OSSオフィスソフトウェア製品の組織的導入戦略に関する検討

803 views

Published on

事務作業において使用するオフィスソフトウェア(生産性ソフトウェア)の整備には,定期的なバージョンアップへの対応など様々な課題が存在する.そのような背景において,現在,広く利用されているMicrosoft Officeへの代替製品としてオープンソースソフトウェアによるオフィスソフトウェア(Open OfficeやLibreOfficeなど)が注目されている.しかし,それらは完全互換製品ではなく,また操作性にも差異があるため,組織的な導入には様々な対応が求められる.本研究では,とくに先進的にOSSオフィスソフトウェアの導入を進めた企業の経験を踏まえて,それらの留意点と効果についてまとめた.

Published in: Business
0 Comments
1 Like
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
803
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
31
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
1
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

OSSオフィスソフトウェア製品の組織的導入戦略に関する検討

  1. 1. OSSオフィスソフトウェア製品の 組織的導入戦略に関する検討 経営情報学会 2014年春季全国研究発表大会 飯尾 淳 (中央大学) 大釜 秀作 (住友電気工業株式会社) 小笠原 徳彦 (株式会社ミライト情報システム) 小川 知高 (株式会社アシスト) 小林 勝哉 (エヌ・ティ・ティ・コムウェア株式会社) 谷本 收 (住友電工情報システム株式会社)
  2. 2. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 2 はじめに(本研究の位置付け) ● 中央大学,および,各社のメンバが共著者とし て並んでいますが,各社の共同研究というもの ではなく,任意団体であるODPG(後述)によ る調査研究の報告です. ● 本研究は,昨年度に実施されたODPGにおける ワーキング・グループ活動をまとめて整理した ものです.
  3. 3. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 3 本研究の背景 ● 研究の背景 – 特定企業によるオフィスソフト製品(ワープロ・表 計算・プレゼン)の寡占状態 – さまざまな課題 ● 古いバージョンのサポート終了,高コスト体質など – オープンソース・ソフトウェア(OSS)の普及 – OpenDocument Formatなどの世界標準が規格化 – OSSオフィスソフト製品の機能・操作性も向上 ● 機能的にも十分なものとなった
  4. 4. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 4 本研究の目的 ● 以下のQuestionsを明らかにしたい! ● OSSオフィス製品は組織導入に耐え得るのか? ● その際,なにに留意する必要があるのか? – 導入事例を収集して整理する – 勘所は何か,どのように検討を進めればよいか – 導入に関する得失をどのように考えればよいか など
  5. 5. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 5 ODPGとは
  6. 6. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 6 ODPGの活動 ● ODPGの活動を簡単に紹介 – 利用企業,団体が持つ,OSS Ofce Suiteおよび OpenDocument Format(ODF)の利用ノウハウ の共有 – OSS Ofce SuiteおよびOpenDocument Format(ODF)の各種課題や互換性情報の収集, 関連企業や団体への提言 – OSS Ofce SuiteおよびOpenDocument Format(ODF)の普及,発展を図る活動
  7. 7. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 7 導入効果の整理 ● 定性的効果 – コンプライアンス(法令遵守)への対応 ● 適切なライセンス管理 ● 利用数制限の撤廃,コスト削減 – ベンダーフリー(自社主導)の実現 ● 特定ベンダに縛られない利用戦略を策定可能 – マルチプラットフォーム(BYOD含む)対応 ● OSに依存しない ● 今後は,BYODにも対応可能と予想 – オープンスタンダードへの準拠
  8. 8. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 8 導入効果の整理 ● 定量的効果 → 支出コストの抑制 – 具体的な数値は組織形態や利用状況に強く依存 ● 費用の計算において検討すべき要素 – 移行に関する検討と評価にかかる費用 – 社内ドキュメント移行にかかる費用 – マクロ(プログラム)の移行にかかる費用 – OSSオフィスソフトのサポートにかかる費用 – (非OSS製品の)新バージョン調達費用
  9. 9. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 9 各段階での考慮点 意思決定と稟議段階 機能や操作性の評価 ユーザの利用促進 外部サービスと社内サポート体制
  10. 10. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 10 意思決定と稟議段階 ● 意思決定方法 – 全組織的導入には「トップダウン」意思決定が必要 ● 意思推進体制,役割や人数 – 導入作業のための,専用のチームや委員会を設置 – 現場の担当者だけでなく,意思決定できるメンバも ● 移行目的 – 事前のコスト削減シミュレーション結果の提示や目 的の全組織的周知を進めること
  11. 11. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 11 機能や操作性の観点からの評価 ● 従来環境を前提としたシステム – システム改修を必要とするか否か,その判断 ● 組織外とのファイル交換 – 自組織以外との文書データ交換の量と種類 – 「読むだけ」ならPDFという選択肢も ● 固有の機能や高度な使用法 – 特有の機能を利用しているか,高度な使い方をしている かどうか ● 新しいソフトウェアの利用環境 – バージョンアップのやり方,プリンタ利用は問題ないか
  12. 12. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 12 機能や操作性の観点からの評価 ● 固有の考慮点 – コミュニティ活動を受け入れる企業風土の有無 ● 従来資産(データ)の取扱い – 既存の文書データをどう扱うか,作り直すか? ● 操作性の違い – 利用者にどれだけ影響するか,再教育は必要ないか? ● クリップアートとフォント – 文書作成に必要なデータの取扱い – 場合によってはフリーの画像やフォントの利用も検討
  13. 13. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 13 ユーザの利用促進 ● 段階的もしくは部分的な切替えと,併用利用 – 特定部門から段階的に切り替えていくのか – 全組織一斉に切り替えるのか,残す部分はないか ● 移行に役立つドキュメントの整備 – 研修資料・FAQ(よくある質問と回答)の用意 ● 生産性低下への配慮 – 「生産性低下」に対する懸念の払拭 → 後述 ● 新しい環境特有の機能に関する訴求 – ユーザにとって嬉しい機能の提示(一時期,PDF作成 機能がアドバンテージであった時期があった)
  14. 14. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 14 外部サービスと社内サポート体制 ● サポート企業の選択 – 必要に応じて外部サポート企業の利用も検討 ● 内部サポート体制の構築 – ヘルプデスクの用意など – ヘルプデスクは段階的に用意することも可能 ● ユーザ教育 – 組織的利用に「ユーザ教育」は必須 – 外部リソース(研修資料,ODPGなど)の活用
  15. 15. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 15 製品の選び方 ● 複数の候補から製品を選択 – Apache OpenOfce vs LibreOfce, and others
  16. 16. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 16 バージョンの選び方 ● Apache OpenOfce – 慎重なバージョンアップポリシー ● リリース直後のインストール or マイナーバージョンアップを待つ方針 ● LibreOfce – 半年に1度のメジャーリリース – 1ヶ月に1度のマイナーリリース ● セキュリティの不備や重大な不具合の修正など ● 不具合修正対応は最新2バージョンのみ ● コミュニティサポートも2年で終了 やや戦略的な バージョン選択 ポリシーを要求
  17. 17. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 17 関連研究 ● ホワイトカラーの業務に関する生産性の評価 ● とくに文書作成に関する生産性評価(少ない) – 中高年のオフィス操作(リボンI/Fの評価) ● Darejeh, A., and Singh, D., “Increasing Microsoft Ofce Usability for Middle-Aged and Elder Users with Less Computer Literacy,” Journal of Industrial and Intelligent Information, Vol. 2, No. 1, pp. 56-62, 2014. – クラウドコンピューティング環境の導入評価例 ● Petruch, K., Stantchev, V., and Tamm, G., “A survey on IT governance aspects of cloud computing,” International Journal of Web and Grid Services, Vol. 7, pp. 268-303, 2011.
  18. 18. 2014年6月1日 経営情報学会・春季研究発表大会 18 まとめと今後の課題 ● まとめ – OSSオフィスソフトの組織導入に関する課題と考慮 点,メリット(・デメリット)を整理した – 事例を収集したうえで,ポイントを検討した – 「ガイドライン」として公開,今後の参考に ● 今後の課題として… – 導入効果の科学的評価 – オフィスにおける文書作成業務に関する生産性評価 – 多くの経営層が「生産性の低下」を憂慮!

×