Successfully reported this slideshow.
We use your LinkedIn profile and activity data to personalize ads and to show you more relevant ads. You can change your ad preferences anytime.

ITx災害会議発表資料(岩手医科大学 秋冨慎司氏)2013年10月6日

1,562 views

Published on

2013年10月6日に行われたITx災害会議における岩手医科大学秋冨慎司氏の発表資料。

Published in: Technology
  • Be the first to comment

ITx災害会議発表資料(岩手医科大学 秋冨慎司氏)2013年10月6日

  1. 1.   秋冨慎司秋冨慎司 「IT×災害」会議 コミュニティ
  2. 2. 東日本大震災東日本大震災 2011 年 3 月 11 日 14 時 46 分 18 秒(日本 時間)
  3. 3. 1010nn ?? 揺れが収まって 1 時間 :自分たちの安全確保 → 家族、会社、 近隣  10 時間   :救助・救援の準備   → 情報網確立 、情報収集           情報収集、移動時間    後方支援 確立、移動手段 100 時間 :人命救助        → 救援、搬
  4. 4. 通信環境が良い 人 口 密 度 が 高 い 支援が必要な避難所
  5. 5. • The organization shall establish an operational information process which consists of:The organization shall establish an operational information process which consists of: ⎯⎯ planning and direction;planning and direction; ⎯⎯ collection;collection; ⎯⎯ processing and exploitation;processing and exploitation; ⎯⎯ analysis and production;analysis and production; ⎯⎯ dissemination and integration;dissemination and integration; ⎯⎯ evaluation and feedback.evaluation and feedback. • NOTE The activities can take placeNOTE The activities can take place •            simultaneously.simultaneously. Haruo HAYASHIHaruo HAYASHI Disaster Prevention ResearchDisaster Prevention Research Institute, Kyoto UniversityInstitute, Kyoto University
  6. 6. Requirements for command and controlRequirements for command and control • The organisation shall have a command and control system which complies withThe organisation shall have a command and control system which complies with relevant legislation and regulations as well as with the requirements of this standard.relevant legislation and regulations as well as with the requirements of this standard. • The organization shallThe organization shall considerconsider humanhuman factorsfactors in command and control.in command and control. • When multiple organizations are involved in the incident response the organizationWhen multiple organizations are involved in the incident response the organization shall immediately or as fast as possible when the command and control system is setshall immediately or as fast as possible when the command and control system is set up clearly determine the following:up clearly determine the following: ⎯⎯ the lines of command with other organizations, actors and involved partiesthe lines of command with other organizations, actors and involved parties (e.g. designation of an incident commander);(e.g. designation of an incident commander); ⎯⎯ a common understanding of the mission;a common understanding of the mission; ⎯⎯ a common operational picture;a common operational picture; ⎯⎯ relations to other organizations not being within the line of command;relations to other organizations not being within the line of command; • A consensus should be sought on overall mission objectives amongA consensus should be sought on overall mission objectives among involved organizationsinvolved organizations.. • All of the above issues shall be considered during planning and exercises.All of the above issues shall be considered during planning and exercises. • Structures and processes should permit operational decisions to be taken at theStructures and processes should permit operational decisions to be taken at the lowest possible level, and coordination and support offered from the highestlowest possible level, and coordination and support offered from the highest necessary level.necessary level. • Authority and resources shall be appropriate to this mission.Authority and resources shall be appropriate to this mission.
  7. 7. Requirements for command andRequirements for command and controlcontrol 4.2 Command and control system4.2 Command and control system • The objective of the command and control system is to enable the organization to efficiently operate duringThe objective of the command and control system is to enable the organization to efficiently operate during the incident independently as well as jointly with all other involved parties.the incident independently as well as jointly with all other involved parties. • The command and control system shall support all measures to save lives and limit adverse effects. ThisThe command and control system shall support all measures to save lives and limit adverse effects. This system shall be scalable, adaptable, integrated and flexible.system shall be scalable, adaptable, integrated and flexible. • In general, command and control includes the following tasks:In general, command and control includes the following tasks: ⎯⎯ establishing and updating goals and objectives for the incident response;establishing and updating goals and objectives for the incident response; ⎯⎯ determiningdetermining rolesroles,, responsibilitiesresponsibilities, and, and relationshipsrelationships;; ⎯⎯ establishing rules, constraints and schedules;establishing rules, constraints and schedules; ⎯⎯ ensuring legal compliance and liability protection;ensuring legal compliance and liability protection; ⎯⎯ monitoring, assessing and reporting on the situation and progress;monitoring, assessing and reporting on the situation and progress; ⎯⎯ recording key decisions;recording key decisions; ⎯⎯ managing resources;managing resources; ⎯⎯ dissemination of information.dissemination of information. • To fulfill these tasks a command and control system shall include the following:To fulfill these tasks a command and control system shall include the following: ⎯⎯ command and control structure;command and control structure; ⎯⎯ command and control process;command and control process; ⎯⎯ resources to implement the command structure and process.resources to implement the command structure and process. • The organizational structure and processes of the command and control system shall be documented.The organizational structure and processes of the command and control system shall be documented. • NOTE Depending on the scale of the incident the number of persons, roles and responsibilities involved inNOTE Depending on the scale of the incident the number of persons, roles and responsibilities involved in the command and control organization can differ. Adjustments to the situation might be necessary.the command and control organization can differ. Adjustments to the situation might be necessary.
  8. 8. ご質問がございましたら     shin-zi@pop12.odn.ne.jp   まで
  9. 9. 災害対応機関の南海トラフ巨大地震震度曝露災害対応機関の南海トラフ巨大地震震度曝露 (基本ケース)(基本ケース) 静岡県庁、静岡・三重・和歌山・徳島・高知の市役所・地方整備局・ 農政局・法務局 国税局・労働局・海上保安本部、静岡県警本部京都大学防災研究所 鈴木進吾
  10. 10. 重要社会基盤施設の南海トラフ巨大地震 震度 7 曝露(基本ケース) 4 以下 5 弱 5 強 6 弱 6 強 7 土砂災害危険箇所 401,700 139,657 100,527 75,898 50,031 5,310 東名、近畿道、四国横断道、四国の高速道路、東海道新幹線、東海道 線、土讃線、牟岐線、紀勢線等。駅・港湾・空港などの結節点、燃料 を供給する給油所、集積拠点となる公共施設の被害。土砂災害発生に よる孤立。 (福島以南全体を(福島以南全体を 100%100% ))京都大学防災研究所 鈴木進吾
  11. 11. 南海トラフ巨大地震津波の想定南海トラフ巨大地震津波の想定 (南海トラフの巨大地震モデル検(南海トラフの巨大地震モデル検 討会)討会) ⑧⑧ 東京島嶼部・静岡・三重東京島嶼部・静岡・三重 ⑨⑨ 東京島嶼部・静岡・三重東京島嶼部・静岡・三重 ⑩⑩ 三重・高知・徳島三重・高知・徳島 ⑪⑪ 高知・徳島・愛媛高知・徳島・愛媛 ⑥⑥ 東京島嶼部・静岡・三重東京島嶼部・静岡・三重 ⑦⑦ 三重・高知・和歌山三重・高知・和歌山 ①① 東京島嶼部・静岡・三重東京島嶼部・静岡・三重 死者死者 6.1~236.1~23 万万 ②② 三重・静岡・高知三重・静岡・高知 ③③ 高知・徳島・和歌山高知・徳島・和歌山 死者死者 3.13.1 ~~ 18.318.3 万万 ④④ 高知・東京島嶼部・宮崎高知・東京島嶼部・宮崎 死者死者 1.31.3 ~~ 13.313.3 万万 ⑤⑤ 高知・東京島嶼部・宮崎高知・東京島嶼部・宮崎 死者死者 1.31.3 ~~ 13.713.7 万万 京都大学防災研究所 鈴木進吾
  12. 12. ii  システム 1 システム 1 被災者台帳システム被災者台帳システム ii  システム 2 システム 2 [I][I]    [Ⅱ][Ⅱ]    [Ⅲ][Ⅲ]
  13. 13. 岩手県災害時救援情報共有岩手県災害時救援情報共有 『『 i(i( アイ)システムアイ)システム』』 『『 i(i( アイ)システムアイ)システム   11 』』 『『 i(i( アイ)システムアイ)システム   22 』』 避難所把握システム避難所把握システム 支援物資要請システム支援物資要請システム 仮設住宅・在宅における仮設住宅・在宅における 被災者把握・支援システム被災者把握・支援システム 多機関・多職種連携システム多機関・多職種連携システム すでに運用済すでに運用済 行政と連携しながら進行中行政と連携しながら進行中
  14. 14. 発災当初、避難所の状況が分からなかった 乳児にミルクを! 妊婦さん、孤児や遺児に早く支援を! ライフラインの状況は? 食物アレルギーの人はどうするの? ワーファリンなどの薬を飲んでいる人は? 障がい者や介護が必要な人はどうするの?  ・・・等々 岩手県と自衛隊が中心となって     避難所の把握システム     支援物資の要請把握システム   を構 築 内閣府が協力 導入 1導入 1 『『 i(i( アイ)システム  アイ)システム  11 』』
  15. 15. 状況報告状況報告 (3/(3/55)) :状況別人数:状況別人数 状況別人数で変更があれば入力してください状況別人数で変更があれば入力してください 要介護高齢者 2 人 障害者 3 人 妊婦 1 人 親が亡くなった子 供 2 人 ( 0 歳~ 18 歳) 慢性心疾患 1 人 トップトップトップトップ 次へ次へ次へ次へ戻る戻る戻る戻る 重い持病のある人 0 人  心臓に持病がある  透析中の人  ワーファリン内服中  てんかん薬内服中のひと 等 ii (アイ)システム1による避難所把握(アイ)システム1による避難所把握 システムシステム乳児などの年齢構成人数や要援護者の把握+支援物資の要請乳児などの年齢構成人数や要援護者の把握+支援物資の要請 ポイント!ポイント! これを入力したらこれを入力したら ご飯や公共サービスを依頼できるご飯や公共サービスを依頼できる
  16. 16. 避難所 乳児 ( 男性 ) 乳児 ( 女性 ) 幼児 ( 男性 ) 幼児 ( 女性 ) 小学生 ( 男性 ) 小学生 ( 女性 ) 中学生 ( 男性 ) 中学生 ( 女性 ) 生 ( 男 性 )高校生 ( 女性 ) 大 岩倉公民館 0 0 0 0 0 0 0 0 00 0 村上宅 ( 後浜地区 ) 0 0 0 0 0 0 0 0 00 0 菅野幸典宅 0 0 0 0 0 0 0 0 00 0 広田小学校 0 0 1 1 1 0 0 0 00 4 喜多公民館 0 0 0 0 0 0 0 0 00 0 小友町地区(新田及川宅) 0 0 0 0 0 2 0 0 00 0 慈恩禅寺(広田町) 0 0 1 0 4 1 0 1 20 2 中沢浜公民館 0 0 0 0 0 0 0 0 00 3 平畑公民館 0 0 0 0 0 0 0 0 00 0 柳沢公民館 0 0 1 1 0 0 0 0 00 4 六ヶ浦会館 0 0 0 0 0 0 0 0 00 0 小ヶ口 0 0 0 0 0 0 0 0 00 0 モビリア 0 0 0 2 7 3 0 1 10 1 下矢作多目的研修センター 0 0 0 0 0 0 0 0 00 0 ホテル三陽(荒木宅含む) 0 0 0 0 0 0 0 2 00 0 田端公民館 5 0 2 0 8 0 5 0 60 2 正徳寺 0 0 0 1 2 3 1 1 00 1 集地区 0 0 0 0 0 0 0 0 00 0 長洞公民館 1 0 4 2 9 5 7 3 74 5 米崎コミュニティーセン ター 0 0 0 0 0 0 0 0 00 2 松山公民館 0 0 0 0 0 0 0 0 00 8 米崎地区(金野昌則宅) 0 0 0 0 2 0 0 0 00 0 米崎地区(大和田金四郎 宅) 0 0 2 22 0 0 2 0 1 80 0 ミルクが必要な乳児 教育委員会に必要な学齢児 数
  17. 17. 性 ) 要介護高齢者 障害者 妊婦数 孤児数 重い持病 重い喘息 熱がある人 咳が出ている人 食物アレルギー 外国人 電気 水道 ( 上水道 ) 水道 ( 井戸 ) ガス ( プ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 いいえ いいえ いいえ いいえ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 いいえ いいえ いいえ いいえ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 いいえ いいえ いいえ いいえ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 はい いいえ いいえ はい 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 いいえ いいえ いいえ いいえ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 はい いいえ いいえ はい 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 はい いいえ はい はい 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 はい いいえ いいえ はい 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 はい いいえ いいえ いいえ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 はい いいえ いいえ はい 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 いいえ いいえ いいえ いいえ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 はい いいえ はい はい 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 はい いいえ いいえ はい 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 いいえ いいえ いいえ いいえ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 はい いいえ いいえ はい 2 2 3 1 2 1 3 6 2 0 はい いいえ いいえ はい 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 はい はい はい はい 6 0 0 2 0 0 0 0 0 0 はい いいえ いいえ はい 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 いいえ いいえ いいえ いいえ 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 はい はい いいえ はい 0 0 0 0 1 0 1 0 0 0 はい はい はい はい 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 いいえ いいえ いいえ いいえ 0 0 0 0 22 0 2 0 0 0 はい いいえ はい はい 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 はい いいえ はい はい 要援護者や感染症の危険 医学的介入が必要な人 ライフラインの確認
  18. 18. 地区(行政地区) 避難所名称 要請を実施した日時 物資が必 要になる 日 カテゴリ 物資 パッ ク 数 量メッセージ 陸前高田市 あすなろホーム 2011-05-27 10:13:00 2011-05- 28 M 生活雑貨類 M08 衣類用 洗剤 ( 本 ) 本 2 その他調理器具は 陸前高田市 あすなろホーム 2011-05-27 10:13:00 2011-05- 28 K 衛生用品 K06 箱 ティッシュ ( 個 ) 個 2 その他調理器具は 陸前高田市 あすなろホーム 2011-05-27 10:13:00 2011-05- 28 L 寝具類 L01 毛布 ( 枚 ) 枚 3 その他調理器具は 陸前高田市 あすなろホーム 2011-05-27 10:13:00 2011-05- 28 I 食器・調理器具等 I19 その他調 理器具 ( 個 ) 個 2 その他調理器具は 陸前高田市 サンビレッジ高田 2011-05-27 11:11:21 2011-05- 28 K 衛生用品 K12 ハンド ソープ・ボ ディソープ ( 個・本 ) 個・ 本 1 0 なし 陸前高田市 ひかみの園 2011-05-27 19:07:47 2011-05- 28 K 衛生用品 K03 生理用 品 ( 袋 ) 袋 2 0 要望の生理用品は この他に以下の物 ポリ袋 (31... 陸前高田市 ひかみの園 2011-05-27 19:07:47 2011-05- 28 H 衣類 H233 靴下 (紳士用) L ( 足 ) 足 1 0 要望の生理用品は この他に以下の物 ポリ袋 (31... 陸前高田市 ひかみの園 2011-05-27 17:08:18 2011-05- 28 M 生活雑貨類 M13 消臭剤 ( 本 ) 本 1 0 要望の消臭剤とは 陸前高田市 ひかみの園 2011-05-27 09:34:16 2011-05- 28 N その他 N01 仮設ト イレ ( 箇所 ) 箇所 4 なし 陸前高田市 モビリア 2011-05-18 20:02:10 2011-05- 20 N その他 N19 ドラム 缶用ポンプ ( 個 ) 個 2 なし 陸前高田市 モビリア 2011-05-18 20:02:10 2011-05- 20 N その他 N11 バイク ( 台 ) 台 1 なし 陸前高田市 モビリア 2011-05-18 16:58:49 2011-05- 20 B 副食用食品 B05 その他 おかず用食品 ( 個 ) 個 6 5 納豆65個、豆腐 陸前高田市 モビリア 2011-05-18 16:58:49 2011-05- 20 B 副食用食品 B05 その他 おかず用食品 ( 個 ) 個 1 0 納豆65個、豆腐 物流システムが構築できれば 自衛隊の膨大な仕事の軽減 配送業務の雇用創出 迅速な配送 とりこぼこしのない支援
  19. 19. 電話による連絡電話による連絡 11 メールによる連絡メールによる連絡 22 119119 番もしくは番もしくは 110110 番ボ番ボ タンを押します。タンを押します。 もし電話が繋がらない場もし電話が繋がらない場 合、リストから該当の事合、リストから該当の事 象をチェックして、送信象をチェックして、送信 ボタンを押し メールを送ボタンを押し メールを送 信します。信します。 確認を促されますので、確認を促されますので、 電話をする場合は「電話電話をする場合は「電話 する」にタッチします。する」にタッチします。 確認を促されますので、確認を促されますので、 送信する場合は送信する場合は 「送信する」にタッチし「送信する」にタッチし ます。ます。 アンドロイド本体の起動方法アンドロイド本体の起動方法 アプリの起動方法アプリの起動方法 最初の画面にある最初の画面にある 33 つのアイコンのうち、つのアイコンのうち、 一番右側の「緊急」と書いてある赤いアイコ一番右側の「緊急」と書いてある赤いアイコ ンをンを タッチします。タッチします。
  20. 20. II (アイ)システム 1(アイ)システム 1 (( 岩手県+内閣府+自衛隊岩手県+内閣府+自衛隊 )) ??
  21. 21. これから長い長い期間、行政によるきめこまやかな支これから長い長い期間、行政によるきめこまやかな支 援が必要援が必要 しかし、もともと膨大な業務がある役場職員にかかるしかし、もともと膨大な業務がある役場職員にかかる 負担が増大負担が増大 課税控除は?課税控除は? 義援金は?義援金は? 罹災証明は?罹災証明は? 医療支援、福祉支援は?  ・・・等々は?  ・・・等々            少ない職員でどうするの?           少ない職員でどうするの?  岩手県・京都大学防災研究所・内閣府が中心となって 被災者台帳システム を構築被災者台帳システム を構築 導入 2導入 2 『『被災者台帳システム被災者台帳システム 』』
  22. 22. 被災者台帳システムによる生活支援・市町被災者台帳システムによる生活支援・市町 村支援村支援民基本台帳+課税台帳民基本台帳+課税台帳 ++ 罹災証明+罹災証明+ 居状況+義捐金等支援状況+居状況+義捐金等支援状況+ 療福祉相談対応            等療福祉相談対応            等
  23. 23. 被災者台帳が“被災者台帳が“攻めの行政攻めの行政”を実現する”を実現する ““11 人の取り残しのない生活再建人の取り残しのない生活再建”を実現するには”を実現するには 被災者台帳が欠かせない被災者台帳が欠かせない   → 一元的な被災者台帳において各種の支援状況を把握し,→ 一元的な被災者台帳において各種の支援状況を把握し, 被災者の生活再建の状況を包括的に把握する.被災者の生活再建の状況を包括的に把握する.
  24. 24. LGWANLGWAN 家家 人人 被 害 被 害 被災者 台帳 被災者 台帳 住基住基 ゼン リン ゼン リン 家屋 課税 家屋 課税 航空 写真 航空 写真 外観 調査 外観 調査 生活再建支 援 相談サービ ス 生活再建支 援 相談サービ ス 各種支援 サービス 各種支援 サービス 仮設住宅 入居者支援 仮設住宅 入居者支援 現住所 管理業務 現住所 管理業務 ・ ・ ・ 被災者向 サービス 台帳 被災者向 サービス 台帳 職員が自分の業務に応じて ある程度の自由度をもって 帳票設計ができる仕組み 口座 情報 口座 情報 更新 各市町村が持つ既存情報に応じて 被災者台帳を構築する方法を考え る サーバーを県庁において、ブラウ ザーベースで市町村で活用できる 仕組み 被災者台帳構築システム 氏名・住 所 生年月日電話番号 既存 リス ト 既存 リス ト 窓口情報(本人確認) 再 調査 再 調査 被災者生活再建支援システム 地理空間情報 を介してすべ ての DB が結合 可能 被災市町村の復興 統括事務担当者 復興担当原課 第 1 段階第 1 段階 第 2 段階で実 施 第 2 段階で実 施 庁内各課で各業務に 活用できる仕組み標準的な被災者台帳の作成 第 3 段階で実施第 3 段階で実施 生活再建支援金、仮設住宅 管理等は個別画面で管理 岩手県被災者台帳システムイメージ岩手県被災者台帳システムイメージ 個別入力 画面 庁内各課 から読み 込む機能 で対応
  25. 25. 被災者台帳システム被災者台帳システム 京都大学巨大災害研究センター京都大学巨大災害研究センター (( 岩手県+内閣府岩手県+内閣府 )) ??実際、現場で支援をしている人たちへの支援がない実際、現場で支援をしている人たちへの支援がない 支援をしている人たち(保健師等)が持つ情報がばら支援をしている人たち(保健師等)が持つ情報がばら ばらばら きめ細やかな支援をするための連携ができるものがあきめ細やかな支援をするための連携ができるものがあ れば、、、れば、、、 II (アイ)システム 1(アイ)システム 1 (( 岩手県+内閣府+自衛隊岩手県+内閣府+自衛隊 ))
  26. 26. 被災地沿岸部には何万人という被災 者今までと同じ医療水準・生活水準を今までと同じ医療水準・生活水準を 要求要求 何万人を見守るには人員が不足何万人を見守るには人員が不足 手段もお金も不足 でも要求される手段もお金も不足 でも要求される 今回、 ii システム2システム2で改善されるもの は 1.1.リアルタイムに多機関・多職種リアルタイムに多機関・多職種 の連携の連携 2.2.被災者状況の共有化被災者状況の共有化 3.3.コミュニティー再構築・疾病のコミュニティー再構築・疾病の 予防予防
  27. 27. 問題点は多岐にわたり、総合的なマネージメントが必要だが、、問題点は多岐にわたり、総合的なマネージメントが必要だが、、 実際には共通の状況を共有できていない実際には共通の状況を共有できていない 岩手県と現場の支援者が中心となって岩手県と現場の支援者が中心となって     被災者支援システム    被災者支援システム     多機関・多職種の連携システム   を    多機関・多職種の連携システム   を 実際に被災者支援に入って実際に被災者支援に入って いるいる 被災地域の職員被災地域の職員  医師・看護師 医師・看護師  保健師 保健師  ケアマネージャー ケアマネージャー   介護福祉士  介護福祉士  社会福祉士 社会福祉士  精神保健福祉士 精神保健福祉士  栄養士 栄養士  民生委員   民生委員                   等々等々 導入 3導入 3 『『 i(i( アイ)システムアイ)システム   22 』』
  28. 28. 栄養状態が悪い人がい栄養状態が悪い人がい るる 栄養士さんが支援すれば良栄養士さんが支援すれば良 いい生活保護でお金がなかったり生活保護でお金がなかったり 介護が必要であったり介護が必要であったり 健康に問題があったり健康に問題があったり 家族関係に問題があったり家族関係に問題があったり                                        等々  等々 と、様々な要因によるものがほとんどでと、様々な要因によるものがほとんどで ある。ある。 本当に困った人を支えるためには、多本当に困った人を支えるためには、多 職種の連携が必要となってくる職種の連携が必要となってくる ??
  29. 29. 様式 2-1 NO 被災者健康相談票 種   別  ・面接 ・その他   対 象 者  ・乳幼児 ・ねたきり  ・TEL  ・妊産婦 ・難病  ・訪問        ・成老人 ・その他 氏   名         男 ・ 女  M.T.S.H 相談日                    年   月   日生(   歳) 避難所                     ① 現           市 町 村   丁目   番   号 連絡先           居所 (TEL     -          )            ② 新           市 町 村   丁目   番   号 連絡先           居所 (TEL     -          )            相談者 氏 名     続柄           市 町 村   丁目   番   号     (   ) (TEL     -          )  既 往 症               現 病 歴 治 療 状 況                 医療機関名 主治医   現在の服薬状況                  ( 中断 ・ 継続 )  薬品名(   )  自 覚 症 状  ・頭痛、頭重  ・せき      ・ゆううつ   被災状況  全壊 半壊 なし  ・不眠  ・たん  ・朝方抑うつ        (   )  ・倦怠感  ・便の性状  ・精神運動興奮   家族状況      ・吐き気  ・食欲  ・希望喪失        ・めまい  ・体重減少  ・悲哀感      ・動悸、息切れ  ・精神運動減退  ・口腔内症状      ・肩凝り  ・空虚感     (           )    ・関節、腰痛  ・不満足  ・      ・目の症状  ・決断力低下  ・      ・咽頭の症状  ・焦燥感      ・               相談内容 指導内容               被災者基本情報をコンサルトするたびに手書きで記被災者基本情報をコンサルトするたびに手書きで記 入し提出入し提出 タイムラグが 2 , 3 日起こり迅速に介入できないできない 数人で何千人とケアをしていかなければならないし、数人で何千人とケアをしていかなければならないし、 多くの部署へ迅速にコンサルトをしていかなければなら多くの部署へ迅速にコンサルトをしていかなければなら ないない 実際の保健師が医師にコンサルトする相談票実際の保健師が医師にコンサルトする相談票
  30. 30. ii (アイ)システム2による問題共有化(アイ)システム2による問題共有化 システムシステム被災者の基本情報・血圧と体重歴+訪問履歴・支援履歴+迅速コンサルト被災者の基本情報・血圧と体重歴+訪問履歴・支援履歴+迅速コンサルト 岩手太郎(いわてたろう)  男性岩手太郎(いわてたろう)  男性    5151 歳歳  前住所:陸前高田市・・・ 前住所:陸前高田市・・・  現住所:陸前高田市広田区仮設住 現住所:陸前高田市広田区仮設住 宅宅 AA -・・・-・・・  家族構成→妻、長女、次女、長男  家族構成→妻、長女、次女、長男   同居構成→妻、長女、次女 同居構成→妻、長女、次女 Status 未確認   支援必要あ り 支援必要な し 介護が必要か? 通院・買い物をする手段がある か? 相談にのってくれる人がいるか? 働き口があるか? お金に困っているか? 健康に問題があるか? 血圧や体重を集会所で計測してる か? 健康維持のため食事摂取している か? 血圧や体重に問題があるかどう か? 思案中 支援履 歴 被災者把握被災者把握システムを構築を構築 被災者基本情報を被災者基本情報を クラウド化で共有クラウド化で共有    血圧歴血圧歴 体重歴体重歴体重歴体重歴
  31. 31. ii (アイ)システム2による問題共有化(アイ)システム2による問題共有化 システムシステム 岩手太郎(いわてたろう)  男性 岩手太郎(いわてたろう)  男性  5151 歳歳  前住所:陸前高田市・・・ 前住所:陸前高田市・・・  現住所:陸前高田市広田区仮設住宅 現住所:陸前高田市広田区仮設住宅 AA -・・・-・・・  家族構成:妻、長女、次女 家族構成:妻、長女、次女 訪問履歴 支援履歴Status 支援 必要 介護が必要か? 通院・買い物をする手段がある か? 相談にのってくれる人がいるか? 働き口があるか? お金に困っているか? 健康に問題があるか? 血圧や体重を集会所で計測してる か? 健康維持のため食事摂取している か? 血圧や体重に問題があるかどうか? 思案中 ?? ?? 被災者の基本情報・血圧と体重歴+訪問履歴・支援履歴+迅速コンサルト被災者の基本情報・血圧と体重歴+訪問履歴・支援履歴+迅速コンサルト 介入が必要な被災者を介入が必要な被災者を 1313 項目で評価できる項目で評価できる
  32. 32. 岩手太郎(いわてた ろう) 男性  51 歳 前住所    現住所 陸前高田市・・・ 広田区仮設住宅 A -・・・ 家族構成 妻、長女、長男、次女 同居構成 妻、長女、   、次 女 コンサルト : コンサルト : 保健師チーム保健師チーム  →    →  医療チーム医療チーム     へへ 現病歴内容  既往歴  内服歴 アレルギー癧 H14 年に胃癌のため全摘術施 行(高田病院)。その後は同 病院で、化学療法中( TS-1 ) である。発災前から栄養状態 が悪く、大船渡病院で 6/14 ま で入院。その後は仮設住宅に 入居した。 高血圧 糖尿病 胃癌( H14 ; Ope ) ディオバン( 40mg )1錠 朝 食後 アマリール( 1mg ) 2 錠 朝夕 後 アレルギー歴は特記事項なし 最近のコンサルト内容最近のコンサルト内容 コンサルト内容 IC カードで毎朝計測している血圧がここ 2 週間は 170mmHg 以上でした。本人自覚 症状乏しいですが、ご加療の程を宜しくお願い致します。 普段は大船渡病院へ通われているそうです。 血圧歴血圧歴 体重歴体重歴体重歴体重歴 基本情報は共有化されれば、基本情報は共有化されれば、 コンサルトするときの手間が省け、迅速な対応がコンサルトするときの手間が省け、迅速な対応が
  33. 33. II (アイ)システム 1(アイ)システム 1 (( 岩手県+内閣府+自衛隊岩手県+内閣府+自衛隊 )) 被災者台帳システム被災者台帳システム 京都大学巨大災害研究センター京都大学巨大災害研究センター (( 岩手県+内閣府岩手県+内閣府 )) II (アイ)システム (アイ)システム  22 岩手県全体岩手県全体  医師・看護師・保健師・介護福 医師・看護師・保健師・介護福 祉士祉士  社会福祉士・ケアマネ・栄養 社会福祉士・ケアマネ・栄養 士・民生委員 等士・民生委員 等  +関係機関+関係各社 +関係機関+関係各社
  34. 34. 福 祉 医 療 今まで必要とされながらできなかった、医療と福今まで必要とされながらできなかった、医療と福 祉を結び、そして行政を結びつける、三位一体の祉を結び、そして行政を結びつける、三位一体の 行 政 保健師 = 住民
  35. 35. 日々をどうやって見守 る? 集会所へ毎日集会所へ毎日 ICIC カードで計測する通信機能カードで計測する通信機能 付き付き 血圧計・体重計の設置血圧計・体重計の設置 保健師等の支援する職種への業務負担が軽保健師等の支援する職種への業務負担が軽 減できるシステム減できるシステム いつ来ていたが計測に来なかった人いつ来ていたが計測に来なかった人                 →→ 急変の可能性ある人急変の可能性ある人 いつも計測に来ない人 いつも計測に来ない人                  →→ コミュニティーに馴染めず社会的にコミュニティーに馴染めず社会的に 孤立している人孤立している人         → 身        → 身体的、精神的、社会的に介入が必体的、精神的、社会的に介入が必 要な人要な人 時々計測に来る人時々計測に来る人    少しでも見守り、早期異常発 見 血圧や体重のデーター化血圧や体重のデーター化
  36. 36. <保健師・住民データバンク >基本情報(世帯情報) ・ステイタスマップ(対応すべき問題) ・バイタルデータ(日々の見守り)  訪問診 療 民生委員 保健師 ケアマネージャー 介護福祉士 仮設住宅集会所で 計測・送信・ IC カードによる認証 被災者状況をリアル タイムにグラフ化 栄養士チーム 社会福祉士 精神保健福祉士 地元行政職員 国・県 行政が被災者だけでなく、    被災者を支援している組織も見守 れる 少ない人数で被災者支援をしている、  保健師等へも業務負担を減らす支援が 可能 すぐにデータ化により、迅速に予算要求 が可能 通常業務のデータ入力 被災者データバンク 被災者の医療受診デー タとステイタスマップ で問題点を全体で共有 化 II (アイ)システム (アイ)システム  22 を た時代劇番組 見 り、 とお が菓子 茶 あったり と、 NPO/NGO も運 する営・支援
  37. 37. 可能可能     (といっても医療従事者等の負担が増えること    (といっても医療従事者等の負担が増えること はなく、はなく、     問題点を共有化でき、すぐに相談できるとい    問題点を共有化でき、すぐに相談できるとい うこと)うこと) ②②  集会所への 集会所への ICIC カード管理による住民のカード管理による住民の見守り見守りがが 可能可能 ③③  行政としても被災者の状況を 行政としても被災者の状況を迅速にデータ化迅速にデータ化し、し、                         問題解決や予算                 問題解決や予算 要求が可能要求が可能 このシステムを成功させるために必要なことはこのシステムを成功させるために必要なことは ①①   保健師さんたちへの代行入力も含めて支援をする保健師さんたちへの代行入力も含めて支援をする    →被災者を   →被災者を支援している人たちへの支援支援している人たちへの支援が重要が重要 ②②  集会所への支援を、 集会所への支援を、 NPO/NGONPO/NGO と連携と連携し進めるし進める

×