietを完全に理解する
 時間が余ってしょうがない人向けです
 生半可な覚悟で取り掛からないようにしましょう
 非負整数Nと項数Nの数列xを標準入力から受け取りxを昇順
にソートした数列を出力してください
 入力形式: N...
目次
1. 環境構築
2. Pietの紹介
3. 実際にPietを描いてみる
4. 実際にPietを描いてみる
5. 実際に……
6. ……
∞. おわりに
おわりに
 きっとPietの分岐とループの描き方を学んだはず。
これで任意のPietコードが描けるはず
 絵や文字っぽいプログラムを描くときは、先に絵を
用意してからPietに 修正していくと描きやすいらしい
 QRコードとしても意味を持...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

ドット絵でプログラミング!難解言語『Piet』勉強会

3,313 views

Published on

関西情報系学生団体交流会2017 Piet勉強会

Published in: Engineering
  • Be the first to comment

ドット絵でプログラミング!難解言語『Piet』勉強会

  1. 1. ドット絵でプログラミング! 難解言語『Piet』勉強会 KC3 2017 勉強会 KMC base64 (@basemusi)
  2. 2. 目次 突然ですが皆さん、
  3. 3. 目次 あの!話題の画期的な プログラミング言語
  4. 4. 目次 Pietを 知っていますか!?
  5. 5. 近況 京都大学プログラミングコンテスト KUPCの運営をやっています 競技プログラミングに 興味のある人は是非参加を!! 日時:10/1(日)13:00~18:00
  6. 6. 目次 1. 環境構築 2. Pietの紹介 3. 実際にPietを描いてみる 4. 実際にPietを描いてみる 5. 実際に…… 6. …… ∞. おわりに このスライドとほぼ同じ内容のものが 下のリンク先にあるので参照してください https://goo.gl/ouJC2Z
  7. 7. 環境構築 Pietの本格的な勉強会に移る前にまず、 KMCのdama氏製作の便利なのPietのIDE、Pidetを インストールしてもらいます 1. “pidet”で検索 2. “dnek/Pidet: IDE for Piet. – Github” 3. “releases”をクリックし、 “Pidet20170614”をダウンロード 下のリンクからでも可 https://github.com/dnek/Pidet/releases/download/ver20170614/Pidet20170614.zip
  8. 8. 環境構築 ダウンロードが終わったら、適当な場所に展開した後 “Pidet.exe”を実行してPidetが起動することを確認してください
  9. 9. 目次 1. 環境構築 2. Pietの紹介 3. 実際にPietを描いてみる 4. 実際にPietを描いてみる 5. 実際に…… 6. ……
  10. 10. そもそもPietって何  読み方は「ピエト」であり、「ピエット」ではない  ソースコードがドット絵である難解プログラミング言語  David Morgan-Mar氏が考案  Piet Mondrianの作品に影響を受け、名前もこれに由来  雑に描いても抽象画っぽくなる Pietで描かれたバブルソートのプログラム→
  11. 11. KMCとPiet KMCでは、これまで3年間ほどPiet勉強会が続き、 日本ではほぼ最先端で、Pietに関する様々な活動をやってきた その一部始終は「Piet」で検索するとKMC関連のページが多く ヒットすることからも明らかであろう その中で特に大きい出来事を紹介する
  12. 12. 京大Pietクラブ  2016年のエイプリルフール企画で、 KMCのウェブページをPietのサーバーで動かした  京大Pietクラブへ改名
  13. 13. Piet08事件 私がプログラミングコンテストにPietを使って出た話をブログに 挙げていたら、UTMCの部員からPidetの仕様が間違っている という趣旨のメッセージが飛んでくる ↓ Pidetの挙動が公式のものと一部違うことが判明 (2008年に明確化された仕様が取り込まれていなかったらしい) KMC部員が3年間ぐらい頑張って書いてきたものは 実はPietではなかった!!
  14. 14. Pietってどうやって動くの とりあえずPidetを使ってプログラムを実行してみる
  15. 15. Pietってどうやって動くの デモだけだと雰囲気しかわからないので、 詳細を説明していきます
  16. 16. コーデル(codel)  Pietのコードを構成する最小単位の正方形のドットのこと  Pidetでは画像の読み込み時と保存時に1コーデルが何ピクセ ルか指定する 真ん中の青い部分が1コーデル
  17. 17. カラーブロック  同色のコーデルが縦横に並んでいるもの  Pietのコードの基本単位 1コーデル 6コーデル 8コーデル
  18. 18. プログラムの実行の仕方 Pietのコードの上をPP(プログラムポインター)と呼ばれる点が 移動しながら命令が実行される 最初PPは左上隅のコーデルにあり、DPとCCに従って 移動していく PPの移動元と移動先の色の差によって異なる命令が実行される
  19. 19. DPとは ↑・↓・←・→の4状態あり、PPの移動方向を決める PPは現在位置のカラーブロックの中で最もDP方向にある コーデルから、DP方向にあるカラーブロックに移動する(仮)
  20. 20. DPとは 現在のPPの位置 PPの移動先 例えば、DPが「→」のとき、下図のように移動する 最もDP方向にある コーデル DP方向に移動
  21. 21. DPだけでは困る DPが「→」のとき、PPが下図の緑のカラーブロックから 移動しようとすると、移動先が分からない このとき、移動先をCCによって決める ? ? ?
  22. 22. CCとは 左(L)・右(R)の2状態ある PPは、現在位置のカラーブロックの中で最もDP方向にある コーデルのうち、DP方向に向かって最もCC側にある コーデルからDP方向に移動する ? ? ? DP→, CC左の場合 DP→, CC右の場合
  23. 23. DPとCC 緑のカラーブロックからPPが移動するとき…… DP→, CC左 DP→, CC右
  24. 24. DPとCC 緑のカラーブロックからPPが移動するとき…… DP↓, CC左 DP↓, CC右
  25. 25. DPとCC 緑のカラーブロックからPPが移動するとき…… DP←, CC左 DP←, CC右
  26. 26. DPとCC 緑のカラーブロックからPPが移動するとき…… DP↑, CC左 DP↑, CC右
  27. 27. Pietで使える色 Pietで使用できる色は 3(明度) * 6(色相) + 2(白黒) = 20種類 それ以外の色はPidetでは白と解釈する 白と黒は他の色とは異なり、特殊な扱いがされる
  28. 28. 黒の扱いと終了条件 PPの移動先が黒のコーデルやコードの外側になったときは、 PPは移動に失敗する 移動に失敗した場合は、CCを切り替えてもう一度移動しよう とする それでも移動に失敗したら、DPを時計回りに90度変えて移動 しようとする それでも移動に失敗したら、CCを…… CCとDPを交互に切り替えて、連続で8回移動に失敗すると プログラムが停止する
  29. 29. 白の扱い 白のカラーブロックは大きさが1コーデルのものだけであり、 白のコーデル同士が隣接していても別のカラーブロックとみなす 移動元もしくは移動先が白のコーデルのとき、移動時に 命令が実行されない ただし、白のコーデルだけで移動が無限ループ した場合はプログラムが停止する
  30. 30. 命令 白と黒を除いた18色を用いて、PPの移動元と移動先の 色の差によって17種類の命令が実行できる なお、記憶領域として使えるのは整数のスタック一つのみ 変数などというややこしいものは使えないので楽です(嘘)
  31. 31. スタックについて(簡単な説明) イメージとしては数の積み木 一番上に数を積むpushと一番上の積み木を取り出すpopの操作がある 空 3 3 3 5 7 4 5 3 5 3 5 3 5 3 3 push 5 push 4 push 7 pushpop pop pop 4 7 5
  32. 32. 命令(スタック)  push・・・移動元のカラーブロックのコーデル数をpushする  pop・・・1回popする  dup・・・1回popし、popした数を2回pushする 3 4 5 dup 3 4 5 4
  33. 33. 命令(演算)  add・・・2回popし、popした数の和をpushする  sub・・・2回popし、2回目にpopした数-1回目の数をpushする  multi・・・ 2回popし、popした数の積をpushする  div・・・ 2回popし、2回目にpopした数÷1回目をpushする (端数切捨て)  mod・・・2回popし、2回目にpopした数 mod 1回目をpushする 3 4 5 sub 3 1
  34. 34. 命令(論理)  not・・・1回popし、popした数が0ならば1を、そうでなけれ ば0をpushする  great・・・2回popし、2回目にpopした数>1回目ならば1を、そ うでなければ0をpushする
  35. 35. 命令(DPとCC)  point・・・1回popし、DPを時計回りに (popした数)×90度回転させる  switch・・・ 1回popし、popした数の回数CCを切り替える
  36. 36. 命令(roll)  roll・・・スタックの中身を回転させるやっかいな命令 まず2回popし、1回目にpopされた数をn、2回目をdとする その後、スタックのtopからd個の要素をn回、回す 3 4 5 7 3 2 roll(d=3, n=2) 3 4 5 7 d=3個 3 4 5 7 3 4 5 7 1回転 2回転 3 4 5 7
  37. 37. 命令(入出力)  in(n)・・・標準入力から整数を受け取り、その数をpushする  in(c)・・・標準入力から文字を受け取り、そのUnicode値を pushする  out(n)・・・1回popし、popした数を標準出力に出力する  out(c)・・・1回popし、popした数をUnicode値として持つ 1文字を標準出力に出力する (10をout(c)すると改行できて便利)
  38. 38. 目次 1. 環境構築 2. Pietの紹介 3. 実際にPietを描いてみる 4. 実際にPietを描いてみる 5. 実際に…… 6. …… ∞. おわりに
  39. 39. Task1 簡単なPietプログラム  2つの整数を標準入力から受け取り、その和を標準出力に出 力するPietのプログラムを描いてください  時間が余って余裕がある人はコードを小さくしたり、見た目 を改善したりするとよいです  KMCでのPietコードゴルフ界隈では、コードの対角線の長さ が小さいほどよいことになっています
  40. 40. Task2 簡単なループ  1つの正整数を標準入力から受け取り、その数が0になるまで 2で割り続け、その過程を標準出力に出力するPietのプログラ ムを描いてください 例. 入力:“7” 出力:“7310” 入力:“16” 出力:“1684210”  最初にもともとの数を出力するかどうか、最後に0を出力す るかどうかは自由にしてよいです  数と数の間に区切りを入れるとよい (入力7に対して7,3,1,0等)
  41. 41. Task3 rollを理解する  1つの非負整数Nを標準入力から受け取り、N!を出力するPiet プログラムを描いてください 例. 入力:“3” 出力:“6” 入力:“5” 出力:“120”  roll命令を使わないと多分無理です
  42. 42. Task4 ほどよい難易度  2つの正整数a, bを標準入力から受け取り、aとbの最大公約数 を出力するPietプログラムを描いてください 例. 入力:“4 8” 出力:“4” 入力:“15 6” 出力:“3”  最小公倍数でもよいです  ユークリッドの互除法を使いましょう
  43. 43. Task5 Pietを完全に理解する  時間が余ってしょうがない人向けです  生半可な覚悟で取り掛からないようにしましょう  非負整数Nと項数Nの数列xを標準入力から受け取りxを昇順 にソートした数列を出力してください  入力形式: N x_1 x_2 , … , x_N 例. 入力:“3 2 1 4” 出力:“1 2 4” 入力:“5 4 10 2 2 -2” 出力:“-2 2 2 4 10”  しんどい
  44. 44. 目次 1. 環境構築 2. Pietの紹介 3. 実際にPietを描いてみる 4. 実際にPietを描いてみる 5. 実際に…… 6. …… ∞. おわりに
  45. 45. おわりに  きっとPietの分岐とループの描き方を学んだはず。 これで任意のPietコードが描けるはず  絵や文字っぽいプログラムを描くときは、先に絵を 用意してからPietに 修正していくと描きやすいらしい  QRコードとしても意味を持つPietコードは先にQRコードを 用意して、白い部分に明るい色を、黒い部分に暗い色を使うと できる  俺たちのPietライフはまだまだ始まったばかりだ  (ちなみに私はもうPietは飽きた)

×