Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

クリエイティブを影でささえるサーバー選びの話

488 views

Published on

2017年10月14日(土)に山口大学で開催されたイベント、クリエイティブハントで登壇した資料

Published in: Business
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

クリエイティブを影でささえるサーバー選びの話

  1. 1. Copyright © NHN Techorus Corp. クリエイティブを影でささえる サーバー選びの話 NHN テコラス株式会社 小柳津 純
  2. 2. Page 2 小柳津 純(おやいづ じゅん) • 所属:NHN テコラス(株) • 業務:クラウド/ホスティングサービスの企画・運営 (CloudGarage / EX-CLOUD) • 経歴:10年前に前身のライブドアに入社以来、中小企業向け ホスティングサービスの企画・プロダクト管理に従事 • 趣味:キックボクシング • 特技:生まれてこの方同じ苗字の人に会ったことがないこと • クリエイティブな一面:若い頃10年間バンドマンをしていた • その他:東京在住、妻と子供3人の5人家族 自己紹介
  3. 3. Page 3 本日の主旨 サーバーの選び方を ホスティング基礎知識の説明 を交えながら解説します。
  4. 4. Page 4 【第一部】基礎知識 1.サーバーについて知る 2.ホスティングを理解する 【第二部】サーバーの選び方 1.要件の確認 2.サーバータイプの決定 3.プランの選定 4.オプションの確認 5.契約 【特典】 クリエイティブハント参加者様 への特典紹介 アジェンダ
  5. 5. Page 5 第一部 基礎知識
  6. 6. Page 6 1.サーバーについて知る
  7. 7. Page 7 サーバーとは何ぞや? それは、遠隔地から接続する 業務用コンピューターです。
  8. 8. Page 8 サーバーのしくみ こんな形をしています。(画像は例です) 【特徴】 • 構成パーツはパソコン同様だが 高スペック • 24時間365日稼動 • 高価 • 10年-15年稼動できる耐久性 • ハードディスクやSSDは稼動し たまま抜き差し可能
  9. 9. Page 9 データセンターに設置 一般的にサーバーは「データセンター」と呼ばれる堅 牢(=頑丈)な建物の中に格納されます。 【特徴】 • 建物の安全性が高い • 耐震/免震構造かつ地盤も 考慮 • 厳重な管理 • 警備員の配置 • 静脈認証や顔認証 • 消化は窒素ガス • 運用面の配慮 • 温度、湿度管理 • 自家発電装置やUPS
  10. 10. Page 10 サーバーの様々な用途 サーバーは様々な用途で利用されます。 ウェブサーバー 動画配信サーバー メールサーバー キャッシュサーバー アプリケーションサーバー バックアップサーバー ファイルサーバー CMSサーバー メール配信サーバー データベースサーバー
  11. 11. Page 11 サーバーを利用するには? サーバー利用にはいくつかの方法があります。 • 自社購入して自社のデータセンターに設置して利用 • 自社購入して自社オフィスのサーバールームに設置 • データセンター事業者(iDC)から場所を借りてラックとと もに設置(コロケーション/ハウジング) • 自宅にラックを建ててサーバーを設置 • iDCからサーバーを借りてレンタルで利用(ホスティング)
  12. 12. Page 12 2.ホスティングを理解する
  13. 13. Page 13 ホスティングって何? サーバーの機能(リソース)をお客様 にレンタルするサービスです。
  14. 14. Page 14 ホスティングの利用イメージ ホスティングでは、利用者はこんな感じで遠くにあ るサーバーを遠隔操作して利用します。
  15. 15. Page 15 どんなタイプがあるのか? ホスティングは、大別すると以下の4つのタイプに 分けられます。 共用サーバー 専用サーバー VPS クラウド
  16. 16. Page 16 共用サーバー 1台のサーバーを複数人で共有して利用します。レ ンタルサーバーとも呼ばれます。 ハードウェア ネットワーク OS ミドルウェア 顧客 ① 顧客 ② 顧客 ③ 【特徴】 • OSやミドルウェアを他のユーザー と共有 • 他社の利用の影響を受けやすい • 同居人数は事業者によって異なる • ミドルウェアの管理・セキュリ ティ対応を事業者が行ってくれる
  17. 17. Page 17 共用サーバーのイメージ 【B】こども2人乗り 自転車のこどもの部分 【A】バス・トイレ共 同のアパートの一室
  18. 18. Page 18 VPS Virtual Private Serverの略。ユーザーごとにOSが 別に提供されるため自由度の高い利用ができます。 ハードウェア ネットワーク ハイパーバイザ(仮想化) ゲスト OS ミドル ウェア ゲスト OS ミドル ウェア ゲスト OS ミドル ウェア 【特徴】 • 専用サーバーと同等の自由度 • 仮想ソフトによってOS(ゲス トOS)が分離されているため、 他者の影響を受けづらい • root権限があり、ミドルウェ アを自由にカスタマイズ可能 • ディスク(SSD)は他社と共 用のため影響を受ける可能性 がある
  19. 19. Page 19 VPSのイメージ 【A】バス・トイレが 個室に完備されたマン ションの一室 【B】全てにペダルが ある複数人乗り自転車
  20. 20. Page 20 クラウド 仮想領域(VPS)を時間課金で利用。複数連携して 利用することも多いです。 ハードウェア ネットワーク ハイパーバイザ(仮想化) ゲスト OS ミドル ウェア ゲスト OS ミドル ウェア ゲスト OS ミドル ウェア ハードウェア ネットワーク ハイパーバイザ(仮想化) ゲスト OS ミドル ウェア ゲスト OS ミドル ウェア ゲスト OS ミドル ウェア 【特徴】 • 仮想化のしくみは基本的に VPSと同じ • 複数の仮想領域を1つのシス テムとして運用するケースが 多い • 金額は数千円から数百万、数 千万の巨大なシステムまで構 築できる • サーバーをインスタンスと呼 ぶケースがある
  21. 21. Page 21 クラウドのイメージ 【A】マンションの一 室を複数所有 【B】複数人乗り自転 車をチームで利用
  22. 22. Page 22 専用サーバー 1台のサーバーを占有で利用できるので専用サー バーといいます。 ハードウェア ネットワーク OS ミドルウェア アプリケーション 【特徴】 • 物理的なサーバーの管理、ネッ トワークの保守・運用を事業者 が担当してくれる • OSはLinuxやWindowsなどから 選択可能 • 起動、停止などは管理画面から 対応できる事業者も多い • root権限あり
  23. 23. Page 23 専用サーバーのイメージ 【A】一軒家(豪邸) を一人で所有。バス・ トイレ占有 【B】1台の自転車を 一人で占有
  24. 24. Page 24 第二部 サーバーの選び方
  25. 25. Page 25 サーバー選びの手順 1.要件の確認 2.サーバータイプの決定 3.プランの選定 4.オプションの確認 5.契約
  26. 26. Page 26 1.要件の確認 2.サーバータイプの決定 3.プランの選定 4.オプションの確認 5.契約 1.要件の確認
  27. 27. Page 27 利用目的を整理 サーバーで何を構築したいかを整理しておきます。 • WordPressでオウンドメディアを作りたい。 • メールサーバーを構築してウェブメールを利用したい。 • 会員数300人程度のポータルサイトを構築したい。 • キャンペーンサイトでたくさんのアクセスを裁きたい。 • 自社商品1万点ほどのECサイトを構築したい。 …etc
  28. 28. Page 28 技術要件の把握 それぞれの要件に応じた実現方法も考えておきます。 • WordPressでオウンドメ ディアを作りたい。 • メールサーバーを構築してウェブ メールを利用したい。 • 会員制のポータルサイトを構築し たい。 • キャンペーンサイトでたくさんの アクセスを裁きたい。 • 自社商品販売用のECサイトを構築 したい。 • WordPressのインストールに必要 なOSやミドルウェアは何か?バー ジョンはいくつか? • ウェブとデータベースは1台の サーバーで構築するか?分離する か? • データベースの移行ツールはどう するか? • セキュリティ系のオプションは必 要か? • 記事数が増える想定でサーバー機 能拡張は必要か?
  29. 29. Page 29 新規か移行かを確認 他社で利用中のサーバーを移行するのか、新規サー バーを導入するのかを確認します。 • 移行の場合、現状の契約内容と サーバー利用状況を確認してお く • 新規の場合はどんな規模のサイ トになるか予測しておく (PV/UU/同時アクセス/トラ フィック) • 予測がつけずらい場合は拡張性 の高いサーバータイプを検討す るる
  30. 30. Page 30 予算の把握 事前にだいたいの予算感を把握しておきます。 • レンタルサーバーの場合は月額 費用の他に初期費用がかかる • 個人利用では月額100円~1,500 円程度が目安 • 法人は最低でも月額1,000円以 上のサービスを選ぶのが無難 • 初期とランニングに分けて考え ておく
  31. 31. Page 31 リテラシーの把握 クライアントに変わって契約する場合にはITリテラ シー(技術知識レベル)を確認しておきます。 • コマンドライン(SSH)でサー バーを操作できるか? • GUI(画面操作)しかできない か? • WordPressなどのCMSがあれば 運用更新ができるか?
  32. 32. Page 32 1.要件の確認 2.サーバータイプの決定 3.プランの選定 4.オプションの確認 5.契約 2.サーバータイプの決定
  33. 33. Page 33 比較表からタイプを決定 項目 共有サーバー VPS クラウド 専用サーバー 必要な技術知識 低 中 高 中~高 共用部分 ミドルウェア 共用 専用 専用 専用 仮想ソフト ─ あり あり ─ OS 共用 専用 専用 専用 ハードウェア 共用 共用 共用 専用 ネットワーク 共用 共用 共用 共用 管理権限 × ○ ○ ○ 管理の自由度 低 高 高 高 他者の影響 受けやすい 受けづらい 受けづらい 受けづらい 事業者による保守管理 ミドルウェアまで 仮想ソフトまで 仮想ソフトまで ハードウェアまで サポート 手厚い セルフに近い セルフ セルフ 時間課金 × × ○ × 納品(クレジット支払) 即時 即時 即時 即時~数営業日 拡張性 低 中 高 低 価格帯 500-1,500円 700円~3万円 2,000円~100万円 1.5万~10万円
  34. 34. Page 34 1.要件の確認 2.サーバータイプの決定 3.プランの選定 4.オプションの確認 5.契約 3.プランの選定
  35. 35. Page 35 プラン早見表を確認 各社のウェブにプラン早見表があります。まずはこ れで各プランの差異を確認します。 • レンタルサーバーはディスクサイ ズやメールアカウント数、マルチ ドメイン数 • VPS、クラウド、専用サーバーは スペック(CPU、メモリ、ディス ク)による差異がほとんど • 年額の月額換算表示に注意 「1500円~」の「~」に注意
  36. 36. Page 36 仕様一覧を確認 さらに詳細項目を仕様一覧(スペック一覧)でざっ と確認しておきます。 デーセンター所在地(日本/海 外) DNS利用 仮想化技術(KVMなど) サポートの有無と時間・手段 保守運用体制(24/365) マルチドメイン/サブドメイン 数 ディスク(SSD/HDD/RAID有 無) SLA 提供OS(CentOS/windows) GUIツールの有無 root権限 メールアカウント数 ネットワーク帯域(1Gbps) ミドルウェアバージョン データ転送量(無料/有料) アプリケーションテンプレー ト バックアップ IPアドレス数
  37. 37. Page 37 1.要件の確認 2.サーバータイプの決定 3.プランの選定 4.オプションの確認 5.契約 4.オプションの確認
  38. 38. Page 38 (例) https://www.example.jp account@example.jp ドメイン ドメインとはウェブサイトやメールアドレスに利用 される世界で唯一のインターネット上の名前です。 属性jp co.jp / ne.jpなど 汎用jp / ccTLD .jp / .tv / .ukなど gTLD .com / .net / .info など ccTLD .jp / 専用 日本語ドメイン 日本語文字列.jpなど 新ドメイン .shop / .blogなど
  39. 39. Page 39 ・インターネット上の通信を暗号化 ・サイト運営者の実在証明 SSL証明書 SSL(Secure Sockets Layer)は以下の2つを実現 するためのプロトコル(しくみ)です。 3つのタイプがあります。 最近は無料のSSLを使った常時SSLも進んでいます。 ・ドメイン認証タイプ ・企業認証タイプ ・EV SSLタイプ
  40. 40. Page 40 セキュリティ 事業者によって異なりますが、オプションとしてセ キュリティ対策機能を提供している場合があります。 【メール系】 • メールウイルスチェック • スパム対策機能 【Web系】 • WAF(Web Application Firewall) 【アクセス制御】 • ファイアウォール
  41. 41. Page 41 1.要件の確認 2.サーバータイプの決定 3.プランの選定 4.オプションの確認 5.契約 5.契約
  42. 42. Page 42 2~3社比較検討する 同様のサービスを2~3社比較検討します。その際 にTwitterなどの口コミも参考にしましょう。 • 各社のプランダイジェスト(早見 表)を見比べて比較 • 比較サイトの活用も有効 • ただし、中には順位や記事などが 有料化されており、偏った記載の ものもある • SNSの評価などとあわせて判断し ていくのが無難
  43. 43. Page 43 無料お試しプランを契約 ほとんどのレンタルサーバーやVPSにはトライアル プランがあります。本契約前に活用して感触を確か めておきます。 • 管理画面の感触を確かめる • 本契約時のプラン選定の目安 にする • サポートが利用できる場合に は実際に問い合わせをしてみ る • 詳しい人はパフォーマンス測 定なども有用
  44. 44. Page 44 サポート活用で疑問点を解消 無料お試し利用中に発生した疑問や契約上の疑問点 をサポートに問い合わせて解消しておきます。 サポート品質の確認にもつながります。
  45. 45. Page 45 本契約 契約にあたり支払方法や契約期間、開通までの時間 を確認しておきます。解約に関する内容も確認して おくと後々安心です。 • 支払方法 • クレジットカード • 銀行振込 • 口座振替 • コンビニ払い • 契約期間 • 月額払い • 年額払い • 日額、時間課金 • 最低利用期間の確認 • 解約項目についても確認
  46. 46. Page 46 無事、サーバー選びが完了 1.要件の確認 2.サーバータイプの決定 3.プランの選定 4.オプションの確認 5.契約
  47. 47. Page 47 特典 クリエイティブハント 参加者様への特典紹介
  48. 48. Page 48 クリエイティブハント特典 ご来場の方々全員に CloudGarage 3インスタンス(3サーバー分) 2ヶ月無料で提供します! 1コア/1GB/50GB(SSD)
  49. 49. Page 49 クラウドガレージって何? 今年7/27にリリースされた全く新しいコンセプト のクラウドサービスです。
  50. 50. Page 50 • インスタンスを3個、5個など複数 のセットで提供 (1つの契約で複数インスタンス の利用権を購入する考え方) • 追加料金を気にしなくて良いから、 何度でも気軽にインスタンスを構 築・削除・コピーができる。試行 錯誤に最適 • 低価格なので単体プランを扱う感 覚で複数インスタンスが扱える 全く新しいコンセプト 複数のインスタンス(サーバー)を月額定額で利用 できるクラウドサービスです。
  51. 51. Page 51 4つの特長 4つの特長があります。 1. クラウドの定額化 • 時間課金でなく月額提供 • 回線だけでなく、インスタンス も定額化 2. シンプルなインターフェー ス • 極限までシンプルにしたコント ロールパネル • ネットワーク設定の簡略化 3. テンプレート&オートメー ション • 豊富なイメージ • 複数インスタンス間自動構築 4. サポートの充実 • アクティブサポート • 技術サポート無償提供
  52. 52. Page 52 コントロールパネル クラウドにありがちな煩雑さを排除した超シンプル なコントロールパネルです。
  53. 53. Page 53 テンプレートの数々 バックアップ&スケールアウトが簡単 スケールアウト ローカルネットワーク自動構築 オールSSDの本格クラウド SSD その他の豊富な機能
  54. 54. Page 54 50%以上OFFの低価格設計 メモリ:1GB CPU:1コア SSD:50GB 3 月額1,480円 64.6% OFF 大手クラウド事業者のおよそ50-70%OFFの価格で 提供。1GBメモリ比較では64.6%OFFの価格設定と なっています。
  55. 55. Page 55 2つの利用促進制度 1.開発者支援制度 (Dev Assist Program) • 1年間無料で3インスタンスを 利用可能 • 翌年更新可 • 審査あり 2.無料お試しプラン • 3インスタンスを2週間無料で 利用できる • 即時開通 • 期間経過後は自動解約(課金 の心配なし)
  56. 56. Page 56 是非、気軽に 新たなクラウドサービスを 試してみてください。
  57. 57. Page 57 ご清聴ありがとうございました。

×