Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

20180918_ops on azure-main

1,459 views

Published on

2018/9/18 Azure Antenna
Main document

Published in: Engineering

20180918_ops on azure-main

  1. 1. Microsoft Azure Overview と 直近の IaaS Update
  2. 2. 世界最大規模のクラウドインフラストラクチャー トータルで 54 リージョン: 42 リージョンが利用可能で12 リージョンが開設予定 利用可能なリージョン 建設中もしくは計画中 2018年9月時点 https://azure.microsoft.com/en-us/global-infrastructure/regions/
  3. 3. One of the largest networks in the world Diverse Paths Optical innovation SDN Control マイクロソフトのバックボーン ネットワーク
  4. 4. Azureは 85 のコンプライアンスに準拠 https://aka.ms/AzureCompliance https://azure.microsoft.com/ja-jp/overview/trusted-cloud/
  5. 5. Azure = オープンなクラウドプラットフォーム Azure で動作保証済みの Linux ディストリビューション https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/linux/endorsed-distros アプリケーション インフラ 管理ツール データベース ミドルウェア アプリケーション フレームワーク ツール DevOps
  6. 6. AzureJAPAN https://www.microsoft.com/ja-jp/business/nowon-azure
  7. 7. プラットフォーム サービス (PaaS) インフラストラクチャ サービス (IaaS) Web Apps Mobile Apps API Apps Notification Hubs ハイブリッド クラウド Backup StorSimple Azure Site Recovery Import/Export SQL Database CosmosDB Redis Cache Azure Search Storage Tables SQL Data Warehouse Azure AD Health Monitoring AD Privileged Identity Management Operational Analytics Cloud Services Batch RemoteApp Service Fabric Visual Studio Application Insights VS Team Services Domain Services HDInsight Machine Learning Stream Analytics Data Factory Event Hubs Data Lake Analytics Service IoT Hub Data Catalog セキュリティ / 統合管理 Azure Active Directory Multi-Factor Authentication Automation Portal Key Vault Store/ Marketplace VM Image Gallery & VM Depot Azure AD B2C Scheduler Xamarin HockeyApp Power BI Embedded SQL Server Stretch Database Mobile Engagement Functions Cognitive Services Bot Framework Cortana Security Center Container Service VM Scale Sets Data Lake Store BizTalk Services Service Bus Logic Apps API Management Content Delivery Network Media Services Media Analytics
  8. 8. 絶え間ない改善を続ける Microsoft Azure https://blogs.technet.microsoft.com/mssvrpmj/2018/07/30/ new-azure-innovation-advances-customer-success-for-the- cloud-and-ai-powered-future/ インフラ系の主な発表内容 • SSD ディスク ベースのデータ移動 オプションを提供する Data Box Disk • ブランチ間接続を最適化する Azure Virtual WAN • 「サービスとしてのファイアウォー ル」を実現する Azure Firewall • Azure 上で稼働する Windows Server 2008 / SQL Server 2008 への 無償延長パッチ提供 Microsoft Azure の利用価値を高める様々な施策をまとめて発表
  9. 9. 延長セキュリティ更新プログラムの提供オプション https://blogs.technet.microsoft.com/mssvrpmj/2018/07/13/ announcing-new-options-for-sql-server-2008-and- windows-server-2008-end-of-support/ 延長サポート終了を迎える下記製品に対す る、3年間の延長セキュリティ更新プログラ ムの提供オプションを発表 • SQL Server 2008 / 2008 R2 (EOS: 2019年 7月 9日) • Windows Server 2008 / 2008 R2 (EOS: 2020年 1月 14日) EOS を迎える Windows Server と SQL Server 2008 /2008 R2 へ3年間無償パッチを提供 Microsoft Azure で稼働する場合:無償提供 オンプレミスで稼働する場合: 1年あたり最新バージョンのライセンス コスト全額の 75% の料金で購入可能
  10. 10. Windows Server 2008 を Azure に移行する https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/site-recovery/migrate-tutorial-windows- server-2008 https://blogs.technet.microsoft.com/mssvrpmj/2018/08/31/migrate-windows-server-2008-with-azure-site-recovery/
  11. 11. クラウドサービスの提供形態と管理範囲 PaaS ストレージ サーバー ネットワーク OS ミドルウェア 仮想化技術 アプリケーション ランタイム データ SaaS ストレージ サーバー ネットワーク OS ミドルウェア 仮想化技術 アプリケーション ランタイム データ IaaS ストレージ サーバー ネットワーク OS ミドルウェア 仮想化技術 データ アプリケーション ランタイム ユーザー管理 ベンダー管理 オンプレミス ストレージ サーバー ネットワーク OS ミドルウェア 仮想化技術 データ アプリケーション ランタイム
  12. 12. Azure 仮想マシン関連アーキテクチャー リソースグループ 仮想ネットワーク(VNet) サブネット 仮想マシン NIC OS C:¥ /dev/sda Temp D:¥ /dev/sdb Data 1 Data 2 OS/データ用 ストレージアカウント 診断用 ストレージアカウント ホストマシンに 搭載されている 物理HDD/SSD パブリック IPアドレス VMイメージ (Marketplace /カスタム)
  13. 13. クラウドにおける運用設計
  14. 14. パブリッククラウドの『光と影』 パブリック クラウド の ”光” https://www.ipa.go.jp/files/000025366.pdf
  15. 15. パブリッククラウドの『光と影』 パブリック クラウド の ”影”
  16. 16. 運用設計に関する代表的な指針 https://www.ipa.go.jp/sec/softwareengineering/reports/20100416.html 『IPAの非機能要件グレード 2018』 大項目 説明 要求の例 実現方法の例 可用性 システムサービスを継続的に 利用可能とするための要求 ・運用スケジュール(稼働時間・停止予定など) ・障害、災害時における稼働目標 ・機器の冗長性やバックアップセンター の設置 ・復旧・回復方法および体制の確立 性能・拡張性 システムの性能、および 将来のシステム拡張に 関する要求 ・業務量および今後の増加見積もり ・システム化対象業務の特性 (ピーク時、通常時、縮退時など) ・性能目標値を意識したサイジング ・将来へ向けた機器・ネットワークなどの サイズと配置 = キャパシティ・プランニング 運用・保守性 システムの運用と保守の サービスに関する要求 ・運用中に求められるシステム稼働レベル ・問題発生時の対応レベル ・監視手段およびバックアップ方式の確立 ・問題発生時の役割分担、体制、訓練、 マニュアルの整備 移行性 現行システム資産の移行に 関する要求 ・新システムへの移行期間および移行方法 ・移行対象資産の種類および移行量 ・移行スケジュール立案、移行ツール開発 ・移行体制の確立、移行リハーサルの実施 セキュリティ 情報システムの安全性の 確保に関する要求 ・利用制限 ・不正アクセスの防止 ・アクセス制限、データの秘匿 ・不正の追跡、監視、検知 ・運用員などへの情報セキュリティ教育 システム環境・ エコロジー システムの設置環境や エコロジーに関する要求 ・耐震/免震、重量/空間、温度/湿度、騒音など、 システム環境に関する事項 ・CO2 排出量や消費エネルギーなど、 エコロジーに関する事項 ・規格や電気設備に合った機器の選別 ・環境負荷を低減させる構成
  17. 17. システム基盤の非機能要求に関する樹系図 https://www.ipa.go.jp/sec/softwareengineering/reports/20100416.html
  18. 18. システム基盤の非機能要求に関する項目一覧 https://www.ipa.go.jp/sec/softwareengineering/reports/20100416.html
  19. 19. 運用・保守性に関する項目サマリー 中項目 小項目 通常運用 運用時間 バックアップ 運用監視 時刻同期 保守運用 計画停止 運用負荷削減 パッチ適用ポリシー 活性保守 定期保守頻度 予防保守レベル 障害時運用 復旧作業 障害復旧自動化の範囲 システム異常検知時の対応 交換用部材の確保 中項目 小項目 その他の運用管理方針 内部統制対応 サービスデスク インシデント管理 問題管理 構成管理 変更管理 リリース管理 中項目 小項目 運用環境 開発用環境の設置 試験用環境の設置 マニュアル準備レベル リモートオペレーション 外部システム接続 サポート体制 保守契約 (ハードウェア) 保守契約 (ソフトウェア) ライフサイクル期間 メンテナンス作業役割分担 一次対応役割分担 サポート要員 導入サポート オペレーション訓練 定期報告会 ほぼ同等の考慮・検討が必要
  20. 20. モデルシステム の選定 https://www.ipa.go.jp/sec/softwareengineering/reports/20100416.html
  21. 21. システムのモデル分けを検討する際の指標 (凡例) SLA とは別!
  22. 22. ダウンタイムと クラウドの SLA 年間 ダウンタイム 月間 ダウンタイム 稼働率 5.26 分 25.9 秒 99.999% 52.56 分 4.32 分 99.99% 4.38 時間 21.6 分 99.95% 8.76 時間 43.2 分 99.9% 3.65 日 7.2 時間 99% https://azure.microsoft.com/ja-jp/support/legal/sla/ 月間の稼働率が SLA を下回った場合にサービスクレジット(返金処理) 適用を享受することができる。
  23. 23. システム監視機能
  24. 24. 一般的なシステム監視項目 – インフラ監視 大項目 小項目 内容 Azure 関連サービス ファシリティ監視 DC正常性確認 電気系統・空調設備などの監視 Azure の状態 Azure Service Health Azure Resource Health ハードウェア監視 死活確認 SNMP Trap を対象機器から受信 - ログ監視 ハードウェアの状態に遷移が生じた場合のログを監 視 ブート診断 Serial Console リソース監視 CPU 利用率などに応じた閾値監視 Azure Monitor メモリ 利用率などに応じた閾値監視 Azure Monitor ストレージ 利用率・I/Oなどに応じた閾値監視 Azure Monitor ネットワーク トラフィック量・パケット数などに応じた閾値監視 Azure Monitor サービス/プロセス監視 正常性確認 OS上で動作するサービス/プロセスの状態を監視 - ログ監視 OS ログファイルの監視 Windows:イベントビューア Linux系:/var/log 配下のファイル Azure Monitor Log Analytics アプリケーション 各種アプリケーションが生成する ログファイルの監視 Azure Monitor Log Analytics Application Insights
  25. 25. サービス・リソースの正常性確認 - Service Health 網羅的 利用しているリージョン 各リソース Azure Alert と連携して、 自動通知する設定が可能 (計画済みメンテナンスを含む) https://azure.microsoft.com/ja-jp/status/
  26. 26. 仮想マシンの起動診断機能 - ブート診断 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/windows/boot-diagnostics https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/linux/boot-diagnostics スクリーンショットとコンソール ログの出力結果はストレージ アカ ウント (BLOB)に保存
  27. 27. 仮想マシンのリモートオペレーション機能 – 実行コマンド [Windows 仮想マシン] https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/windows/run-command [Linux 仮想マシン] https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/linux/run-command VM エージェントを経由で、リモートから仮想マシン上でPowerShell スクリプトもしくはシェル スクリプトを実行することが可能 Windows 仮想マシンの実行可能なコマンド一覧 Linux 仮想マシンの実行可能なコマンド一覧
  28. 28. 仮想マシンへのコンソール接続機能- Serial Console https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/windows/serial-console https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/linux/serial-consoleics Windows 仮想マシン Linux 仮想マシン New
  29. 29. 仮想マシンの再デプロイ機能 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/windows/redeploy-to-new-node https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/linux/redeploy-to-new-node ※注意事項: • 仮想マシンは再起動がかかる • メモリおよびTemp Disk内のデータは失われる • 動的IPアドレス利用時は更新される • 再デプロイが完了するまで仮想マシンは利用不可
  30. 30. Azure が提供するシステム監視機能の全体像 高機能監視ツール 収集・分析 標準的な監視機能 基本機能
  31. 31. Azure Monitor 仮想マシン / VMSS / Service Fabric / Cloud Services 左記以外のリソース https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/monitoring-and-diagnostics/monitoring-activity-log-alerts-on-service-notifications
  32. 32. 操作ログ・監査ログ – アクティビティ ログ サブスクリプション ✓ Azure サービス提供 基盤の障害情報 ✓ メンテナンス通知 ✓ ユーザー操作ログ 過去90日間分の ログデータを保持 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/azure-resource-manager/resource-group-audit ログデータを永続的に 保持することが可能
  33. 33. リソース診断ログ – 診断ログ Azure 診断ログでサポートされているサービス・スキーマ・カテゴリ https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/monitoring-and-diagnostics/monitoring-diagnostic-logs-schema https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/monitoring-and-diagnostics/azure-diagnostics • リソース ログデータを永続的に 保持することが可能
  34. 34. リソースの監視項目 – メトリック Azure Monitor のサポートされるメトリック https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/monitoring-and-diagnostics/monitoring-supported-metrics ✓ IaaS のみならず、PaaS でもメトリック をサポート ✓ すべてのメトリックは1分間隔 ✓ 93日間の履歴が自動保存されてアクセス 可能 New メトリック の概要 https://docs.microsoft.com/ja- jp/azure/monitoring-and- diagnostics/monitoring-overview-metrics
  35. 35. 仮想マシンの監視メトリック 異なります Virtual Machine Host https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2016/08/24/virtualmachine-diagnostics-metricsdetails/ https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2018/04/06/windows-vm-metrics-hostandguest/ 仮想マシンのOS種別に応じて、拡張機能が追加される • Windows Server の場合:IaaSDiagnostics • Linux の場合:Linux Diagnostic Extension Virtual Machine Host: microsoft.compute/virtualmachines Guest (Classic): microsoft.compute/virtualmachines/guest New
  36. 36. アラート通知機能 – アラート 連携をサポートしているITSM ツール • System Center Service Manager • ServiceNow • Provance • Cherwell 重大度 0~4 の5段階 で指定可能 メトリックなどから選択して、 アラート条件と基準を指定 New 監視+アラート通知する対象を指定 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/monitoring-and-diagnostics/monitoring-overview-unified-alerts https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/monitoring-and-diagnostics/monitoring-action-groups
  37. 37. ネットワークレベルの監視・診断機能 – Network Watcher https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/network-watcher/
  38. 38. ログの収集・管理・分析機能 - Log Analytics クラウドおよびオンプレミスの環境内のワークロードが生成されたデータを収集・管理・分析 するサービスです。 Log Analytics レポジトリ クエリー検索 ダッシュボード アラート CSV Power BI Microsoft Azure Windows または Linux (物理または仮想) System Center Operations Manager https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/log-analytics/
  39. 39. Log Analytics によるログデータの収集 Azure 仮想マシン・オンプレミスサーバー (Windows / Linux) ハードウェア機器 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/log-analytics/log-analytics-agent-windows https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/extensions/oms-windows https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/virtual-machines/extensions/oms-linux • Windows イベントログ • Windows パフォーマンスカウンタ • Linux パフォーマンスカウンタ • IIS ログ • テキストログ(Windows/Linux) • Syslog アクティビティ ログ 仮想マシンの作成、RBAC の変更など、Azure上での全ての アクティビティ ログ Azure サービス https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/log-analytics/log-analytics-azure-storage • Azure PaaS (SQL Database, Web Apps など) • https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/log-analytics/log-analytics-collect- azurepass-posh • 診断ログ • メトリック(CPU、メモリ、ネットワーク、ストレージなど) System Center Operations Manager https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/log-analytics/log-analytics-om-agents
  40. 40. Log Analytics によるクエリ言語と視覚化 • ログ検索ポータルまたは分析ポータルを使って、対話的にクエリ・視覚化を行うことが可能 • Log Analytics クエリ言語は、シンプルな構文・高速な検索基盤を装備 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/log-analytics/log-analytics-view-designer クエリ言語 ✓ 結合や時系列解析も可能 ✓ インテリセンス装備 視覚化 ✓ 棒グラフや折れ線グラフなど多様な形式で構成可能 ✓ 対話的に視覚化することが可能 https://docs.loganalytics.io/index https://docs.loganalytics.io/docs/Learn/Tutorials
  41. 41. Log Analytics によるアラート通知設定 アラートルールは、最短5分間隔での実行が可能です。 ⇒イベントソースから Log Analytics への送信頻度や間隔は指定不可… https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/monitoring-and-diagnostics/monitoring-overview-unified-alerts https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/monitoring-and-diagnostics/monitoring-alerts-extend クエリを指定 通知方法を指定 頻度を指定 メールにすると、メールでアラートを受信
  42. 42. 一般的なシステム監視項目 – アプリケーション監視 大項目 小項目 内容 Azure 関連サービス HTTP(URL) 監視 応答コード Web ページにアクセスした際の応答コードや 応答コードごとのエラー数などを監視 Azure Monitor Application Insights 応答時間 Web ページの応答時間を監視 Azure Monitor Application Insights 記載文字列 Web ページに記載されている文字列を監視 Application Insights 画面遷移監視 - Web サイト間の画面遷移が正常に行えるかを 定期的に監視 Application Insights データベース監視 使用率 データベース領域やテーブルスペース領域、 テーブル領域などの使用率の閾値監視 - セッション数 データベースインスタンスへの接続数を監視 - ロック発生件数 テーブルに対するロックが発生した件数を監視 - その他 TCP ポート SMTP、IMAP、DNS など任意のTCPポートへ の接続状況を監視 Network Watcher 応答時間 任意のアプリケーションの応答時間を監視 -
  43. 43. アプリケーションレベルの監視機能 - Application Insights https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/application-insights/app-insights-overview Application Dashboard New
  44. 44. Application Insights によるパフォーマンス監視 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/application-insights/app-insights-devops …などなど メトリックに応じて アラートルールを設定可能
  45. 45. リニューアルされた Azure Monitor & Analytics 画面?! 実は、ひっそりとお試し可能になっているようで… アプリケーション + インフラ & ネットワークまでを単一の View で確認可能 New
  46. 46. 他の監視ツールを検討する必要があるシナリオ
  47. 47. 統合システム監視の SaaSソリューション https://docs.datadoghq.com/integrations/azure/ https://docs.datadoghq.com/ja/integrations/azure/ https://mackerel.io/ja/docs/entry/integrations/azure
  48. 48. オンプレとクラウドの統合システム監視 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/log-analytics/log-analytics-data-sources-alerts-nagios-zabbix https://github.com/Azure-Samples/azure-zabbix-templates https://github.com/Azure/azure-quickstart-templates/tree/master/nagios-on-ubuntu http://www.hinemos.info/ja/option/cloud_azure
  49. 49. バックアップ・リストア機能
  50. 50. 一般的なバックアップ・リストア関連要件 項目 内容 目的 障害対策、災害対策、変更作業時 など バックアップ対象 仮想マシン イメージ、フォルダ/ファイル、データベース、ログ など テクノロジー 重複排除、スナップショット、レプリケーション など 取得ポリシー データの保持期間、バックアップの取得頻度/取得回数 データ量 バックアップデータのサイズ 取得時間 取得可能な時間帯 バックアップ方法 フル、差分、増分 バックアップ媒体 ローカルの内蔵ディスク、外部ストレージ、テープ など 遠隔地保管 遠隔地保管先との間の距離、海外 など コスト 初期コスト、月額コスト、その他追加コスト
  51. 51. Backup as a Service – Azure Backup Azure Backup サポートするディスクサイズは最大 4TB
  52. 52. SQL Server on Azure VM のバックアップ (Public Preview) NewNew https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-sql-database https://blogs.technet.microsoft.com/jpitpro/2018/06/20/azure-backup-for-sql-server-on-azure-vm-public-preview/
  53. 53. Azure Backup におけるポリシー設定 (Azure 仮想マシンの場合) 1日単位 or 週単位(曜日指定) 最大: 9,999 最大: 9,999 最大: 9,999 最大: 9,999 バックアップが実行される時刻は、どの保持期間でも同一 タイムゾーンの指定が必要
  54. 54. Azure Backup におけるポリシー設定 (Azure Files の場合) 1日単位 のみ 最大: 120 タイムゾーンの指定が必要 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-files https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-files-faq
  55. 55. Azure Backup におけるポリシー設定 (SQL Server on Azure VMの場合) https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup- azure-sql-database Azure 仮想マシンと同じポリシーである為、 説明は割愛します。。。 1日単位 or 週単位(曜日指定) 完全バックアップと差分バックアップ を同日に実行することはできません。 15/30分、 1/2/4/8/12/24時間 から選択可能 最大: 180 最大: 35 New
  56. 56. Azure Backup におけるフォルダ/ファイル単位のリストア https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-restore-files-from-vm
  57. 57. Azure Backup の新しい価格体系 New LRS or GRS 各仮想マシンまたはサーバーのフロントエンド データの平均サイズ ワークロードに応じてチャーン レートは異なります。通 常、ファイル/フォルダーのワークロードのチャーン レー トは低から中程度ですが、これに対して SQL データベー スのチャーン レートは高くなります。一般的には、値は 次のとおりです。 • 低い (2% まで) • 標準 (3% から 4%) • 高い (5% 以上) 既定値は、Azure の利用統計情報を使用して計算された、 ワークロードの加重平均日次チャーンによって決められ ています。このフィールドは、編集することも既定値の ままにすることも可能です。 月々のストレージ コストは、ストレージの増加により時間の経過と共に増加するた め、ワークロードのチャーンや保有期間に正比例します。ストレージは、定常状態 と呼ばれる、安定した状態になるまで増加します。 復旧ポイントを保持する 期間を表します。日単位、 週単位、月単位、年単位 のポイントはいくつでも、 指定した期間中保持して おくことができます。 既定値は、Azure の利用 統計情報を使用して計算 されています。これらの フィールドは、編集する ことも既定値のままにす ることも可能です。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/calculator
  58. 58. Azure ストレージのレプリケーション 既定 https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/common/storage-redundancy-lrs https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/common/storage-redundancy-grs https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/storage/common/storage-redundancy
  59. 59. 他のバックアップソリューションを検討する必要があるシナリオ https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-arm-vms-prepare#supported- operating-systems-for-backup https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/backup/backup-azure-arm-vms-prepare#limitations-when- backing-up-and-restoring-a-vm
  60. 60. DR as a Service - Azure Site Recovery (ASR) 仮想マシンと物理サーバーの保護とレプリケーションの自動化 Hyper-V 仮想マシン Azure 仮想マシン Hyper-V 仮想マシン Hyper-V 仮想マシン VMware 仮想マシン 物理サーバー VMware 仮想マシン 物理サーバー Azure 仮想マシン Azure 仮想マシン Azure 仮想マシン https://docs.microsoft.com/ja- jp/azure/site-recovery/azure-to- azure-quickstart ※Appendix に補足説明資料あり https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/site-recovery/site-recovery-overview
  61. 61. 3rd Party によるバックアップソリューション • NetBackup https://azuremarketplace.microsoft.com/ja-jp/marketplace/apps/veritas.veritas-netbackup-8-s?tab=Overview • Backup Exec https://azuremarketplace.microsoft.com/ja-jp/marketplace/apps/veritas.backup-exec-16?tab=Overview • COMMVAULT https://azuremarketplace.microsoft.com/ja-jp/marketplace/apps/commvault.commvault?tab=Overview • Veeam Backup & Replication https://azuremarketplace.microsoft.com/ja-jp/marketplace/apps/veeam.veeam-backup- replication?tab=Overview https://azure.microsoft.com/ja-jp/solutions/architecture/backup-archive-on-premises-applications/ https://azure.microsoft.com/ja-jp/solutions/architecture/backup-archive-cloud-application/
  62. 62. 本日のまとめ
  63. 63. Azure におけるセキュリティ対策 & 運用管理サービス群
  64. 64. Microsoft Confidential ◼ 本資料は情報提供のみを目的としており、本資料に記載されている情報は、本資料作成時点でのマイクロソフトの見解を示したものです。状況等の変化により、内容は変更される場合が あります。本資料に特別条件等が提示されている場合、かかる条件等は、貴社との有効な契約を通じて決定されます。それまでは、正式に確定するものではありません。従って、本資料 の記載内容とは異なる場合があります。また、本資料に記載されている価格はいずれも、別段の表記がない限り、参考価格となります。貴社の最終的な購入価格は、貴社のリセラー様に より決定されます。マイクロソフトは、本資料の情報に対して明示的、黙示的または法的な、いかなる保証も行いません。 © 2018 Microsoft Corporation. All rights reserved. Microsoft, Windows, その他本文中に登場した各製品名は、Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。 その他、記載されている会社名および製品名は、一般に各社の商標です。

×