Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
コミックマーケット87
一般参加者調査
2015年1月6日
株式会社日本文化観測所
はじめに
本調査は、国内最大、そして世界的に見ても最大級の同人イベントであるコミックマーケット(コミケ)
の一般参加者について、調査を行ったものです。
これまで、コミケについてメディア等で語られる際、各サークルの頒布物や企業ブースの様子、コスプ...
調査概要
© 2015 Japan Culture Observatory Ltd. All rights reserved. 3
調査目的
コミックマーケットの一般参加者が、どのような目的で
どのように行動している人であるのかを定量的に明らか...
デモグラフィック項目 - どの都道府県から来たか
東京都が最も多く、次いで千葉県、愛知県の順。首都圏でも東京23区に隣接する神奈川県・
千葉県・埼玉県以外は、参加者数が大きく落ち込んでいる。
© 2015 Japan Culture Obser...
デモグラフィック項目 – 年代
20代が過半数を占めており最も多く、次いで10代、30代の順。
10〜30代までの参加者で9割に達している。
© 2015 Japan Culture Observatory Ltd. All rights re...
204
103
57
2
6
0
50
100
150
200
250
サークルの頒布物 企業ブース コスプレ参加 撮影 その他
来場目的
2/3の方がサークルの頒布物を手に入れることを目的としている。個別の回答においても、企
業ブースやコスプ...
消費金額
1万円台が1/4を占め、次いで5千円以上1万円未満、1千円以上5千円未満、の順となり、
4万円台で9割に達する。1万円以上の方が過半数。
0円は約7%に留まり、多くの方が少なからず金銭を消費している。
© 2015 Japan Cul...
手に入れた頒布品の種類
同人誌を手に入れる方が多く、本の形態ではないグッズ類についても人気が高い。なお、
「無し」の中には、狙っていた頒布品を手に入れられなかった方を含んでいる。
© 2015 Japan Culture Observatory...
一緒に参加する人数
複数人で参加する方が8割を占め、2人での参加が全体のおよそ半数。
11人以上の回答においては、20名という規模が最大だった。
© 2015 Japan Culture Observatory Ltd. All rights ...
何日目に参加するか
全日参加が106人と最も多い結果となった。今回の調査結果から算出すると、
全ての日程において全日参加の方が、延べ人数の構成比上、最も多いということになる。
© 2015 Japan Culture Observatory L...
コミケ会場を離れた後、どこへ行くか
自宅、もしくはホテルへ戻るという回答が過半数を超えている。特定の場所では、秋葉原が
最も多いが、全体の1割に留まる結果に。
© 2015 Japan Culture Observatory Ltd. All ...
まとめ
下記について、少ないサンプル数の中での傾向、という点にご留意ください。
■都道府県の分布
1都3県・愛知県・大阪府が多数を占める。
都道府県別人口分布と参加者の都道府県別分布の間に乖離があるかどうかは、今回の調査結果からは回
答を得られ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

コミックマーケット87 一般参加者調査

3,306 views

Published on

2014年12月28〜31日に開催されたコミックマーケット87 (C87)の一般参加者に対するヒアリング調査結果(調査実施:日本文化観測所)

Published in: Services
  • Be the first to comment

コミックマーケット87 一般参加者調査

  1. 1. コミックマーケット87 一般参加者調査 2015年1月6日 株式会社日本文化観測所
  2. 2. はじめに 本調査は、国内最大、そして世界的に見ても最大級の同人イベントであるコミックマーケット(コミケ) の一般参加者について、調査を行ったものです。 これまで、コミケについてメディア等で語られる際、各サークルの頒布物や企業ブースの様子、コスプレ 参加者についてフォーカスがあたることが多く、来場者である一般参加者の実態はあまり明らかにされて いません。 コミケは、一般参加者も含めた全ての参加者で作り出すものとされており、現状のコミケを正しく理解す る上で、圧倒的多数である一般参加者の姿を捉えることが欠かせないと考え、今回の調査を実施するに至 りました。 調査規模は約60万人の来場者に対して、291名の回答となっており、割合にして0.05%です。この規模は、 一般参加者全体を把握するという観点では統計学的に有意なものではありません。しかし、その結果から、 おぼろげながらに一般参加者の姿が見えてくるのではないかと思います。 調査結果はコミケの全てではなく、参加者同士ですら全容を掴めないほどの規模に達したコミケの、ごく わずかな断片としてご覧いただければ幸いです。 © 2015 Japan Culture Observatory Ltd. All rights reserved. 2
  3. 3. 調査概要 © 2015 Japan Culture Observatory Ltd. All rights reserved. 3 調査目的 コミックマーケットの一般参加者が、どのような目的で どのように行動している人であるのかを定量的に明らかにすること 実施期間 2014年12月28日〜30日 調査対象 コミックマーケット87の一般参加者 110組・291名 調査内容 ■調査領域 • デモグラフィック項目 (どの都道府県から来たか、年代) • 来場目的 • 消費金額・手に入れた頒布品の種類 • 一緒に参加する人数 • 何日目に参加するか • コミケ会場を離れた後、どこへ行くか ■調査形式 それぞれの領域で、選択肢のうちあてはまるものを選択、もしくは 自由回答する形式
  4. 4. デモグラフィック項目 - どの都道府県から来たか 東京都が最も多く、次いで千葉県、愛知県の順。首都圏でも東京23区に隣接する神奈川県・ 千葉県・埼玉県以外は、参加者数が大きく落ち込んでいる。 © 2015 Japan Culture Observatory Ltd. All rights reserved. 4 (人) n=291Q:どこから来ましたか? 0 2000 4000 6000 8000 10000 12000 14000 16000 0 10 20 30 40 50 60 70 80 90 北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 新潟県 富山県 石川県 福井県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 (千人) 左軸・棒グラフ :回答者 右軸・折れ線グラフ:都道府県別人口推計 総務省統計局 人口推計(平成25年10月1日現在)を加工して使用
  5. 5. デモグラフィック項目 – 年代 20代が過半数を占めており最も多く、次いで10代、30代の順。 10〜30代までの参加者で9割に達している。 © 2015 Japan Culture Observatory Ltd. All rights reserved. 5 0.34% 20.96% 57.73% 12.37% 8.25% 0.34% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 10代未満 10代 20代 30代 40代 50代 60代以上 61名 20.96% 1名 0.34% 168名 57.73% 36名 12.37% 24名 8.25% 1名 0.34% 0名 0% 10代未満 10代 20代 30代 50代 n=291Q:あなたの年齢は? 40代
  6. 6. 204 103 57 2 6 0 50 100 150 200 250 サークルの頒布物 企業ブース コスプレ参加 撮影 その他 来場目的 2/3の方がサークルの頒布物を手に入れることを目的としている。個別の回答においても、企 業ブースやコスプレ参加のみ、ではなくサークル目当てを兼ねる方が多く見られた。 © 2015 Japan Culture Observatory Ltd. All rights reserved. 6 (人) n=291Q:参加の目的・向かう場所は何ですか?(複数回答可)
  7. 7. 消費金額 1万円台が1/4を占め、次いで5千円以上1万円未満、1千円以上5千円未満、の順となり、 4万円台で9割に達する。1万円以上の方が過半数。 0円は約7%に留まり、多くの方が少なからず金銭を消費している。 © 2015 Japan Culture Observatory Ltd. All rights reserved. 7 7.22% 2.41% 17.18% 20.27% 25.43% 9.62% 13.75% 4.12% 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% 0円 1〜999円 1,000〜 4,999円 5,000〜 9,999円 10,000〜 19,999円 20,000〜 29,999円 50,000〜 99,999円 30,000〜 49,999円 n=291Q:使用金額(予算)はいくらですか?
  8. 8. 手に入れた頒布品の種類 同人誌を手に入れる方が多く、本の形態ではないグッズ類についても人気が高い。なお、 「無し」の中には、狙っていた頒布品を手に入れられなかった方を含んでいる。 © 2015 Japan Culture Observatory Ltd. All rights reserved. 8 (人) 163 131 24 21 21 13 5 28 0 20 40 60 80 100 120 140 160 180 n=291Q:戦利品は何ですか?(複数回答可)
  9. 9. 一緒に参加する人数 複数人で参加する方が8割を占め、2人での参加が全体のおよそ半数。 11人以上の回答においては、20名という規模が最大だった。 © 2015 Japan Culture Observatory Ltd. All rights reserved. 9 n=110 20.91% 47.27% 20.00% 1.82% 7.27% 2.73% 1人 2人 3人 4〜5人 6〜10人 11人以上 Q:何人で来ましたか? 1人 2人 3人 4〜5人 6〜10人 11人以上
  10. 10. 何日目に参加するか 全日参加が106人と最も多い結果となった。今回の調査結果から算出すると、 全ての日程において全日参加の方が、延べ人数の構成比上、最も多いということになる。 © 2015 Japan Culture Observatory Ltd. All rights reserved. 10 n=291 0 50 100 150 200 250 1日目 2日目 3日目 (人) 210人 192人 203人 全日 106人 1・2日目 46人 2・3日目 21人 1・3日目 29人 1日目のみ 27人 2日目のみ 17人 3日目のみ 45人 Q:今回の冬コミは何日目に参加しますか?
  11. 11. コミケ会場を離れた後、どこへ行くか 自宅、もしくはホテルへ戻るという回答が過半数を超えている。特定の場所では、秋葉原が 最も多いが、全体の1割に留まる結果に。 © 2015 Japan Culture Observatory Ltd. All rights reserved. 11 n=291 (人) 102 53 51 29 8 5 3 3 3 2 2 2 2 2 24 0 20 40 60 80 100 120 Q:今日、この後はどこへ行きますか?
  12. 12. まとめ 下記について、少ないサンプル数の中での傾向、という点にご留意ください。 ■都道府県の分布 1都3県・愛知県・大阪府が多数を占める。 都道府県別人口分布と参加者の都道府県別分布の間に乖離があるかどうかは、今回の調査結果からは回 答を得られなかった。 ■年齢層 10〜30代で9割を占めており、全体として若い参加者が多い結果に。 ■目的・消費金額 企業ブースよりもサークルの頒布物目的で参加される方が多い。 サークル目的であっても、同人誌だけでなく、グッズ類も人気がある模様。 過半数の方が1万円以上消費している。 0円の方は1割程度。 ■参加日程・人数 8割の方が2人以上で参加し、2日間〜全日参加される方がほとんど。 コミケ期間中は、何かのついで、ではなくコミケを主目的に3日間を過ごす方が多いと考えられる。 © 2015 Japan Culture Observatory Ltd. All rights reserved. 12

×