アニメ聖地巡礼についてのアイデアソンテンプレート

717 views

Published on

アニメ聖地巡礼+アイデアソンのテンプレート資料になるように構成しています。
2016年10月22日開催の「沼津を盛り上げるアイディアソン 第2回」(http://twipla.jp/events/223885)で使用しました。
これからの沼津での勉強会や、他のアニメ聖地で使用していただければ幸いです。

Published in: Travel
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
717
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
565
Actions
Shares
0
Downloads
1
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

アニメ聖地巡礼についてのアイデアソンテンプレート

  1. 1. 秋葉原IT戦略研究所 野田純一 1
  2. 2. この資料の説明 2 アニメ聖地巡礼+アイデアソンの テンプレート資料になるように構成しています。 2016年10月22日開催の 「沼津を盛り上げるアイディアソン 第2回」 で使用しました。 これからの沼津での勉強会や、他のアニメ聖地で 使用していただければ幸いです。
  3. 3. 3 アジェンダ 参加者20名、3時間の場合 経過時間合計 所要時間 プログラム 00:15 15分 イントロダクション説明 00:25 10分 アイデア シンキングタイム 01:35 70分 自己紹介+アイデアの公表 01:50 15分 アイデア(課題)の整理 02:25 35分 アイデアスケッチの記入 02:45 20分 アイデアスケッチの公表 02:50 5分 次のアクションに向けてまとめ
  4. 4. アイデアソンとは? 4 アイデア+マラソン の略で元々はITのハッカソンでやっていた アイデア出し -> プロダクト作成 の「アイデア出し」を切り出したもの。 新規事業や地域活性化での活用に期待されている ※参考「アイデアソン!アイデアを実現する最強の方法 (徳間書店)」
  5. 5. 5 アイデアソンの特徴 1 2 3 参加者の多様性 アイデアの可視化 集合知の活用 (グループワーク等)
  6. 6. 参加者の多様性 6 地元民 アニメファン
  7. 7. 7 アイデアの可視化
  8. 8. 8 集合知の活用(グループワーク等)
  9. 9. アイデアソンの課題 9 「アイデアだけでは意味がない」という批判 アウトプットを明確化 参加者全員で共有認識
  10. 10. 10 参加者の共通認識の確認 ラブライブ!サンシャイン!! で聖地沼津を盛り上げたい!
  11. 11. 11 アイデアソンのゴール(例) それぞれの立場で具体的に何をしていけばい いかを決めていく=アウトプット • アニメへの理解 • アニメを使ったおもてなし 地元民 • 聖地化のお手伝い • Twitterでの地元商店の宣伝など アニメファン • 地元民とファンのマッチング • 聖地勉強会開催 地元民兼 アニメファン
  12. 12. 12 ルール1 アイデア出しの段階では批判禁止
  13. 13. 13 ルール2 アイデアは共有資産
  14. 14. 14 ルール3 わりと撮影し公開します
  15. 15. 15 では初めてみましょう アニメの聖地沼津について • 解決したい問題 • 話し合いたいテーマ • あったら嬉しい物 • 誰かに聞きたいこと • コラボが難しい店 • 2期までにしたい事
  16. 16. 16 シンキングタイム(10分) 1人1つは書きましょう
  17. 17. 17 自己紹介と課題公表(70分) ひとり2分目安
  18. 18. 18 問題の整理(15分) ファシリテーターに期待
  19. 19. 19 アイデアスケッチの記入(35分) 整理された問題に対して グループを作って解決方法を探る 4人で1チーム目安
  20. 20. 20 アイデアスケッチの発表(20分) 1チーム3分程度 アイデアスケッチのテンプレート
  21. 21. 21 次のアクションに向けたまとめ(5分) お疲れ様でした
  22. 22. 22 各種リンク 秋葉原IT戦略研究所 http://akibalab.info/ アイデアソン第1回記事 はてなブログ @n428dev(AKB428)

×