Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.
EDUPUB Phoenix 2015 報告
上智大学 田村恭久
デジタル教科書の国際標準「EDUPUB」 第5回
2015年3月11日
1
EDUPUB
• IDPF(国際電子出版協会)+IMS+W3C
• ePub 3.0規格がベース
– 日本語(縦書き、ルビ等)
– アクセシビリティ対応 (DAISY仕様を含む)
• 学習に必要な機能を追加
– IDPF: 内容の意味付け など...
EDUPUB Workshops
3
# 期日 場所 主催 参加者 URL, 主な議題
1
2013-10-29/30
Boston USA
Pearson
111
http://idpf.org/edupub-2013
議論すべき項目・範囲の...
全体日程
Date Event
2/23
IMS Quarterly Meeting
2/24
2/25 Caliper Analytics & LTI Bootcamp
2/26 EDUPUB Summit
2/27 IDPF & Readi...
2/25 Caliper & LTI Bootcamp
• Caliper Analytics (学習記録データ収集)と
LTI (外部アプリ連携)について、
IMSがサンプルソースを提供、各自で実装
• LTI:リソースの種類ごとにhttpd...
LTI (Learning Tools Interoperability)
6
電子教科書
参考書
httpd
ビデオ
httpd
クイズ
httpd
シミュレータ
httpd
2/26 EDUPUB Summit
• Certifying EDUPUB Content, Authoring Tools,
and Reading Systems
• EDUPUB Recaps and Next Steps
• Demo...
2/27 IDPF & Readium Implementation Plans
• IDPF EDUPUB WG work 2015-16 : EPUB
3.1
• W3C DPUB IG Status Report
• Meet the E...
仕様の位置づけ
9
e-Textbook
EDUPUB Profile
(IDPF)
Semantics for
Teacher’s Guide
(IDPF)
Reference
Dictionary
Content Server/LMS
(M...
EDUPUB規格の現状 (IDPF)
• EDUPUB Profile:特有の構成要素や構造を記述
– http://idpf.org/epub/profiles/edu/spec
• Open Annotation in EPUB: ノートの...
IMSの関連規格:2015年の動き
• QTI v2.1, aQTI
– APIP (Authoring & Delivery)
• LTI v2
• Caliper Analytics
• eduERP
– Learning Informat...
コンテンツの肥大化:傾向と対策
• 電子教科書:印刷物のような制約がないため、
コンテンツが肥大化しがち
– Flashや独自ファイルを用いた対話型コンテンツ
– 音声や動画などのマルチメディアコンテンツ
– 欲張ると、1単元で数十GBにも達す...
今後の活動
• 次回ミーティング:未定
• 高効率なEDUPUBオーサリングツール
– EDUPUB Profile タグ利用
– DIV毎の著作権メタデータ付与
– 外部コンテンツ・アプリとの連携
• 軽量リーディングシステム
– Open ...
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

EDUPUB Phoenix 2015 報告

1,472 views

Published on

デジタル教科書の国際標準「EDUPUB」 第5回
2015.03.11 日本電子出版協会

Published in: Internet

EDUPUB Phoenix 2015 報告

  1. 1. EDUPUB Phoenix 2015 報告 上智大学 田村恭久 デジタル教科書の国際標準「EDUPUB」 第5回 2015年3月11日 1
  2. 2. EDUPUB • IDPF(国際電子出版協会)+IMS+W3C • ePub 3.0規格がベース – 日本語(縦書き、ルビ等) – アクセシビリティ対応 (DAISY仕様を含む) • 学習に必要な機能を追加 – IDPF: 内容の意味付け など – W3C: Open Annotationなど – IMS Global: クイズ、アプリ連携など • オープンな規格の集合体 – 仕様が公開され、無償で利用可能 – サンプルやソフトも利用可能 2
  3. 3. EDUPUB Workshops 3 # 期日 場所 主催 参加者 URL, 主な議題 1 2013-10-29/30 Boston USA Pearson 111 http://idpf.org/edupub-2013 議論すべき項目・範囲の整理 2 2014-2-12/13 Salt Lake USA IMS 135 http://www.imsglobal.org/edupub/ 議論の経過報告、To Do 整理 3 2014-6-19/20 Oslo Norway SC36 Norway 146 http://idpf.org/edupub- europe-2014 Spec v1報告、To Do 整理 4 2014-9-16/18 Tokyo Japan IDPF/JAPET/CEC.. 100 http://www.jepa.or.jp/edupub/ EDUPUB 2014 Spec提案 5 2015-2-26/28 Phoenix AZ USA IMS 130? http://www.imsglobal.org/feb2 015UofPhoenix.html EDUPUB 関連規格の実装
  4. 4. 全体日程 Date Event 2/23 IMS Quarterly Meeting 2/24 2/25 Caliper Analytics & LTI Bootcamp 2/26 EDUPUB Summit 2/27 IDPF & Readium Implementation Plans 4
  5. 5. 2/25 Caliper & LTI Bootcamp • Caliper Analytics (学習記録データ収集)と LTI (外部アプリ連携)について、 IMSがサンプルソースを提供、各自で実装 • LTI:リソースの種類ごとにhttpd、通信の双方 向に付随データ 5
  6. 6. LTI (Learning Tools Interoperability) 6 電子教科書 参考書 httpd ビデオ httpd クイズ httpd シミュレータ httpd
  7. 7. 2/26 EDUPUB Summit • Certifying EDUPUB Content, Authoring Tools, and Reading Systems • EDUPUB Recaps and Next Steps • Demonstration – Vitalsource, Metrodigi, Gutenberg Technology • The Business Impact of EDUPUB – Panel and Audience Discussion • EDUPUB 2015 Requirements and Roadmap • Wrap-up 7
  8. 8. 2/27 IDPF & Readium Implementation Plans • IDPF EDUPUB WG work 2015-16 : EPUB 3.1 • W3C DPUB IG Status Report • Meet the Editors: EDUPUB Q&A • (EDUPUB Implementors Workshops) 8
  9. 9. 仕様の位置づけ 9 e-Textbook EDUPUB Profile (IDPF) Semantics for Teacher’s Guide (IDPF) Reference Dictionary Content Server/LMS (Material/Quiz) Learning Record Store Learning Analytics Server Learning Analytics Data Items (IDPF) Open Annotation in EPUB (IDPF) EPUB Scriptable Components (IDPF) QTI: Quiz Description (IMS) LTI: API for e- textbook and outer application (IMS) Caliper: Learning Analytics (IMS)
  10. 10. EDUPUB規格の現状 (IDPF) • EDUPUB Profile:特有の構成要素や構造を記述 – http://idpf.org/epub/profiles/edu/spec • Open Annotation in EPUB: ノートの埋め込み – http://idpf.org/epub/oa • Scriptable Components: 対話的コンテンツ iFrame – http://idpf.org/epub/sc/api • Scriptable Components Packaging and Integration: Components のEPUB内埋め込み – http://idpf.org/epub/sc/pkg • Distributable Objects: EPUBコンテンツの分解/再統合 /変換 – http://idpf.org/epub/do 10
  11. 11. IMSの関連規格:2015年の動き • QTI v2.1, aQTI – APIP (Authoring & Delivery) • LTI v2 • Caliper Analytics • eduERP – Learning Information Services (LIS) – Course Planning and Scheduling (CPS) 11
  12. 12. コンテンツの肥大化:傾向と対策 • 電子教科書:印刷物のような制約がないため、 コンテンツが肥大化しがち – Flashや独自ファイルを用いた対話型コンテンツ – 音声や動画などのマルチメディアコンテンツ – 欲張ると、1単元で数十GBにも達する • EDUPUB:初期配布コンテンツは軽量化、大容 量コンテンツは外部からオンデマンドで配信 – IMS LTI: 外部アプリとの連携 • 容量の例:Kno www.kno.com Intel Education – 1冊の教科書が平均100MB 12
  13. 13. 今後の活動 • 次回ミーティング:未定 • 高効率なEDUPUBオーサリングツール – EDUPUB Profile タグ利用 – DIV毎の著作権メタデータ付与 – 外部コンテンツ・アプリとの連携 • 軽量リーディングシステム – Open Annotation ノートテイク • コンテンツ軽量化のための指針作り 13

×