[D33] そのデータベース 5年後大丈夫ですか by Hiromu Goto

980 views

Published on

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
980
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
15
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

[D33] そのデータベース 5年後大丈夫ですか by Hiromu Goto

  1. 1. D33:D33: そのデータベース 5年後大丈夫ですか 2014年 6月2014年 6月 日本ヒューレット・パッカード株式会社 プリセールス統括本部 サーバー技術二部 © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice. 後藤 宏
  2. 2. 自己紹介 A26: 小幡氏のセッションを思い出してい ただければ。 Jim Gray を見て、これだ、と感じてはや24年。よもやこんなにデータベースにかか わるとは思いもせず。以前は皆さんと同じどんな障害にも立ち向かうぞと徹夜もい ただければ。 とわずでしたが、今やコンピューターシステムを信頼し、「ひと」ではなく「もの」に頑 張ってもらい、もっとクリエイティブな仕事をしようとしつこく「標準化」を唱える。 1986年 非常勤講師 (統計学など)1986年 非常勤講師 (統計学など) 1990年 日本ディジタルイクイップメント入社 DEC Rdb (現Oracle Rdb) 支援 技 援1992年 ISV 技術支援 (Oracle, Informix, Sybase) 2005年 IPA OSS実証プロジェクト参加 2010年 「国境なき医師団 (Medecins Sans Frontieres=MSF)」へITでボランティア © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.2 現在もサーバーとデータベースに携わる
  3. 3. 半世紀のHP1982 EDS : Electronic Data Systems Ross Perot 1962 Compaq Rod Canion Jim Harris Bill Murto 1982 1997 Ross Perot Tandem Jim Treybig Bill Murto 1957 1974 1997 1998 DEC : Digital Equipment Corp Ken Olsen Harlan Anderson 1939 1989 2002 HP Now !2008 2009 Apollo Bill Poduska 19891979Hewlett-Packard Bill Hewlett Dave Packard 3Com 1979 2009 © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.3 3Com Robert M. Metcalfe 1992 Palm Jeff Hawkins, Donna Dubinsky
  4. 4. 目的とゴール 目的 ゴール • ITの進化に合わせたデー タベ スを考えてみよう • データベースをシンプルに 使うことタベースを考えてみよう • 5年後の姿を想像してみよ う 使うこと • 見直すなら今だ ! • たとえばNonStop SQLう たとえばNonStop SQL © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.4
  5. 5. 本日の課題 未来永劫(とはいえ、5年後)、特定ベンダーのH/WとRDBMSを使い続けますか アプリケーションの主流は変えないですかアプリケ ションの主流は変えないですか データベースアクセスは残りそうですね 保守費用保守費用 保守性 開発プラットフォーム 開発エンジニア確保 © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.5
  6. 6. アジェンダ • 2020年の世界を見てみましょう2020年の世界を見てみましょう • シンプルに書き換えてみましょう • こんな「データベース」いかがですか、こんな デ タ ス」いかがですか、 将来よりよいプラットフォームへ移行できます © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.
  7. 7. http //seikats soken jp/ 博報堂生活総合研究所 http://seikatsusoken.jp/ 2018年 半導体製造が16ナノメートル製造プロセスで技術的な限界に達し、ムーアの法則が 終焉する終焉する 類型 : 予測 出典 : ZDNet USA 資料 : 「Limits to Binary Logic Switch Scaling--A Gedanken Model」インテル研究者の 論文(2003年11月) 発表 : 2003年12月2日 2020年0 0年 電子の代わりにレーザー光で信号を伝えるシリコン大規模集積回路(LSI)が実用化す る(コンピューターの消費電力を1/100に改善) 類型 : 政策目標 出典 : 日本経済新聞 © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.7 出典 : 日本経済新聞 資料 : 東京大学荒川泰彦教授、田辺克明特任助教らの研究 発表 : 2010年5月31日
  8. 8. 2020年の未来予測 データセンタを支える技術 HPの取り組み ~ハードウェアの再定義~ “HP Enterprise 20/20 “ www enterprise2020 com アプリに最適化され 効率を追求したサーバ チップ統合 光子ネットワーク ユニバーサル・ メインメモリー Today By 2020 By 2020 HPの取り組み ハ ドウェアの再定義 HP Enterprise 20/20 www.enterprise2020.com 電子 光子から 高速インターコネクト (~20TBytes/秒) • DRAMのように高速、かつ不揮発性 • メモリとHDDの位置づけが変わる • ソフトウェアのデザインが変わる © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.8 高速インタ コネクト ( 20TBytes/秒) Moonshot Integrated Photonics Memristor
  9. 9. 2020年の未来予測 データセンタを支える技術 HPの取り組み ~ハードウェアの再定義~ “HP Enterprise 20/20 “ www enterprise2020 com アプリに最適化され 効率を追求したサーバ チップ統合 光子ネットワーク ユニバーサル・ メインメモリー Today By 2020 By 2020 HPの取り組み ハ ドウェアの再定義 HP Enterprise 20/20 www.enterprise2020.com 電子 光子から 高速インターコネクト (~20TBytes/秒) • DRAMのように高速、かつ不揮発性 • メモリとHDDの位置づけが変わる • ソフトウェアのデザインが変わる © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.9 高速インタ コネクト ( 20TBytes/秒) Moonshot Integrated Photonics Memristor 2013~ By 2020By 2020
  10. 10. HP 研究所 (htt // h l h / h/) 次に来る技術 HP 研究所 (http://www.hpl.hp.com/research/) Silicon photonic (シリコンフォトニクス) non-volatile memory “Memristor” (不揮発性メモリ)non volatile memory Memristor (不揮発性メモリ) energy-optimized systems-on-chips (SoCs) (エネルギー最適化システムオンチップ) © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.10
  11. 11. HP Memristor  電源供給がなくてもデータを保持できる受動素子 デ タ タが 電源供給がなくてもデータを保持できる受動素子  フラッシュメモリよりも高速・低消費電力・高密度  演算装置としても利用可能 データセンタが アタッシュケースに? © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.11
  12. 12. i t によるユニバ サルメモリ この階層は過去の物へ C21: 石川氏のセッションで 「なくなりますよね と言memristorによるユニバーサルメモリ 「なくなりますよね」と言って いたレイヤの話です。 SRAMOn-chip cache M i ed rbit DRAM Flash Main memory Spee Costpe • Flash • Hard Disk Mass storage © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.12 Capacity
  13. 13. 「コンピュータ」の歴史を変える取り組み HPは60年間不変の基本構造を イノベ ションの力で変革HPは60年間不変の基本構造を、イノベーションの力で変革 揮発性 これまで ちょっと先 揮発性 メモリ汎用 CPU 汎用 CPU 不揮発性 メモリ 不揮発性 メモリ 磁気 © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.13 ディスク アーカイブ
  14. 14. The Machine 詳細は、A34: インメモリーテ クノロジーでクノ ジ で Photonics Special purpose cores 専⽤コア フォトニクス Massive memory pool 巨⼤なメモリー群 © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.14 専⽤コア 巨⼤なメモリ 群
  15. 15. アジェンダ • 2020年の世界を見てみましょう2020年の世界を見てみましょう • シンプルに書き換えてみましょう • SQL 構文SQL 構文 • PL/SQL (組み込み) • Pro*COBOLPro COBOL • こんな「データベース」いかがですか、 将来よりよいプラットフォームへ移行できます © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.
  16. 16. 皆さんの求めるものは何ですか さて現在に戻って、と、ある提案で言われました 皆さんの求めるものは何ですか 機能 Oracle11g NonStop SQL/MX 3.1 インデックス B-Treeインデックス ○ ○ク ビットマップインデックス ○ × クラスタードインデックス ○ × 圧縮型インデックス ○ × ハッシュインデックス ○ × 逆キーインデックス ○ ×逆キ インデックス ○ × LookUpインデックス × × ビットワイズインデックス × × 他次元デックス × × 排他制御 ロックのエスカレーション エスカレーションが発生しない ○ロックのエスカレーション エスカレーションが発生しない ○ リードロックなしの読取一貫性 ○ ×(ANSI準拠のためDirty Read可) ローカル・デッドロック解消 ○ × 分散デッドロック解消 ○ × 独立性レベル 1,3 0,1,2,3 © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.16 ロック単位 行、表、ブロック(RAC) 行、複数行(Generic lock)、表
  17. 17. デ タベ スをも とシンプルに使いこなそうデータベースをもっとシンプルに使いこなそう ンピ タの性能が上が てきている• コンピュータの性能が上がってきている → S/Wの創意工夫の時代は終わった • 利用用途ありきのインフラを考えよう• 利用用途ありきのインフラを考えよう • 遅いストレージを克服しよう
  18. 18. なぜ「標準」が存在するのでしょうか 各RDBMS毎のSQL Statements比較 まずは 実態把握 200 250 なぜ「標準」が存在するのでしょうか 150 200 50 100ANSI SQL (標準SQL) 約70構文 データベース A 約200構文 0 © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.18
  19. 19. ここからの話、実は…. 開発者、DBAにとっては 経営者 と経営者にとっては でもね © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.19 でもね…..
  20. 20. 今一度、アプリケーションの流動性確保 Java Appl.Java Appl. C/C++ Appl.C/C++ Appl. JVMJVM TUXEDOTUXEDO O l Java Platform O l JVMJVM TUXEDOTUXEDO Oracle EEOracle EE Oracle OS RDBMS Oracle Oracle LinuxLinux MC/MC/ServiceguardServiceguard HP Linux OS HPHP BladeSystemBladeSystem HP れま れから サービスが提供される © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.20 これまで これから
  21. 21. SQL要変換項目 ある例 含まれる構文や関数を洗い出しある例: 含まれる構文や関数を洗い出し 1. DECODE関数 2. TRIM関数 / 関数 16. ADD_MONTHS関数 17. JOIN (+) 外部結合構文 関数3. LTRIM/RTRIM関数 4. LPAD関数 5. RPAD関数 6. REPLACE関数 S G 関数 18. TO_DATE関数 19. NEXT_DAY関数 20. Select for updte nowait 21. ROWNUM関数 文7. SIGN関数 8. TO_CHAR関数 9. SUBSTR 関数 10. NVL関数 11 SYSDATE 22. CALL文 23. /*+FIRST_ROW*/ 24. TO_SINGLE_BYTE関数 25. MINUS演算子 S R CO C B 構文11. SYSDATE 12. INSTR関数 13. LEAST/GREATEST関数 14. TRUNC関数 15 TO NUMBER関数 26. START WITH CONNECT BY構文 (階層問い合わせ) 27. DECLARE 28. V$SESSION © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.21 15. TO_NUMBER関数
  22. 22. 本アセスメントにて洗い出したSQL総数約1 500の内訳 SQLの変更難度による分類結果 本アセスメントにて洗い出したSQL総数約1,500の内訳 レベル0 レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 変換不要 キーワードの変換で移行 可能 キーワード変換後に単純 な置換を手動で実施する 必要がある キーワード変換が不可能 でありアプリケーションの 見直しが必要 アプリケーションロジックの 見直しが必要 DECODE JOIN ( )DECODE TRIM LTRIM / RTRIM LPAD RPAD REPLACE NVL SYSDATE INSTR LEAST / GREATEST TRUNC JOIN (+) TO_DATE NEXT_DAY SELECT FOR UPDATE NOWAIT ROWNUM TO_SINGLE_BYTE MINUS START WITH CONNECT BY DECLAREREPLACE SIGN TO_CHAR SUBSTR TO_NUMBER ADD_MONTHS ROWNUM CALL文 /*+ FIRST_ROW */ DECLARE V$SESSION 出現回数 775 202 324 91 0 出現率 55 7% 14 5% 23 3% 6 5% 0% 93 5% 70.2% 55.7% ~手動変換(L2) ~キーワード変換(L1) 変換不要(L0) 6 5% レベル3は全体の 6.5% レベル4は 出現率 55.7% 14.5% 23.3% 6.5% 0% © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.22 93.5% 0.0% 20.0% 40.0% 60.0% 80.0% 100.0% ~手動変換(L2) 6.5% 未検出
  23. 23. 本アセスメントにて洗い出したSQL総数約 300の内訳 SQLの変更難度による分類結果 本アセスメントにて洗い出したSQL総数約 300の内訳 レベル0 レベル1 レベル2 レベル3 レベル4 変換不要 キーワードの変換で 移行可能 キーワード変換後に 単純な置換を手動で 実施する必要がある キーワード変換が不 可能でありアプリケー ションの見直しが必要 アプリケーションロ ジックの見直しが必要 実施する必要がある ションの見直しが必要 ヒント文 NVL LPAD TRIM LTRIM SYSDATE SUBSTRB TO_DATE TO_NUMBER 時間演算 参考) TO_SINGLE_BYTE MINUS START WITH LTRIM Select for update TO_CHAR(,DATE/TIM E) TO_CHAR('xxxxxxxx') 時間演算 外部結合 CONNECT BY DECLARE V$SESSION 出現回数 173 106 52 0 0 レベル3、4は未+キーワード変換(LV0+1) 変換不要(LV0) 出現回数 173 106 52 0 0 出現率 52.27% 32.02% 15.71% 0% 0% © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.23 検出 0% 10% 20% 30% 40% 50% 60% 70% 80% 90% 100% +単純な置き換え(LV0+1+2) +キ ワ ド変換(LV0+1)
  24. 24. SQL構文書き換えの例 外部結合 A.colx = B.colx(+) → A LEFT JOIN B ON A.colx = B.colxA.colx B.colx( ) → A LEFT JOIN B ON A.colx B.colx A.colx(+) = B.colx → A RIGHT JOIN B ON A.colx = B.colx 文字列検索 INSTR(x,y) → POSITION(y IN x) INSTR(x,’-’,1,2) → POSITION('-' IN x) + POSITION('-' IN INSERT(x , 1, POSITION('-' IN x), '')) 字 変換文字列変換 TO_CHAR(date1, ‘YYYYMMDD’) → REPLACE(SUBSTRING(CAST(time1 AS VARCHAR(26), 1, 19), ‘-’, ‘/’)) TO CHAR(time1 ‘YYYY/MM/DD HH24:MI:SS’) → © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.24 TO_CHAR(time1, YYYY/MM/DD HH24:MI:SS ) → REPLACE(CAST(date1 AS VARCHAR(10), ‘-’, ‘’))
  25. 25. PL/SQL要変換項目 ある例 含まれる構文や関数を洗い出しある例: 含まれる構文や関数を洗い出し 1. %TYPE 2. IF then ELSE / 16. MOD(A,B) 17. LENGTH 3. FOR IN/REVERSE LOOP 4. DUP_VAL_ON_INDEX 5. NO_DATA_FOUND 6. APP_ABORT APP TIMEUP 18. LENGTHB 19. LPAD 20. TO_CHAR 21. TO_NUMBER 7. APP_TIMEUP 8. RAISE APP_TIMEUP 9. raise_application_error 10. SQLCODE 11 SQLERRM 22. ADD_MONTH 23. REPLACE 24. SYSDATE 25. DBMS_SQL.PERSE 26 DBMS SQL BIND VARIABLE11. SQLERRM 12. 文字結合 || 13. LTRIM 14. RTRIM 15 SUBSTR(A B)/SUBSTR( b ) 26. DBMS_SQL.BIND_VARIABLE 27. DBMS_SQL.EXECUTE 28. DBMS_SQL.VARIABLE_VALUE 29. DBMS_SQL.CLOSE_CURSOR 30 DBMS SQL OPEN CURSOR © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.25 15. SUBSTR(A,B)/SUBSTR(a,b,c) 30. DBMS_SQL.OPEN_CURSOR
  26. 26. PL/SQL要変換項目 ある例 含まれる構文や関数を洗い出しある例: 含まれる構文や関数を洗い出し 31. %TYPE 32. DBMS_SQL.define_column f h33. DBMS_SQL.fetch_rows 34. DBMS_SQL.column_value 35. DBMS_SQL.VARCHAR2S 36. DBMS_SQL.V7 3 DBMS OUTPUTPUTLINE37. DBMS_OUTPUT.PUTLINE 38. DBMS_OUTPUT.enable 39. DBMS_UTILITY.exec_ddl_statement 40. UTIL_FILE.FOPEN 41 UTIL FILE PUT LINE41. UTIL_FILE.PUT_LINE 42. UTIL_FILE.FCLOSE © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.26
  27. 27. アセスメントにて洗い出したPL/SQL パッケ ジ総数80のロジック 関数50の内訳 PL/SQLのロジック,関数の出現頻度%TYPE IFthenEL FORIN/RE LOOP DUP_VAL_ X NO_DATA_ APP_ABOR APP_TIME RAISEAPP raise_app rror SQLCODE SQLERRM 文字結合 || LTRIM RTRIM SUBSTR MOD(A,B) LENGTH LENGTHB LPAD TO_CHAR TO_NUMB ADD_MON アセスメントにて洗い出したPL/SQL パッケージ総数80のロジック,関数50の内訳SE EVERSE _ON_INDE _FOUND RT EUP P_TIMEUP plication_e BER NTH 出現回数 14 65 55 22 16 1 1 1 13 4 4 30 2 4 19 1 1 10 3 3 4 10 出現率(%) 19 4 90 3 76 4 30 6 22 2 1 4 1 4 1 4 18 1 5 6 5 6 41 7 2 8 5 6 26 4 1 4 1 4 13 9 4 2 4 2 5 6 13 9出現率(%) 19.4 90.3 76.4 30.6 22.2 1.4 1.4 1.4 18.1 5.6 5.6 41.7 2.8 5.6 26.4 1.4 1.4 13.9 4.2 4.2 5.6 13.9 DBMS_SQL DBMS _OUT PUT DBMS _UTILI TY UTIL_FILE RE SY PE BIN EX VA E CLO OP def fet col DB en DB CH DB PU exe me FO PU FC PLACE SDATE RSE ND_VARIABLE ECUTE ARIABLE_VALU OSE_CURSOR PEN_CURSOR fine_column tch_rows lumn_value BMS_OUTPUT. able BMS_SQL.VAR AR2S BMS_SQL.V7 UTLINE ec_ddl_state ent PEN UT_LINE LOSE 出現回数 6 1 1 1 1 9 1 2 2 2 4 1 1 1 9 1 2 2 2 © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.27 出現回数 6 1 1 1 1 9 1 2 2 2 4 1 1 1 9 1 2 2 2 出現率(%) 8.3 1.4 1.4 1.4 1.4 12.5 1.4 2.8 2.8 2.8 5.6 1.4 1.4 1.4 12.5 1.4 2.8 2.8 2.8 ※ 各パッケージのロジックはパターン化されている。
  28. 28. 次の期待は性能の担保 動作すると、期待する応答時間で動作す るは異なる どのフェーズでどの程度の時間がかかる のか • Enqueueq • cpu time • Db file read • Db file write © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.28
  29. 29. やってみました CREATE OR REPLACE PROCEDURE SAMPLE_PLSQL(V_LOOPCOUNT IN NUMBER) IS V_APPNAME VARCHAR2(64) DEFAULT 'PROCEDURE'; V_FUNCNAME VARCHAR2(64) DEFAULT 'SAMPLE_PLSQL'; V_UPDCNT NUMBER; V_COUNT NUMBER; V_A_ID VARCHAR2(64); V_EXT_A_ID VARCHAR2(64); プロシ ジャ ADD APPLOG import java.sql.*; import java.util.*; public class SAMPLE_PLSQL { public static void spSAMPLE PLSQL(Integer V LOOPCOUNT) throws SQLException Exception-- プロシージャ ADD_APPLOG CURSOR A_CUR IS SELECT A_ID FROM SAM; PROCEDURE ADD_APPLOG(I_APPNAME IN VARCHAR2 DEFAULT NULL, I_FUNCNAME IN VARCHAR2 DEFAULT NULL, public static void spSAMPLE_PLSQL(Integer V_LOOPCOUNT) throws SQLException,Exception { Connection mConn = DriverManager.getConnection("SQLWAYS_EVAL# onnection"); Integer ErrorCode = -1; String SqlState = ""; boolean FetchStatus = false; I_COMMENT IN VARCHAR2 DEFAULT NULL, I_ERRORMSG IN BOOLEAN DEFAULT FALSE) IS V_COMMENT RH_APPLOG.COMMENT_TEXT%TYPE; BEGIN -- エラーの場合の処理 IF (I ERRORMSG = TRUE) THEN try { /*SQL_EVAL# */ String V_APPNAME = "PROCEDURE"; String V_FUNCNAME = "SAMPLE_PLSQL"; Integer V UPDCNT = null; © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.29 IF (I_ERRORMSG = TRUE) THEN V_COMMENT := I_COMMENT || '(' || SQLERRM || ')'; Integer V_UPDCNT null; Integer V_COUNT = null; String V_A_ID = null; String V_EXT_A_ID = null;
  30. 30. ORACLE LICENSE AND SERVICES AGREEMENT V040309 Oracleのベンチマーク結果の開示禁止 ORACLE LICENSE AND SERVICES AGREEMENT V040309 D.(権利及び制限) オラクル及びそのライセンサーは、対象プログラムについて一切の所有権及び知的財産権を保有します。本契約に基づく対象サービスに起因して開発さ れ、納入されたものに関わる全ての所有権及び知的財産権は、オラクルが保有します。お客様は、使用権を許諾された範囲でそれぞれの対象プログラム プ グを必要なだけ複製することができ、また、それぞれの対象プログラムのメディアを1 部複製することができます。 いくつかのオラクルのプログラムと共に使用するのに適している、又は必要となる第三者のテクノロジー製品は、対象ドキュメントに記載されます。当該第 三者のテクノロジー製品は、本契約の条件ではなく、対象ドキュメントで記載される第三者テクノロジー製品のライセンス契約の条件に基づきお客様に使 用権が付与されております。 お客様は以下の行為をしてはならないものとします。 (1) 対象プログラムの表示又はオラクル若しくはそのライセンサーの財産権に関する注意事項の表示を削除又は変更すること (2) 対象プログラム、又は対象サービスの提供により生じた成果物を、方法の如何に関わらず第三者の業務処理目的で当該第三者の使用に供すること (ただし、お客様が購入した特定の対象プログラムの使用権、又は対象サービスの提供により生じた成果物について当該使用を明確に認めている場合を 除 きます)きます) (3) 対象プログラムのリバース・エンジニアリング(ただし、相互運用性検証のため法律で認められている場合を除きます)、逆アセンブル若しくは逆 コンパイルを自ら行ない、又は第三者にそれらの行為を許可すること(前述の禁止事項はデータ構造又は対象プログラムにより作成された同種のものの 検 証を含みますが、この限りではありません) © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.30 (4) オラクルの事前の書面による承諾なく、対象プログラムのベンチマークテストの結果を開示すること [2012/9/1 以降適用]
  31. 31. 試験結果 ごめんなさい、公開はできません。 個別にお問い合わせください。個別にお問い合わせください。 © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.31
  32. 32. もう一度、言います データベースをもっとシンプルに使いこなそう • コンピュータの性能が上がってきている• コンピュ タの性能が上がってきている → 実装 (先ほどはS/W) の創意工夫の時代は終わった !! (と、私は思う) • 利用用途ありきのインフラを考えよう • 遅いストレージを克服しよう遅いストレ ジを克服しよう 標準的に記述しよう標準 記 う • 5年後もっといいインフラ (RDBMS、H/W) にいつでも乗り換えられます → SQL は担保されます (なんたって標準規格ですから) • 構文でのチューニングはやめよう © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.32
  33. 33. アジェンダ • 2020年の世界を見てみましょう2020年の世界を見てみましょう • シンプルに書き換えてみましょう • SQL 構文SQL 構文 • PL/SQL (組み込み) • Pro*COBOLPro COBOL • こんな「データベース」いかがですか、 将来よりよいプラットフォームへ移行できます © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.
  34. 34. 再び、実は…. 開発者、DBAにとっては 経営者 と経営者にとっては でもね © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.34 でもね…..
  35. 35. データベースに期待すること 「なんか知らんけど動いてくれれば」 経営者、営業 「止まってくれるな」 サーバー管理者 「バッチが終わらん !!」 DBA, 業務責任者 「メンテ、大変」 サーバー管理者、経理 「アプリ追加、めんどう !!」 開発者アプリ追加、めんどう 」 開発者 「導入が大変」 サーバー管理者 まだまだありますよね なぜ、「動き続けて」と願うのでしょうか なぜ、メンテナンスが大変なのでしょうか なぜ アプリ開発に時間とお金がかかるのでしょうか © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.35 なぜ、アプリ開発に時間とお金がかかるのでしょうか
  36. 36. こんな課題からも困 た データベースに期待すること こんな課題からも困った • DBサーバ乱立でハードやソフトの保守費、光熱費や場所代が増加 • クラスタのスタンバイ機など遊休リソースが多い コスト削減 • 災害対策を行う場合DBサーバが乱立したままではお金と手間かかる • セキュリティレベルやポリシーがバラバラで、可用性が均一では無い リスク低減 • 台数増加でバックアップやパッチ対応など運用負荷やスタッフが増大 • DBサーバが老朽化して性能や拡張性の限界 サービス品質向上 DBサ バ構築時間が長く 負荷に応じた迅速なリソ ス配分も困難• DBサーバ構築時間が長く、負荷に応じた迅速なリソース配分も困難 • データも分断され組織や業務変更などへの迅速な対応が困難 俊敏性の向上 • 合併や事業統合への対応 コンペリングイベント © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.36 • 保守切れ、リース切れ コンペリングイベント
  37. 37. 他DBMSとのダウンタイムの比較 データベース可用性に関する実績 やはり 止まる !! <あるDBMSの User Groupの調査結果> 他DBMSとのダウンタイムの比較 止まる !! • 1年間のうちに、ユーザーの 90% はシステムダウンを経験 • そのうち、25% は10時間以上復旧せず 部 24時間以上 渡 ダウ た事例もあ <N St サ バ 継続性> • 一部では24時間以上に渡りシステムダウンしていた事例もあり <NonStop サーバー継続性> • NonStop SQL のシステムダウンタイム発生率(実績)は、年間 0.026% 上記DBの約 3500倍の可用性 © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.37
  38. 38. H/Wへの回帰が始まる 「止めない努力」人手でがんばるか、H/Wに任せるか H/Wへの回帰が始まる • サーバーの連続稼働はサービス提供の一部 • サーバーの連続稼働を人手で維持するか、H/Wに頼るか コスト H/WH/W 人件費 品質を下げて 革新を求めて 品質を下げて © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.38 時間
  39. 39. ビジネスリスクを極小化するHP I t it N St S 安心できるミッションクリティカルシステムを ビジネスリスクを極小化するHP Integrity NonStop Server ■ビジネスチャンスを逃さない! いかなる状況にも NonStop • 35年以上の実績を誇る「NonStop」なアーキテクチャーで無停止を実現p • ハードウェアの障害やメンテナンス、ソフトウェア障害などでも止まらない ■将来への備えも万全! 必要な時に、ほぼ無限に拡張可能 • 増設が必要な際に、随時オンラインでシステムを拡張可能 • 最大4,080プロセッサ構成まで直線的な性能向上。DB もオンラインで拡張可能 ■使って安心! 数多くのミッションクリティカルシステム事例 • クレジットカード決済、携帯電話メッセージインフラ、企業間EDIなど数多くの実績 • 国内に20年間一度もシステム停止を経験していない顧客もあり ■誰でも簡単! オープン環境での容易なシステム開発・運用 • 無停止の仕組みは、プラットフォームで吸収 (クラスタ等の設計や作り込みが不要) © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.39 • POSIX や ANSI 準拠のAPI、 Java の開発フレームワークもサポート • クラスタとは異なり、1台で無停止を実現するため、運用管理もシンプル HP Integrity NonStop NBシリーズ
  40. 40. 1) すべてのH/Wパ ツが標準で2重化以上の構成 NonStop Server 無停止実現のアーキテクチャー 1) すべてのH/Wパーツが標準で2重化以上の構成 HWパーツの冗長構成+ 障害箇所を局所化できる構成 CPU#0 Core Takwila CPU#1 Core Takwila CPU#2 Core Takwila CPU#3 Core Takwila POWER POWER POWER POWER POWER POWER CPUの 多重化 電源の 多重化 • 全てのHWは標準構成で2重化もしく は 多重化されている。 • プロセッサ、 I/Oコントローラ、I/Oデ バイスは互いに電気的に独立してお MEM Core Core Core MEM Core Core Core MEM Core Core Core MEM Core Core Core POWER FAN FAN FAN FAN FAN FAN FAN FAN FANの 多重化 バイスは互いに電気的に独立してお り、ServerNetという高速システム内 ネットワークに接続されている。 • I/Oはディスクストレージ、ネットワー クそれぞれ専用のコントロ ラを疎 MEM ServerNetServerNet SvNet ServerNet MEM SvNet MEM SvNet MEM SvNet FAN FAN FAN FAN システムバス の2重化 クそれぞれ専用のコントローラを疎 結合で 配置。 • NonStop OS はプロセッサごとにコ ピーが分散稼働。メッセージング連 携によりシングルシステムとして動作 Storage CLIM LAN Storage CLIM IP CLIM IP CLIM ALERM ALERM IO装置の 多重化 DISKの Network の2重化 自動通報 の2重化 © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.40 携によりシングルシステムとして動作 DISKの ミラー化
  41. 41. 2) ソフトウ アに組み込まれた無停止機能 NonStop Server 無停止実現のアーキテクチャー 2) ソフトウェアに組み込まれた無停止機能 プロセスペア技術による 基本ソフトウェアの無停止化 CPU 0 CPU 1 CPU 2 CPU 3 PrimaryBackup PrimaryBackup • フェイルオーバー(再起動)ではなく、テイク オーバー(処理継続)がコンセプト • NonStop OS や、基幹ミドルウェアは、すべ てプロセスペアにて実装 • 2CPUに 2プロセスがペアとして存在する Primary Backup Primary Backup Primary Backup 2CPUに、2プロセスがペアとして存在する • 実稼動するのは、Primaryプロセスのみ • Backupプロセスは継続に必要となる情報を Primaryプロセスから定期的に受信 • 論理的には、1プロセスとして扱える プ セ の異常終了や ダウ CPU 0 CPU 1 CPU 2 CPU 3 CPU 障害 • Primaryプロセスの異常終了や、CPUダウン が起きると、自動的にBackupがPrimaryに 昇格して、ダウン直前の状態から処理を継 続実行する • データの整合性もトランザクション保護製品 により 自動的に一貫性を保持 Primary Primary Primary PrimaryBackup Primary Backup © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.41 により、自動的に 貫性を保持 Primary
  42. 42. 3) 拡張や交換 DBメンテもすべてオンラインで運用 NonStop Server 無停止実現のアーキテクチャー 3) 拡張や交換、DBメンテもすべてオンラインで運用 • オンラインでH/Wの増設が可能 – 最大で4080CPUまで拡張可能 NICやDISKだけでなく CPUまでもがオ すべてのH/Wが無停止交換 • NICやDISKだけでなく、CPUまでもがオ ンライン中に増設可能 • 障害発生時は無停止で該当コンポー ネントを交換 CPUを含む全てのコンポ ネントが NIC/FC カード – CPUを含む全てのコンポーネントが サービスを停止することなく交換が 可能 • データベースもオンライ中にメンテ可 能 プロセッサ ディスク 能 – DBの再編成や再配置など – バックアップもすべてオンライン中 に パワーサプライ ServerNet © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.42 ServerNet (内部バス) ファンパワーサプライ
  43. 43. 「直線的な拡張性」 リソ スを足せば足しただけ線形にスケ ルアウト NonStop Serverの特徴 「直線的な拡張性」 ~リソースを足せば足しただけ線形にスケールアウト シェアード・ナッシング構造のためCPUと DISKのセットを追加するだけで比例的 に性能がスケ ル CPU#0 Takwila CPU#1 Takwila CPU#2 Takwila CPU#3 Takwila Add-on CPU#4 Takwila CPU#5 Takwila Add-on に性能がスケール • シェアしているH/W要素やS/Wモジュールが、一般 的なサーバーと比較して極端に少ないため、増設 によるオ バ ヘ ド増が無視できる MEM Core Takwila MEM Core Takwila Core CoreCore Core Core Core SvNet SvNet MEM Core Takwila MEM Core Takwila Core CoreCore Core Core Core SvNet SvNet MEM Core Takwila MEM Core Takwila Core CoreCore Core Core Core SvNet SvNet によるオーバーヘッド増が無視できる • CPU同士のメッセージ通信は、ServerNetの専用 ASICチップが制御するため、メインのCPUやメモリ への負荷を軽減 • 将来のトランザクション量の伸びに対するキャパ SvNet SvNet SvNet SvNet SvNet SvNet • 将来のトランザクション量の伸びに対するキャパ シティープランが容易 • CPUの数が増えても、ユーザーからは1つのサー バーとして見えるので、運用負荷も変わらない • 増設時の既存業務への影響は僅少 処理 性能 (TPS) 2CPU 4CPU 6CPU © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.43 増設時の既存業務 の影響は僅少 リソース (CPU)
  44. 44. 他DBでは実現できないことがN St SQLでは実現可能です HP NonStop SQLの4大特徴 他DBでは実現できないことがNonStop SQLでは実現可能です 24h×365日 絶対的な高可用 スケールアウトが容易なDB • NonStop ServerとNonStop OSが実現する高い 可用性をそのまま受け継いだNonStop SQL •1台のサーバのみで、他では実現できない可用性 を提供 • NonStop Serverの特徴であるシェアード・ナッシ ング・コンセプトを活かした超並列データベース • HWリソースを足せば足しただけ直線的に性能の 増加が期待できる 運用負荷が軽減→TCO削減 立す バを 台 が 能 安心のサポート体制 ま• 乱立するDB/周辺サーバを1台にコンソリが可能 • バージョンUP時は上位コンパチをhpが保証 • HW増設・交換、DBバックアップや再編成など ほぼすべての作業がオンライン中に可能 • HWからOS、DBMS、JVMやFrameworkまで、 すべてhpによる1社サポートを実現 • 問題発生時の切り分けや原因追求がスムースに © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.44
  45. 45. 日本ヒ レット パッカ ドがインメモリ を語るセッション 未来に出会える次のセッションご紹介 三宅 祐典 日本ヒューレット・パッカードがインメモリーを語るセッション [CORE TECH] Hardware HDDからインメモリーテクノジーへ 6⽉20⽇ A34 15:00 15:50 インメモリーデータベースの時代は確実にやってきています。HPは現在の業界の動きと2020年までに実現を ⽬指す技術をご紹介。また、今導⼊できるS/W技術を最適に実装できるコンピューター、サーバーをご紹介し ます。インメモリーテクノロジーはS/W技術と、H/W技術の双⽅が⾼度に融合して実現します。あなたも近未 来を体感してみませんか。 Software (Database System) Perspective 15:00-15:50 ⼩森 博之 Software (Database System) Perspective Hardware Perspective Future Technology [CORE TECH] Hardware インメモリーデータベース徹底⽐較 6⽉20⽇ D35 ⼩森 博之 すべてのデータをメモリー上で処理するアーキテクチャーを備えたデータベースシステムが今脚光を浴びてい ます。独SAPの「Hana」を始め、⽶マイクロソフトが「SQL Server 2014」で実装し、⽶Oracleが次期バージョ ンで追随します。それぞれ実装技術は異なり、何を選択したらいいのか、またその⾼速性ゆえ、「リアルタイ ム処理」も期待され、ますます悩み多きとなりました。そんな皆様のご要望にそれぞれの製品を徹底的に⽐較 インメモリーデータベース徹底⽐較 16:00-16:50 © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice.45 ム処理」も期待され、ますます悩み多きとなりました。そんな皆様 要望にそれぞれ 製品を徹底的に⽐較 し、得意、不得意を明らかにします。またコンピュータシステムとの親和性も忘れてはいけません。コン ピューターメーカーの視線も交え、事例を織り交ぜつつご紹介します。
  46. 46. 後藤 宏 プリセールス統括本部 サーバー技術本部 サーバー技術二部 部長 hiromu.goto@hp.com 直通 050 3138 0848 携帯 090 8770 0963直通 050 3138 0848 携帯 090 8770 0963 FAX 03 5628 2698 日本ヒューレット・パッカード株式会社 本社 〒136‐8711〒136‐8711 東京都江東区大島2‐2‐1 Thank you! © Copyright 2012 Hewlett-Packard Development Company, L.P. The information contained herein is subject to change without notice. T n y !

×