Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
医書.jp=医書出版社が共同で運営する配信サイト 
医書=医学・医療に専門特化 
共同=殆ど全ての医書のコンテンツが集結 
目標=日本最大の出版社・コンテンツ・顧客を 
有する医学・医療に特化した配信サイト 
2
「医書ジェーピー株式会社」を登記 
通称:「医書. jp」(いしょじぇーぴー) 
サイト・ドメイン:「isho.jp」 
ロゴ 
3
4 
http://www.isho.jp/
5
文京区本郷5-1-13 KSビル8F 
(日本医書出版協会・全国医書同業会と同じビルの8階) 
6
以下の5者が発起人・株主となり設立 
株式会社医学書院 
特定非営利活動法人医学中央雑誌刊行会 
株式会社学研メディカル秀潤社 
株式会社南江堂 
株式会社南山堂 
(株主は暫定的) 
7
代表取締役社長 
・金原 優(医学書院) 
役員 
・金原 俊(医学書院) 
・鈴木 幹太(南山堂) 
・須摩 春樹(学研メディカル秀潤社) 
・三沢 一成(医学中央雑誌刊行会) 
・横井 信(南江堂) 
監査役 
・本郷 允彦(南江堂)...
社員 
・山田島 誠 
・出塚 豪記 
運営委員 
・役員(6名) 
・小立 鉦彦(南江堂) 
・松田 真美(医中誌) 
9
医学書院の電子配信はパソコン通信から 
1994年頃(20年前)。50円/1分で薬剤情報を配信 
1996年。インターネットに移行 
共に外部の仕組みを活用。販売と配信を依存 
配信先が全く見えない 
充分な販促ができない 
配信の...
2004年、施設(大学・病院)への配信において、自社 サイトを開始 
2009年、個人へも独自の認証方式を開発して開始 
販促・販売を行うことで出版の実感! 
一貫して『自社サイト』を目指す 
→販促力を持つ専門書店による販促が可能 
...
複数出版社のコンテンツが一緒に使えない 
紙は問題ないが、電子はサイトが違うと 
→使い方が違う、規約が違う、認証が違う、本棚が違う 
→読者が使いづらい 
ユーザーが複数サイトを使い分けるのは無理 
書店も勧められない。説明が充分にで...
多くの配信サイトに広く販売を委託する 
全ての出版社が全てのサイトに提供すれば、どのサ イトの顧客も全てのコンテンツが使用可能 
問題点 
・主体性の確保が困難 → 
・既存の書店の対応が困難→新たな販促力の構築 
・サイトの寡占化が起こ...
14 
配信サイトの所有で主体性を確保 
→様々な施策や工夫が可能 
→既存の書店による販促が可能 
共同で所有することでコンテンツの集結を実現 
→読者が便利(同じ本棚に並べられる) 
→書店も理解しやすい 
→出版社負荷の軽減。電子への...
医書を専門に販売する書店が販売の中心である 
更にそれら書店の外商が販売の中心である 
多忙な医師に対し全国100店の専門店で販売。外商が不可欠 
100%業務上の購入。個人購入においても公費決 済処理が不可欠。見積書、請求書、領収書が必...
医学雑誌は「マガジン」ではなく「ジャーナル」。特性 や役割がマガジンと異なる。 
古い論文も重要。実際に50年前の創刊号から提供 している例も 
参考文献(引用文献)からのリンクが必要。医中誌 Link Serviceにより実現。今後はJ...
医書出版社は「日本医書配送センター」、「MedGate」 を共同で運営中 
日本医書出版協会(JMPA)では、カタログ作成に際 して、各出版社と書誌の電子入稿を確立済 
既に8~9割の出版物が著作権譲渡契約に移行済 
多くの医書出版社に...
医書の市場規模は推定800~1,000億円/年 
書籍の流通点数(リビングタイトル)は約2万点 
「医学書総目録」(JMPA刊)の収録点数は約17,500点 
商業雑誌は約350点 
同目録の収録点数は約300点 
18
日本の医学・医療の進歩に貢献 
・質・量ともに高い医学・医療情報を提供 
統一プラットホーム 
・全コンテンツが同一サイト。ユーザーの利便性。利用促進 
・版元のサイト負荷の分散。電子配信への参入を容易に 
既存の書店・取次との連携 
・...
休息 
20
システム一式の構築・維持・運営 
コンテンツの収集、蓄積 
・コンテンツ作成支援(有償) 
施設・個人への配信 
・出版社に配信手数料を課金 
販売は原則、書店 
・部分的にサイト上から個人顧客に販売 
21
日本医書出版協会発行の「医学書総目録」掲載 と同等の専門書 
協会会員社に限らない 
書籍、および雑誌 
22
フィックス型:PDF。書籍、および雑誌 
リフロー型:XHTML。辞書、薬などのリファレンス書 
他の書籍とのリンクも 
23 
フィックス型 リフロー型
施設 
・大学・病院などの全体で閲覧 
・利用者を特定(認証)しない 
・IP認証 
個人 
・特定の1人が閲覧 
・利用者を特定(認証) 
・ID/PW認証 
開業医は? 
→1人なら個人。複数人なら施設。支払いとは無関係 
24
書籍 
・1冊単位:所有型 
・セット:期間型。(内科医、研修医、開業医などのセット) 
雑誌 
・タイトル単位:期間型 (バックナンバーも) 
・号単位:所有型 
・論文単位:所有型 
25
書籍 
・セット:期間型。(出版社単位、臨床医向け、看護向け、など) 
・1冊単位:所有型 
雑誌 
・セット:期間型。(出版社単位、内科系、外科系) 
・1タイトル単位:期間型。(バックナンバーも) 
26
医書.jpでは積極的な販売はしない 
配信のみを出版社から有償で受託する 
販売は紙と同様、出版社が取次、書店を活用 
書店では店頭・外商にて紙と同様に販売 
サイト購入の場合でも書店の関与を極力多くする 
書店の積極的な参加を促し...
出版社 
施設 
個人 
取次 
卸 
卸 
サイト上から販売 
販売 
販売 
28 
卸 
書店 
書店ルート 
サイトルート 
配信 
配信
A書店の店頭・外商で販売 
A書店専用ページで 
個人IDと商品名を入力 
閲覧開始 
紙と同様に請求・支払 
A書店から請求(店頭/後日) 
29 
配信手数料を請求・支払
顧客に、販売、サポート、アプローチを充分に行っ て頂くため、「医書.jp認定書店」を検討中 
認定書店には医書.jpよりツール提供や情報提供 
入力画面提供、メルマガの台本、各種サポート 
30
スタート時 
5年後 
個人顧客数 
2万人 
25万人 
施設顧客数 
100施設 
2000施設 
掲載書籍数 
2000冊程度 
5000冊程度 
(600冊/年増加) 
掲載雑誌数 
50誌、40万論文 
200誌、90万論文 
31
医学・医療の専門書に限定 
雑誌と書籍を配信 
個人と施設に配信(将来は研究室単位も) 
全医書出版社の全コンテンツを配信(目標) 
出版社の主体性を確保 
主として配信だけを出版社から受託して行う 
販売は従来通り各出版社が書店...
33 
お問い合わせ先 
info@isho.jp
sem017 Isho-jp
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

sem017 Isho-jp

1,798 views

Published on

We deliver quickly electronic content to professionals all involved in medical.

Published in: Business
  • Be the first to comment

sem017 Isho-jp

  1. 1. 医書.jp=医書出版社が共同で運営する配信サイト 医書=医学・医療に専門特化 共同=殆ど全ての医書のコンテンツが集結 目標=日本最大の出版社・コンテンツ・顧客を 有する医学・医療に特化した配信サイト 2
  2. 2. 「医書ジェーピー株式会社」を登記 通称:「医書. jp」(いしょじぇーぴー) サイト・ドメイン:「isho.jp」 ロゴ 3
  3. 3. 4 http://www.isho.jp/
  4. 4. 5
  5. 5. 文京区本郷5-1-13 KSビル8F (日本医書出版協会・全国医書同業会と同じビルの8階) 6
  6. 6. 以下の5者が発起人・株主となり設立 株式会社医学書院 特定非営利活動法人医学中央雑誌刊行会 株式会社学研メディカル秀潤社 株式会社南江堂 株式会社南山堂 (株主は暫定的) 7
  7. 7. 代表取締役社長 ・金原 優(医学書院) 役員 ・金原 俊(医学書院) ・鈴木 幹太(南山堂) ・須摩 春樹(学研メディカル秀潤社) ・三沢 一成(医学中央雑誌刊行会) ・横井 信(南江堂) 監査役 ・本郷 允彦(南江堂) 8
  8. 8. 社員 ・山田島 誠 ・出塚 豪記 運営委員 ・役員(6名) ・小立 鉦彦(南江堂) ・松田 真美(医中誌) 9
  9. 9. 医学書院の電子配信はパソコン通信から 1994年頃(20年前)。50円/1分で薬剤情報を配信 1996年。インターネットに移行 共に外部の仕組みを活用。販売と配信を依存 配信先が全く見えない 充分な販促ができない 配信の実感がない 10
  10. 10. 2004年、施設(大学・病院)への配信において、自社 サイトを開始 2009年、個人へも独自の認証方式を開発して開始 販促・販売を行うことで出版の実感! 一貫して『自社サイト』を目指す →販促力を持つ専門書店による販促が可能 →主体性の確保が可能 欧米のSTM出版も、紙・電子とも流通業スタイル 11
  11. 11. 複数出版社のコンテンツが一緒に使えない 紙は問題ないが、電子はサイトが違うと →使い方が違う、規約が違う、認証が違う、本棚が違う →読者が使いづらい ユーザーが複数サイトを使い分けるのは無理 書店も勧められない。説明が充分にできない 自社サイトなら専門書店の販促が可能 →専門書店による販促は不可能! 12 ×
  12. 12. 多くの配信サイトに広く販売を委託する 全ての出版社が全てのサイトに提供すれば、どのサ イトの顧客も全てのコンテンツが使用可能 問題点 ・主体性の確保が困難 → ・既存の書店の対応が困難→新たな販促力の構築 ・サイトの寡占化が起こる 13
  13. 13. 14 配信サイトの所有で主体性を確保 →様々な施策や工夫が可能 →既存の書店による販促が可能 共同で所有することでコンテンツの集結を実現 →読者が便利(同じ本棚に並べられる) →書店も理解しやすい →出版社負荷の軽減。電子への参入を容易に
  14. 14. 医書を専門に販売する書店が販売の中心である 更にそれら書店の外商が販売の中心である 多忙な医師に対し全国100店の専門店で販売。外商が不可欠 100%業務上の購入。個人購入においても公費決 済処理が不可欠。見積書、請求書、領収書が必要 施設購入・閲覧が必要。コンテンツ量ではなく、利 用人数・施設規模による課金が必要(FTE課金) 研究室予算での購入も多く、複数人を認証する仕 組みも将来は必要。 認証を視野 15
  15. 15. 医学雑誌は「マガジン」ではなく「ジャーナル」。特性 や役割がマガジンと異なる。 古い論文も重要。実際に50年前の創刊号から提供 している例も 参考文献(引用文献)からのリンクが必要。医中誌 Link Serviceにより実現。今後はJaLCの活用も 16
  16. 16. 医書出版社は「日本医書配送センター」、「MedGate」 を共同で運営中 日本医書出版協会(JMPA)では、カタログ作成に際 して、各出版社と書誌の電子入稿を確立済 既に8~9割の出版物が著作権譲渡契約に移行済 多くの医書出版社において、3~4年前より出版物を 電子化して蓄積 17
  17. 17. 医書の市場規模は推定800~1,000億円/年 書籍の流通点数(リビングタイトル)は約2万点 「医学書総目録」(JMPA刊)の収録点数は約17,500点 商業雑誌は約350点 同目録の収録点数は約300点 18
  18. 18. 日本の医学・医療の進歩に貢献 ・質・量ともに高い医学・医療情報を提供 統一プラットホーム ・全コンテンツが同一サイト。ユーザーの利便性。利用促進 ・版元のサイト負荷の分散。電子配信への参入を容易に 既存の書店・取次との連携 ・確立された高い販促力を活用。外商も活用 ・現在の流通を踏襲。電子へのスムーズな移行を促進 主体性の確保 ・自らが配信サイトを保持。流通における主体性を確保 19
  19. 19. 休息 20
  20. 20. システム一式の構築・維持・運営 コンテンツの収集、蓄積 ・コンテンツ作成支援(有償) 施設・個人への配信 ・出版社に配信手数料を課金 販売は原則、書店 ・部分的にサイト上から個人顧客に販売 21
  21. 21. 日本医書出版協会発行の「医学書総目録」掲載 と同等の専門書 協会会員社に限らない 書籍、および雑誌 22
  22. 22. フィックス型:PDF。書籍、および雑誌 リフロー型:XHTML。辞書、薬などのリファレンス書 他の書籍とのリンクも 23 フィックス型 リフロー型
  23. 23. 施設 ・大学・病院などの全体で閲覧 ・利用者を特定(認証)しない ・IP認証 個人 ・特定の1人が閲覧 ・利用者を特定(認証) ・ID/PW認証 開業医は? →1人なら個人。複数人なら施設。支払いとは無関係 24
  24. 24. 書籍 ・1冊単位:所有型 ・セット:期間型。(内科医、研修医、開業医などのセット) 雑誌 ・タイトル単位:期間型 (バックナンバーも) ・号単位:所有型 ・論文単位:所有型 25
  25. 25. 書籍 ・セット:期間型。(出版社単位、臨床医向け、看護向け、など) ・1冊単位:所有型 雑誌 ・セット:期間型。(出版社単位、内科系、外科系) ・1タイトル単位:期間型。(バックナンバーも) 26
  26. 26. 医書.jpでは積極的な販売はしない 配信のみを出版社から有償で受託する 販売は紙と同様、出版社が取次、書店を活用 書店では店頭・外商にて紙と同様に販売 サイト購入の場合でも書店の関与を極力多くする 書店の積極的な参加を促し登録ユーザーを確保 サイト購入でも書店の掛売り、公費決済を可能に 27
  27. 27. 出版社 施設 個人 取次 卸 卸 サイト上から販売 販売 販売 28 卸 書店 書店ルート サイトルート 配信 配信
  28. 28. A書店の店頭・外商で販売 A書店専用ページで 個人IDと商品名を入力 閲覧開始 紙と同様に請求・支払 A書店から請求(店頭/後日) 29 配信手数料を請求・支払
  29. 29. 顧客に、販売、サポート、アプローチを充分に行っ て頂くため、「医書.jp認定書店」を検討中 認定書店には医書.jpよりツール提供や情報提供 入力画面提供、メルマガの台本、各種サポート 30
  30. 30. スタート時 5年後 個人顧客数 2万人 25万人 施設顧客数 100施設 2000施設 掲載書籍数 2000冊程度 5000冊程度 (600冊/年増加) 掲載雑誌数 50誌、40万論文 200誌、90万論文 31
  31. 31. 医学・医療の専門書に限定 雑誌と書籍を配信 個人と施設に配信(将来は研究室単位も) 全医書出版社の全コンテンツを配信(目標) 出版社の主体性を確保 主として配信だけを出版社から受託して行う 販売は従来通り各出版社が書店をフル活用 書店の参画を促し、登録ユーザーを確保 サイト購入でも書店による掛け売りを可能に 32
  32. 32. 33 お問い合わせ先 info@isho.jp

×