Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

~2020 and beyond~ スポーツ×IoTの取り組みご紹介_IoTビジネス共創ラボ 第9回 勉強会

949 views

Published on

~2020 and beyond~ スポーツ×IoTの取り組みご紹介

Published in: Technology
  • Login to see the comments

  • Be the first to like this

~2020 and beyond~ スポーツ×IoTの取り組みご紹介_IoTビジネス共創ラボ 第9回 勉強会

  1. 1. 1 〜 2020 and Beyond 〜 スポーツ×IoTの取り組み    Open Innovation Lab @Information Services International, DENTSU
  2. 2. 2 会社概要 1975年 × = GEの⼤型コンピュータ群と グローバル・ネットワーク(世界800都市)を駆使し ⽇本では初となるクラウド型ITサービスを提供開始
  3. 3. 3 会社概要 会社名 設⽴ 本社 売上⾼ 従業員数 顧客数 事業内容 株式会社電通国際情報サービス Information Services International-Dentsu, Ltd. 1975年12⽉11⽇ 2000年11⽉ 東証1部上場 東京都港区港南2-17-1 834億4,230万円(2017年12⽉期) 2,716名(2017年12⽉末現在) 2,200社以上 コンサルティング、システム開発、 ソフトウェア販売、運⽤保守、情報機器販売 等
  4. 4. 4 主要事業 金融ソリューション 金融機関の新たなビジネス領域への挑戦や、 グローバル化を支援する ITソリューションを提供しています。 エンジニアリング ソリューション 製造業の革新的なエンジニアリング プロセスの実現を支援するITソリューショ ンを提供しています。 コミュニケーションIT 電通グループに対する基幹システムの 提供ならびに電通グループとの協業による ITソリューションを提供しています。 ビジネスソリューション 「グローバル&グループ経営」を支援する       基幹業務や経営管理に係るIT ソリューションを提供しています。 40年以上の業務経験と電通グループの総合⼒を活かし、業界・ソリューション別に4つの 事業セグメントでビジネスを展開しています。
  5. 5. 5 組織図(2020テクノロジー&ビジネス開発室) 株主総会 取締役会 代表取締役 監査役会 常勤取締役会 監査役室 監査室 統合リスク管理室 経営企画本部 管理本部 戦略ビジネス推進本部 グローバルビジネス推進本部 金融ソリューション事業部 ビジネスソリューション事業部 エンジニアリングソリューション事業部 オートモーティブ事業部 コミュニケーションIT事業部 技術本部 サンフランシスコ R&Dオフィス オープンイノベーションラボ プロジェクトデザイン部 因果分析ビジネス推進部2020テクノロジー& ビジネス開発室 関西ビジネス協創部 2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会に関連する仕組みの構築と、競技大会後の 新たなビジネス創出(レガシー)を推進する全社組織。
  6. 6. 6 INTRODUCTION TO OPEN INNOVATION LAB
  7. 7. 7 オープンイノベーションラボ(イノラボ)は先端テクノロジーを活⽤したサービス開発 を世界に先駆けて⼿がけていくことを⽬指して2011年に電通国際情報サービスに設置さ れたラボです。 従来のシンクタンク型研究スタイルとは異なり、試作・実証を通して国内外、や業種・ 業界を超えた「企業における知の探求とあるべきオープン・コラボ レーション」モデル を追求しています。 2020年とその先のさまざまな社会課題を解決すべくシーズとニーズを組み合わせながら、 未来の都市や社会に実装することが活動の⽬的です。
  8. 8. 8 『 場 』 出会って つながって 創発する 実験の 様々な先端技術を組み合わせ、アプリケーションとして実⽤化していくため、国内外の様々な専⾨家 や企業、教育機関などとのコラボレーションを推進する実証実験場が、「イノラボ・コネクティング スタジオ」です。 INNOLAB CONNECTING STUDIO
  9. 9. 9 「先端テクノロジーとデザイン」 私たちは世界中から先端技術を集め、 それらを様々な課題と掛け合わせて、 カタチにして⾒せます。カタチになっ たら、その可能性を世に問う実証実験 を⾏います。研究でも調査でもない、 テクノロジーを使ったプロトタイピン グこそがイノラボのアプローチです。 体験の納得感 (why to use it) デザイン (What to do) エンジニアリング (How to make) ビジネス (How to monetize) エンジニア UI/UX デザイナー UXプランナー ストラテジスト プランナー マーケター ビジネス デザイナー コミュニケーション プランナー サービスデザイナー クリエイティブ デザイナー プロデューサー
  10. 10. 10 3ヶ⽉でプロトタイピング、仮説・検証 「あったらいいな」と「世の中の素晴らしい技術」をマッシュアップ。プロトタイピングと 実証実験により仮説を3ヶ⽉で検証していきます。 AS-IS (AS-IS)
  11. 11. 11 未来志向の有識者とのネットワーク、ビジョンの共有 Human-Machine Interfaceの第⼀⼈者である東京⼤学暦本教授などIoTやAR/VR、AI領域の多才な外部パネルと連携 東京⼤学助教授 スプツニ⼦! ロボットクリエイター きゅんくん 筑波⼤学准教授 落合陽⼀ ベンチャー投資 Adriaan Ligtenberg 東京⼤学教授 暦本純⼀ 慶應SDM教授 神武直彦 千葉⼯⼤教授 安藤昌也 Artist/Director 市原えつこ⽒
  12. 12. 12 街づくり/地⽅創⽣ スポーツ/ヘルスケア モビリティ ⾷・農業 UI/UX AR/VR Sensor/ Wearable Device/ IoT/ Robotics AI/ Machine Learning /Block Chain/ Chatbot 東京国⽴博物館  「トーハクなび」 スマイル募⾦  「エミタメ」 対話する街 「Listen Tree」 Wearable Robot 「Mecaf」 グランフロント⼤阪 「Compath Service」 屋外空間センシング 「SpyOnMe」 ⽔中VR体験 「AquaCAVE」 東京を運動場にしよう 「エプリスポ!」 農業従事者向けUI  「アグリノート」 物流ロボット 「CarriRo」 ⾃⾛式ボール 「HoverBALL」 ランニングフォーム診断 「RunningGate」 因果分析AI 「CALC」 街とツナガル 「+foooper!」 ポタリングPF  「まちりん 」 農産品×Blockchain ⾃動⾞の体験共有 「JackIn Drive」 Chatbot 街ガイド スポーツ適性AI 「Digsports」 ⾃動運転PF 「iZAC」 Multiangle VR 「ReverseCAVE」 IoTインフラ 「SynapSensor」 病害⾍画像診断 農業IoTセンサー 「PaddyWatch/Field Server」 イノラボの取り組み 遠隔コミュニケーション 「TiCA」
  13. 13. 13 スポーツ×IoTの取り組み
  14. 14. 14 エブリスポ! エブリスポ!は、ITを活⽤して地域や会社のコミュニケーションを活性化し、 ⽇常の運動を楽しみながら継続させる仕組みです。
  15. 15. 15 J.LEAGUE ウォーキング 地域のみなさんが楽しみながら歩くことで、健康づくりを応援していくウォーキングプロジェクト。 プログラム参加者は、Jリーグの選⼿や他の参加者たちとアプリ内でチームを組み、⽇々の歩数やアプ リ内で課されるミッションの達成によって付与されるポイントを競うとともに、アプリのトーク機能を 活⽤したコミュニケーションを通じて、楽しみながらウォーキングを続けることができます。 プログラム参加者限定のイベントへの招待や、Jリーグのスポンサー企業や関連施設の割引クーポンの 提供、ホームゲームにて優勝チームの表彰式典なども実施。プロジェクトを通じ、地域のみなさまの健 康づくりをサポートするとともに、Jリーグのファン・サポーターのすそ野を拡⼤し、地域社会の活性 化に貢献していきます。 第⼀弾は湘南ベルマーレで実施!
  16. 16. 16 Running Gate センサーをつけずにランニングフォームを3D解析 マイクロソフト製のKinect v2をセンサーとして採⽤ Running Gateとは、複数のセンサーが設置されたゲートを⼈が通り抜けるだけで、⾝体の動きをリア ルタイムで3Dデータ化できるシステムです。センサーにはKinect v2を採⽤しています。低コストで簡 易な機器構成でも、⼈体にマーカー等を装着する必要がなくなります。 さらに、独⾃のデータ解析・処理⼿法を⽤いて、取得した3Dデータから実⼨値を推定したり、経過時間 ごとのデータ差異を算出したりすることで、対象者の⾝⻑や体格、歩幅・ピッチ・重⼼移動・⾜運びな どを割り出します。これにより、従来のように特殊なマーカーや装置を使わなくても、動作の特徴を解 析したり、他者データと⽐較したりすることが可能となります。 本プロジェクトは、イノラボと東京⼤学⼤学院 暦本研究室が共同で研究を実施。両者共同でコンセプト 開発を⾏い、基礎技術研究を暦本研が、データ検証とサービスモデル検討をイノラボが担っています。
  17. 17. 17 〜キミの”とくい”をみつける〜「DigSports」 測定 測定結果
  18. 18. 18 本⽇の説明は以上です。 ご清聴ありがとうございました。

×