ACCESS Lentrance

1,304 views

Published on

ACCESS教育ソリューション
日本電子出版協会
2015.09.17

Published in: Internet
0 Comments
3 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

No Downloads
Views
Total views
1,304
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
32
Actions
Shares
0
Downloads
55
Comments
0
Likes
3
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

ACCESS Lentrance

  1. 1. ACCESS CO., LTD © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. │ Confidential 教育ソリューション「Lentrance」のご紹介 『 2015年9月17日 』 JEPAセミナー 配布資料
  2. 2. P.2P.2 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 1. ACCESSの教育事業 2. 電子教材用ビューア(Lentrance Reader) 3. 制作支援ソリューション(Lentrance Creator) Appendix 目次
  3. 3. P.3P.3 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 1. ACCESSの教育事業
  4. 4. P.4P.4 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 学習者を中心に据えた、学びのシーンに限定されないシームレスなICT教育プラットフォームの構築。 教育コンテンツホルダー、教育サービス事業者との連携を推進し、同一あるいは共通規格のプラットフォー ムによる学習履歴の一元管理と教育サービスの提供。 実現を目指す学びの環境 初等・中等教育 高等教育 生涯学習 塾・通信教育 ビジネススキル・資格 【ICT教育プラットフォームで連結】 個人の生涯にわたる 「学び」をサポート • 同一あるいは共通規格 のプラットフォームにて学 習履歴を一元管理 • 個人の学習履歴や傾向 を蓄積・分析し、その人 に合う・効果的な学習方 法のリコメンド • 上記を前提とした教育 サービスの展開
  5. 5. P.5P.5 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 軸となるのは「Hybrid型教材用ビューア」、「コンテンツ制作支援ソリューション」、「クラウド機能(アダプ ティブ機能、ログ管理機能、配信システム、教材コンテンツDB等)」の3つのソリューション。 パートナーとの協業による、本プラットフォームでの教育サービス提供も行う予定。 ICT教育プラットフォームの構成 [学習者] 配信Server LMS 問題DB 教材DB アダプティブ 機能 [学習者] [学習者] [教師・講師] 配信Server (中間) [教科書・教材出版社] 教材用ビューア(マルチOS対応)クラウド上の各種機能(配信、オーサリング、学習履歴管理etc…) NWを介さない教師-生徒間 データ連携機能も提供 [塾・予備校] [通信教育事業者] 手順書、自動化ツールを提供し、 コンテンツの電子化(EPUB化) をサポート 制作支援ソリューション 【自治体・校内・事業者NW】 【教育現場】【コンテンツホルダー】 【クラウド基盤】
  6. 6. P.6P.6 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 2. 電子教材用ビューア(Lentrance Reader)
  7. 7. P.7P.7 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential EPUB準拠と教材用ビューアとしての高い表現力を両立。(Hybrid機能【※】を搭載) アプリ・ブラウザの双方から、同じUI/UXでコンテンツを利用できる「OneSource-MultiDevice」を実現。 オンライン・オフラインのどちらでも利用でき、PDF、画像、動画といったマルチコンテンツタイプに対応。 Lentrance教材用ビューアの特長 【※】 Hybrid機能とは、固定レイアウトとリフローを共存さることで、教材紙面の忠実な再現とコンテンツへの高いアクセシビリティを両立させる技術です。  EPUB3準拠でHybrid機能【※】を搭載  教育コンテンツ向けの複雑な表現(縦書き、数式、漢文、画像回り込み等)に対応  アプリ・ブラウザの双方から、同じUI/UXで同じコンテンツを利用可能 【1】 EPUB準拠と 高度な表現力の両立  PDF、画像、音声、動画といったマルチコンテンツタイプに対応  画像、動画等のコンテンツは単体で(一つのコンテンツとして)表示させることも可能 【3】 マルチコンテンツタイプ に対応  オンライン・オフラインのどちらであっても、コンテンツ参照が可能  レンダリング結果も同等(リフロー、リッチメディアにも対応) 【2】 オンライン・オフライン の双方に対応
  8. 8. P.8P.8 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 教科書出版社の最大手である「東京書籍」の電子教材用ビューアとして採用。 EPUB準拠と電子教材向けに必要とされる高い表現力を両立。 特別な支援を必要とする学習者にも配慮し、アクセシビリティを重視した機能拡張を実施。 教材用ビューアの採用実績 (東京書籍) 【※】 画面は、東京書籍株式会社との共同研究による先行試作版のものです。
  9. 9. P.9P.9 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 大日本印刷(DNP)グループに属し、教科書出版社のTOP3の一角である「教育出版」の電子教材 用ビューアとして採用。 学校図書館、公共図書館との連携も視野に入れた実証研究を推進。 教材用ビューアの採用実績 (教育出版) 【※】 画面は2014年時点(開発中)のものです。 一般図書のみを表示させるこ とも可能 教科書と一般書籍(図書館のコンテンツ等)を同 一本棚に載せることが可能 教科毎の絞り込みが 可能
  10. 10. P.10P.10 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 機能紹介:Hybrid表示
  11. 11. P.11P.11 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 機能紹介:本棚表示の切り替え 【グリッド表示】 【リスト表示】
  12. 12. P.12P.12 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 機能紹介:コンテンツ表示と書き込み 【コンテンツ表示】 【書き込み機能】
  13. 13. P.13P.13 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 機能紹介:閲覧状態からのコンテンツ切り替え
  14. 14. P.14P.14 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 機能紹介:複数コンテンツの表示 (2画面分割) 【教科書+オリジナル作品】 【教科書+ドリル】
  15. 15. P.15P.15 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 機能紹介:動的コンテンツの表示 【画像表示】 【動画表示】
  16. 16. P.16P.16 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 教材コンテンツ(EPUB)内で、問題の出題・解答・正誤判定を行うことが可能。 HTML5やJavaScript技術をベースにしており、マルチOS対応が可能。 機能紹介:インタラクティブコンテンツ対応 【選択問題の出題】 【正誤判定】
  17. 17. P.17P.17 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 様々な出題・解答形式に対応。(リスニング問題、テキスト入力、書き込み等) コンテンツ内への音声・動画埋め込みと組み合わせた、リスニング形式の出題も可能。 機能紹介:インタラクティブコンテンツ対応 【リスニング問題】 【動画解説】 【テキスト入力】 【書き込み】
  18. 18. P.18P.18 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 3. 制作支援ソリューション(Lentrance Creator)
  19. 19. P.19P.19 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential EPUBコンテンツ制作(InDesign→EPUB)の手順書および自動化ツールを提供。 Hybrid機能対応コンテンツ、SSML対応コンテンツを効率的に生成することが可能。 制作支援ソリューションの概要 【組版データ】 InDesign 制作手順書 制作支援ツール Lentrance Creator(コンテンツ制作支援ソリューション)の特長  EPUB3.0に準拠  教科書・教材の複雑な組版に対応(紙面と同じフォント表現、レイアウトの再現が可能)  SVG(ベクターイメージ)形式のコンテンツ制作が可能(拡大しても描画の劣化なし)  Hybridビューア(固定レイアウト+リフロー)対応のコンテンツ制作が可能  動的コンテンツの制作(動画、音声、Flash、HTML5コンテンツ等のEPUB組み込み)に対応
  20. 20. P.20P.20 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential Appendix
  21. 21. P.21P.21 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 「ベネッセ」のプリペイドカード式学習サービス、「BenePa」のコンテンツ閲覧ビューアとして、ACCESS製ブ ラウザ版ビューアが採用。 「こどもちゃれんじ」、「進研ゼミ」といった学習プログラムにおける動画指導や音声学習を実現。 教育系の実績 (ベネッセ) 【ラインナップ】 【コンテンツ表示】
  22. 22. P.22P.22 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 【動画再生】 動画閲覧とテキスト入力による解答 「JMAM:日本能率協会マネジメントセンター」の通信教育サービス電子化に、ACCESS製ブラウザ版 ビューアが採用。 「学習効果アップ」、「学ぶ楽しさ」、「使いやすさ」の同時達成を目指すサービスとして展開。 教育系の実績 (日本能率協会マネジメントセンター) 【本棚】 受講しているコースのテキストを 一冊ごとに保存・管理 【確認テスト】 学習効果確認のための インタラクティブな択一問題
  23. 23. P.23P.23 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential EPUB標準化団体であるIDPFが主導する、Readiumプロジェクトに研究開発成果を還元。 EPUBリファレンスビューアであるReadiumにACCESS製エンジンが搭載され、OSSとして全世界に向け 無償提供中。(日本電子書籍出版社協会の参照ビューアとしても認定) OSSへの貢献(1/2) 2011年Q3 EPUB3準拠ビューアの リリース • 日本語縦書、ルビ、禁則などに対応したEPUB3仕様に準拠 • WebKit(ブラウザエンジン)ベースで実装 • 1つのEPUB3ビューアで活字、コミック、雑誌の表示が可能 IDPF/Readium プロジェクトへの参加 • WebKit拡張機能をOSSとして提供 • 参加企業は、ACCESS、Adobe、Barnes & Noble、Copia、 Google、Kobo/楽天、O’Reilly、Samsung、Sony など IDPF/Readium ビューアのリリース • EPUB3リファレンスビューアとしてIDPFから公式リリース • Mac版アプリとして無償ダウンロード可能 • 2012年9月26日に日本語アプリケーションもリリース Readium Foundation に加盟 • Readiumプロジェクトが、電子書籍ライセンス団体「Readium Foundation」として法人化 • SDK技術の機能強化と販売により、EPUB3の商用化を推進 2012年2月 2012年7月 2013年3月 時期 活動 詳細 世界初の Readium SDK商用化 • 世界で初めてReadium SDKを採用した商用版EPUBビューアをリリース • 引き続きEPUBおよびReadium技術の普及活動を推進中 2013年10月
  24. 24. P.24P.24 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential EPUB普及のためには、日本語コンテンツを正しく表現できる世界の構築が重要。 上記の実現に貢献すべく、ACCESSは各OSSに対し積極的に協力・技術提供を推進。 Readium以外にも、WebKit、cURL、cairoに参画。(Blink、OpenSSLにも参画予定) OSSへの貢献(2/2) 【WebKit】 • 米Apple社が中心となって開発しているHTMLレンダリングエンジン群 の総称 • 2005年6月にOSS化 【cURL】 • 様々なプロトコルを用いてデータを転送することを目的としたOSSプロ ジェクト • ライブラリとコマンドラインツールを提供 【cairo】 • ベクトルベースの描画APIを提供するグラフィックスライブラリ • デバイス非依存であり、直線、矩形、円弧の他、ベジェ曲線や文字の 描画も可能 OSS名 内容  rubyなど電子書籍に必要 な表現の改善を中心にコ ミュニティへパッチとして還元 (35件) 成果  開発の成果をコミュニティへ パッチとして還元 (4件)  開発の成果をコミュニティへ パッチとして還元 (1件)  Blink : Googleなどが開発するHTMLレンダリングエンジン (2013年4月3日にWebKitから分岐・独立)  OpenSSL : SSLおよびTLSの機能を実装した、オープンソースのライブラリ 【参画予定のOSSプロジェクト】
  25. 25. P.25P.25 © 2015 ACCESS CO., LTD. All rights reserved. l Confidential 本内容に関するお問合せは、以下までお願い致します。 株式会社ACCESS 教育事業チーム 石橋 穂隆(hodaka.ishibashi@access-company.com) 平野 正彦(masahiko.hirano@access-company.com)

×