Amazon RDS for PostgreSQLのインスタンス(DB)作成手順

1,458 views

Published on

.

Published in: Technology
0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,458
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
2
Actions
Shares
0
Downloads
2
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide

Amazon RDS for PostgreSQLのインスタンス(DB)作成手順

  1. 1. AWSマネージメントコンソールでの 「Amazon RDS for PostgreSQL」のインスタンス(DB)作成手順 2014年8月26日 日本PostgreSQLユーザ会 関西支部長 宗近 龍一郎
  2. 2. AWSマネージメントコンソールのDataBaseサービスの中の「RDS」を選択
  3. 3. RDSダッシュボードの「Launch a DB Instance」を選択
  4. 4. データベースエンジンは「PostgreSQL」を選択
  5. 5. Multi-AZ構成を選びHAS構成とする
  6. 6. データベースのバージョンとインスタンスの大きさ、データベースの容量を設定する。 後、プリフィックスとDBユーザ名、DBパスワードの設定が必要。
  7. 7. 必要なパラメータを設定していく。セキュリティグループに注意
  8. 8. セキュリティグループはPostgreSQLのポート5432を通過できるようにしておくことが必要。
  9. 9. DBインスタンスは作成されました。
  10. 10. DBの作成時はステータスが"creting"に
  11. 11. DBの作成が終わるとステータスが"modifying"に。まだこの時点では利用できません。
  12. 12. DBのステータスが"available"になると利用出来るようになります。
  13. 13. # psqlでamazon RDS for PostgreSQLにアクセス psql -U munetika -d pgtestdb -h pgtest.c9pyszpo68j9.ap-northeast-1.rds.amazonaws.com # テーブル生成 create table testtbl ( key char(008) primary key, data1 int8, data2 int8, data3 int8 ); # データの投入 insert into testtbl values ('key1',1, 20, 30); insert into testtbl values ('key2',4, 50, 60); # データの確認 select * from testtbl;

×