Galaxy Forum Japan 2011 - Okayama

1,637 views

Published on

galaxy forum, 21st century education, 10 December 2011, miraikan, tokyo

0 Comments
0 Likes
Statistics
Notes
  • Be the first to comment

  • Be the first to like this

No Downloads
Views
Total views
1,637
On SlideShare
0
From Embeds
0
Number of Embeds
570
Actions
Shares
0
Downloads
0
Comments
0
Likes
0
Embeds 0
No embeds

No notes for slide
  • 地球が Geo-Cosmos だったら太陽は筑波山の打ち上げ花火、月は湾岸署の警官。
  • Galaxy Forum Japan 2011 - Okayama

    1. 1. Miraikan’s Galaxy Science Communicator Yuko Okayama 日本科学未来館 科学コミュニケーター 岡山悠子 宇宙を切る!
    2. 2. 約 25 人   About 25 Science Communicators! 来館者と対話し、一緒に考える Not lecture but make a dialogue with visitors! 科学の専門知識を持つ個性的なスタッフ Everyone has background in science and is unique!
    3. 3. Miraikan’s Galaxy 国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト提供
    4. 4. Find YOUR Perspectives! 宇宙を切る!
    5. 5. Big Universe Far Mysterious Curious Dark How to deliver Universe in your life? Check out Science Communicators’ experience! 宇宙を身近なものとして伝えるには? 科学コミュニケーターの経験をご紹介します!
    6. 6. If the Earth is 3 cm in diameter, how big is the sun? 地球が直径 3 cm だとすると、太陽はどれくらいの大きさ? Planets
    7. 7. If the Earth is 6 m in diameter, how big is the sun? How about the moon? 地球が直径 6 m だとすると、太陽はどれくらいの大きさ? 月は ?
    8. 8. モノを使う(興味喚起) Use tools (high-interest) スケールを広げる Expand scale 個人の経験に寄り添う Meet the personal experience Step-by-step Process
    9. 9. Check it for yourself! Which is bigger, the sun or the moon? 地球からみると太陽と月はどちらが大きい? Almost same! ほぼ同じ! 確かめてみよう! Take action. 次の行動につながる
    10. 10. Link with different field. 異分野と関連づける DNA 国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト提供 Pluto
    11. 11. 国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト提供 Who have seen this before? これを見たことがありますか?
    12. 12. 国立天文台4次元デジタル宇宙プロジェクト提供 Who have seen this before? これを見たことがありますか?
    13. 13. 未来館科学コミュニケーターからの コメント集
    14. 14. 航空宇宙専門で一児の母、科学コミュニケーター S 氏 冥王星が太陽系の惑星ではなくなった。 教科書が正しいとは限らない。 オールトの雲は観測されたわけではないのに描かれている。 まだ見えてもいないものがたくさんある。 ノーベル賞をとるチャンスはまだまだある!
    15. 15. 最初は天文分野が苦手だった科学コミュニケーター K 氏 4D2U 実演では体験時間の子どもの驚きと盛り上がりがすごい! 実体験の大切さを実感。 古川宇宙飛行士との交信イベントで子どもの驚くべき集中力を目の当たりに。 JAXA  宇宙教育指導者セミナーを個人的に受講。 小・中学生をターゲットにした学年別のマニュアルがあるとのこと。
    16. 16. 化学が専門の科学コミュニケーター O 氏が語るフシギ 近くの小さいものを見るのに必要な顕微鏡 遠くの大きいものを見るのに必要な望遠鏡 行き着くところは同じ素粒子! そういえば、こんなことがありました。
    17. 17. Fancy imagination. 想像を超える想像力 Dried seaweed 乾燥わかめ Scanning Electron Microscope
    18. 18. 先輩科学コミュニケーター S 氏の忠告 “ 当たり前”だということに気づくこと。 興味を持ってくれた!と思っても、喜ぶのは早い! 宇宙ネタは他の科学分野と比べてぶっちぎりで食いつきがいい! おなかをすかした子にごはんを食べさせるようなものです。 いろいろ例えて説明してみても、結局大き過ぎてわからない! 子どもの「わかった」を鵜呑みにするなかれ。
    19. 19. 科学コミュニケーター M 氏の研究者分析 夢とロマンを語るからかっこよく見えるんです! 天文学者はイケメンが多い! シャトル打ち上げを見に行ったときのこと、 音が遅れて聞こえたときに一番感動しました。 自分で経験しないとわからないことはたくさんあると思います。
    20. 20. 科学コミュニケーター O 氏が明かす、ちょっといい話 はるばる富山から来た女性来館者と神奈川から来た男性来館者。 はやぶさのカプセルが未来館に来たときのこと。 心が通う瞬間に立ち会うという貴重な体験でした。 はやぶさ待ち列で話が盛り上がり、その後は二人は仲良く、、、
    21. 21. You are the unique Science Communicator! What do you want to deliver? あなたが伝えたいモノは何ですか? Who do you want to approach? あなたが伝えたい相手は誰ですか? あなたにしかできない伝え方を見つけてみてください。
    22. 22. 宇宙をどう切るかはあなた次第! Find your own perspective!

    ×