Advertisement

予防原則の誤用と、ワクチンの安全性の誤った証明

JMas6
Dec. 9, 2022
予防原則の誤用と、ワクチンの安全性の誤った証明
予防原則の誤用と、ワクチンの安全性の誤った証明
予防原則の誤用と、ワクチンの安全性の誤った証明
予防原則の誤用と、ワクチンの安全性の誤った証明
Advertisement
予防原則の誤用と、ワクチンの安全性の誤った証明
予防原則の誤用と、ワクチンの安全性の誤った証明
予防原則の誤用と、ワクチンの安全性の誤った証明
Upcoming SlideShare
The Student's Guide to LinkedInThe Student's Guide to LinkedIn
Loading in ... 3
1 of 7
Advertisement

More Related Content

Recently uploaded(20)

Advertisement

予防原則の誤用と、ワクチンの安全性の誤った証明

  1. 予防原則の誤用により、ワクチンの安全性の証明責任を誤る 概要 ワクチン接種は、人によってはリスクを伴う医療介入である。感染症の発現においては、病原体のみが病気を引き起こすので はなく、病原体、環境、遺伝的要因の組み合わせにより、個々人の病気の発現や重症度が決定されることが知られている。 1960 年、ノーベル免疫学賞を受賞したマクファーレン・バーネットは、ワクチン接種による人工免疫の効果を期待するよりも、 遺伝、栄養、心理、環境要因が、病気に対する抵抗力に重要な役割を果たす可能性があると述べている。彼は、集団予防接 種の結果、国民の遺伝的劣化が起こる可能性を考え、長期的には予防接種は国家の利益に反する可能性があると仮定して いる。現在、すべての子供が、すべての地域で、複数のワクチンを受けることができれば、感染症の負担の多くを軽減すること ができると考えられているが、集団の健康に対する遺伝と環境の影響を考慮していない。歴史的な記録では、ほとんどのワク チンが導入される前に、公衆衛生改革によって感染症による死亡や疾病が減少したことが示されている。1990 年以降、先進 国の子供たちの慢性疾患は 5 倍に増え、自閉症の指数関数的な増加は、政府のワクチン接種プログラムの拡大と直接相関 している。多くの人は遺伝的に人口増加の慢性疾患にかかりやすい。1995 年以来、政府はワクチン接種プログラムの成果を 評価するために死亡率や罹患率を用いていない。政府の政策において、予防原則を一般市民ではなく、政府や製薬業界に無 害の証明責任を負わせる正しい形式で使えば、人間の健康を守ることができる。これは現在のワクチン接種プログラムでは行 われておらず、マクファーレン・バーネットが仮定したように、ワクチンの使用量の増加が社会の遺伝子構造を破壊している可 能性を排除することはできない。 1.導入 本論文の焦点は、感染症制御に関する歴史的証拠を検証し、ワクチン使用の増加と同時にすべての集団で発生した健康状 態の変化を説明することである。観察されている健康状態の悪化は、予防原則を正しい形式で使用することが公衆衛生を守る ために重要であることを示すために、政府による予防原則の使用に関して議論されている。 2.因果関係の推論はサポートされていない 世界保健機関(WHO)や各国政府が、ワクチンは「安全で効果的」であると主張するとき、この主張は科学的根拠の欠如に基 づいている。なぜなら、すべての国で、子どもの慢性疾患の著しい増加とワクチン接種プログラムの拡大の間に観察されてい る直接的な関連性を証明または反証するような経験的因果関係調査を行ったことがないからである [1][2][3]。この因果関係 の研究では、ワクチン未接種群に不活性プラセボを使用し、ワクチン/混合ワクチンのヒト乳児への影響の経験的証拠を提供し ますが、このような研究は行われたことがない[4]。この証拠は、すべてのワクチン接種者の健康上の有害事象を 5~10 年間 監視するアクティブサーベイランスシステムから収集することも可能である。しかし、このような監視システムも実施されたこと がない[4]。さらに、WHO と各国政府は、長い間使用されてきたワクチンであっても、正式な対照臨床試験で、ワクチンがワク チン対象疾患を予防できることを経験則で証明したことがない[5]。このことは、政府が日常的に「ワクチンで予防できる病気」と いう言葉を用いて、ワクチンが病気を予防できることを暗に示していることから、重要なことである。 3. 代理結果指標への依存 検出可能な感染率に対するワクチンの効果を研究する代わりに、研究では、ワクチンが感染症を予防できると主張するために、 セロコンバージョン(抗体価)の代理を使用している。抗体価は、病気からの防御の信頼できる指標ではないことが知られてい
  2. る[5][6][7]。このことは、ワクチンが地域社会における病気の感染を減少させるのに何の利点もないことを示唆するものではな く、この基準が政府によって証明されていないのに、これらの病気を「ワクチンで予防できる病気」と表現することが正確でない ことを意味するのみである。 「世界のワクチン学の父」と呼ばれるスタンリー・プロトキンは、麻疹の免疫を獲得するのに適した抗体価は不明であるため、そ れに頼ることはできないと述べている[8]。また、抗体の働きが正確に分かっていないため、抗体価は信頼できる指標ではない とも述べている。つまり、ワクチンによって誘導された(人工)抗体価が各感染症に対して予防的であることを示す、対照臨床試 験による実証的な臨床証拠がなければ、ワクチンが予防に有効であると主張することはできないのである。 抗体血清変換は、臨床症状の有無にかかわらず、感染症に自然にさらされることで達成されることが知られている。症状のな い症例は無症候性感染(不顕性感染)と呼ばれ、ワクチン接種後に得られる短期的な免疫とは対照的に、長期的な免疫となる [6][8][9]。また、プロトキンは、ワクチン接種者の中には、ワクチン接種後もワクチン対象疾患と診断され、無症状でもこれらの 疾患を広げる可能性があることを認めている–「ワクチン接種者に麻疹ウイルスの不顕性感染や無症状感染(症状が少しある) が起こる可能性は考慮しなければならない」[8]。 4. 予防原則の誤用と立証責任 政府の予防接種プログラムでは、現在、小児に最大 16 種類のワクチンを推奨している(0~14 歳で 52 回以上接種を推奨して いる)。 しかし、WHO や政府によるプログラムの安全性や有効性に関する主張は、十分な経験則がないため、エビデンスに 基づくものとはなっていない。このプログラムが安全で効果的であるという証拠を提供するのは、この医療処置の提案者であ る WHO と政府に責任があり、政策が施行される一般市民には責任はない。なぜなら、政府は政府の健康政策において健康 的な結果を促進する注意義務を負っており、これは、医療処置が実施される前に、集団に重大な害を与えないことが証明され た場合にのみ可能である [10] からである。 これは、政府の健康政策の決定において正しい形式で使用される場合、予防原則(PP)に含意されている。現在のワクチン接 種プログラムが示す人間の健康に対するリスクは、政府のワクチン接種政策の設計において、予防原則が人間の健康を守る ような形で適用されていないために生じている。人間の健康を守るために、PP は、あらゆる医療介入の無害性を証明する責 任は、一般市民ではなく、ワクチン推進者にあるとする形式で使用されるべきである[10]。このような形式で使用されれば、PP は政府の政策において人間の健康を守ることになる。なぜなら、政府は、16 種類以上のワクチンを組み合わせたスケジュー ルが、子どもたちの慢性疾患を悪化させているのか、そうでないのか、因果関係を推論するのに十分な証拠を提供することが、 このプログラムを子どもたちに推奨したり義務付けたりする前に求められるからである。その代わりに、ワクチンに対する疑念 を一般大衆に植え付けることを懸念して、安全性が推定され、ワクチンが一般大衆に解き放たれた後に安全性を評価するた めに後ろ向き研究が使われるのだ。これらのプログラムの設計における PP の逆転は、個々の事例において、害の証明の責 任を一般市民に負わせるものである。これは論理的には、無害であることを証明する責任を一般市民に負わせることと同じで ある。この形式によって、公衆衛生当局や医師は、ワクチンの使用量増加に直接相関して子どもたちの間で増加している慢性 疾患の経験的証拠を無視することができるのである。 今日、政府と医師は、ワクチン接種と子どもの慢性疾患との因果関係の妥当性を裏付ける証拠を無視し、この関係を対照臨 床試験で調査しないことによって、この関連は「偶然」であり、ワクチンは「安全で有効」であると主張しているのである。 予防原則を逆手にとって、無害であることの証明責任を製薬会社や政府ではなく一般市民に負わせると、一般市民の健康で はなく、政府のワクチン政策における業界の既得権益を守るために利用されかねないのである。
  3. 予防原則の誤用における現在の整合性は、ワクチンに対する不案内な、あるいは誤った情報に基づく規制に依存することによ り、強制的な政策の必要性を認識させることにつながると予想される(図 1)。予防原則の適切な適用は、透明性、情報に基づ く規制、インフォームドコンセントの尊重により、ワクチン接種への抵抗を減らすことが期待される(図 1)。 ワクチン接種は医療介入であり、人によってはリスクを伴う。感染症予防の戦略を採用する場合、疾患の原因メカニズムに最 も適した予防策を選択することが重要である。ヒトの感染症は、病原体、環境、生活習慣、遺伝的要因の組み合わせによって 重症度が決定される。環境要因が健康や感染症の主要な決定要因であることを示すデータは豊富にある[7][9][11][12]。 図 1. 理想的な規制プロセスの流れと現在の規制プロセスの流れ これらの因果関係を解決策に含めず、それらに対処しないワクチン接種のみに頼る公衆衛生政策では、地域社会に健全な結 果をもたらすことはできない。 5. 複雑な因果関係 1960 年、フランク・マクファーレン・バーネットは免疫学でノーベル賞を受賞した。彼は、遺伝、栄養、心理、環境要因が、ワクチ ン接種によって誘導される人工免疫の想定される利益よりも、病気に対する抵抗力に重要な役割を果たすかもしれないと述 べている[13]。彼は、集団の遺伝的劣化が普遍的な集団予防接種の結果であるかもしれないと考え、長期的には予防接種は 国家の利益に反するかもしれないと仮定している。現在、世界的なワクチン接種プログラムについて WHO に助言している GAVI(Global Alliance for Vaccines and Immunization)は、すべての地理的な場所で、すべての子どもが複数のワクチンを 利用できれば、感染症の負担の多くを軽減できると考えている [12]。 しかし、この主張は、ワクチンの相乗的毒性、遺伝、ライフスタイル、環境が集団の健康に及ぼす影響を考慮していない。1990 年以来、高度にワクチンを接種した集団の子供/大人における慢性疾患の 5 倍の増加と、政府のワクチン接種プログラムの拡 大と直接相関する自閉症の急激な増加があった [1][2][3][4].この慢性疾患には、小児がん、自閉症、自己免疫疾患、過敏症 (アレルギー)、アナフィラキシー、発作、行動・学習障害などがある。これは、マクファーレン・バーネットが 1952 年に予言した 国民の遺伝的劣化なのだろうか。ワクチンには、弱毒化・不活性化された、あるいは遺伝子操作された病原体(ウイルス様粒 子)と、製造工程で生じた外来の動物および/またはヒトの DNA が含まれている。MMR ワクチンに含まれるヒト胎児細胞や、 他のワクチンに含まれる子牛、鶏、猿などの動物 DNA のような DNA 汚染物を子供に注射することで発症する可能性のある、
  4. 2 つの確立した病態がある[14]。これらのメカニズムには、ヒト胎児 DNA が子どもの DNA に挿入され、がんや他の病気につな がる変異を引き起こす挿入型変異原性、およびワクチンの製造工程で使用されるヒト胎児 DNA が引き金となる自己免疫病が 含まれる。 自己免疫疾患は、子どもの免疫系が自分の体を攻撃してしまう病気である。小児関節リウマチ、糖尿病、過敏症、アレルギー、 アナフィラキシー、自閉症、クローン病など、ワクチン接種率が高い国の子どもたちに増えている病気だ。これらの病気は、製 薬会社が何十年も前からワクチンとの関連性を挙げているものでもある[4]。また、これらの慢性疾患のもっともらしい原因とし てワクチンを関連づける重要な研究がある。これらの慢性疾患はすべて、1990 年のワクチン接種プログラムの拡大以降、子 どもたちの間でエスカレートしており、ワクチンがこの健康状態の低下のもっともな原因であることが実証されているにもかか わらず、政府はこの小児ワクチン接種プログラムとの相関関係を因果関係のある科学で調査していない。 これは、個々の事例において、設定から考えられるヒルの因果関係の条件をすべて満たし、線形用量反応関係[9]のような追 加の強力な証拠があり、原因と結果が一致するような関連の強さがあるにもかかわらず、である。さらに、もしワクチン接種政 策が本当に人間の健康を守るものであるならば、政府は子どもの健康状態の改善を示す研究に基づいてワクチン接種プログ ラムを推進するはずである。しかし、このプログラムの拡大により子どもたちの健康が著しく低下しているため、彼らはこれを行 うことができない。子どもの健康が低下しているのに、どうしてこれを「健康政策」と呼ぶことができるのだろうか。 6. 有効性に関する一貫性のないエビデンス また、発展途上国では何十年にもわたって集団予防接種プログラムが行われてきたが、感染症は依然として優勢であることが 指摘されている [12]。さらに、個人はすべての疾患や感染性物質に等しく感受性があるわけではなく [9][13][17] 、感染後に 起こりうる結果には幅がある。これには、全く症状のないもの(無症状の不顕性感染)、軽度のもの、重度のもの、死亡などが ある。百日咳や麻疹のような感染症の全体的な発生率に焦点を当て、すべての症例を公表することは、地域社会における病 気のリスクを国民に知らせることにはならない。つまり、これらの感染症によって起こる死亡や重篤な疾病のことである。どの 先進国でも公衆衛生改革、栄養、家族数の減少により、1950 年以降は麻疹の感染率が高くてもほとんどが非重症化した [13][18][19][20]。この時期以降、麻疹感染による死亡や重篤な疾患は極めて稀であった。1950 年以降、オーストラリアでは麻 疹は小児にとって大きなリスクではなく、これはワクチン接種によるものではない、なぜならオーストラリアでワクチンが任意接 種プログラムに導入されたのは 1969 年以降だからである[21][22]。オーストラリア連邦の保健総局長(1913-1945)は、オース トラリアにおける感染症の減少は、衛生改革の時期と同時に、ほとんどのワクチンが導入される前に起こったと述べている[23]。 別の著名な公衆衛生当局が 1956 年に「百日咳は子どもの死因としては珍しく、感染年齢が上がれば死亡率は著しく低下する」 と主張していた[24][25]。百日咳は 1950 年にオーストラリアの全国届出疾患リスト(麻疹、インフルエンザとともに)から削除さ れ、オーストラリアでは 1952 年まで任意接種プログラムに導入されなかったため、その減少がワクチンによるものであるとは 言えない[21]。また、百日咳、麻疹、おたふくかぜは、高度にワクチン接種を受けた集団に多いことが確認されている[22]。 ある病原体(ウイルスや細菌)による感染の多くは不顕性感染で、兆候や症状を示さないが、将来の感染に対する免疫を獲得 する[9]。先進国における 1 歳以上の乳児の麻疹と百日咳の症例の大部分は、重症化しないケースである。これらは自己限定 的であり、子どもはこの自然感染から長期的な免疫を獲得することになる。このようにして、もともと群れに対する免疫が確立 されていたのである[9]。スチュアートは、届出は有病率の不完全な指標であり、集団における疾患の深刻さを示すものではな いことを確認している[26]。 したがって、これらの疾病の症例がすべて公衆衛生上の緊急事態であるかのようにメディアで報道することは、先進国におけ るこれらの症例のほとんどが、深刻なものではないことを国民に知らせることにはならないのである。オーストラリア政府が 1950 年に百日咳、麻疹、インフルエンザを国家伝染病リストから外したのはこのためで、この時点ではこれらの病気に対する
  5. ワクチンは存在しなかった。これらの病気は、まだ存在していたとしても、この時期以降、先進国の大半のケースで深刻な懸念 とは見なされなくなったのである。 バーネットは、百日咳や麻疹などの感染症が地域社会に及ぼすリスクは、集団における病気の全体的な発生率ではなく、死 亡や病気の年齢別発生率を調べることでしか判断できないと述べている。なぜなら、これらの病気は、主に 1 歳未満の子ども で重症化するからだ[13]。また、病気や死亡の診断や報告に使用できる基準が異なるため、症例致死率は調査によって大きく 異なることが認識されている [13]。この情報は、2020 年に国民にワクチンを宣伝するために保健省やメディアが使用する統 計では、透明化されていない。 現在、百日咳、麻疹、その他の感染症の症例に関するメディアの報道は、これらの症例が多く発生すると、地域社会の死亡率 や罹患率が高くなるという仮定を促すために利用されている。この仮説は間違っている。先進国におけるこれらの疾患の症例 のほとんど(99%)は、重篤ではない症例であり、報告されなければ気づかれることなく、個人に長期間の免疫を与えることに なるのである。このような非重症の症例を、ワクチン接種の状況(あるいは重症度)を報告せずに報道するメディアの記事は、 一般の人々に、この症例はすべてワクチン未接種の人に起こっていると思わせることになる。この仮定も間違っている。多くの ワクチン接種を受けた子ども/大人が、依然としてこれらの感染症に罹患している[7][8]。このことは、ワクチンによる集団免 疫で感染症が防げるという主張と矛盾している。高度にワクチンを接種した集団で感染症が大量に発生したことは、ワクチン によって作られた集団免疫が証拠によって裏付けられていないことの証拠である。 世界保健機関(WHO)に、政府のプログラムにどのワクチンを推奨するかを助言する GAVI アライアンスは、感染症制御のた めのワクチン接種に重点を置いていると批判されている。この取り組みは、地域社会でより健康的な結果が得られるというエ ビデンスではなく、大きな金銭的誘因によって推進されているため、公衆衛生政策の大きな欠陥と言われている [27]。GAVI による公衆衛生政策のこの取り組みは、現場職員やヨーロッパのドナー、途上国政府による取り組みと対照をなしている。これ らのグループは、公衆衛生政策においてワクチンを優先させないのであるが、それは、それが開発途上国で健康的な成果を 達成するための最善の戦略であるとは考えていないからである[27]。どの国でも、ワクチンの使用が増えるにつれて慢性疾患 が増加し、高度にワクチンを接種した集団でも感染症の発生が続いている。先進国ではワクチンが導入される前に感染症によ る死亡リスクは減少していたため、政府がワクチン接種者に発生しているこれらの症例数の年間統計を提供し、ワクチンがこ れらの疾患を予防できるという主張を実証する必要がある。 7. 集団免疫 ワクチンメーカーと政府は、ワクチンが集団免疫を作り出すことができるという十分な証拠も示していない。しかし、彼らは感染 症を「ワクチンで予防できる」病気として宣伝し、ワクチンが「集団免疫」を作り出すと主張している。政府は、十分な経験則を示 すことなく、強制的かつ義務的なプログラムでワクチンを推奨している [28] が、これは予防原則の誤用によるものである(図 1)。強制的なワクチン接種政策は、この理論を支持する証拠がないまま、集団免疫を作り出すという概念に基づいて、国民に 推進されている。「集団免疫」という言葉は、無症状で軽度の感染による地域社会での自然な暴露による免疫の創出に関して 初めて使われた[9][29][30]。ワクチンメーカーがこの証拠を提供していないため、保健省および GAVI/ WHO はワクチンも集 団免疫を創出できると理論的に考えているだけなのである。 ワクチンが集団免疫を達成できない理由はいくつかある。まず、病気の原因となる生物には、ワクチンに含まれない複数の株 が存在する可能性がある [8][29][31]。これらの株はまた、年ごとに変異し、あるいは、ワクチン中の抗原源によって十分に標 的とされない株が、ワクチンによって選択されるかもしれない。第二に、ヒトだけが本疾患の主戦場であるとは限らない。ウイル スや細菌は他の動物にも存在するため、ワクチン接種プログラムによって必ずしも感染が阻止されるとは限らない[9]。例えば、 百日咳の株は犬にも存在する。これらの基準は、すべてのワクチンが群れ免疫を作り出すことができるという政府の主張と矛 盾する。なぜなら、政府は「ワクチンが作り出す群れに対する免疫」という主張を利用して、ワクチンを推進し、地域社会を守る
  6. ためにワクチンを接種するのは皆の責任であると述べているからである。さらに、ワクチンは、遺伝的な要因で人口の一部に は保護効果がない。多くの人は、ワクチンの成分が遺伝的構成に影響を与えるため、慢性的な病気になる素因を持っている。 政府はエピジェネティクスの科学を無視し、ワクチン接種プログラムの健康上の成果を体系的に監視し、ワクチンに対する有 害事象の発生頻度を判断していないため、ワクチンは人々に未知の数の健康上の有害事象を引き起こすことになるのであ る。 ワクチンによって集団免疫を作り出すことができるという主張は、GAVI アライアンスによる仮定に過ぎない。GAVI アライアン スには、製薬会社連盟や、ワクチンによって利益を得ている他の多くの企業が含まれている[32]。健康ニーズが外部の専門家 によって決定されるとき、それは常に地域社会のニーズを満たすとは限らない[33]。政府が推奨している 80~90%という目標 接種レベルも、経験則ではなく、コミュニティが信仰で受け入れてきた仮定である[29] 。さらに、地域社会でワクチンを義務付 けるかどうかの決定には、免疫の持続期間も考慮されるべきである。麻疹と百日咳の自然感染により長期間の免疫が得られ [8][34] 、これらの疾患による死亡や重症化のリスクは、ワクチンが導入される前の 1950/60 年までに先進国で減少していた のである。これは、政治的、経済的な決定による環境やライフスタイルの改善により、これらの感染性物質の毒性が低下した 結果であった。 8. 集団的なワクチン戦略によるリスク これらの感染症にかかるリスクは、たとえその病原体に感染したとしても全員が同じではないため、すべての個人にワクチン を接種することは不要であり、有害である [34][9] 。リスクを軽減するために使用されているワクチンも、遺伝的な理由で多く の人が死亡したり慢性疾患になったりする深刻なリスクを抱えているからである。この事実は、すべての個人がワクチンを接 種した場合、社会の遺伝的構造を損なうことになる。これは人間に対する人工淘汰であり、結果は未知数である。さらに、1 歳 以上の子どもにおける自然感染は、免疫系のあらゆる部分が適切に機能するための呼び水となり、長期的な免疫力によって より良い地域社会の保護を実現するために不可欠である[13][29]。 外来動物やヒトの DNA に加えて、ワクチンキャリアには、一般には知らされていない多くの化学物質が含まれている。これら の化学物質は、免疫を誘導するワクチンの活性成分ではないため、「賦形剤」と呼ばれる。賦形剤とは「非活性成分」と定義さ れるが、ワクチンキャリアに含まれる化学物質は人体内で反応し、人口増加に伴う慢性疾患の原因として有力視されている。 これらの化学物質の例としては、神経毒、アルミニウム、水銀が挙げられる。水銀はチメロサールという形で一部のワクチンに 含まれており、すべての小児用ワクチンから除去されてはいない [35][36]。遺伝的素因だけで、遺伝的に多様な集団において、 いかなるワクチンも強制されたり義務付けられたりすることはないはずである。緩和的な予防措置が、死亡を含む一部の人々 における深刻な健康上の有害事象と関連する医療介入を含む場合、この介入を健康な人々に投薬する金銭的インセンティブ を提供することは、良い医療行為と倫理の信条に反する [37][38] 。オーストラリア医師会(AMA)が定めた指導原則では、医 師は患者の利益を最優先しなければならず、医学的知識を利用して人権を侵害することはないとされている[39]。この原則は 世界医師会(WMA)でも設定されている。医師や医療専門家が患者に提供する医療アドバイスに自律性がない場合、地域社 会での健康は促進されない[40]。政府は、現在のワクチン接種政策が地域社会の「健康」を促進すると主張するが、住民の健 康状態が改善されたという証拠に基づいてこれらの政策を評価したり促進したりすることはない。1995 年以前は、地域社会の 健康状態の指標として、年齢標準化乳幼児死亡率という代用指標が用いられていた。健康には測定が困難な側面が多くある ため、これは地域社会の健康を判断するのに不適切な方法であった。これには障害、痛み、慢性疾患、精神的な幸福などが 含まれる。しかし、20 世紀の前半、感染症が流行し、子どもたちが感染症で死んでいた時代には、健康の尺度として有効であ った。1950 年から 60 年にかけて感染症によるリスクが減少した後、乳幼児死亡率は地域社会の健康状態を測る最良の尺度 ではなくなった。1990 年代になると、ワクチンの接種回数が多い国の乳幼児死亡率が、ワクチン接種プログラムの拡大と直接 的な用量反応関係にあることが観察された。例えば、米国では 2011 年に 1 歳未満の乳児に 26 回接種することが定められて いるが、33 の先進国では米国よりも乳児死亡率が低く、ワクチンの接種量も少なかったのである。線形回帰分析では、ワクチ
  7. ンの接種回数の増加と乳児死亡率の増加の間に高い統計的有意な相関があり、特に 12~14 回のワクチンを接種する国(日 本やスウェーデン)と、アメリカやオーストラリアのように生後 1 年間に 24~26 回のワクチンを接種する国との間に相関がある ことが示された[40]。ミラーはまた、1 回の診察で同時に接種するワクチンの数と有害事象(AE)による入院や死亡の可能性と の間に、用量依存的な関連性を見出した:年齢が低いほど、重大な AE が発生する可能性が高いのである[41]。政府は 1995 年以降、ワクチン接種プログラムの成果を評価するために乳幼児死亡率を使用していない[42]。それ以降はワクチンによる集 団免疫を確立するために、接種率を 95%にまで高める必要があるとして、ワクチンの接種が推進された。しかし、政府が推奨 するプログラムに掲載されるためには、ワクチンが集団免疫を作ることができるという根拠を示す必要はない[28]。その結果、 オーストラリアでは、大人には一度も使われたことのない多くのワクチンが子供たちに義務付けられており、1950/60 年までに 95%の接種率で病気をコントロールする責任がないことは明らかであった。 9. エビデンスに戻る (3) 政府が予防接種プログラムの評価や推進に子どもの健康状態を用いたことがないということは、予防接種プログラムが地域 社会の健康を促進しているという主張を裏付ける因果関係レベルのエビデンスが存在しないことを意味する。これらのプログラ ムは、健康上の成果に基づいて評価され、推進されているわけではない。各ワクチンの接種率が 95%であれば、地域社会が より健康になるとの前提で推進されている。この接種率には科学的な正当性がなく、それが達成されたときに地域社会がより 健康になるという証拠もない。1990 年以降、すべての国の子どもたちの健康状態を調べた結果、政府のワクチン接種プログラ ムの拡大と直接的な相関関係で健康状態が低下していることが明らかになっている。因果関係の重要な指標であるこの直接 的な用量反応相関や、因果関係と一致するその他の証拠を調査しないまま、予防接種プログラムは安全であると主張する政 府は、インフォームドコンセントなしに全住民を対象に実験を行い、住民に対する犯罪を犯しているのである。 10.結論 国民の健康状態の悪化は、ワクチン使用の増加と関連していない。なぜなら、政府は積極的な監視システムで 5-10 年間、ワ クチン接種した国民を体系的にモニターしていないからである。また、i) 安全性のための臨床試験に不活性プラセボを使用し ない ii) ワクチンがこれらの慢性疾患を引き起こす可能性のあるメカニズムを認識する iii) 慢性疾患への直接投与反応の相 関を調査する iv) ワクチン傷害に関する両親の証拠を認識しない。これらの病気や死亡の多くは、医薬品の添付文書に記載 されているように、60 年以上にわたってワクチンとの関連性が指摘されてきました。科学的証拠の欠如を理由に、ワクチンの 利益とリスクについて裏付けのない主張を許容する政府の政策は、根拠がない。強制的なワクチン接種政策は、人間の遺伝 的多様性に起因する集団の遺伝的構造に対する脅威となる可能性がある。政府が予防原則を適用せず、公衆衛生プログラ ムが人間の健康を守ることができない場合、人間の健康は深刻な危険にさらされる。予防原則を適切に適用すれば、無害で あることを証明する責任は、一般市民ではなく、製薬会社や政府にあることになる。これにより、政府の政策において人間の健 康が守られることになり、製薬会社やワクチン推進に金銭的利害関係を持つ他の人々の既得権益が守られることはない。
Advertisement