Successfully reported this slideshow.
Your SlideShare is downloading. ×

IIJmio meeting #1 MVNOのネットワークインフラについて

Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad
Ad

Check these out next

1 of 11 Ad

IIJmio meeting #1 MVNOのネットワークインフラについて

Download to read offline

この資料はIIJmio meeting #1で発表されたものです。詳細は下記blogをご覧下さい。
http://techlog.iij.ad.jp/archives/797

この資料はIIJmio meeting #1で発表されたものです。詳細は下記blogをご覧下さい。
http://techlog.iij.ad.jp/archives/797

Advertisement
Advertisement

More Related Content

Slideshows for you (20)

Viewers also liked (20)

Advertisement

Similar to IIJmio meeting #1 MVNOのネットワークインフラについて (20)

More from techlog (Internet Initiative Japan Inc.) (20)

Advertisement

Recently uploaded (20)

IIJmio meeting #1 MVNOのネットワークインフラについて

  1. 1. 2013/10/19 IIJmio meeting #1資料 MVNOのネットワークインフラ 株式会社インターネットイニシアティブ 1
  2. 2. そもそもMVNOとは何なのか? • Mobile Virtual Network Operatorの略語 • Operatorとは、操作するもの、運用者という意味の他、 Network Operator=「通信事業者」と訳される • つまり、直訳すると「仮想移動体通信事業者」となり、これが 日本語としても定着している ‒ 対義語はMNO=「移動体通信事業者」で、NTTドコモ、KDDI、ソフト バンクモバイルなどはこう呼ばれる • MVNOとの比較を行う文面で多く用いられる Wikipediaの「仮想移動体通信事業者」の項目 2
  3. 3. なぜこのような業態が成立するのか • 携帯電話事業は、多くの国で少数の企業による寡占状態と なっている • 事業化のために電波という限られたリソース(資源)を割り当 てることが必要であるという事情から ‒ 多数の事業者に細切れに電波を割り当てると、一事業者あたりの帯 域が狭くなり、効率的なサービス提供ができなくなる ‒ 同じような構図は放送事業にも見られる • 少数の企業による寡占状態では市場競争が生まれない ‒ 放送、携帯電話のいずれの業界でも同じ • 3つの携帯電話事業者で、同じ端末、同じような料金プランを設定してい る現状は正常な競争環境とは呼べない 3
  4. 4. なぜこのような業態が成立するのか • 電波の割り当てを受けない携帯電話会社であるMVNOを 市場競争のため活用する動きが強まった ‒ 2003年、総務省が「MVNOに係る電気通信事業法及び電波法の適 用関係に関するガイドライン」(MVNO事業化ガイドライン)を策定 ‒ 各MNOも同ガイドラインに基づき、MVNO事業を考えている事業者に 対する窓口の開設、接続約款の届出(NTTドコモ、KDDI、ソフトバン クモバイル)を実施 • これらの環境整備の結果、2008年に3Gデータ通信の MVNOがスタート • 2012年にはLTEを用いたMVNOもスタートし、参入業者数も 増大した ‒ 総務省の目論見の通り、携帯電話業界に競争が生まれている 4
  5. 5. MVNOの分類 • MVNOは非常に多様な業態を持つが、次の3つの点で分類できる 1. MNOとMVNO間のネットワーク接続の有無 a. b. 接続がある 接続がない 2. MNOとMVNO間の契約の種別 a. b. 卸電気通信役務 事業者間接続 3. MNOとMVNO間の料金精算方法 a. b. • 回線卸 帯域卸 もっとも重要なのは、1.の MNOとMVNOの間にネットワーク 接続があるかどうか 5
  6. 6. MNOとMVNO間のネットワーク接続の有無 • 利用者が送受信する通信を、MVNOが自社のネットワークを経由 させるメリット ‒ 自社ネットワーク設備によりMNOにはない付加価値を提供できる ‒ (ex.) IIJmioのクーポン制度やファミリーシェアプラン(複数SIMプラン) • 反面、MVNOがMNOのネットワーク設備のみ使用することもある ‒ MVNOが自社ネットワーク設備を持たない場合 ‒ 自社ネットワーク設備によるネットワーク的な付加価値が特にない場合 ‒ MNOのネットワーク設備との接続が技術的に困難な場合 • 例えば携帯電話の音声サービスやSMSは他社ネットワークとの接続を 前提に作られていない ‒ (ex.) 家電量販店がWiMAXのMVNOになっているケース • MVNOが利用者の通信を自社ネットワーク経由とさせる場合は、 MNOとMVNOのネットワークを接続する必要がある ‒ 事業者間のネットワークの接続点を、通常は「POI」と呼ぶ • Point of Interface 6
  7. 7. MNOとMVNO間の契約の種別(1) • MVNOとMNOの契約には、次の2種類が存在する ‒ 卸電気通信役務(電気通信事業法第29条第1項第10号) ‒ 事業者間接続(電気通信事業法第32条) • 後者は、MNOとMVNOのネットワークを接続する場合のみ 成立する ‒ 前者は、MNOとMVNOのネットワークの接続の有無に関わらない 総務省のMVNO事業化ガイドラインより 7
  8. 8. MNOとMVNO間の契約の種別(2) • 卸電気通信役務 • MNOから見ると、MVNOが契約者となる(見える) • MVNOは、そのSIM(を含めた回線契約の全て)に自社の サービスを加え、利用者に再提供する ‒ 又貸しのイメージ • MNOとMVNO間のネットワークの接続はあってもなくてもよい 8
  9. 9. MNOとMVNO間の契約の種別(3) • 事業者間接続 • MNOの提供区間(無線区間~ゲートウェイ)のサービスは MNOが利用者に提供し、POIと呼ばれる責任分界点より 先におけるサービスはMVNOが利用者に提供する ‒ ただし、MNOは利用者の個人情報は持たず(名無しの契約)、 MVNOを介して申し込みをすることになる • MNOとMVNO間のネットワーク接続は必須 9
  10. 10. MNOとMVNO間の料金精算方法  回線卸 – MVNOがMNOに支払う金額は、 (回線の本数)x(回線単価)+(従量課金要素) – MVNOは、回線を調達した単価(原価)に自社サービス提供 のための原価および利益を載せ、エンドユーザに提供する – 手数料ビジネスとなり、販売力が重要  MNO MVNO 帯域卸 – MVNOがMNOに支払う金額は、 (POIのネットワーク帯域)x(帯域単価) – MVNOはネットワーク設備を持つ必要がある – データ通信についてのみ成立する – 帯域に対し客を収容する効率によって利益率が決まる • 料金プランをどう設計するか? • 相反するネットワークの品質とコストをどう設定するか? MVNO MNO – 帯域卸がビジネスとして成立するためには、MVNOが十分な 付加価値を付けられるネットワーク設備を持つことが重要 10
  11. 11. MVNOのネットワークインフラ  NTTドコモとIIJとの接続構成概念図 インターネット IIJバックボーン PCRF RADIUS OCS PCEF PCEF P-GW GGSN IIJ POI NTTドコモ SGSN HLR UTRAN POI S-GW E-UTRAN Gateway GPRS Support Node SGSN Serving GPRS Support Node P-GW Packet Data Network Gateway S-GW Serving Gateway RNC Radio Network Controller HLR Home Location Register UTRAN RNC GGSN UMTS Terrestrial Radio Access Network E-UTRAN Evolved UTRAN NodeB エンドユーザ (3G) eNodeB エンドユーザ (LTE) 11

×