Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

Pixivの今と出版業界への関わり

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Loading in …3
×

Check these out next

1 of 42 Ad

More Related Content

Viewers also liked (20)

Advertisement

More from Japan Electronic Publishing Association (20)

Recently uploaded (20)

Advertisement

Pixivの今と出版業界への関わり

  1. 1. 2016.12.2 pixivの今と出版業界への関 わり
  2. 2. アジェンダ ①自己紹介 ②pixivの成り立ちと今の在り方 ③pixivコミック ④出版業界への関わり ⑤読まれやすいWebマンガとは ⑥共同レーベル紹介 ⑦これからのpixiv
  3. 3. ①自己紹介 ・ピクシブ株式会社アライアンス統括マネージャー ・2010年入社。7年目。 ・前職は「サークルK・サンクス」
  4. 4. ①ピクシブに入ったきっかけ ・当時のピクシブ社員数30 ・エンジニアがほとんど ・エンジニア以外(総合職)は10人いないくらい ・総合職が増えてきて人をまとめた経験がある人材 がいなかった ・広告以外のことをする総合職が何をするかまった くさだまっていなかった
  5. 5. ①アライアンス部って? ・外部の企業さん(出版社さんをはじめ、コンテン ツホルダーの会社さんがほとんど)と共同でpixiv を「コンテンツが生まれる場所にしていく」 ・ユーザーさん(イラストレーターさん/マンガ家 さん)とコラボして商品をつくったり、作家の知名 度があがることをする。「pixiv使っててよかった ね、という経験を増やす」 細かい事業内容については後述。
  6. 6. ②pixivとは? Confidential 創作活動(イラスト・漫画・小説)を中心とした SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)です。 「お絵かき(創作)がもっと楽しくなる場所」という理念のもと作品 (イラスト・漫画・小説)の発表と交流に特化したサービスとして、 2007年9月10日にスタートしました。 多様なユーザー イラスト・漫画・小説作品を創る・楽しむのが好きな、世界中のユーザーが集まっています。 プロのクリエイターから中高生まで様々で、年齢層・職業は多様です。 特化した機能 作品を主役にしたコミュニケーションが手軽に実現可能です。 評価・コメント・アンケートなどの機能により、作品への反応を即座に発信・受信できます。 幅広いジャンル 人気アニメのキャラクターからオリジナル、萌え系、アート系と、 幅広い作品が投稿されています。 @pixiv pixiv(ピクシブ) http://www.pixiv.net
  7. 7. 04 会員数 月間約30万人以上が新規登録しています。 2016年9月にユーザー登録数が2000万を達成しました。 2050万人 月間PV 29億PV PC 14億PV スマートフォン 15億PV 月間UU 2500万UU PC 900万UU スマートフォン 1600万UU 平均PV 22PV/回 平均滞在時間 16分/セッション 平均投稿数 26,000作品/日 総作品数 6200万作品 時間帯別 日別 土日、祝日のアクセスが多いです。 0 2000000 4000000 6000000 8000000 系列 1 [PV] 祝日 60,000,000 75,000,000 90,000,000 105,000,000 120,000,000 ※PC・SP合算 ※1日あたりのPV ②基本データ ※2016年10月1日時点でのデータです。 @pixiv
  8. 8. ②pixivの事業紹介 @pixiv
  9. 9. ②pixivの事業紹介 @pixiv@pixiv 簡単に自分のネットショップを無料で作成 できるサービス。 配送や決済の代行も提供。 ”ものづくりがもっと楽しくなる”ショップ作成サービス
  10. 10. ②pixivの事業紹介 @pixiv 期間限定のネット音楽マーケットイベント M3やコミックマーケットの音楽系ブースなど、 対面で作品をやりとりする同人音楽即売会を ネット上で実現しようとする BOOTHのサブプロジェクト
  11. 11. ②pixivの事業紹介 @pixiv@pixiv 画像をアップロードするだけで、 簡単に高品質なグッズをつくることができるサービス。 BOOTHと連携することでオンデマンド販売も可能。 “ものづくりがもっと楽しくなる”グッズ制作サービス
  12. 12. ②pixivの事業紹介 @pixiv@pixiv イラストやマンガ・小説・音楽をはじめとした 「創意工夫から生まれる”とっておきの作品”」と オタクカルチャーを世界に向けて発信するメディア。 毎日に退屈したくない人のための創作系メディア
  13. 13. @pixiv 「お絵かきがもっと楽しくなる」オンライン学習サービス 。 さまざまなジャンルで活躍するクリエイターが提供する イラスト講座を動画で閲覧可能。初心者からプロを目 指す上級者まで幅広いユーザーに、それぞれのレベ ルに合わせたコースもある。 イラストの描き方を学ぶ学習サービス ②pixivの事業紹介
  14. 14. @pixiv ピクシブと、村上隆率いるアーティストマネジメント商社「Kaikai Kiki」がプロデュースするギャラリー。 イラストや絵画の展示だけでなく、若手作家を中心とした個展 や交流会などのイベントも積極的に開催。 ②pixivの事業紹介
  15. 15. ③pixivコミック pixivに集まるユーザーの属性を活かし、各出版社さんからコンテンツを提供してもらっている「 Webマンガの総合プラットフォーム」です。 @pixiv
  16. 16. ③pixivコミックの成り立ち ・集英社さんをはじめ、新創刊する雑誌の試し読み をpixivで公開したい需要が高かった。 ・同時にpixivで人気を得た作品が出版されて売れ るケースが増え始めていた。 (ex. 31歳BLマンガ家が婚活するとこうなる ・たくさんの出版社が提供する作品がまとまってい るサイトをたちあげたかった(当時はほぼなかった
  17. 17. ③pixivコミックの目的 ・読み手がたくさんの作品にであえること →マンガ/アニメ/ゲームが好きなお客様に、「より 作品を知ってもらう場」として機能する ・pixivで活躍したことでより、サクセスストーリー にであえること →作家にとっての「登竜門」として機能する。 ・マンガを作る出版社さんにとっても頼れる場である こと →きっちり「宣伝の場」として機能する。
  18. 18. ③pixivコミックの歴史 ・2012年6月「pixivコミックリリース」 →当初雑誌数は4だった。 ※ジーン/ゼノン/コミッククリア/コミックCawaii ・2014年10月:「ジーンピクシブ」リリース ・2015年6月:「ジーンピクシブ」コミックス創刊 ・2015年11月:「COMIC POOL」リリース
  19. 19. ③pixivコミックの歴史 ・リリース当初の出版社さんの風当たりはとてもつ らいものでした!! ・ページビューってなに?たくさんあるから売れる の? ・ただで出す意味ある?ネットに出すと画像が拡散 するだけだよね? ・そもそも2次創作への考え方ってどうなの?御社 で平気なの?
  20. 20. ③そして出版業界への関わりへ… 後半へ続く…
  21. 21. ④出版業界への関わり Q:ページビューってなに?たくさんあるから売れる の? →たくさんの人の目に触れる機会が増えれば増えるほ どそりゃ売れる確率も増えるでしょ。 →もちろんたくさん見られたからって売れるわけじゃ ない。 →Webで見れたからって売れなくなるわけでもない 。
  22. 22. ④出版業界への関わり Q:ただで出す意味ある?ネットに出すと画像が拡散 するだけだよね? →もはやネットで無料は当たり前…。 →画像を拡散されたうえでも「ファンになって」 もらったほうが圧倒的にいい。 →ファンになったところから、有料コンテンツなり、 単行本(ファンアイテム)を買ったりするじゃん?
  23. 23. ④出版業界への関わり Q:そもそも2次創作への考え方ってどうなの?御社 で平気なの? →たしかに、ファンアートをとり扱ってはいる。 けど僕らがそう誘導してるわけじゃないし、ニーズが あるからそうなってる。 →版元さんから問い合わせがあったら即座に対応して る。 →ぼくらで平気どうかはわかんない(笑
  24. 24. ④考え方 そもそも、pixivを出版社さんに最大活用してもら って「マンガの登竜門だよね」とユーザーにも出版 社さん的にも思ってもらえたら勝ち。 そのために、作家/読者/出版社にとって使いやすい サービスであること。を目指した。 そのために収益を度外視で考えた。
  25. 25. ④売れるマンガをたくさん出した 都合のよい媒体であり続けた結果 ・作家が探しやすいし、声かけやすい ・もともと興味がある層に広げやすい ・コストもかからない →勝手に作家に声がかかり、出版物も増え、売れる 作品も出てきた。 →pixiv発の作品は売れる、というブランドの確立 に成功した。
  26. 26. ⑤読まれやすいWebマンガとは ・pixivユーザー発(Web発/フリーゲーム含む) ・共感をえやすいもの →恋愛、エッセイ ・つっこみどころがあるもの →共有したくなるもの(ネタっぽいもの/かわい いもの/食事もの)
  27. 27. ⑤ヒット事例
  28. 28. ⑤ヒット事例
  29. 29. ⑤ヒット事例
  30. 30. ⑤ヒット事例
  31. 31. ⑤ヒット事例
  32. 32. ⑤ヲタクに恋は難しいはなぜ売れた ・共有/共感を得られやすかっ た! ・世の中的に「ヲタク」がス テータスになってる! ・pixiv1位を押し出した! ・書店員さんから圧倒的な支 持を集めた! ・pixivが全面的に推した!
  33. 33. ⑥共同レーベル紹介
  34. 34. ⑥共同レーベル紹介
  35. 35. ⑥共同レーベル紹介
  36. 36. ⑥共同レーベル紹介
  37. 37. ⑥共同レーベル紹介
  38. 38. ⑥共同レーベル紹介
  39. 39. ⑥共同レーベル紹介
  40. 40. ⑦これからのpixiv 創作活動をもっと応援する
  41. 41. ⑦これからのpixivコミック マンガの文化をささえる
  42. 42. ⑦これからのpixivコミック ・今までもこれからも「新しいマンガが生まれる場 /出会う場」にしていく ・Webマンガの最先端であり続ける ・ユーザー(読者/出版社)にとって便利でありつ づける ・↑ていうのは前提で。ビジネスにできる部分をさ がしていく。(笑

×