Ask for your solutions!エンタープライズ・ストレージの 最新テクノロジーについて    株式会社アスク    2011年10月21日                                   page1
Ask for your solutions!                     アジェンダ1. 最新ストレージの動向について – ストレージの階層について – Tir0ストレージの誕生と今後2. LSIロジックが提供するフラッシュストレ...
Ask for your solutions! エンタープライズストレージの動向エンタープライズストレージ階層では、従来のTier1-Tier3に加えて、SSDやPCIeフラッシュストレージを活用したTier0階層という発想が生まれています。S...
Ask for your solutions!Tir0ストレージの必要性          CPUは15年で300倍以上性能が上がっているが、          HDDはあまり変わっていない。
Ask for your solutions!Tir0ストレージはディスクIOとCPU、DRAMの間を埋めるために登場しました。                                                     ここにフォ...
Ask for your solutions!LSIロジックが提供するフラッシュストレージ
Ask for your solutions!LSI MegaRAID CacheCade Pro 2.0• MegaRAID CacheCade ソフトウエアはHDDボリュームの前面にSSDでキャッシュプールを構成します。• RAID Fir...
Ask for your solutions!   冗長化されたSSDキャッシュによ   り、安心してSSDのRead/Write性   能をフルに発揮。   大容量かつ冗長性のある高速   サーバーの構築が可能に!アクセス頻度の高いデータ(H...
Ask for your solutions!アプリケーション   CacheCadePro2.0は、データベース、Webサーバー           に特化した製品です。
Ask for your solutions!例えば・・・OracleのSmart Flash Cacheと比べて、CacheCadeは、より広い範囲で使用する事が可能で、ユーザーにも管理者にも大きなメリットをもたらします。
Ask for your solutions!ベンチマークテスト結果
Ask for your solutions!ベンチマークテスト結果
Ask for your solutions!ベンチマークテスト結果
Ask for your solutions!ベンチマークテスト結果
Ask for your solutions!ベンチマークテスト結果
Ask for your solutions!ベンチマークテスト結果
Ask for your solutions!最大12倍!              青:CacheCade1.1.ベンチマークテスト結果   橙:CacheCadePro2
Ask for your solutions!                LSIのPCIeストレージはSLC NANDフラッシュを使用しています。LSI WarpDrive   その為、書込み回数や書き換え回数の心配もなく複雑な書込み回数S...
Ask for your solutions!  WarpDriveの特徴・SLCモデルの為、書き換え寿命の心配なし・ドライバーのインストールのみで即使用可能・起動ドライブにも使用可能・ホストマシンのリソースを最低限しか使用しない・読み出し、書...
Ask for your solutions!PCIeストレージの活用事例      ~データセンター~データセンターでは複数のハイスペックサーバーをスケールアウトすることでパフォーマンスを稼ぎますが、その分ネットワーク環境を含めた大規模なイン...
Ask for your solutions!  PCIeストレージの活用事例        ~データセンター~ソフトウェア会社が提供するオンラインゲームのデータベースは今まで大量のサーバーを導入することでパフォーマンスを上げていましたが、Wa...
Ask for your solutions!ストレージ階層ごとの構築パターン
Ask for your solutions!Flashストレージソリューション           高信頼性、高性能、                            省スペース、低消費電力          AIC RAC-1ER  ...
Ask for your solutions!キャッシュFlashストレージ                大容量、低レイテンシ                               低価格、簡単に導入          AIC RAC-...
Ask for your solutions!SSD+SATAのハイブリッドストレージ AIC RSC-1JG2                                                     SSD          ...
Ask for your solutions!小規模サーバーの高速化                                       MegaRAID9265-8i                                  ...
Ask for your solutions!大容量から拡張型ストレージへ                              LSI SAS Switch 6160                     MegaRAID       ...
Ask for your solutions! まとめ 次世代ストレージのキーワードと役割キーワードは・・・      容量単価からIO単価へ!役割は・・・  アプリケーションの遅延を低減!
Upcoming SlideShare
Loading in …5
×

[INSIGHT OUT 2011] B32 open hardwareの夜明け pci express 3・infiniband fdrの登場(yamamoto ishikawa)

971 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
971
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
1
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

[INSIGHT OUT 2011] B32 open hardwareの夜明け pci express 3・infiniband fdrの登場(yamamoto ishikawa)

  1. 1. Ask for your solutions!エンタープライズ・ストレージの 最新テクノロジーについて 株式会社アスク 2011年10月21日 page1
  2. 2. Ask for your solutions! アジェンダ1. 最新ストレージの動向について – ストレージの階層について – Tir0ストレージの誕生と今後2. LSIロジックが提供するフラッシュストレージ – CacheCadePro2.0 – WarpDrive3. ストレージ階層ごとの構築パターン – Tir0, Tir1, Tir2 ストレージの例4. まとめ page2
  3. 3. Ask for your solutions! エンタープライズストレージの動向エンタープライズストレージ階層では、従来のTier1-Tier3に加えて、SSDやPCIeフラッシュストレージを活用したTier0階層という発想が生まれています。SNSやオンラインゲーム等のアクセスの集中するサーバーから災害対策用の大規模ストレージまで、あらゆるシーンでストレージのニーズが高まっています。 Tier0 ミッションクリティカル、ローレイテンシ Tier0 SSD,FLASH 1-3% Tier1 Tier1 OLTP,データベース,HPC 12-20% FC,SAS、SSD Tier2 Tier2 バックアップ、ファイルサーバー 20-25% SAS,SATA Tier3 Tier3 長期保存、大容量 43-60% SATA,テープ
  4. 4. Ask for your solutions!Tir0ストレージの必要性 CPUは15年で300倍以上性能が上がっているが、 HDDはあまり変わっていない。
  5. 5. Ask for your solutions!Tir0ストレージはディスクIOとCPU、DRAMの間を埋めるために登場しました。 ここにフォーカス! メモリーとストレージ のギャップを埋める Flashストレージフラッシュストレージの歴史2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年SSDの アプリケーション型 ハイブリッドFlash 非アプリケーション型 6GbpsSSD LSI,HP,Seagate 普及 PCIe Flash ストレージ登場 PCIe Flash の普及 Intel,DELL などで ストレージ登場 ストレージ登場 新規格の提唱
  6. 6. Ask for your solutions!LSIロジックが提供するフラッシュストレージ
  7. 7. Ask for your solutions!LSI MegaRAID CacheCade Pro 2.0• MegaRAID CacheCade ソフトウエアはHDDボリュームの前面にSSDでキャッシュプールを構成します。• RAID Firmwareがホットデータを自動でダイナミックかつインテリジェントにHDDからSSDキャッシュに コピーします。• ブロックレベルIOの最適化によりアプリケーションチューニングが不要• 頻繁にアクセスされるデータはSSDにキャッシュされるためHDDアレイは処理時間のかかる トランザクションから解放されます。→ HDDオペレーションの効率化、遅延の解消、リード・ライト速度の改善→トータルのシステムパフォーマンスの大幅改善
  8. 8. Ask for your solutions! 冗長化されたSSDキャッシュによ り、安心してSSDのRead/Write性 能をフルに発揮。 大容量かつ冗長性のある高速 サーバーの構築が可能に!アクセス頻度の高いデータ(HotData)は、SSDキャッシュプールを使用し、HDDとSSD間は最適化されたアルゴリズムでR/Wを行います。
  9. 9. Ask for your solutions!アプリケーション CacheCadePro2.0は、データベース、Webサーバー に特化した製品です。
  10. 10. Ask for your solutions!例えば・・・OracleのSmart Flash Cacheと比べて、CacheCadeは、より広い範囲で使用する事が可能で、ユーザーにも管理者にも大きなメリットをもたらします。
  11. 11. Ask for your solutions!ベンチマークテスト結果
  12. 12. Ask for your solutions!ベンチマークテスト結果
  13. 13. Ask for your solutions!ベンチマークテスト結果
  14. 14. Ask for your solutions!ベンチマークテスト結果
  15. 15. Ask for your solutions!ベンチマークテスト結果
  16. 16. Ask for your solutions!ベンチマークテスト結果
  17. 17. Ask for your solutions!最大12倍! 青:CacheCade1.1.ベンチマークテスト結果 橙:CacheCadePro2
  18. 18. Ask for your solutions! LSIのPCIeストレージはSLC NANDフラッシュを使用しています。LSI WarpDrive その為、書込み回数や書き換え回数の心配もなく複雑な書込み回数SLP300 の管理も不要です。 さらに一般的なSCSIドライバを使用しているので、ホストマシンの リソースを大きく使うようなアプリケーションも一切必要有りません。
  19. 19. Ask for your solutions! WarpDriveの特徴・SLCモデルの為、書き換え寿命の心配なし・ドライバーのインストールのみで即使用可能・起動ドライブにも使用可能・ホストマシンのリソースを最低限しか使用しない・読み出し、書込み共に安定したパフォーマンス 競合他社製品に比べて書込みパフォーマンス でも安定したパフォーマンス
  20. 20. Ask for your solutions!PCIeストレージの活用事例 ~データセンター~データセンターでは複数のハイスペックサーバーをスケールアウトすることでパフォーマンスを稼ぎますが、その分ネットワーク環境を含めた大規模なインフラ整備が必要でした。しかし、PCIeストレージや仮想化技術の登場により、汎用サーバーのカスタマイズだけで、ボトルネックが解消し、結果として最小限の投資とメンテナンスでクラウド環境に耐えうるデータセンターの構築が可能になりました。
  21. 21. Ask for your solutions! PCIeストレージの活用事例 ~データセンター~ソフトウェア会社が提供するオンラインゲームのデータベースは今まで大量のサーバーを導入することでパフォーマンスを上げていましたが、WarpDriveにOSとアプリケーションを全てインストールし、冗長化を行うことでパフォーマンスを維持したまま、劇的にTCOを低減することが出来ました。 6 Racks ½ Rack 1Uサーバーに WarpDriveを搭載 WarpDrive x2コスト削減:電気、空調、場所、配線など。管理者負担軽減:ネットワークトラフィック、サーバー管理、定期メンテナンス
  22. 22. Ask for your solutions!ストレージ階層ごとの構築パターン
  23. 23. Ask for your solutions!Flashストレージソリューション 高信頼性、高性能、 省スペース、低消費電力 AIC RAC-1ER 信頼のSLC Flashストレージ LSI WarpDrive SLP300 Tier0 Tier1 Tier2 Tier3 オンライントレード シュミレーション SNS
  24. 24. Ask for your solutions!キャッシュFlashストレージ 大容量、低レイテンシ 低価格、簡単に導入 AIC RAC-1ER 大容量 Flashストレージ OCZ DenevaPCIe 600GB Next →Z-drive R4 3.2TB Tier0 Tier1 運用サーバーとは別にキャッシュサーバー用途 Tier2 として導入。 2011年、大手通信会社にて250台導入決定! Tier3
  25. 25. Ask for your solutions!SSD+SATAのハイブリッドストレージ AIC RSC-1JG2 SSD SATA/SAS Mirror MegaRAID9260-8i CacheCadePro2.0 Tier0 CacheCade 1.1 CacheCade 2.0 Benchmark Improvement Improvement Tier1 TPC-E (Microsoft SQL Server) 356% 1240% Neoload (Web Server Simulation) 374% 500% Tier2 SysBench (MySQL Transactional Server) 77% 175% Tier3 Jetstress 2010 (Microsoft Exchange Server 2010) 5% 340%
  26. 26. Ask for your solutions!小規模サーバーの高速化 MegaRAID9265-8i MegaRAID FastPath OCZ Vertex3/Deneva2 Tier0 FileServer パフォーマンス Tier1 SAS x4 3Gbps SSD x4 6Gbps SSD x4 Tier2 1,800 IO/s 15,000 IO/s 75,000 IO/s Tier3
  27. 27. Ask for your solutions!大容量から拡張型ストレージへ LSI SAS Switch 6160 MegaRAID 9280-8e AIC RSC-4EG2 Tier0 高速 AIC JBOD XJ3000-4243 Tier1 ケーブル1本 で2.4GB/s Tier2 拡張性 大容量 16台のJBOD 最大240台 Tier3 を接続
  28. 28. Ask for your solutions! まとめ 次世代ストレージのキーワードと役割キーワードは・・・ 容量単価からIO単価へ!役割は・・・ アプリケーションの遅延を低減!

×